北加賀屋

ニューとん助

四ツ橋線北加賀屋駅を南東に進んで徒歩10分にある表記の洋食店を訪問。昼間の2時間だけの営業という奇跡のようなお店。地元では有名店なので当然のことながら昼間は満席。待合の席もあるので苦にはならない。

カウンターに案内いただきまずは名物のポタージュ300円。水を入れてニンニク、玉ねぎ海老少々、そこにベシャメルのようなものを入れて塩と味の素で出来上がり。。生ニンニクのパンチのある刺激が口内を駆け巡る。。。適度なとろみもあって風邪をひいている時に絶対にオススメの一品。

とんかつ800円は変わらぬ価格と美味しさに敬服。ラードでしっかりと揚げられた厚みのある国産豚はボリュームたっぷり。何日も時間をかけて作られるコクとパンチのあるソースにはニンニクがたっぷり。このソースを食べたくていつもこちらの店に通っている。。とんかつ以外にも何を食べても美味しい。。。ハンバーグは飲めるかと思うくらいスルスルと入るしエビフライも秀逸。いいお店です・・・・

過去のニューとん助はこちら

大阪市住之江区中加賀屋3-1-22
10:59~13:58
定休日 日曜日・水曜日


カテゴリー 北加賀屋, とんかつ |

懐石料理徳 住之江本店

外国からお客さんがきたので私どもの住之江にある店舗でおもてなし。。。普段提供している10000円のコース。

先付けは長芋羮。上には柔らかく蒸して糸状にした鮑、蓮根の田舎煮、舞茸鉄砲和え、温度卵、つるむらさき、もって菊が添えられる美味出汁ゼリーを敷いて。。

向付は天然の縞鰺、鯛の昆布締め、北海道の塩水雲丹の3種盛り。雲丹の甘さが秀逸。

松茸と鱧の土瓶蒸し。。出汁が美味しい。。

八寸は猪口に鱧の焼き霜と焼き松茸を合わせたものに針栗をのせてポン酢おろしを添えたもの、南京きんとん和え、蛤巻繊焼き、子持ち鮎甘露煮、萩真薯、零余子、鯛煎餅、穴子一口寿司など。。

名物の強肴は但馬牛を使ったローストビーフ。野菜と醤油を使ったタレに1日漬け込んで低温で2時間焼き上げるので身はしっとりでとても柔らかい。これを木の実のソースでいただく。あしらえはペコロスの酢漬け、さつま芋レモン煮、大黒シメジ塩麹漬け、牛蒡キンピラなど。。

名残のカマス酒盗漬けに九州の赤雲丹をのせたもの。。あしらえは酢蓮根、栗黄身焼き、双身椎茸など。

氷鉢に冷やされたものは酢でしめた秋刀魚の卯の花和え、太刀魚の炙り、鯛菊花巻、袱紗胡瓜、一番底に渡り蟹とシャインマスカットと土佐酢ゼリーが盛り込まれる。

釜炊きのしめじご飯と味噌汁。。

林檎の蜜煮と巨峰、緑茶と自家製最中でフィニッシュ。

大阪市住之江区東加賀屋3−15−9
06−6683−0045
完全予約制

詳しくはこちら


カテゴリー 北加賀屋, 住吉公園, 住吉大社, 和食 |

ニューとん助

住之江区の自社の近くにある洋食店。昼の2時間だけの営業だけど常に満席状態。上質なとんかつ料理がメインでどのメニューを食しても美味しい。お店は清潔で特に厨房内はピカピカ。。年季の入ったご主人とその弟子さんと奥さんとアルバイトで運営。

名物のポタージュスープ300円は水と牛乳と玉ねぎとニンニクと大量の味の素で簡単に作る。なんとも言えない後を引く味で食後はニンニクの味が数時間口に残る。パンチがありすぎるガーリックスープ。。ほとんどの客が注文しているのも興味深い。

続いてはトンテキ。。小麦粉をまぶしてゆっくりと弱火で加熱するんだけど見ただけで美味しいことがわかる。シルキーな肉質は咀嚼すると咥内で解けながら甘い脂が味蕾を優しく刺激する。ニンニクの効いたガツン系のドミグラスソースも秀でた美味しさ。ご飯との相性も良く一気にスルスルと食してしまう。食後の膨満感もなくあっさりといただける最高のトンテキです。。

過去のニューとん助はこちら

大阪市住之江区中加賀屋3-1-22
10:59~13:58
定休日 日曜日・水曜日

明日からアメリカに行ってきますので少しだけ日記休ませていただきます・・・・


カテゴリー 北加賀屋, とんかつ |
1 / 6512...20...最後 »