南港/天保山

akarenga steak house

休みの日に大阪港天保山近くにある表記の店を訪問。以前はGライオンステーキハウスという名前だったと記憶する。赤レンガ倉庫を使用した外車のミュージアムの一角にあるステーキハウス。

大きくて重たい扉を開けるとたくさんのスタッフさんのお出迎え。
ハワイの人気ステーキハウスハイズのグループ店とのこと。

一番奥の席に通していただき恭しくスターターのシャンパーニュが運ばれる。カップルを中心にした客層で内装はリッツ・カールトンのラベのようなラグジュな重厚感。店の真ん中にはグランドピアノもある。ピアノの向こうに外国人シェフが炭を使って肉を焼く姿も見える。

この日は新しくできたと聞き及ぶ特別な糖質制限メニュー15000円(税・サ別)を所望する。

最初はアヴォカドと甘海老のアミューズ(糖質1.46g)特にどおってことはなく一口でいただいた。

ハモンクルード(スペイン産生ハム)・モッツァレラ・無農薬野菜のサラダ(糖質2.94g)これも特段どおってことはないけどサービスの方の恭しすぎる説明が面白くてつぼにはまる。

キャベツと豆乳のポタージュ(糖質6.1g)は豆乳使用感が全くわからない。とてもコクがあって結構好きなタイプ。   

とても柔らかく仕上げられたラムチョップステーキ&ほうれん草のスチーム粒マスタードの香り(糖質6.98g)ありがちなメニューだけど丁寧に作られているのがよくわかる。

プライムフィレステーキ(200g)&木の子のオーブン焼き(4.51g)表面がカリッと焼きこまれた肉はとても柔らかくて味わい深い。5種類の薬味と2種類のソースを使い分けて食べると全く食べ飽きない。スルスルと胃の中に入っていく感にびっくり。和牛もチョイスできたけどオススメのこちらを選んで大正解なり。 

デセールは糖質制限チーズケーキ(糖質1.97g) 甘さをかなり控えていてさっぱりした味わい。塩焼きしたクルミと一緒にいただく

全ての料理で糖質25g(ご飯お茶碗半分くらい)膨満感もなくすっきりとした後味に大満足。スタッフさんに見送っていただきそのまま天六のアロママッサージにタクシーで向かう。

昼間は市立美術館でルーブルの特別展。最後の滑り込みで行けてよかった。。。最終日まで大行列の人気でした。

大阪市港区海岸通2-6-39


カテゴリー 南港/天保山, レストラン |

食博2017

インテックス大阪に4年に一度の食の祭典を友人と見に行く。私どもの会社も加盟している大阪一般社団法人 大阪外食産業協会が主催し1985年に始まり今年で9回目を迎える。私どもも過去に何度かブース出店した事もあるが最近は見るだけ。

寿司ネタに扮するお姉さんやマグロの解体ショーは予想通りの大人気。中国風の激辛味噌で煮込むおでんやレモンに特化してレモネードやレモンチューハイを作るキッチンカーなど面白ネタばかりでなく勉強になるものも沢山。。

入場料2200円は入場出来るだけですべての飲食は有料。お祭り価格なのであれこれ食べると驚くような出費となる。肉を串に刺して焼いたものが最近のトレンドで写真のものは1200円。ビールはどこも大体500円くらい。大阪だけでなく全国から業者さんが参加しているので世にある飲食物のほとんどのものが会場に並ぶ。言い換えればどこも代わり映えしない。でも平均2000円位は出費すると言っていた。

会場の2号館は主催団体の役員の店が多く大型店が建ち並ぶ。価格も比較的良心的で内容もいいと思う。20年前に私どもの会社でイカめしを出し、大きなイカの着ぐるみを作って私も着た記憶が蘇る。

6号館のB棟で友人が手作りソーセージとマルゲリータにコロナビールを突っ込んだコロナリータの店を出店。大繁盛でウハウハらしい。

毛蟹一匹丸ごと弁当も初めて見たインパクト商品。社員募集をこの際に出す店もあり。うっふプリンというプリン屋がビックリするくらい売れていた。南瓜や冬瓜を使ってのカービングの実演・・・・こういったものを見るのは心が静まりとてもいい。

テナントの出展料が10日間で30万円から。そこにガス・電気・水道代と設営費用がしっかりかかる。従業員スタッフが1人あたり1万円と試算したらどうしても品質を落として高く売らざるを得なくなる。客は2200円の入場料以外出来るだけ出費を抑えようとする。このアンバランスさがこういったイベントの醍醐味であろうか・・・


カテゴリー 南港/天保山, 未分類 |

Cafe 1923

友人10人で大阪築港にある赤れんが倉庫をリモデルしたクラッシックカーミュージアム内にある表記の店でビアパーティーをする。2週間前に同じ建物にあるステーキハウスに訪問したばかり。

2016-08-01 17.11.56

昔のロンドンやニューヨークの裏路地を再現した贅沢な空間の中にクラシックカーが展示されていてその前でバーベキューをいただく。

2016-08-01 17.11.53

週末のみの予約制で料金は大人が5500円又は8500円すべて税別。小学生以下は3000円今回は5500円のコースを所望する。カフェの店内は1923年のヨーロッパに迷い込んだような感じ。

2016-08-01 11.16.04

最初にお替わり自由なサラダとアンティパスタが登場。飲み物は多種多様で流行のクラフトビールを含む瓶ビール12種類、生ビール、サングリア、各種カクテル、ソフトドリンク
、赤白ワインなど。

2016-08-01 11.16.09

ステーキハウスのお肉を使ったプロシュートはモモ肉だけどレアに焼いているので柔らかで美味しい。

2016-08-01 17.11.44

鶏の丸焼きもジューシーに火入れされていて場も盛り上がってとてもいい感じ。ビアガーデンは夏の期間の週末のみらしい。気の会う友人と一緒にオープンドアでいただくお酒と食事は最高の贅沢な時間である。

2016-08-02 19.12.20

夜も雰囲気は最高。。食後はミュージアムを見学して時間一杯まで楽しみました。

大阪市港区海岸通 2-6-39
(大阪・赤レンガ倉庫内)
TEL:06-6573-3006
AM10:00~PM22:00 水曜休館

Cafe 1923カフェ / 大阪港駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 南港/天保山, カフェ, レストラン |
1 / 612...最後 »