和食

米増 1月

JR福島駅をなにわ筋沿いに北に500m、歩道橋の手前に小さく佇む現在大阪で最も予約の取れないと言われる表記の和食店を訪問。本湖月、かが万という名店出身の店主と女将の二人三脚で営まれる。間接照明が配された1枚板の檜カウンター9席のみの2回転制。

料理のSNSは禁止となっているので毎回献立のみ列記。

座付きのみ写真掲載。。レアに仕上げられた自家製の巨大唐墨で餅米を挟みゆずり葉をあしらえにしたもの。ゆずり葉は新葉の成長の跡に旧葉が落ちることから親が子を育てて家が代々続くように見立てる正月の縁起物とされる。

続いては生の赤貝と柔らかく火入れされた蒸し鮑のぬた和えと続く。煮物椀は正月らしく蟹真薯と日の出人参、鶯菜、吸い口に刻み柚子。天然ふぐのてっさ、1キロオーバーの京都のずわい蟹の足の刺身と続く。近海産のマグロの赤身と中トロの食べ比べ、天然河豚のアラの塩焼きと続く。

カウンターの向こうには仏様の手に見えるため「仏手柑」と名付けられた縁起物の柑橘が飾られる。

続いて河豚の骨で取ったすまし汁が勧められ、八寸は真鴨のロースト、たたき牛蒡、自家製このわた、菊菜の白和え、塩数の子が正月らしい朱塗りの盆に美しく盛り込まれる。

今は珍しい塩をして乾燥させた数の子。。。かなりの希少品らしい。。

続いて北陸の鰤のお腹部分を使った鰤大根。揚げ物は辛子蓮根と蕗の薹が供される。

八寸の飾りに使われていた衝羽根草(ユリ科の多年草で羽子板の羽の形をしているので縁起物として使われる)もプレゼンテーションしていただけた。

炊き合わせはずわい蟹のお腹の部分の身をかぶらで巻いて炊き込んだもの。蟹味噌も入っているのでコクがある味わい。。日本酒が進みまくる。。。

食事は鯛飯、デザートは金柑の蜜煮。

最後にご主人自ら点ててくれる薄茶と酒蒸し饅頭でフィニッシュ。。今回も大満足でした。。

過去の米増はこちら

大阪市北区大淀南1-9-16


カテゴリー 福島, 和食 |

ホーチミン2020 1月 ②

今回の出張の目的が自社のホーチミン支店のオープンレセプション。準備期間約2年でやっと出店できました。ホーチミンの中心部でズバリ名前は「大阪寿司」。

88席の大箱店で寿司、刺身を中心にベトナム人の嗜好に合わせたローカライズした食事を提供します。

日本からは若手調理師とサービスを担当するマネージャーの2名が駐在。

現地の調理師をこだわりを持って指導しています。食材は野菜はベトナムの有機野菜を使用。びっくりするくらい美味しい・・・・魚は高知県の宿毛から直送で、獲れた翌日にホーチミンに届く流通インフラを作りました。

内装もベトナム人の目線で作ってます。少しダサい感じがクール。。BGMは邦楽POPです。。

店前の案内係。。違和感あるけどこれはこれでいい・・・

イタリア料理店の居抜きをリノベーション。いい雰囲気になっています。。。

当日は国営放送の取材もありました。。。

看板料理の「富士山」マグロとイクラがてんこ盛り

だし巻き卵350円・・・かなり美味しいです。。。

大きなエビが入った天ぷら盛り合わせ1600円。。。。他の日本料理店と比べて比較的リーズナブルな値付けにしています。。頑張りマッス!!


カテゴリー 海外, 寿司, 和食 |

ひろせ 1月

毎月献立が代わる月初に伺う心斎橋にある表記の店を訪問。以前はコース料理8000円だったんだけど最近食材の高騰により10000円に価格変更。しかしながらその分内容もグレードが上がって満足度もさらに高まった気がする。

店の内装や店主の経歴は過去の記事を参照いただければと思います。

最初に麦焼酎の水割りをいただく。座付は菊芋のすり流し。中には菊芋の角切りを揚げたものが入る。冷えた身体が温まるありがたい逸品。

続いてはエイの頬肉の竜田揚げ。プリンプリンの食感でとても香ばしい。ありがちな癖は全くない。あしらえは正月らしい唐墨大根と一寸豆。

この日は日本酒を所望。熟成感と旨味たっぷりの丹澤山と香り高くてやんわりとした旨味の黒龍のしずく。。。どちらも希少商品。。

名物の刺身は下からプリプリの皮付きの鯛、平目、鰆の錦糸巻き、平目の龍皮巻き、皮付きのハリイカ、平目のあん肝和え、鰤、皮目を炙ったカマスの8種盛り。。日本酒が進みまくる。。

煮物椀は蟹真薯と鏡大根、鴬菜、新筍、柚子。。出汁の美味しさは秀逸。。

炭火で丁寧に焼き込まれた真魚鰹。。皮目はパリパリで身はしっとり。牡蠣味噌でいただく。あしらえは海老芋と縮みほうれん草。

伊万里焼の器に入った炊き合わせは伊勢海老を揚げたものとれんこん餅。カリフラワーの餡で供される。

酢の物で菊菜、数の子。チシャ軸、いくら、雲丹の盛り合わせ。。

この後、牛頬肉の煮込みがあったんだけど写真撮り忘れなり。

黒米と黒豆で作った赤飯。黒豆の柔らかさにびっくり。。

デザートは大ぶりのイチゴと黒豆の餡。。

帰りはいつものメキシカンバーでテキーラを飲んで電車に乗る。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 20212...20...最後 »