北陸地区

魚平

14年ぶりに福井県の敦賀にある表記の蟹料理店を休日の昼に訪問する。昔は友人とよく伺ったもので毎年蟹の時期にDMをいただいていたのだけど最近はめっきり足が遠のいていた。

大阪駅からサンダーバードに乗って80分。しかしながらこの日は大雪で新快速で2時間あまりかけてやっと到着。駅からはタクシーで7分くらい。

この店は敦賀で上がる大きな蟹を独り占めしているので 同業者には人気がないがお客さんには大人気。 私の友人の多くが当時リピーターとなる。蟹料理の他にも河豚もたくさん扱っていて数店舗の食事処がある。民宿も併設しているので宿泊でゆっくり過ごすこともできる。

到着と同時にいくつかの水槽を見学。この日いただく蟹を選ぶことができる。特別大きな蟹の入った水槽はすごい迫力。2キロオーバーの蟹で1匹6万円とのこと。今回は適当なサイズの蟹のボイルを一人一匹と蟹すき、お造り、甲羅焼きのみを所望。

熱燗をいただいて最初の突き出しは貝の煮物と河豚皮。。

敦賀港大勝丸のタグがついた1.5キロサイズの茹で蟹が登場。大きなサイズなので食べ応え満点。。蟹酢をつけたり味噌と一緒に醤油をつけたりしながら繊細な蟹の妙味を味わう。これだけでお腹がいっぱいになるくらいのボリューム。

続いて蟹の足の刺身。。とても甘くてプリプリの食味。ずわい蟹ならではの味わいに感動。

不純物の一切ない蟹の甲羅焼きは日本酒が進みまくる。。。香ばしくてコクがあってまったりした大人の味わい。最後は熱燗を甲羅に注いでこそいで味わう。

最後の蟹鍋は出汁に蟹味噌が入りなんとも言えない濃厚な味わい。 蟹は7秒で引き上げるとレアに10秒でミディアムレア、胴体部分は少し長めに湯がくのがコツらしい。

やっぱり爪部分の肉が最高に美味しい。。

最後の雑炊も卵などは入れずにご飯に纏わりついた濃厚な蟹のエキスをしっかりと味わう。

デザートをいただいてお腹いっぱいでフィニッシュ。接客も丁寧で田舎の親戚の家に遊びに来たような感じ。

気になる会計はボイル蟹が30000円、カニしゃぶやその他諸々が25000円、飲み物が1500円・・・合計で一人65000円でした。。小さい蟹を使ったコースなら25000円かららしいです。。

過去の魚平はこちら

福井県敦賀市平和町19-18
TEL 0770-25-1137
営業時間 午前11時~午後9時30分 不定期休


カテゴリー 北陸地区, 和食 |

くろ屋

金沢から帰阪するのに電車に余裕があったので駅近の表記の人気居酒屋を一人で訪問。金沢駅から徒歩5分の場所に位置する。人気店らしくこの日も予約以外は受け付けておられない。
店内は民芸調で温かみのある感じ。若いご主人と調理スタッフが4名。

身はプリプリとした食感で、肝は磯の香りが漂う。大きいので食べ応え満点。金沢の地酒とともに味わう。

刺身盛りは鯛、甘エビ、カンパチ、マダコ、サワラ。。金沢ではさわらはカジキマグロの意味らしい。関西でポピュラーな鰆はサササワラと呼ばれる。

やっぱり北陸に来たら「のどぐろ」だと呟きながら所望する。脂が乗りまくりで甘めの日本酒ととてもよく合う。皮と身の間の蕩けるような旨みがなんとも言えない。

のどぐろのあしらえに冷奴を所望する。さっぱりしていい口直しになる。お酒も進みまくって電車を1本遅らせることにする。

こちらのお店の名物のビーフシチューは黒毛和牛と加賀野菜がたっぷりと入ったもの。居酒屋で出てくるものとは思えないくらいよくできたものでペロリと平らげてしまう。。。

会計は少し高めだけど満足いたしました・・・

石川県金沢市本町2-6-24
電話:076-262-0940


カテゴリー 北陸地区, 居酒屋 |

小松 弥助

金沢にある全国の鮨ファンが殺到する伝説の鮨屋を訪問。金沢駅から徒歩3分。加賀屋が経営する金沢茶屋本館の入口から通り抜けた別館にある。

一度は閉店引退されたが2017年3月に待望の復活を遂げ現在は昼の部の3回転のみ。御年87歳というご主人が一人で握られる。店内はカウンター10席とテーブル席が2つ。

私が赤身の寿司が苦手と告げると全く嫌な顔をしないで「わかりました〜」との返事。握りの扉は付けマグロだけど私はコハダ。。スダチの香りも清々しくてワンランク上の美味しさにびっくり。

続いては剣先イカを三枚におろして繊維に沿って包丁をしたもの。甘さが引き立ってシャリとイカが混ざり合う驚きの美味しさ。

続いては漬けの上に雲丹、山芋、海苔が乗る「白山」なるもの。私には漬けの代わりにイカで作ってくれた。かき混ぜて食べると極上の旨さ。

トロの代わりに肉厚のアワビ、巨大でプリプリの甘エビと続く。

時折「おいしい〜?」と笑いながら愛嬌の尋ねてくるご主人。客が「美味しいです!」と答えると「そう、よかった〜」と答えてくれる。

米酢を使用したシャリは空気がしっかりと入って人肌丁度で口中でタネと一体になってほろほろとほどける絶妙な握り加減。周りのスタッフも楽しそうに仕事をしているのが印象的。

弾むような食感で味が深い白バイ貝(写真なし)。梅肉を乗せたヒラメも秀逸。焼きたての鰻を胡瓜と一緒に巻き込んだ物は熱々ふわふわのトロトロで最高の鰻料理。笹で包んで焼きこまれた煮穴子、煮蛤と続く。私はいただかなかったけどネギトロや漬け鉄火などは皆が満面の笑みで食していた。

鮨職人界の生ける伝説・森田一夫氏の握りを味わえたことがとても感無量である。忙しいのに記念写真にも気軽に応じてくれて本当に頭がさがる思いで店を出る。

全ての客が笑いながらご主人に手を振って帰るのが印象的。わざわざサンダーバドに乗ってこの寿司のためだけに訪問する意味は十分あったと思う。

帰りは一人で金沢21世紀美術館を訪問する。。

石川県金沢市本町2-17-21 金沢茶屋別館1F
営業時間 【三部制】
① 11:30 〜
② 13:00 〜
③ 14:30 〜
定休日 水・木曜日


カテゴリー 北陸地区, 寿司 |
1 / 512...最後 »