天ぷら

つな八 ハルカス店

日曜日の休みの午後はハルカスダイニング13階にある表記の店で一人ランチ。

新宿を本店とするこちらのお店は大正13年創業の老舗天ぷら専門店。大阪では高島屋とこちらのみ。店内はカウンターとテーブルで約50席。いつものようにカウンターでビールをいただきながらおまかせで揚げていただく。

まずはジャガイモをすりつぶして再度固めてトリュフオイルをかけて揚げた「じゃがいもトリュフ」なるものから。続いてジュース溢れる大振りのマッシュルーム。
活車海老は安定の美味しさ。揚げ衣は比較的ぶ厚め。淡白だけど脂分を感じる白鱚、歯ごたえを残した丸茄子と水槽で泳ぐ稚鮎と続く。
口直しの梅おろしがとてもいい。ホクホクの食感の大振りの鱧と続く。全て4種類の塩と天つゆでいただく。

江戸前なので揚げ油は100%ごま油を使用なんだけどほとんど独特のクセを感じない。こちらの店の誂え(特注品)らしく何度も吟味して今時の客の好みに合わせて少しだけ軽い食味にしている。

穴子をお願いしたら生きたものを目の前でおろして揚げていただいた。。。

大アサリの香り揚げは殻のまま揚げられる。初めていただいたがジューシーでとてもコクのある味わい、星の形をした地元野菜のオクラ、レアに揚げられたコウイカも味が深い。
棒のように揚げられた特注品の穴子はカリカリのサクサクで中はふんわり脂乗りまくりの味わいで追加のハイボールがよく進む。最後は小エビのかき揚げでフィニッシュ。

あべのハルカス近鉄本店タワー館あべのハルカスダイニング13F
06-6625-2247


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 天ぷら |

天ぷら こざき 1月

阿倍野区役所すぐ近くにある表記の天ぷら店を11月に続いて訪問。
メニューは3000円と4000円のコースのみで時間帯は17:30からと19:30からの2部制。カウンタ−8席だけなので予約困難店。この日は3000円に粟麩とレンコンを追加注文。

こちらのお店のご主人はいつもニコニコしながら仕事をする。そのせいで美味しい天ぷらがなおさら美味しく感じる。。

最初に鰻の山椒煮をいただく(別料金)。辛めに炊き込まれた鰻と山椒の塩気がビールにぴったり。続いてのコースの扉は水菜のお吸い物で油かすが入ってコクがありまくりのナイスなお味。一気に冷えた体が温まる・・・海老の足と鱚の骨の唐揚げが提供されて端正な姿の車海老登場。

続いて車海老の紫蘇巻き、水分を保ちながらカリッと揚げた紅ズワイガニの身と続く。最近頂いた蟹の天ぷらではトップクラスの技術と美味しさ。

この日も原酒を4種類順番にいただく。銘柄のセレクションも秀逸でどれもがグラス300円という破格値で提供される。こちらのお店はご主人と奥さんとご主人の両親の完全なる家族経営。

ふかふかに揚げられた鱚には山椒の入ったポン酢大根おろしでいただく。この大根おろしが美味しくて口直しにとてもいい。いつもこれだけパクパク食べてお替りしまう。活のアマゴも驚くような美味しさ。旬の菜の花、舞たけもとてもいい。

追加で注文した粟麩はカリカリでふわふわで粟の食感がとてもいい。ふきのとうの苦みに自然のエネルギーを感じ、徳島のレンコンの歯触りに自身が生きていることを実感。

穴子は好物の尻尾の部分をいただく。締めのサツマイモはホクホクで甘過ぎずちょうど好い加減。最後はお店で浸けている梅酒をサービスで提供いただく。いこごちも良くてコスパも最高でいつも大満足で店を出る。次回3月訪問の予約して帰りましたとさ。

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 昭和町, 天ぷら |

旬天 伸

玉造駅を南西に10分ほど歩いた住宅街の中にある昭和中期に建てられた長屋をリノベーションした露地再生複合施設「宰(つかさ)」の1階にある標記の天ぷら店を訪問。。

飛び石が敷かれた路地のアプローチを進んで立て付けの悪いガラスの引き戸を開けるとゴマ油の香りがと僅か5坪、8席のみのカウンター席が現れる。

昨年12月に開店して1周年を迎えると言っておられた。生ビールを所望するとサッポロ・エーデルピルスだったのに感心。ワインや泡もあったけどこの日は日本酒と一緒にお決まりのコース3500円をお願いする。

前菜代わりの一皿はカンパチとツブ貝のお造り、蛸酢味噌掛け、大葉の裏に切り干し大根。天ぷらの扉は車海老、徳島産の蓮根、アスパラ、トロトロの河豚白子、イタヤガイと続く。

日本酒のセレクションは店主にお任せ。この日もネタに合わせて色々頂いた。献立は市場の仕入れ次第で色々変るとのこと。

珍しいお酒もたくさん揃えておられて日本酒だけでも楽しむ事が出来る。

後半戦は細もずく酢で口直し、香り高い原木椎茸、丸々と肥えた銀杏、叩いた海老の大葉巻き、大きな身のカワハギ、ふかふかに揚げられた海老芋と続く。天つゆの美味しさは秀逸なり。

〆は玉子天の雲丹乗せ800円を別途所望する。身体には悪そうだけど突き抜けた美味しさ。周りの若い客は「ヤバいヤバい」を何度も繰り返しながら食べておられた。

店の隣にはクラフトビールの店があって2軒目使いにとても便利・・・ごちそうさまでした

大阪市天王寺区空堀町11-8
営業時間 11時半〜13時半/17時半〜21時半
定休日 水曜日
TEL06-4305-3376.


カテゴリー 玉造, 天ぷら |