ようこそ

外食歴40年。家に帰らず食べ歩く店主が綴るグルメブログ。食べ次第更新中!
店主のぺろぺろ日記は携帯電話とスマートフォンでもご覧いただけます。

明石玉子焼き

休みの日に朝からJRに乗って明石まで明石焼(現地では玉子焼き)を食べに行く。日曜日なので食べログ高得点の店やメディアによく掲載されるお店は長蛇の列。

たこ磯は1988年開業の魚の棚商店街にある有名店。明石焼き(玉子焼き)以外に、ぜんざい・おしるこ・あべ川・アイスクリームなどの甘味も提供しているとのこと。

鰻の寝床のような店内の左側は厨房が奥へ伸びており、若い焼き手2人で7-8人前の明石焼き(玉子焼き)をフル回転で焼く。間に合わないので店の外でも焼きまくる。注文すると1分以内に出て来るのにビックリ。まさにファストフード・・・価格は15個700円。穴子が入った玉子焼きも有名でそれは15個900円。

焼き目が強めなこちらの玉子焼きは、どちらかというと熱々の玉子焼きを熱々の出汁で食べるタイプ、外はフワフワで中はトロっとしたタイプ。鰹と昆布で挽いた出汁もすっきりして美味しい。咥内火傷に留意しながらつけ汁にダイブさせて頂くと上品な味わいで食す事が出来る。

具の蛸は湯がき立てのものを使用。サイズは小さめ・・・

明石市本町1丁目1-11
電話: 078-914-5103

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2件目はその近くの明石焼き『ゴ』さんに行く。

こちらのお店は注文後に渡される『漢字テスト』が有名。小さな用紙に懐かしい漢字ドリル形式で10問出題。10問全問読めて正解なら20%、8問なら10%、6問なら5%の割引なり。私は5問正解のみ・・・残念。

こちらの明石焼き(玉子焼き)は600円。
玉子焼きのタコ代わりの具として、アナゴだけでなく、こんにゃく、えび、チーズ、キムチ、すじこん等・・・

しばらくして赤い上げ板に載った焼き立ての玉子焼登場。
玉子比率が高いタイプのためかなりトロトロ。

壁には同様の難解漢字がずらっとあって、全部読めたら写真付きで表彰と玉子焼き1年間食べ放題らしい。
兵庫県明石市本町2-1-4

明石焼の味の異なりは小麦粉と卵の割合と出汁の種類、浸け出汁の種類や提供温度と分析・・・・

明石焼の店一覧はこちら


カテゴリー 兵庫県, その他料理 |

REVO 本店

天下茶屋にてお茶のお稽古の前に標記の洋食店を訪問。グランフロントの店が有名だけどこちらが本店となる。黒毛和牛一頭買いの洋食店として有名で、様々な部位のステーキが夜はマストだけどだけどランチタイムは塩とんかつや煮込みハンバーグをいつも所望する。

店内は男性1名、女性3名での営業。店内はL字型のカウンター8席と4名用テーブル2つに、6名用テーブル1つ。
今回も煮込みハンバーグ*チーズトッピング付き1100円を所望する。最初にスープとサラダが登場。内容と味は普通。

しばらくしてオーブンで煮込ハンバーグとライスが運ばれる。デミグラスソースの中にどっぷりと浸かる熱々のハンバーグはビジュアルも美しい。合い挽き肉なので口当たりは優しくあとから牛肉の味が追いかけてくる。赤ワインベースのソースが秀逸で手間をかけているのは一口頂けば判る。チーズとソースとハンバーグのバランスも良くて重さも感じられずにさらっと頂けた。
肉の旨味凝縮のハンバーグはスプーンで切れる固さでとてもジューシー。

ソースをご飯にかけると即席ハヤシライス。次回はエビフライを頂こうと思いながら店を出る。

大阪府大阪市西成区岸里1-3-2111:30~14:00
17:00~22:00(L.O.21:30)
月曜定休


カテゴリー 天下茶屋, 洋食 |

若葉屋

新歌舞伎座裏の焼肉激戦区にある標記の店を友人と2人で訪問。

一階はカウンタ−のみ七輪焼きで、二階はガス火。17時開店とともにカウンタ−はいつも満席となる。一人焼肉のときは1階で、友人とのときは2階でいただく事が多い。荷物を入れる大きなビニール袋や匂いのつかないようにカバー付きのハンガーを置いていたりとかなにかと親切。まずは瓶ビールを頂いてお約束の塩タン680円を注文。

こちらの塩タンは最初からレモンや塩や胡椒、胡麻がしっかりとかかっていてそのまま焼き込んでから味のついた刻み葱を巻き込んで頂くスタイル。

タン自身は普通だけどパンチの効いた塩タレの味わいにビールが見る見るうちに減っていく。これだけで生ビール3杯いってしまう。

続いて牛テールの塩焼き680円も所望する。骨の周りの筋部分と脂がいい味わい。

このあとは包丁目がしっかり入って噛めば旨味がドバーッと出て切る「ネクタイ380円」。「焼きセンマイ380円」は普通。どの部位かは判らないけど柔らかくて美味しかった「裏ハラミ1080円」。味わい深く食べ応え満点の「ツラミ580円」。脂たっぷり安定の美味しさの「アカセン380円」。柔らかくて驚きのコスパの「上ロース1080円」。鮮度抜群の「上ミノ580円」などをいただく。

ホルモンは新鮮でお腹にスルスル入る。ハイボールも5杯くらい頂いてしまう。一人焼肉のときは「ホルモンmix」というこちらのお店のシグニチャーメニューがお薦め。新鮮なホルモンが500g以上入って1500円という超破格値。

若葉盛りはロース、ハラミ、バラ、カルビ、豚トロ、ウインナーが入って1980円。スタッフさんの接客も良くていつも大満足。思いっきり飲んで食べて2人で1万円あればお釣りがあります。。。普段使いや頻繁に来るにはいいお店です。

大阪市中央区難波4-6-6
電話: 06-6649-0099


カテゴリー 難波, 焼肉 |
1 / 95112...20...最後 »