和歌山県

筍の木の芽和え、大葉と鯛の身の鳴門揚げ、鯛の皮せんべい、しらすの梅煮、卵カステラ、牛肉の牛蒡巻き、たらの芽のみじんこ揚げ、長芋雲丹焼き、一寸豆艶煮

新じゃがを潰して揚げたものと氷柱状にした鯛の身、花弁人参、刻み三つ葉 桜の花

刺身はハリイカ、鯛、カンパチ、炙りタチウオ

鯛の身、桜麩、筍、小芋の入った茶碗蒸し、胡椒風味となっている

筍と鯛の身の笹巻き寿司と粽

焼き魚は鯛梅肉焼き、筍、蕗の土佐煮、サザエ時雨煮

地元の黒牛を所望する

河豚と菜の花とひとはめ昆布の酒粕味噌風味

熊野米のしらす丼 あおさ海苔のみぞれ仕立て

デザートでフィニッシュ。

和歌山県田辺市新庄町2901


カテゴリー 和歌山県, 和食 |

海鮮せいろ蒸し 勝浦

南海線の和歌山市駅から車で10分くらい南下したところにある表記の海鮮料理店を訪問。普段は海鮮のせいろ蒸しが看板メニューなんだけど今回は2階座敷貸切でクエをフルコースで所望する。

まずはクエの薄造り。熟成感もあって旨味もかなり深く河豚よりもしっかりした味わい。

クエの唐揚げは初めていただいた。でも特にどおってことはない。。

クエの煮物。。普通に美味しい。。

鍋はこれでもかという量が大皿に盛り込まれて供される。ぶ厚くカットされた身は食べ応え満点。上品でコクのある味わいと引き締まった身はクエならでは。出汁に滲み出るエキスを吸い込んだ野菜もご馳走となる。

内臓を鍋に入れると独特のクセもあってさらに味わいが深くなる。

和歌山県和歌山市湊45-1
073-433-6766
火曜日定休

お店のHPはこちら

人生はピンとこないこととの戦いの連続だな・・・・

カテゴリー 和歌山県, , 和食 |

The Dining 彩 2月

和歌山の東急ハーベストクラブで会食。地元で取れる海の幸と熊野牛を組み合わせた会席コースは何度食べても飽きることはない。年に2回くらい訪問するけど温泉も良くてリラクゼーションにぴったり。

2段の長箱に入った前菜は全て手の込んだ細かい仕事ばかり。作りはクエの薄造りとアオリイカと地元で採れる雲丹。お椀は粕汁仕立てだけど出汁がしっかり効いた上品な塩梅のもの。焚き物は地元のイノブタの煮物で見かけよりもあっさりして脂が口の中で溶けるのにびっくり。

熊野牛の鉄板焼きに天然のクエ鍋。。。タラバガニの酢の物に食事は郷土料理のめはり寿司とさんま寿司・・・・デセールはお腹いっぱいで食べれませんでした。

前回の彩はこちら


カテゴリー 和歌山県, 和食 |
1 / 1112...最後 »