和食

祇園 きだ

祇園にある表記の日本料理店を訪問。店主の木田氏は祇園佐々木で修行されて満を辞して独立。店内に入るとカウンターと個室の小さめの空間。場所は高級料理店が立ち並ぶ京都・祇園町南側の絶好のロケーション。店内はカウンター8席と個室からなる和の空間。

店内には、ご店主の木田さんをはじめ、数人の若手料理人の他にスーツ姿のサービスマネージャーの男性のみで切り盛り。

座付は芋の葉っぱに雲丹と菊の花と出汁のジュレを乗せたものが登場。それをガラスの器に入れていただくという趣向。ガラスの器には芋を蒸して固めたものと大ぶりのボタン海老とキャビアが入る。

お椀は大ぶりにカットした北海道産の松茸と名残の鱧。。松茸の香りが薄かったのが残念。脂分が浮かぶ出しは秀逸。

この日は久しぶりに日本酒をいただく。。

熊本産の走りの新銀杏。。

笹に包んで炭火で炙った煮穴子のお凌ぎ。ご飯は栗の入ったもち米。。

昆布締めにした鯛と塩を振った大量の北海道産の雲丹。。

牛ヘレ肉の端の部分を使った肉のたたき。そすは玉ねぎを叩いたものと醤油と大根おろし。とても柔らかい・・・・

大ぶりの生の北寄貝をさっと炭火で炙ったもの。焼き込んだ貝独特の香りと甘みに悩殺される。

座付のボタン海老の頭を塩焼きにしたもの。味噌部分がとても甘い。

口直しの冷たいコーンスープ。

熊本産のヘレ肉の塊をプレゼンテーションした後で包丁し、醤油にしばらく漬け込んでから炭火で何度か休ませながら丁寧に火入れ。

あしらえは生の落花生とイチジクを火入れしたもの。(生イチジクに塩と油をしてからアルミホイルに包んで20分くらいじっくりとオーブンで焼きこむと言っていた)

大きなフカヒレの煮物には渡り蟹のほぐし身が入る出汁の効いた餡がたっぷりとかけられる。

締めはイクラご飯と鰻丼を選ぶことができる。炭火でしっかりと焼きこまれた鰻は天然でした。隣の常連客は松茸ご飯・・・・目の前で差をつけられたのは残念。。

デザートは桃のスープにジェラートを浮かべたもの。。

カウンター席の両隣が常連で大きな声でしゃべりまくり。。客に連れられてきた柄悪大阪出身の舞妓もやな感じ。店主も一緒になってしゃべりまくる。
色々な意味で京都だなという空気を味わえるお店かなと思います。
好みが分かれそう。料理は総じてうまい・・・けど高い。。

京都府京都市東山区祇園町南側570-19
075-551-3923
18:00~
完全予約制


カテゴリー 和食, 京都市 |

ひろせ 9月

心斎橋にある毎月献立が変わるたびに訪問する表記の和食店で会食。カウンターでご主人の丁寧な仕事を見ながらいただくのがとても良い。カウンター6席とテーブル席のみの小体な店でお任せコース8000円のみ。ミシュラン店の「ゆうの」で修行されたご主人の料理はとても繊細で付け合わせ一つにも心が配られる。

糖質制限中なので二階堂のソーダー割りにすだちを入れたものを所望する。座付は柔らかく湯がかれた蛸と焼き茄子、白芋茎に酸味のあるジュレをかけたもの。天盛りにはオクラと茗荷と花穂紫蘇。。

こちらのお店では2皿目に揚げ物が供される。この日は出会いものの鱧と松茸のフライ。。美味しくないわけがない・・・・

外連を省いた割鮮はめいち鯛2種(一つは締めて奈良漬を巻いたもの)、鱚の大葉鋳込み、天然鯛、金目鯛、スダチで締めた鯵、皮目を焼き込んだ秋刀魚の7種盛り。。。シンプルだけど食べ応え満点。

煮物椀は湯葉のひろうす。舞茸と三度豆と菊の花があしらわれる。初秋を感じさせる取り合わせ。出汁の加減は昆布が効いたしっかりとした味わい。。

焼き魚は伝助穴子の炭焼き。穴子の骨で取った出汁にすだちを加えた酸味のあるソースでいただく。あしらえは椎茸と満願寺唐辛子。

割り山椒の器には小芋、山口産蓮根、粟麩が盛り込まれ辛子味噌がたっぷりと掛かる。

肉料理は鴨ロースとズッキーニとイチジクの田楽。イチジク田楽の美味しさは秀逸なり。

炊きたての松茸ご飯。。

デセールはほうじ茶のアイスと豆乳プリン。。今回も期待以上で大満足。器も美しくてそれぞれの料理も本当に美味しいなあと思うようなものばかり。他店でいただいたら15000円以上の内容。いつもながらかなりのハイパフォーマンスに感動。。ご馳走様でした・・・・

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

うしのしっぽ(再訪)

8月末に訪問した表記の店が思いの外美味しかったのでベトナムから帰ってすぐに予約して直行する。前回いただいたモツ鍋のコースも良かったけど今回はステーキのコース3500円をいただく。西田辺駅を南東に3分ほど歩いた路地にあるカウンター主体の小体な店。丸坊主のご主人と奥さんと思われる若い女性の2人で切り盛り。

座付は表面を炙った黒毛和牛の肉寿司。咀嚼すると脂が溶けてジュワッと音が聞こえるかのように口の中で米と肉が一体になって解けていく。

和牛のたたきはウズラの卵を混ぜていただく。脂が甘くてお代わりしたくなる美味しさ。

コースに別に組み込んでいただいた看板商品の牛テールの塩焼き。柔らかく炊き込んだものを焼き上げたもの。白菜の白キムチと一緒にいただくとあっさりと食すことができる。箸を使って骨からゼラチンがたっぷりついた肉をほろほろと外していただく。

肉は総量120グラム。今回は黒毛和牛ランプ肉とヘレ肉の盛り合わせ(別途料金)。肉の食べ比べもとても楽しい。最初は塩でいただいて続いて白キムチを乗せて梅ダレでいただく。最後にわさび醤油につけて味変を楽しむ。

牛テールのスープを使った中華そばで締めるんだけど糖質制限中のためにスープのみいただく。

茶碗蒸しの器で供される杏仁豆腐は絶妙なる固さ。甘さも控えめで肉食の後にぴったり。コスパも素晴らしくお値打ちのお店なり。。

大阪府大阪市阿倍野区西田辺町1-2-4
06-6690-5088
18:00〜24:00 LO23:00


カテゴリー 西田辺, 和食 |
1 / 19612...20...最後 »