未分類

すし寛 4月

ヘビーユースする西成の表記のお店を後輩君と訪問する。この日は休日だったので開店直後に入店するがその時点でも満席なのに驚く。

日曜日は客層もいろいろでひとり客から家族連れまで地元客を中心に大繁盛。瓶ビールを頂いて好きなものを所望する。

2015-04-03 16.34.35

まずはマストアイテムのトコブシの旨煮。大振りの身がてんこ盛り。付け合わせのカボチャや蕗もしんみりとした味付けでかなり美味しい。

2015-04-03 16.35.04

鯛の子を注文したら新しい平目の肝と卵のいいのがあるという事で頂く。全くクセもなくかなり美味しい。

2015-04-03 16.45.21

水槽に泳ぐオコゼを所望。一番大きいものを頂く。コリコリで旨味満載。

2015-04-03 17.00.15

オコゼの肝と腸と皮を湯がいてポン酢で和えたもの。滋味深くてコリコリしてまさに珍味なり。

2015-04-03 17.33.36

オコゼの皮は赤出汁か骨煎餅にして出してくれる。長野県の真澄を所望する。燗にするとかなり美味しい純米酒。

2015-04-03 17.06.04

大きなふぐの白子もタレにつけて焼いてもらう。スダチの酸味と唐辛子の辛みが濃厚な白子にいいアクセントを与える。これも日本酒にぴったり。。

2015-04-03 17.27.21

大きなタイラギ貝は握りでいただく。。鮮度の良さは見ただけでわかる。食べ応え満点・・・

2015-04-03 17.29.31

後輩君の大好物のサーモン。。

2015-04-03 17.29.58

穴子の握りは大振りのものが一丁付け。脂がのってかなり美味しい。。

2015-04-03 17.54.03

いわゆるこの時期だけの小さめの鯛。皮のピンク色が美しい。しこたま食べて飲んで会計は驚愕の値段・・・さすが西成ナンバーワン,60年続く人気店なり。

2015-04-03 18.42.30

表に出ると熟睡する親父発見。

2015-04-03 16.06.24

ファザードもとってもナイス・・・

2015-04-03 16.07.54

生ジュース。。。?

大阪市西成区太子1-15-2
06-6641-6654
16:30〜24:00
月休


カテゴリー 大国町, 未分類, 寿司 |

某所 イタリアン

いつもお世話になっている友人と久しぶりに会食。普段はイタリアンは食す習慣はないんだけど超有名店で修行をされたシェフの渾身の一品を食せる店と聞き相伴する。

2013-03-19 19.55.00

小さな前菜は春野菜やアマーレトマト、ロマネスコをアボガドのソースでいただく。付け合わせの上質な生ハムの塩気がとてもいい。 トマトの甘さにビックリする。

2013-03-19 20.05.30

旬の桜えびの下にはスナップ豌豆や様々な豆野菜。。その下には竜の卵と言われる九州産の地玉子の温泉卵。ぐちゃぐちゃかき混ぜていただくとパリパリして香ばしくて玉子は甘くてビールにぴったりのお味。

2013-03-19 20.14.39

写真では見えないんだけどとても柔らかくふんわりと焼かれた「鳴門の鯛のパデッラ」パデッラってフライパンという意味らしく、たぶんふんわりとフライパンで焼かれたって言う意味だと思う。あさりのスープと筍の付け合わせもとっても春らしい。

こういう料理って日本ならではのイタリアンって感じがする。本当は和食で出してもいいかもしれないと感じる。

2013-03-19 20.26.06

たらの芽を揚げたものが入ったアーリーオスパゲティ。白魚も柔らかくてとっても美味しい。

2013-03-19 20.40.37

ワインはフレデリック・マニャンのピノノワールを所望。昔はこのワインて樽っぽいイメージなんだけどチョイスしたピノは果実味が前面に出たイメージどおりの味わい。

2013-03-19 20.44.11

メインはクロワゼ鴨のロースト。春キャベツと葉タマネギのロースト添え。塾成香もあって日本の合鴨よりも小型で肉質のきめが細かくてとっても柔らかい

2013-03-19 21.04.09

何のフルーツか忘れたけどサッパリしてとっても美味しい。。ワイン飲みすぎで結構フラフラになる。

2013-03-19 21.14.21

チョイス出来るデセールはバニラ風味のスフレをベリーのソースとマスカルポーネのムース添えを所望する。

ボリューム満点て感じのイタリアンじゃないんだけど、ちょびっとずつ出てくるとお腹いっぱいになる。。ごちそうさまでした・・・


カテゴリー その他, 未分類, イタリアン |

番外編 *結婚披露宴2次会パーティー

普段私どもの会社でメニュー開発などでお世話になっている美人フードコーディネーターの山本弘美先生が華燭の典をあげられ今回はその二次会をお手伝いさせていただく。最近はフードコーディネートのみならずコンサル業、そして今では予約の取れない大人気のお料理教室もされ業界では超売れっ子状態となっている。

「ラブキッチン」というコンセプトで彼氏や亭主に作る愛情あふれる食事を旨とした料理教室はアッパーな空気感と上質で丁寧な指導、彼女の朗らかで楽しい性格が評判を呼び京阪神の若い女性の垂涎の的となっている。今回のパーティーは堂島の 川縁のデッキで特設に会場を作る。彼女の結婚を祝う人で一杯。おつきあいと顔の広さを物語る。。

北浜のフレンチの名店ラペティ・ロアブッシュからはオードブル数種。。。。個人的にこちらのお店は大好きで私もたまに訪問する。。野菜をふんだんに使った料理が秀逸。

結婚式の披露宴でも同席させていただいた樋口農園さんは京野菜を徹底的にこだわって作られこの日の為に種をまいて収穫が天候によってずれたときのことをも考えて保険で別の品種も植えられたという念の入れよう。京都のミシェランの星のついたお店はみんなこちらで野菜を仕入れていると言う伝説の農家。

北浜のラペティーさんも樋口農園さんから野菜を仕入れているというのは前から伺っていた。野菜の味がしっかりして甘くて滋味深い。加熱しているのにより自然な味わいが引き立つ。このオードブルだけでワインが3杯くらいいただける内容である。

蕎麦の屋台は豊中で11月にオープンする鼓道さん。名店である宗右衛門町の田舎蕎麦のご子息様でこの日も湯がきたての鴨蕎麦を提供。。多くのスタッフがこだわりの仕事をされておられた。気合いも充分。。。

この日のぴか一はビーフステーキ。。A5の脂が透き通ったかつ濃厚な上質なボルドーワインのような味わいの肉質。高温の分厚い鉄板を用意して表面を高熱でかりっと焼き上げ新婦の作ったレシピをもとに酸味のある軽めのソースで味わう。脂がくどくないのでいくらでも食せる。

生バンドも登場。。。軽めのスイングジャズはこの季節にぴったり。。。

私がヘビーユースする住之江の中国家庭料理の名店「邯鄲小吃館・ハンダンショウチュカン」この日は土曜日なのにお店を締めてスタッフ全員で彼女の為に駆けつけ名物の水餃子を作りまくる。。皮からすべて手作りなので不味い訳がない。。。ご主人ニコニコしながら餃子包みまくり。。

私どもの寿司事業部(出張屋台寿司徳太郎)のエース。。ベテラン職人の小松が握る明石の昼網の魚。鯛・つばす・タコ・サワラもちろんすべて天然。改めて彼は奇麗で、いい寿司握るのを確認。やっぱ寿司はネタやね。。

先ほどのステーキと樋口農園さんの野菜を焼くシェフ。これも私どものケータリング事業部(パーティーパーティ)肉は山本新婦の持ち込み。厳選の黒毛和牛。

大東のインド料理店のMIRANさんはタンドリーチキンとマトンとチキンのカレー。。もちろんナンが添えられている。。何十種類のスパイスが添えられていると聞く。

スイーツは芦屋の甘空からミニキッシュとマカロン。このマカロンはフランボワーズとパッションフルーツの2種類。。とてもラブリー・・・

お酒は本町のレッドバー。泡やワイン、焼酎、カクテルなど何でもござい状態。

途中でサンバチームも出てきて会は大盛り上がり。。こんな大人のパーティーが出来たらいいなというものをきっちりと具現化。。参加いただいた方も大喜び。新婦のやりたいことと私どものプロデュースが渾然となり実にいい空間と美味しい食事を提供することが出来た。

久しぶりにいい仕事ができて、私もスタッフも大満足。。。楽しい一日である。。


カテゴリー その他, 未分類, その他料理 |
20 / 27« 先頭...2021...最後 »