未分類

3月雑記

市中の桜も満開になってきました。3月も私の駄文を見ていただきありがとうございます。日記掲載店以外のお店を忘備録として記載いたします。最近この雑記が楽しみと言われる読者様もあり、こそば恥ずかしい気分です・・・

歯科検診の後でランチで北新地にある「天ぷら木坂」の天丼1000円を所望。大振りのブラックタイガー海老が3本と白味魚。。薄衣で丁寧に作られているのでとても美味しい。海老もプリプリ。。夜は8000円のコースから。。

玉出の会津屋のたこ焼き。カリトロの食感。。酢醤油をつけていただくのが好み。。ビールがあると幾つでも食べてしまう。。この日は大皿2枚注文。。

 

北加賀屋駅前「俺の名はJ」の豚骨醤油ラーメン790円。白濁した豚骨スープはとてもスッキリした味わい。。豚骨は苦手だけどこの店のは好み。。

住吉大社前にある老舗鰻店のいづもや。鰻よりも年季の入りまくったお店全体が見どころ満載。微妙に傾いたテーブルや黒電話など。なんとも言えないどんよりとした照明。お品書きの渋さは比類がない。ちなみにこちらは600円からうな重がいただけます。

大国町の天粉盛の名物のカツカレーうどん1100円。カツはとても柔らかくて衣もきめ細かくてカレー出汁によく馴染む。うどんは切りたて湯がきたてにこだわる。接遇の上質さは大阪のうどん店では比類なき素晴らしさ。

最近のスシローは新商品が目白押し。とても勉強になる。。雲丹を醤油ダシで漬け込んだ「漬け雲丹包み」は独特のミョウバン臭さがあまり気にならない。

締めた鱒を箱寿司、レモン味、デフォルトの3種類のスタイルで楽しむことができる「富山鮨し人流鱒の介寿司」思いの外、脂っ気があって美味しいと感じた「蕩けるアブラボウズ」ビジュアルが素晴らしい「キングサーモンのおはぎ」など・・・この日は食べ過ぎで一人で3300円の会計なり。

南海線の難波駅構内にある寿司とおにぎりを合わせたような商品のむすび寿司なるものの専門店。持ち帰りとイートインができる。スシローの新業態とのこと。。なかなか難しいね・・・

吉野家で牛丼小盛り365円を注文して、オプションで牛皿332円とネギ山椒と豚皿332円と半熟卵85円を注文して牛→豚→葱→牛→卵の順にミルフィーユ状に盛り付けする。最初はビールと一緒に肉をいただいて途中からスプーンでかき回して一気にかきこむ。それぞれ味の変化があって楽しい。名付けて「ペロペロ丼」会計は1232円でした。。

プチ同窓会で25年前に外国で購入した生まれ年(1964年)のワインを持参する。なんとか抜栓できたけど不気味な濁りのある液体はアルコールが抜けて養命酒のよう。

スケジュールの合間に急いで入ったインディアンカレ−780円。甘くて辛くてルーの粘度もちょうどよくて完成度がかなり高い。座ればすぐに出てくるのも嬉しいね。

天満橋のワインショップサルビスにて試飲会。シャンパン2種と白・赤それぞれ2種類、最後にオレンジワインなど店主の野口氏がセレクトした個性的なものばかり。。チーズなどのつまみもついて2000円の会計にびっくり。。恐縮しながら店を出る。。

南船場でランチタイムにハラミの焼肉重1000円。肉は柔らかいけど独特の臭みあり。。有名店なのに残念なり・・・

4月もよろしくお願いいたします・・・


カテゴリー 未分類 |

2月雑記

緊急事態宣言中出来るだけ出歩かずローカル外食に努めました。日記に掲載していないお店を忘備録として記載させていただきます。

あべのキューズモールの北側のあべのVIAのB1の一番奥にあるアベノ珉珉もお気に入りの店。海老入り水餃子はコリコリの食感。唐揚げを等がわしとともに炒めた辣子鶏 (ラーズージー) もマストメニュー。牛すじの煮込みもハイボールにぴったり。

日曜日の昼は長居公園でピクニックに参加。いい陽気で気持ちよかったです。。

天王寺に一人焼肉の焼肉ラ○クができて行ってみるとかなりビックリする内容でその足でアベノVIAにあるかどやを訪問。ロース1700円を2人前いただくのが私の定番。。大満足で安定の美味しさ。。

茨木国際カントリーのランチのエビフライが本格的だったんで少し嬉しい。

天下茶屋の居酒屋のマイケルで餃子をいただく。ピーマンと一緒にいただくとあっさりして食べやすいね。飲むほどに安くなるハイボールも素敵。

船場にあるきつねうどんが有名な老舗の松葉屋の「牡蠣おじやうどん」に餅をトッピング1280円。この時期は客のほとんどがおじやうどんをオーダー。モチモチの柔らかめのうどんと甘めの出汁がとてもいい。生卵を途中で潰すと味変できて楽しい。

東京新橋の魚金総本店 お造り盛り合わせ「玉手箱」2人前1280円。鯛、マグロ、カンパチ、鯵、牡蠣、蛸、鰤、海老としらすの箱寿司など。。

儲かるのかな・・・

以前に吉野家で豚丼を注文してそれに牛皿大と卵をのせたオリジナル丼を紹介したら東京で「右京丼」という名前でその方が開発したことになっていたと読者さんから連絡あり。。。残念・・・・今回は新発売のねぎ山椒牛丼に豚皿と玉子をトッピング。892円のプチ贅沢なり・・・・山椒とねぎがいい仕事をする。。

ずっと前の投稿ですき家で白ご飯と生卵5つ。体に悪そうだけど・・・海苔を注文して時間をかけてハサミで細工。店員さんもびっくりのいい出来に大満足。これはオリジナルと自負・・・俺ってかなり暇だな・・・

3月もよろしくお願いいたします。。

 


カテゴリー 未分類 |

1 月雑記

今月は緊急事態宣言のため夜の外食はかなり控えるようにしました。日記掲載店以外の諸々を紹介。

年商600億円のビジネスをしている友人が最近、死ぬ前に食べたいものが「王将の餃子」と言っていた。私は吉野家の牛丼。。。豚丼の頭大盛りに牛皿大と半熟卵を追加トッピングして唐辛子をかけて一気に食べるのが大好き。

日曜日の朝に大阪城公園にランニングをした後天満に移動して老舗お好み焼き店の「千草」で豚玉を食べる。自分で焼くシステムなので創作してみる。。あまり似ていない・・・*ミッキーマウスです。。

住之江区東加賀屋3丁目にある眠楽。こんな街場の大衆中華料理が大好き。カリカリに焼き上げたにんにくたっぷりの餃子250円。綺麗な飴色に仕上がった酢豚750円。車海老を使った辛子煮1480円。。。味の素もたっぷり!

あべのキューズモールの北側にある一人焼肉のかどや。ロース1700円を2人前と並ミノ600円の注文をレモン酎ハイと一緒にいただくのがデフォルト。

玉出駅徒歩5分の手打ちうどんの「楽」のカレーうどん卵とじ990円 出汁が効いてかつスパイシーうどんがもちもちしてかなり美味しい

北加賀屋駅徒歩5分。商店街のアーケードの入り口にある「麺物語つなぐ」の中華そばは究極のラーメン2018 準グランプリ受賞作。

東加賀屋にあるトンカツチェーン店のかつ喜。霜降り四元豚のへれかつと広島産の牡蠣フライ盛り合わせ1880円。とても柔らかい、旨味が強い(気がする・・・) ご飯が美味しかった・・・。

東加賀屋にある洋食のにしは天下茶屋にあるREVOで修行されて独立されたお店。この日は牡蠣フライと有頭エビフライの盛り合わせ1800円。

住吉大社徒歩3分のお好み焼きの古々路。焼きそばと塊の豚肉と半熟卵が入った古々路焼が名物。これを一つ食べるとお腹いっぱい大満足。

玉出にある会津屋のたこ焼き。小さめでカリカリの食感。結局30個一気に食べてしまう。酢醤油でいただくのがオススメ。

力餅食堂玉出西店のカレーうどんの肉多めにきざみ(薄揚げ)追加。。なんでも客のリクエストを聞いてくれる。。赤飯との組み合わせは最高。

美々卯のかやくうどんに好物の海老天ぷらトッピング。見た目はでかいけど中身はない海老天が悲しい。

スシロー北加賀屋店でランチ。クエ、アワビ、ふぐ皮、ずわい蟹、うに、車海老、のどぐろ、蟹爪などワンランク上のネタにびっくり。調子に乗って食べてたら会計は3000円越え。さすが業界一位の回転寿司と敬服。

天ぷらひらおの福岡天神のアクロスビルにある店舗を訪問。食券を買って天ぷらを待つ。海老の天ぷらが4本ついた海老定食950円を所望。それのさらに海老天2本追加。かなり大ぶりで食べ応え満点の海老の天ぷらはオーストラリア産のブラックタイガーを使用。柚子の皮が入ったイカの塩辛はサービス。

2月もよろしくお願いいたします。。


カテゴリー 未分類 |
1 / 3812...20...最後 »