和食

すし割鮮 天山

五島列島で29kgのクエがあがったという事で四天王寺参道にある標記の店で知人15人でクエフルコースを食す。

最初はタタキから。1週間熟成させているので味も深みがあって香ばしさも相まってとてもいい。この料理には篠峯の無濾過純米酒を合わせる。

続いてのヒレ部分の焼きものはゼラチンだらけで魚とは思えない味わい。これには猩猩の小角純米大吟醸を一緒にいただく。お酒の美味しさの方が勝ち過ぎなのが残念。

アラ身唐揚げには〆張鶴「純」の純米吟醸と仙台の勝山「献」の純米吟醸を飲み比べをしながら楽しむ。

クライマックスの鍋は何とも言えない深い味わいで身よりもアラ部分が好物。ゼラチン部分と一緒に骨を吸いまくる。鍋には獺祭純米大吟醸50と極聖高島雄町の純米大吟醸を飲み比べしながら楽しむ。

この他にも石川県のAKIRAや新潟の鶴齢など日本酒を浴びるように頂きました・・・

*今日は休肝日にします・・・

大阪市天王寺区大道1 丁目13-18
06-6777-4839
営業時間11:30~14:00 17:00 ~22:00
定休日 木曜日


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 天王寺/阿倍野, 和食 |

ひろせ 12月

心斎橋の雑居ビルにある標記の料理屋さんを友人と訪問。月替わりで献立が変るためここ半年くらい毎月月初に訪問している。今回もどんな料理が出て来るのか楽しみにして訪問。ご主人はミシュラン店の「ゆうの」のご出身。炭火を使った丁寧な火入れをはじめすべての仕事が細かくて丁寧。ゆえに何を食しても美味しい。食事のコースは8000円一本勝負。

始まりはホクホクした味わいの牛蒡のすり流し・・・しんみりした塩梅の出汁も秀逸。

続いて手のしコンニャクと柿の黒胡麻和え。こういったちょっとしたものの味付けがとても上手。続いて鱈白子のフライのハニーマスタードソース添えが出て来たんだけど写真を撮り忘れる。

この日も私の為に好物の生原酒を2種類ご用意いただく。島根の王禄は80%の低精米の原酒で米の香りと味わいがしっかりしたもの。ガツンとした味わいと切れの良さが特徴。竹泉醇辛は吟醸酒とは真反対の辛口なんだけどどういうわけか甘味も感じる燗向けの酒。

お造りは6種盛りで加太の鯛、鯛で奈良漬けを巻き込んだもの、ハリイカの身とゲソ、塩でさっと締めた鯖、皮目を炙ったカマス、伝助穴子の焼き霜造り、鰆を桜のチップでさっと燻したもの。。。いつも少し手を入れたり形を変える事で食べ飽きないようにしておられる。

鯛のしん薯鵜と蕪の煮物椀。鯛の骨で取った出汁からいい脂が出て味わい深い。しん薯鵜の美味しさはいつも突き抜けている。

大きなマナガツオを塩焼きにして海老味噌の入ったソースで頂く。あしらえはほうれん草の白酢添え

肉料理は蝦夷鹿のロース肉のソテーを山椒の効いた醤油ベースのソースで頂く趣向。生原酒との相性抜群で最高のマリアージュ。あしらえはホクホクの海老芋と炭火で焼き上げた加賀蓮根。脂身も一緒に添えて頂いたがとても味が深かった。

最近完成したての自家製唐墨を思いっきり掛けた大根御飯。唐墨大根からイメージしたと言っていた。

旬のみかんを使ったゼリーでフィニッシュ。今回も大満足。ごちそうさまでした・・・この日も年始の予約をして帰りました。。

過去のひろせはこちら
大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 難波, 和食 |

和食京膳 高はし

西田辺にある標記の隠れ屋和食店を友人と訪問。駅のすぐ近くなんだけど路地の中にあるのでなかなか判りにくい立地。カウンタ−3席とテーブル席4、座敷が4席の小体なお店。
食材は明石浦の天然物を契約漁師から直接入れていると聞き及ぶ。夜の料理はコースのみで3500円、4500円、5500円(いずれも税別)

今回は廉価版の3500円のものを所望する。

先付けは蟹身の春巻き。添え野菜に海老芋、満願寺唐辛子、姫人参、バターナッツ。酸味の効いた濃いめの出汁で南蛮風に仕上げられる。

続いては鱧団子の餡掛け。団子の下には炊いた蕪。。

鯛の昆布締めと鯛の笹巻すし。少し御飯が多い・・・

メインディッシュの黒毛和牛を酒蒸しにしたものを出汁で温めてポン酢で頂くもの。

特にどおって事はないけど出汁の塩梅がとてもいい。

烏賊の天ぷらはイマイチ君・・・

〆の鯛御飯は一度炊き込んでから耐熱の皿に移して加熱する事で軽い焦げが出来る。それを2杯目は出汁茶漬けで頂くと焦げの風味も相まって驚くほどの美味しさ。

デセールはきな粉のアイスクリーム。ごちそうさまでした。。。

大阪市阿倍野区西田辺町1-2-4
電話: 06-6692-7533


カテゴリー 西田辺, 和食 |
2 / 157« 先頭...23...20...最後 »