北陸地区

くろ屋

金沢から帰阪するのに電車に余裕があったので駅近の表記の人気居酒屋を一人で訪問。金沢駅から徒歩5分の場所に位置する。人気店らしくこの日も予約以外は受け付けておられない。
店内は民芸調で温かみのある感じ。若いご主人と調理スタッフが4名。

身はプリプリとした食感で、肝は磯の香りが漂う。大きいので食べ応え満点。金沢の地酒とともに味わう。

刺身盛りは鯛、甘エビ、カンパチ、マダコ、サワラ。。金沢ではさわらはカジキマグロの意味らしい。関西でポピュラーな鰆はサササワラと呼ばれる。

やっぱり北陸に来たら「のどぐろ」だと呟きながら所望する。脂が乗りまくりで甘めの日本酒ととてもよく合う。皮と身の間の蕩けるような旨みがなんとも言えない。

のどぐろのあしらえに冷奴を所望する。さっぱりしていい口直しになる。お酒も進みまくって電車を1本遅らせることにする。

こちらのお店の名物のビーフシチューは黒毛和牛と加賀野菜がたっぷりと入ったもの。居酒屋で出てくるものとは思えないくらいよくできたものでペロリと平らげてしまう。。。

会計は少し高めだけど満足いたしました・・・

石川県金沢市本町2-6-24
電話:076-262-0940


カテゴリー 北陸地区, 居酒屋 |

小松 弥助

金沢にある全国の鮨ファンが殺到する伝説の鮨屋を訪問。金沢駅から徒歩3分。加賀屋が経営する金沢茶屋本館の入口から通り抜けた別館にある。

一度は閉店引退されたが2017年3月に待望の復活を遂げ現在は昼の部の3回転のみ。御年87歳というご主人が一人で握られる。店内はカウンター10席とテーブル席が2つ。

私が赤身の寿司が苦手と告げると全く嫌な顔をしないで「わかりました〜」との返事。握りの扉は付けマグロだけど私はコハダ。。スダチの香りも清々しくてワンランク上の美味しさにびっくり。

続いては剣先イカを三枚におろして繊維に沿って包丁をしたもの。甘さが引き立ってシャリとイカが混ざり合う驚きの美味しさ。

続いては漬けの上に雲丹、山芋、海苔が乗る「白山」なるもの。私には漬けの代わりにイカで作ってくれた。かき混ぜて食べると極上の旨さ。

トロの代わりに肉厚のアワビ、巨大でプリプリの甘エビと続く。

時折「おいしい〜?」と笑いながら愛嬌の尋ねてくるご主人。客が「美味しいです!」と答えると「そう、よかった〜」と答えてくれる。

米酢を使用したシャリは空気がしっかりと入って人肌丁度で口中でタネと一体になってほろほろとほどける絶妙な握り加減。周りのスタッフも楽しそうに仕事をしているのが印象的。

弾むような食感で味が深い白バイ貝(写真なし)。梅肉を乗せたヒラメも秀逸。焼きたての鰻を胡瓜と一緒に巻き込んだ物は熱々ふわふわのトロトロで最高の鰻料理。笹で包んで焼きこまれた煮穴子、煮蛤と続く。私はいただかなかったけどネギトロや漬け鉄火などは皆が満面の笑みで食していた。

鮨職人界の生ける伝説・森田一夫氏の握りを味わえたことがとても感無量である。忙しいのに記念写真にも気軽に応じてくれて本当に頭がさがる思いで店を出る。

全ての客が笑いながらご主人に手を振って帰るのが印象的。わざわざサンダーバドに乗ってこの寿司のためだけに訪問する意味は十分あったと思う。

帰りは一人で金沢21世紀美術館を訪問する。。

石川県金沢市本町2-17-21 金沢茶屋別館1F
営業時間 【三部制】
① 11:30 〜
② 13:00 〜
③ 14:30 〜
定休日 水・木曜日


カテゴリー 北陸地区, 寿司 |

四季彩

サンダーバードに乗って富山に出張。。晩ご飯は市内で超有名な表記の和食店。地元の名士である友人に富山の食材を使ったお店をご案内いただく。

入り口を入ると半地下へ降りるような階段があってカウンターと小部屋が幾つかある。調理人は5人くらい。

ビールで乾杯して好きなものを好きなだけいただくことにする。

先付けは玉子豆腐に枝豆とオクラ、エビのたたいたものを乗せたもの。これは普通に美味しい。

すべて富山湾で獲れたと言う刺身盛り合わせは。生マグロの中トロ、天然カンパチ、鯵、白エビ(これが食べたかったのよ) ツブ貝、ヒラメ。。。日本酒でいただくと最高だった。。

続いて白エビの唐揚げ。。皮が口に残るかなと思っていたが心配無用。さくさくして旨味も最高。4月1日が解禁と聞いたことがある。

のどくろの塩焼き(時価)。かなりでかい。。かなり高そう。。でもかなりうまい。価値が価格を上回る瞬間である。

特製蟹まんじゅう900円。。。箸を入れると蟹だらけ。。。少しびっくりした。。かかっている餡も濃厚だけど蟹の味を殺さない。

鴨ロースはかなりでかい。。味も深い。。。芋焼酎が進みまくる。。。このくらいレアだと逆に鴨特有の臭みも全くない。ゴマだれソースも上品な味わい。。。

富山名物イカの黒作り登場。。イカの塩辛にイカ墨を入れて黒くしたものらしい。多分スルメイカでイカの甘みとイカスミのコクがよくわかる。

岩牡蠣のフライ。。。かなり贅沢な料理である。。。フライにすることで旨味も凝縮。長でかいタコ焼きを食べる感じか。。かりっとしてトロトロ。。。

このほかイカとタラの身で作ったフワフワの自家製さつま揚げなどもいただく。総じて何を食しても旨い。。。価格は大阪の半額。。驚いた。。。

*子供の頃テレビで見たサンダーバードの人形劇は模型の口がパクパク動くリアルさや救助を主にしたストーリー、オーケストラサウンドの主題歌など結構子供心に影響を受けた記憶がある。この電車を利用するとき大阪駅を出発する際に頭の中で「さんだ~ば~ど~・・・と主題歌の冒頭がリフレインするのは私だけか。。。

富山富山市総曲輪2-8-24

076-492-2299

 

四季彩懐石・会席料理 / 大手モール駅グランドプラザ前駅国際会議場前駅


カテゴリー 北陸地区, 和食 |
1 / 412...最後 »