ようこそ

外食歴40年。家に帰らず食べ歩く店主が綴るグルメブログ。食べ次第更新中!
店主のぺろぺろ日記は携帯電話とスマートフォンでもご覧いただけます。

みなとまちバール Bam Vino(バンビーノ)

弁天町の港通りから少し入ったところにあるイタリアンバル。駅から徒歩7分の悪立地だけど地元の方々から絶大なる人気を博していて小さな店はいつも超満席の有名店。

お店はテーブル席と奥に靴を脱いで入る掘りごたつ式のソファー席がある。奥の席は合コンやママ友の会食によく利用される人気席とのこと。

ファーストドリンクは笑顔もこぼれる「こぼれ升スパークリング 630円」スタッフさんの接遇もとてもいい感じ。枡に溢れたものも入れると2杯分頂いた気分になる。

最初にパルマ産ハムの盛り合わせ500円。これだけの切り立てハムが500円というのにビックリ。

前菜6種盛り合わせ750円は脂がよくのった自家製豚タンのハム、カポナータ、野菜のピクルス、うずら玉子のバルサミコ酢煮、鴨ロース燻製など価格以上の価値のあるものばかり。

アボガド好きが泣いて喜ぶというアボガドポテトサラダ520円。こういうものは女性はみんな好きだと思う。

マルゲリータ680円はタコスの皮を使用。羽部分はチーズになっていてとても香ばしい。おつまみ感覚のピザはスパークリングにぴったり。

ハウスワインの「港なみなみワイン 390円」はスタッフさんが目の前で表面張力の限界に挑戦。最後の1適、2滴の加減が難しいらしい。

此方の店の特徴はイタリアンなんだけど串カツがあること。スタンダードなものはアンダー100円から創作したものは130円からの価格設定となっている。紅ショウガを豚バラで巻いたもの、若い女性に人気の出汁巻玉子、豚カツにキムチと食べるラー油を添えた「キムラ君」なるもの。殻に入った広島産の牡蠣など一工夫されたものばかり。ザ・プレミアム・モルツ樽生 390円とともに頂くと串カツはやっぱりビールが一番と実感。

平日なのにこの日も地元の若い客で超満席。外には長蛇の行列。支払い時にみんなニコニコして帰るのが印象的。いい店です・・・

大阪市港区磯路2-11-18
06-6616-9559


カテゴリー 弁天町, バル |

鑫福(しんふく)

立命館大学の学生と年度末の打ち上げに5人で表記の店を訪問する。在阪の中国東北出身者の中では最も美味しいといわれているお店。お店のスタッフは全員黒竜江省ハルビン出身。料理も広東系のものはなく名物の串焼きやホルモンの煮込みと炒めが中心。どの料理も唐辛子や香辛料の効いたパンチのある味付けが特徴。この日は3ヶ月ぶりの訪問となる。

場所は道頓堀を西に行った18禁の風俗店とファッションホテルが立ち並ぶ島之内の超ディープゾーン。

店内はテーブル席と小上がりで30人位の収容。店先には販売用に炊き込まれていい色をした豚足や鶏肉、中華調味料や食材が並ぶ。普段は奥の小上がり席で頂くんだけどこの日はマンションの2階を改装した特別室に通していただく。長年通っていたがこちらの部屋は初めて案内いただいた。

客もスタッフも全員中国人。しかしながらこの日の客はかなり上品な感じ。多分お金持ちの観光客であろう。

ビールを頂いて前菜は「クラゲと胡瓜の和え物」。くらげがどういうわけか超部厚くて固い。パクチーもたっぷりで食材も味付けもパンチあり過ぎでお酒が進みまくる。

延辺料理を代表する羊串は150円。。下味がしっかりついていてとても柔らかい。クミンシードがたっぷりかかってスパイシー。癖や臭みは全くない。これは美味し過ぎて何度もお替わりをする。半分に割って焼き込んだ鶏の頭は脳みそと顔の肉をしゃぶりまくる。これは一串に2個ついて200円、海老は150円とお値打ち価格。豚足よりもあっさりの鶏の足は200円。モチモチしたゼラチン質の食感でお酒が進みまくる。牛串は150円で癖もなく食べやすい。

食パンを甘く焼き上げた饅頭は100円で口直しにぴったり。お店のスタッフの愛想は良くないけどカタコトの日本語は出来るのでコミュニケーションは大丈夫。この他にも串料理は肩甲骨、牛心管、牛キンビキ筋、牛ピンなどメニューを見ても判らないものばかり。

モチモチで分厚い皮が特徴の水餃子は10個で500円。黒酢でいただくがこれは驚くほどの美味・・・好物のセミの串150円は香ばしくて川海老の唐揚げのような感じ。カリカリのむにゅむにゅで口の中にセミのエキスが広がる。高タンパク低カロリーの健康食でこれを頂くといつもしばらく体調がいい。

大きな木耳が入ったキャベツと唐辛子の炒め980円も火入れとあまから酸っぱい醤油ダレの味加減が完璧の逸品。冷たいビールが進みまくる。お店のある九龍城のようなマンションの住人も皆中国人。まさにチャイナタウン状態で1階の廊下は半分厨房と化している。

中国産のとうもろこしを使ったとうもろこしと茄子の炒め980円もしっかりした味加減。特有のモチモチした食感にビックリ。この他にも見たことも食べたこともないメニューが約半分くらいあるので大人数であれこれ楽しむのもお薦め。普段から中国人と韓国人で溢れかえっているがそれも異国情緒。

普段のように沢山食べて飲んで一人2600円の経済価格。。中国旅行の気分を楽しめて個人的にはお薦めです・・・

大阪市中央区島之内2-9-11
06-6213-1828
11:00〜翌5:00
年中無休


カテゴリー 日本橋, 中華料理 |

千草

天満に用事があって地元の友人と表記の店にお好み焼きを食しに行く。というか無性に自分でお好み焼きを焼きたくなって過去によく通ったこちらのお店をチョイス。マスコミ露出率も高く天神橋筋商店街の紹介の際によくテレビで放送される。こちらは界隈では珍しい大箱店にも関わらず時分時はいつも満席、週末は路地に長蛇の列が出来るのでも有名。

この日は18時前の訪問で3組待ち。10分ほどで入店してビールと名物の千草焼きと牡蠣お好み(共に950円)を所望する。女性ばかりの完全な家族経営で70年間続いていると店員さんが言っていた。別の人は50年と言っていたが・・・・

場所は天満駅から徒歩2分くらいなんだけど場所がごちゃごちゃしているのと目立たない路地に入り口があるためにかなり判りにくい。お店は昭和感が満載。客層は観光客から地元民までかなり色々。きびきびと動き回る5人のフロア係のおばさんが9個の4人掛けの鉄板を廻ってお世話をする。

真ん中に大きな鉄板が鎮座。そちらでリーダーのような怖い感じの姉さんがひたすらオーダーの通った焼きそばを焼きまくる。その手さばきはとても見事でずっと見とれてしまう。焼きまくりながら会計もしてスタッフにパッシングなどの指示を入れまくる司令塔のような役割をされる。

生地の中に大きなロース肉が入る千草焼きは他のお好み焼きと焼き方と生地が違うのでお姉さんがずっと担当する。これだけは生地にかつお出汁と別に豚骨スープが入っていると昔聞いたことがあるが確かではない・・・

混ぜ込んだ生地を特上ロースの形の楕円に敷いてその上に豚肉を置いて再び生地を重ねる。特に違いがないじゃん・・と思いながら見ていると4分後にひっくり返しに来られる。またまたしばらく放置(約5分)してから思い出したように再びひっくり返しに来られる。

たぶん蒸し焼き状態にするのがコツなのであろう。仕上げに3分くらい焼き込んで再度ひっくり返して2分で出来上がり。マヨネーズ、辛子、ケチャップ、ソースをかけて最後に芥子の実をかけていただく。

キャベツの甘味が特徴的な生地は表面はぱりっとしながらもしっとりふわふわで豚ロースも生地の中でしっかりと主張してビールにぴったりの味わい。「おいしいね〜」とつい声が出る。。。

カキオコには丸々と太った大きな牡蠣が5個入る。フロア係のお姉さんに指導いただきながら牡蠣を破らないように慎重に生地を混ぜる。空気を入れるように外から内に丁寧に・・・・鉄板に生地を載せて牡蠣を並べてその上に残った生地をかけてしばらく放置。

気合いを入れて焼いたけど最初にひっくり返すときに真ん中から破壊されてしまい残念な結果となる。。しかし最後は修正してもらって今シーズン最後のプリプリのカキオコを美味しく頂きましたとさ。

天神橋筋商店街はお好み焼きの激戦区。その中で不動のリーディングストアとして長年にわたり大繁盛を続けるこちらのお店は訪れる人を幸せにする見えない空気が満ちあふれている。次回は休日の昼に訪問して豚の形をした豚玉を焼く予定。

帰りは19時の時点で長蛇の列。推定1時間待ち・・・USJといい勝負だな・・

北区天神橋4−11−18
06−6351−4072
11:30〜21:00
定休日 火曜日


カテゴリー 扇町/天満, お好み焼き |
1 / 88612...20...最後 »