北加賀屋

壱番亭

友人に株主招待券をいただき地下鉄北加賀屋駅北側にあるグルメ杵屋本社前にある表記のラーメン店を訪問。10月21日にオープンとのこと。「杵屋」や「そじ坊」でお馴染みの「株式会社グルメ杵屋」さんが新規事業として、茨城県の繁盛ラーメン店の「壱番亭」を事業承継の形で子会社化したと聞き及ぶ。コロナ禍で大量閉店した既存業種の代わりにこのブランドのラーメン店を今後2年間で関西に30店展開するとニュースでも報道されていた。


入口と出口が分かれた店内は、カウンター席、テーブル席合わせて54席。
駐車場は27台分と広いのでかなり利用しやい。オープン間もないためか店内は満席。待っている間にメニューを見て注文を考える。

しばらくして席に案内いただく。各席にはタブレットが設置され、すべてのメニューの注文ができる・・・・はずだったんだけどバグを起こして結局スタッフさんを呼んで注文。ちなみに会計もセルフレジとなっていて、省力化、感染症対策に貢献しているとのこと。

この日の注文は看板メニューの「辛ネギ熟成味噌ラーメン」830円。辛さは「ひかえめ」「中辛」「激辛」から選べるので「激辛」を所望する。それに麺を半量にして玉子とチャーシュを追加トッピング。

待っている間にタブレットに映されるラーメンの能書きをみる。

味噌は北海道岩田醸造の味噌に数十種類の食材をブレンドしたオリジナル味噌を1か月以上寝かし、豚骨をベースに野菜と昆布を合わせたスープ。しつこくなく最後まで飲み干せるとのこと・・・・

味噌スープに合うように1年間を費やして考えられた麺は、スープと良く絡むややちぢれた太麺。

名物の辛ねぎはラー油と豆板醤をその都度合わせたもの・・・

着丼した久しぶりに食べるラーメンを一口いただく。どういうわけかスープがぬるい・・・火傷するのを気遣っているのか・・・・久しぶりにぬるいスープのラーメンをいただく。そして突き刺さるようなスープとねぎの辛味で食が進まない。。チャーシューと卵だけいただいて悲しみとともに店を出る。。。

大阪市住之江区北加賀屋3-1-20


カテゴリー 北加賀屋, 麺料理 |

懐石料理 徳 不徳軒

私どもの本店のお茶室で友人と会食。特別室を使った特別料理で知人のみに提供させていただいています。8畳の個室仕様でお忍びにもぴったり。。。この日は2万円(税・サ別)の秋の献立を相伴する。

先付けは千葉県産鮑を蒸したものと無花果を合わせたもの。上に叩きオクラと菊花、蔓紫の花が添えられる。

高知県宿毛産ハタの昆布締め。。高級魚ならではのあっさりした味わい。。水分を抜いているので旨味が凝縮。

刺身の2皿目は皮目を炙った長崎産のどぐろと北海道の牡丹海老。。牡丹海老は寸前まで生きていたとのこと

刺身3皿目は明石産の目板鰈の薄造りは品のある脂感がとてもいい。。皮や内臓も一緒に添えられている。お酒は天野酒の大吟醸を3種類飲み比べ。

煮物椀は長崎産の車海老を使った真薯と針松茸。。コリコリの歯触りの海老感がとてもいい。青柚子の香りも季節の移ろいを感じさせる。

八寸は大皿にて供される(写真は2人前分)丹波篠山の酒屋で買い付けた大吟醸とマリアージュ。。

大皿からスタッフさんが取り分けいただく。

春菊と柿と零余子の白和え、新物の鈴子おろし和え、ふわふわのカステラのような鱧の厚焼き卵、ウロコをパリパリに焼き上げた甘鯛松笠焼き唐墨掛け、野趣あふれる味わいの合鴨山椒焼きなど。日本酒が進みまくる・・・

炊き合わせは脂のよく乗った泉州産穴子、秋茄子の翡翠煮、赤万願寺唐辛子、隠元など

ここで子持ちの天然鮎のプレゼンテーション。。この日は滋賀産とのこと

これを料理人のスタッフさんが丁寧に焼いてくれる・・・

頭部分は唐揚げ状にしっかりと焼きこまれて完成。たで酢につけていただく。内臓の苦味と卵の食感と身の美味しさが渾然となってとてもいい。ワインは白ワインのモンラッシュと合わせる。

名物の但馬牛の和風ローストビーフは焼きたてが供される。北海道の雲丹、黄身おろしと一緒にいただく。あしらえは天然舞茸。赤ワインのジュビレシャンベルタンとともにいただく。

旬の渡り蟹は和歌山産のレモンを添えて・・・美味しすぎて言葉が出ない・・

丹波篠山産の栗を使った栗ご飯。ホクホクの味わいなり。。伊賀の土鍋で伊賀の新米とともに炊き込まれる。。。

お腹いっぱいだけどお代わりしてしまう・・・・

水菓子はラフランス(洋梨)、和梨のコンポート、巨峰(葡萄)。。。

甘味はずんだ餅を中に射込んだ自家製最中に天野酒の僧坊酒を合わせる。全部で3時間の食事でした・・・・

大阪市住之江区東加賀屋3−15−9
06−6683−0045
懐石料理徳 茶室
紹介制


カテゴリー 北加賀屋, 住吉公園, 住吉大社, 和食 |

洋食 にし

大阪メトロ四ツ橋線の「北加賀屋駅」から徒歩7分ほどのところにある表記の洋食店にエビフライを食べに訪問。

場所は南大阪病院から南へ200mの通りから東へ入ってすぐの住宅街に位置する。天下茶屋にある黒毛和牛の一頭買いと塩トンカツで有名な「Revo(レボ)」の店長が独立してされたお店。メニューはRevoとほぼ同じ。

カジュアルで明るい店内はカウンター4席とテーブル席およそ18席。

エビフライとヘレかつの盛り合わせ1400円を所望する。反り返った巨大な有頭エビが皿の上に鎮座。粗めのパン粉に包まれたヘレかつは驚くくらい柔らかい。。ドミグラスソースも嫋やかな味わいで豚肉の味を損なわない。。大きなエビを食べるとなぜか元気が出ます。。ご馳走様でした・・・

大阪市住之江区東加賀屋2丁目14-19
営業時間 11:30 ~ 14:00  /  17:00 ~ 22:00
定休日 毎週月曜日
TEL / 06-6115-6797


カテゴリー 北加賀屋, 洋食 |
1 / 7012...20...最後 »