天ぷら

新喜楽 東店

梅田の表記の店で友人と会食。御堂筋線 梅田駅と連絡路で繋がっている「新梅田食道街」の一角に位置する。年季の入った昭和感満載のカウンターだけの店で天ぷらが有名な居酒屋のような和食店。いつも満席で熱気がある繁盛店。こちらのお店が40年前に法善寺横丁で高級和食店としてあった時に親と一緒に訪問した記憶がある。

最初に生ビールで乾杯しておすすめを聞きながら好きなものを注文する。

カウンターの中では白衣を着た職人さんが料理を作り、接客はベテラン女性スタッフの担当。このスタッフさんの対応が人懐っこくて、必要以上に親切で面白くて、大阪らしいということで県外の客の常連率がかなり高いことで有名。(出し巻き卵を注文すると食べやすいように箸で切ってくれるなど・・・)

メニューは無くて注文はスタッフさんがお盆に乗せて持ってくる「見本」を見ながらオーダーする。初めての客は見本と分からずにお通しの小鉢と間違えることが多い。

最初に筍の炊き合わせを所望する。料理はかなりちゃんと作られている。。

まずは天ぷらを色々いただく。稚鮎の天ぷらはワタの苦みがとてもいい。ビールのアテにぴったり。

続いてミックスかき揚げを所望する。天ぷらの技術はさすが。。

「熱いから一口に切ってあげる」と言いながらお世話してくれるだし巻き玉子。

「ウチの店に来たら絶対注文しないとダメ」と言われる名物の鴨鍋。昆布と鰹の汁に、鴨肉、青ネギ、豆腐を卵とじにしたもの。見た目の通り薄味であっさりとしている。

大好きなエビの天ぷらを大量に注文してハイボールとともにいただく。。接客のおばさんの世話が面白すぎてお酒も飲みすぎてしまう。。

店を出てすぐ近くの老舗洋酒バーの「北京」でワインをいただきながら名物のエッグをいただいてから自宅に帰る。

大阪市北区角田町9-29 新梅田食道街


カテゴリー 梅田/JR大阪, 天ぷら |

銀座天一 新宿伊勢丹店

東京に日帰り出張。午前中に用事が終わったので昼は表記の店で天ぷらをいただく。本当は銀座6丁目の本店に行きたかったんだけどビルごと改装中ということで以前来たことのる新宿伊勢丹の7階にあるこちらの店を訪問。

昭和5年創業の老舗の天ぷら屋さんで現在は全国で展開されている。お店はカウンターとテーブル席に分かれていてそれぞれメニューが異なる。この日はお一人様だったのでカウンターで6000円くらいのこちらの店では比較的廉価なコースを所望する。

カウンターからは百貨店の新緑眩しい中庭が見えるようになっている。スタッフ産に布製のエプロンをつけていただきしばらくすると店長が揚場に立ち、天ぷらがスタート。

最初は車海老の足の唐揚げをレモン塩でいただく。続いて車海老が2本。もっちりしていて塩をつけるとより甘さが引き立つ。こちらの店では天ぷらは塩、レモン、カレー塩、大根おろしの入った天つゆでいただく。続いてのアスパラガスは細いけどほくほくの食感。苦味も青臭さもない上質の味わい。

続いてのこれから旬を迎える鱚は天つゆでいただくと淡白で口の中でほどけ
溶ける。小切茄子、五島列島で獲れたサクサクの穴子も天つゆとの相性がいい。

油はコーン油8割と胡麻油2割と教えてくれた。東京の天ぷら屋は胡麻油で揚げる所が多くこちらの店があっさりした天ぷらのパイオニアと聞き及ぶ。

追加で東京湾のギンポを所望する。品のいい脂が天つゆによく合う。カレー塩でも美味しくいただけた。見た目はハゼのようだけど異なる魚とのこと・

さらに追加で小柱を磯辺揚げにしてもらう。レアに揚げられた小柱は最高の味わい。最近いただいた天ぷらのMVPなり。野菜の天ぷらも美味しいんだけどお腹がイガイガするので魚介をいつもたくさんいただく。

最後はサルエビを使ったかき揚げ。。ご飯はダイエット中なので我慢。。お酒もたっぷりいただいて大満足。やっぱり寿司と天ぷらは大阪より東京の方が美味しいね。歴史文化が理由かな・・・ご馳走様でした。。

東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店7F

 


カテゴリー 関東地区, 天ぷら |

こざき 4月

ここ最近毎月訪問する阿倍野の天ぷら店で会食。完全な家族経営の小体な店で厳選の食材をご主人の丁寧な仕事でストレートに提供するスタイルがお気に入り。この日は17時半からの1回転のみの営業。かき揚げのついたコースが4000円ととてもリーズナブル。季節の先付けと月替りの天ぷら10品とかき揚げとご飯で構成。。

日本酒も好みのものがあっていつも飲み過ぎてしまう。お店はカウンター8席のみなので数ヶ月前からの予約が必要。緊急事態宣言前の滑り込み訪問。

先付けは貝塚木積の筍を若布と炊いたもの。天ぷらの扉は車海老の足と鱚と穴子の中骨を唐揚げにしたもの。しっとりとした衣が特徴の車海老。続いて車海老のミンチを大葉で包んだもの。ホクホクの食感の一寸豆はかなりの薄衣。ジューシーなアスパラガス。これから旬を迎える身厚の鱚と続く。

後半は揚げ姿も美しいアマゴ、五島列島産の脂ののった穴子は尻尾の部分がカリカリでとても美味しい。旬のホタルイカ、新じゃが、筍と続く。サービスのサツマイモも焼き芋のようでとても美味しい。締めは普段は車海老を使ったかき揚げなんだけどこの日は新鮮な桜エビが入荷ということで桜エビのかき揚げを所望。ご飯はパスしたけどお腹いっぱい大満足でした。

過去のこざきはこちら

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 昭和町, 天ぷら |
1 / 1612...最後 »