北海道

すし処 北の旬

社員旅行で土産を買いに札幌の台所と言われる中央卸売市場を訪問。60件くらい立ち並ぶ店舗で毛蟹やらイクラやらをいろいろ買い込み、そのあとで場外市場内にある表記の寿司屋を若手女子社員と2人で訪問する。

小さな寿司店であるが市場の方にご紹介いただいた小体な店。コストパフォーマンスが他店より圧倒的に優れているという事。
爺さん2人がカウンターの中で黙々と仕事をする。店内はカウンターと小さなテーブル席が8席のみ。

握り寿司の盛り合わせが有名らしく1500円から3000円くらいまで3種類のものがある。カウンター越しに握る姿を見ていたが仕事がとても丁寧。ネタはかなり上質・・・というか最高級クラスかもしれないほどピカピカである。

2015-06-05 11.46.37

貝の丼1500円というものがあったので貝好きの私は迷わず所望する。甘エビが2匹とコリコリのツブ貝、新鮮きわまりないホッキとホタテ大量の利尻産塩水ウニ(蝦夷ばふん)とイクラという豪華オールスター丼で他店なら同様のものが3000円くらいか。

しっかりとした塩水雲丹は甘くていい味。利尻の蝦夷ばふんならではの濃厚な味はつい日本酒が欲しくなる。

2015-06-05 11.46.30

女子社員君はウニいくら丼1500円を注文。「生まれて初めてこんな美味しいものを食べた」とのたまふ24才の乙女。

両方ともかなり安いし上質である事は間違いない。紹介いただいたかに屋さんのお兄さんに感謝。

結局今回の北海道社員旅行は3日間すべて雨でした・・・降りしきる雨をホテルから見ながら「もし わたしが雨だったならそれが永遠にに交わることのない空と大地を繋ぎ留めるように、誰かの心を繋ぎ留めることができただろうか。」と考えるおセンチな51才。

札幌市中央区北11条西22丁目 総合食品卸売市場内
011-640-3690
営業時間 8:00 ~ 15:00
定休日 水曜日

すし処 北の旬寿司 / 二十四軒駅桑園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 北海道, 寿司 |

ウタリ

弊社社員旅行2日目の「すすきの」の夜は社員同士であちこちの店に飲みに行ったりでいつの間にか私一人となる。25年前に友人に初めて連れて行ってもらったすすきので一番古いと言われる北海道の味覚を堪能出来る表記の居酒屋を訪問。道中どぎつい風俗ビルが建ち並び呼び込みの兄ちゃんに声をかけられるのを楽しみながらひっそりとしたファザードの古風な暖簾をくぐって店に入る。

2015-06-03 21.15.17

店内はまんま昭和の雰囲気。カウンターもイスもかなりの年季。聞けば創業29年と言っていた。店名はアイヌの言葉で「仲間」と店内に表記されていた。樹齢1000年以上の巨大エゾマツを使った大囲炉裏で北海道の魚介類や野菜を焼いていただくというお店。

当地では超有名な50年の歴史を誇る「杉の目」という料亭の姉妹店で食材や仕込みはすべてそちらのお店から届けられると言っていた。この日はどういうわけは客は私だけでベテラン熟女ギャルのお姉さんと話をしながらお酒を頂く。大きなカウンターは約25席で奥には「離れ」と呼ばれるテーブル席がある。

2015-06-03 21.18.51

突き出しは鰊漬け。いわゆる北海道の厳しい冬を乗り越えるための保存食である。塩分濃度は思ったより高くない。米麹を使用しているため酸味が強く鰊独特の風味が何とも言えず箸が進まない・・・

この日は寿司を食べた帰りなのでいつも頂く名物の店で干している巨大ホッケ1800円や強烈に脂ののったキンキ4000円は食べたかったが今回は遠慮した。両方とも炉端の熱で水分を抜いて旨味が凝縮したマスト注文アイテム。

2015-06-03 21.23.22

お姉さんが注文を受けてから焼き出すので提供時間は北海道時間。シシャモ1000円もかなり美味しいし「烏賊1200円」や「じゃがいも400円」「焼きおにぎり」などの普通のメニューも普通よりかなり突き抜けたレベルで美味しい。毛蟹や刺身もありすべての食材が料亭レベルなので何を食しても美味しい。

2015-06-03 21.35.51

今が旬のホワイトアスパラがあったので迷わず所望。丁寧に炭火でこんがりと焼かれたアスパラは何もつけずに頂く。鮮度のよさも相まって甘くて瑞々しくて滋味深く焦げたところは香ばしくまさに北海道の大地の味がした・・・かも

2015-06-03 21.39.18

巨大な天然ホタテ800円も頂く。丁寧にこんがりと時間をかけてまんべんなく焼かれる。最高の焼き上がりを見極めながら手際よく黙々と焼きの作業に集中する姿はとても美しい。薄暗いカウンターで一人で食していると山奥の民家に招かれたような錯覚に見舞われる。

大きな魚は食すのに時間がかかるのでそのあいだに冷めても焼き直しをしてくれる心遣いもある。

普段は最後に北海道の郷土料理「三平汁」を頂くのだがこの日はお腹いっぱいで遠慮する。本物の炉端焼きを頂いた、とてもいい北海道の夜でした。

札幌市中央区南5条西5丁目
TEL 011-512-3570
営業 17:00~23:00

炉ばた焼 ウタリろばた焼き / すすきの駅(市電)すすきの駅(市営)資生館小学校前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 北海道, 居酒屋 |

根室 花まる

社員旅行で北海道の表記の店を訪問。地元の友人に紹介してもらったハイコスパの寿司店。この日は視察チーム13人で訪問する。新しく出来たすすきののど真ん中にあるホテルの2階に位置し、入口には生簀があって貝類などがたくさん入る。

コの字型のカウンターには職人が2人。そこから握りや刺身などを提供。私たちは掘りごたつ式の小上がりのテーブルに案内いただきまずはビールで乾杯。

2015-06-04 19.05.35

まずはお造り盛りあわせを所望する。筋子、水蛸、甘エビ、鮪など・・・かなり普通。母体は北海道で数店舗の回転寿司店を展開する会社でこちらは廻らない寿司と居酒屋メニューもあり使い勝手がいい店として有名・・・らしい。

2015-06-04 19.07.50-2

最初に16貫盛り合わせをいくつか頼んでそのあと好きなものを好きなだけ注文する。ソイや生鰊、タラバカニのふんどしなど珍しいものも多いが冷凍物がほとんどなのは少し残念。

2015-06-04 19.08.58

女子社員が大喜びのアスパラの天ぷら。。これも結構普通なのはしょうがない。

2015-06-04 19.18.30

馬肉も北海道産と言っていた。店内は明るく清潔で団体客にはぴったり。

2015-06-04 19.29.36

活ホタテはかなりよかった。身厚でしかもプリプリと歯応えを感じさせる新鮮さ。

2015-06-04 19.18.36

活ツブ貝も新鮮で歯応えがありまくり。北海道ネタはやはり貝である事を再確認。

2015-06-04 20.04.18

北寄貝も生で食すと少し独特の癖を感じるが苦み、臭みはなく個人的には好きな味。コリコリして歯触りもいい。

2015-06-04 19.23.08

北海道雲丹の食べ比べ。濃厚で甘味が強いエゾバフン雲丹と上品であっさりしたムラサキ雲丹。甘味がtすると珍しいかな、貝がメインのものとなった。ほたて、つぶ貝、ほっき貝など、いずれもコリコリと歯ざわり良く甘い。貝にありがちな苦味、臭みなどはほとんど感じない。

2015-06-04 19.31.32。。

生の鰊の握りも北海道ならではのネタ。死ぬほどにぎり寿司等を頂いて一人5000円の会計でした。手頃な価格なのでいつの間にかお店は客だらけ状態になってました・・・・

札幌市中央区南4条西2丁目2-4
札幌M-SQUARE2F
011-520-0870


カテゴリー 北海道, 寿司 |
1 / 412...最後 »