ようこそ

外食歴40年。家に帰らず食べ歩く店主が綴るグルメブログ。食べ次第更新中!
店主のぺろぺろ日記は携帯電話とスマートフォンでもご覧いただけます。

だるま食堂

私どもの会社から徒歩1分の場所に6月17日にオープンした表記の坦々麺の専門店をランチタイムに訪問。カウンター8席の小さなお店だけど視認性も良くて店内もシンプルでおしゃれな感じ。西田辺にあったラーメン店がリニューアルしたお店と聞き及ぶ。

券売機で食券を購入。メニューは以下の通り。

・白胡麻担担麺(新味):900円
・白胡麻担担麺(元味):900円
・黒胡麻担担麺:950円
・酸辣麵:900円
・激辛担担麵:1000円
・辛味葱辣麺:1000円
・curry担担麺:1000円
・特製冷麺:1000円
・特製麻婆麵:950円
・叉焼2貫:200円
・味付け玉子:+100円
・替え玉:+200円
・餃子:350円

この日はスタッフさんオススメの白胡麻坦々麺(元味)のミニ700円を所望する。

しばらくして着丼。スープは鶏ガラベースの白胡麻味。粘度は低めで思ったほど辛くはない。まろやかで風味も良く、上品なコクもあってとても口当たりがいい事にびっくり。麺は細めの少し縮れのあるストレートタイプ。コシもあって喉越し抜群。

具材は甘辛く炒めた挽肉と白髪葱、刻んだ白ネギ、水菜、もやし、糸唐辛子と定番のものだけど丁寧に作られていることは見ればわかる。途中でスープに柑橘酢を入れて味変をすることを勧めていただき、そのようにしていただく。

とても美味しくいただきました・・・

大阪市住之江区中加賀屋3-5-3


カテゴリー 北加賀屋, 麺料理 |

焼肉 熱帯夜 ヨルテヤ

大阪城公園でランニングの練習会に行った帰りに京橋にある表記の焼肉店を友人と訪問。JRの改札をでて徒歩3分くらい。京阪モールの南側の路地のビルの2階に位置する。店内は8席のカウンターと小部屋が一つ。カウンターの前で店長が脂の乗りまくった肉をカットする姿を見ることができる。

メニューは普通の焼肉店のようなアラカルトと税込5500円のコースメニューがある。コースはキムチ・ナムル盛り合わせ、和牛炙りユッケ手巻きすし、タン元の出汁しゃぶ、塩上タンと数種類の赤身肉、タレ焼き数種類、ホルモン盛り合わせ味噌ダレか塩にんにくタレ、締め料理数種、デザートの構成。選択肢も色々あって好きなものを選ぶことができるようになっている。

ドリンクはいくら飲んでもコースに含まれているというのにびっくり。

最初のナムル盛り合わせは豆もやし、人参、赤キャベツなど珍しいもので全て混ぜ込んでいただくことを勧められる。キムチ盛り合わせはカクテキ、オイキムチ、レンコンキムチ、白菜キムチの盛り合わせ。和牛炙りユッケ手巻き寿司は海苔の上にごはん、大葉、炙りユッケが乗った状態で提供される。

続いてタン元のだししゃぶ登場。小さめのスキレットに野菜と薄切りのタン数枚。それをそのままコンロにかけて、出汁を注ぎ入れてしゃぶしゃぶしていただくという趣向。取り分けまでしていただき美味しくいただきました。

ここから焼き物で最初は上塩タンからスタート。厚切りと中厚切り2種類のカットで提供される。

和牛の塩焼きはクリ(ウデ赤身)、ミスジ、フランク(カルビ系の肉)の3種盛り。脂がかなり強くて胃にたまる感じ。。続いて大分和牛のミスジ肉を使ったすき焼き。薄切りのタレのついた肉をコンロで焼いてご飯の上に乗せて卵の黄身をインする。これも58歳の私の身体には重たかった・・・タレ焼肉はサガリ肉とバラとモモ肉。

このあとのホルモンはお腹がいっぱいでスキップする。締めは黄金冷麺と肉茶漬けとガーリックライスから選ぶことができたので麺少なめの冷麺で口直し。デザートは自家製の地蔵プリンとブラッドオレンジシャーベットからチョイス。お酒もたくさんいただいたのに支払いは定額で恐縮でした。。

大阪市都島区片町2-4-5 京橋駅前ビル2F
050-5596-8683


カテゴリー 京橋, 焼肉 |

貝と海老そして蟹

大阪メトロのなんば駅・心斎橋駅から徒歩5分。三津寺筋を東に入ってすぐの日宝ロイヤルビルの1階にある隠れ家のような表記の店を訪問。お店はスナックかバーの居抜きでカウンター8席のみ。

お店のFBで「イイネ」を押すと看板商品の活オマール海老のハーブ蒸しが980円でいただけると友人が聞いて誘われて同伴する。

最初に生ビールをいただいてから活ロブスターのプレゼンテーション。約500gサイズのものが使われる。

シーフードサラダのハーフサイズ1000円。大きめの海老と帆立貝が入る。ドレッシングは有機エキストラバージンオリーブオイルと有機アップルビネガー。

しじみの出汁でいただく蟹しゃぶ1200円は少し割高感あり。

次の料理に使用する卵のプレゼンテーション。ビタミンEが普通の卵の60倍らしい。

その卵を使用した「ふわふわ海老平焼き」1000円。とん平焼きの代わりに海老を使用したもの。玉子の味の異なりは残念ながらわからなかった・・・・

次のメイン料理に使用するワインを見せてくれる。お店は店主のひろしさんのワンオペでとても人見知りの性格が特徴的。

大きな鋳物の鍋にワインとイタリアンパセリやローズマリーなど数種類の香草を入れて時間をかけて蒸し上げる。鍋を開けると蒸気とともに香草のいい香りが鼻腔をくすぐる。

熱々のオマール海老をハサミでさばいてくれてシェアして盛り付けいただく。味噌部分もトロトロでワインとの相性もとてもいい。大きな爪も食感が良くて添えられた自家製の蜜柑塩やエシレバターをつけていただくと一層、味が膨らんで美味しくいただける。

ワインも色々なタイプのものがグラスやボトルでいただくことが出来、この日は樽の効いたシャルドネとシャブリをいただく。。オマール海老だけ一人で10匹くらい食べたいと思いながら店を出る。

HPはこちら

大阪市中央区心斎橋筋2-7-11
06-6213-3881
営業時間:18:00~02:30(土日は午前6時まで)
定休日:不定休


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 難波, イタリアン, 居酒屋 |
1 / 1,44212...20...最後 »