未分類

9月雑記

朝晩めっきり涼しくなってきました今月もペロペロ日記におつきあいいただきありがとうございました。日記掲載店以外の諸々忘備録として記載させていただきます。

ジムの帰りによく行く南船場の牛鍋専門店「船場虎島」。この日は一番廉価のブリスケットの牛鍋の牛肉大盛り1500円を所望。 牛バラ部分を使用。見た目よりあっさりした味わい。牛肉、玉ねぎ、ニラ、葱、うどん、卵が入る。。

四ツ橋線北加賀屋駅徒歩7分にあるこちらもヘビーユースする「ニューとん助」。とんかつが有名なんだけどこの日はヘレ肉ダブル4000円を所望する。たっぷりとかかるドミグラスソースのパンチ力が強烈。終日ニンニク系の後味が口に残る。。。食べた感たっぷりのランチタイムの雄。

裏天王寺と呼ばれる阪和商店街にある「つるやⅡ」のハラミ、ウインナー、焼き鳥。。いつも満席なので早い時間がオススメ。ワンボックスカーの中で仲間と食べている感。カボス酎ハイと炭焼きのウインナーは必食。

新梅田食道街のスタンディングバーの「北京」。年季の入った店でよく取材を受けている。卵が2つ入ったエッグ350円は永遠のベストセラー商品。レーズンバターも手作り。キャッシュオンなのでさっと飲んで帰るのにちょうどいい。

南船場の源ちゃん(旧名さん源)のランチタイムのハンバーグとエビフライのセット。エビフライはカリッと揚がっていて海老がプリプリ。。ハンバーグは肉の味がしっかりした硬めの味わい。。ドミグラスソースの美味しさはさすが。。

天王寺キューズモール北側にある一人焼肉の「かどや」のロース1700円。最近はこのロースを2人前だけ注文するのがマイブーム。脂の質とのりが自分の口によくあう。

山登りの帰りJR道場駅前の山崎ストアで獲れたて丸おくらのナマ食をいただく。塩をかけていただけばビールのアテのぴったり。

天王寺の立ち飲みの「酒解」。天下茶屋が本店なんだけど高級な魚がいつも激安。この日はのどぐろの姿作り、アワビのバター焼き1680円、ボタンエビなど・・・・

こちらもヘビーユースする高級な魚をおしゃれな空間で安くいただける「鯛の鯛 難波店」。この日は半熟卵の上に雲丹とイクラを乗せたもの、ヒラメの縁側のおろしポン酢和え、サザエつぼ焼き、岩牡蠣 大きな鯛のカマ焼き手のひらサイズ以上でびっくり

京都洛北の今宮神社境内の「一和」であぶり餅をいただく。1000年以上前から営業されているとのこと。目の前で「かざりや」という店もほぼ同じものを提供。大きさは大人の親指くらいで細い竹串に餅を刺してきなこをまぶして炭火で焼き上げて最後に白味噌のたれをかけて出来上がり。1人前は13本で500円(税込)。お持ち帰りは3人前からだけど賞味期限は当日中でずっと立てた状態で持ち歩かないといけない。

こちらもヘビーユースする大阪loveに満ち溢れた大阪の素材しか使用しないというこだわりのオオサカ堂(ドリンクも大阪産のみ)。この日は大阪湾のシラサエビの塩焼き480円、とびあらエビの唐揚げ480円、鱧の卵の玉じめ480円など

10月もよろしくお願いいたします・・・・

 


カテゴリー 未分類 |

8月雑記

今月も私の駄文にお付き合いいただきありがとうございます。日記に記載しているお店以外の食事を羅列させていただきます。

8月にオープンした鮨鯛の鯛 10000円のコース。。烏丸駅から徒歩5分。魚居酒屋の奥にある8席のみの高級寿司業態。若い板前さんが握る赤酢と熟成魚を使用した寿司は界隈では珍しい。予約は店主のツイッターのみという狭き門。予約が取れない店になるのも間違いなし。。

裏天王寺と呼ばれる阪和商店街にあるツルヤⅡのホルモン串焼き。。驚くくらい狭い店は常連率高し。店主のケンちゃんを慕って最近は若い客も多い。シャウエッセンの炭焼きは必食。。

北加賀屋駅徒歩7分のニューとん助のエビフライ大1400円にミンチコロッケのトッピング。。ニンニクのたっぷり入ったドミグラスソースは中毒性あり。大きなエビフライの身を頬張れば気分が上がること間違いなし。

天王寺のあべのVIAにあるアベノ珉珉の辣子鶏 (ラーズージー) と土鍋の麻婆豆腐。。麻婆豆腐はいつも辛めをリクエスト。ヒーヒー言いながら汗だくでいただく。。これを食べると帰りはいつも身体が軽くなった感じがするのが不思議。

8月2日土用の丑の日前日。大阪木津卸売市場にある「川上商店」の鰻丼2500円。関西焼きでご飯の中にさらに鰻が隠れている。炭火で焼きこまれた鰻は身厚で食べ応え満点。

阿倍野の松虫交差点南50mに位置する大阪の食材にこだわりまくった大阪LOVEの居酒屋のオオサカ堂。店主一人のワンオペなんだけど気の利いたメニューが美しく的確に供される。価格も財布に優しくて普段使いにぴったり。

写真は満月ポン50円。ニシ貝のガーリックバター焼き、鱧ちり。ガリ酎ハイ。。。

9月もよろしくお願いいたします。


カテゴリー 未分類 |

米増 8月

福島にある毎月訪問する表記の和食店。予約困難店で3月先まで常に満席。この日は17時半一斉スタート。料理は仕入れによって変わるがこの日は16500円とのこと。本湖月で修行されたご主人のが作るよく考えられた献立と道具立、そして料理は大阪では現在ナンバーワンと言われる。料理写真を載せたのSNSは禁止となっているので毎回献立のみ列記。

 

8月の献立のテーマは「お盆」。ハスの花や葉、ほおずきを使った料理が並ぶ。

・先付けはハスの花をあしらったイチジクのコンポート。さっぱりした口当たりとガラスの器が涼しげ。

・大きく包丁をした島根県隠岐の蒸し鮑。鮑の旨味がとても強い。肝で和えた北海道産の切り干し大根と小芋、満願寺唐辛子が添えられる。

・煮物椀は澄まし汁に山梨県の仁王しめじを浮かべたもの。淡味を極めた味わい。

・活鮮は一品ずつ供される。最初に淡路島由良の雲丹は一切ミョウバンを使用していない上物。続いて脂乗りまくりの大きな平目の薄造り、本鮪の赤身は苦手なのでボタン海老に変更いただく。

・目の前で火入れされる大きな島根の高津川の鮎は頭と中骨を外して供される。香り高い鮎の身は日本酒との相性がとてもいい。頭と中骨は素揚げで後ほど登場。

・大きな蓮の葉に包まれて登場した八寸は中にほおづきがたくさん入っていて中に茨木産の鴨ロースや芋茎、蛸の柔らか煮、マスカットのおろし和え、枝豆真薯など色々な酒肴が鋳込まれていてとても楽しい盛りつけとなっている。

・焼き肴は目の前で骨切りをした大きな鱧に米あられをつけて焼き上げたもの。カリカリとした食感とふわふわの身の対比が面白い。

・進め肴として冬瓜とクエの鍋仕立て。。美味しすぎて悶絶する・・・・

・食事は釜で炊き上げた白ご飯に香の物とおかず味噌を添えたもの

・デザートは山梨産の良く熟れた白桃とメロンのソルベ。

・甘味は滑らか過ぎる水羊羹と抹茶でフィニッシュ。

何をいただいても驚きと感動がある・・・・隙のない仕事に敬服する。。接遇も素晴らしく気軽にお客さんに声がけされる姿も好感が持てる。。とてもいいお店です。。。

 

過去の米増はこちら

大阪市北区大淀南1-9-16


カテゴリー 未分類 |
1 / 3512...20...最後 »