寿司

すし寛 11月

友人と西成でライブを鑑賞。思いのほか良かったので余韻に浸りながらヘビーユースする標記の店を訪問して会食。

ライブはボーカルのおじさんと天王寺のバーで一緒になって話し込んだのがきっかけ。縁の不思議を感じながら心踊る時間を過ごす。

V字ネックのシャツは私のような50才の親父が着ると似合わないが金髪ボーカルには似合いすぎて腹立つ・・・小箱ならではの一体感もあってつい飲み過ぎてしまう。

ライブ会場から徒歩3分の「すし寛」の食事の扉は日本酒「真澄」と鯛の子の煮付け。毎回注文する大好物。鯛の子は最近は仕入れ値が高騰して高級食材となっている。

泉州産のシラサエビもそろそろ終了。味噌も甘くて食べ応え満点。こちらは寿司屋なんだけどほぼ寿司は食べないのが通例・・・おいしそうな食材がショーケースや生け簀から語りかけてくる。

湯がき立ての蝦蛄は爪もシコシコ。子持ちなので卵も激ウマ。

明石産の巨大なタコを発見したのでぶつ切りの酢蛸にしてもらう。好物の胴びん(頭部分)を入れてもらうのもお約束。

カンパチのカマ部分を塩焼きにしてもらって熱燗と一緒に合わせる。まさに至福のマリアージュ。

山口県の「貴」は「獺祭」以上の味わいでとても好み。熱燗は「白たか」が上品に燗上がりする。

解禁になったのを思い出してずわい蟹の酢の物を所望する。

甲羅に胴体の身を詰め込んだものを口一杯に頬張って熱燗を舐めるとまさに至福の味わいなり。

河豚の酒蒸しも所望。思った通りの安心の美味しさなり。

最後の〆は胡瓜巻に淡路の雲丹を乗せてもらうカスタムメイドの寿司でフィニッシュ。よく食べて良く飲みました。明日から香港に行くので2日間日記はお休みいたします。

過去のすし寛はこちら

大阪市西成区太子1-15-2
06-6641-6654
16:30〜24:00
月休


カテゴリー 動物園前, 寿司 |

松すし 10月

りらくマッサージをしたあとで長居の標記の店で1人ディナー。カウンタ−は6席でテーブル2人席がいくつかある。店は古いけど掃除が行き届いて言えて清潔。

ほとんどのものが300円の安心価格。最初にメガビール800円を所望する。

鹿児島産の黒毛和牛の炙り、柚子胡椒で頂く天然鯛の炙り造りは皮が香ばしい。緑色の不思議出し巻き、自家製牛スジコロッケとポテトサラダを麦焼酎と一緒に楽しむ。
お酒の品揃えも豊富で芋焼酎は驚くくらい揃っています。

過去の松すしはこちら

大阪市住吉区長居東4-4-6
06-6691-3863
10:00~22:00
火曜日定休


カテゴリー 長居, 寿司 |

すし丈

四天王寺の名店「こいき」が移転した跡地に入られた寿司店を訪問。グルメ友達の紹介で若いご主人だけどいい寿司を握られるとの事。平成生まれのご主人は銀座「久兵衛」出身とのこと。

カウンター8席で寿司だけなら6000円、アテがついたら9000円と言う明朗会計。

この日は麦焼酎からスタート。最初の扉は岩手産の新もずくの酢の物。シャキシャキの食感と酢の塩梅もちょうどいい。
続いて和歌山産のカマスの昆布すしも上質。北海道の新すじこは今の時期だけのもの。
徳島産の伝助穴子の白焼きは上品な脂で口の中が満たされる。表面がぱりっと焼き込まれた鰻の出汁茶漬けは寿司店で初めて頂いた。

ここでオサケをいただきます。この時期ならではの秋上がりとご主人の選んだ浦霞を所望。隣の席に美人キャリアマダムが1人で座られ、日本酒に造詣が深いためこのあとは彼女と同じものを頂く事にする。

にぎりはしっかりと包丁目を入れた長崎の剣先イカから。脂たっぷりの明石産の真鯛は焼き霜でいただく。和歌山産の天然のカンパチはすっきりした脂がとても素晴しかった。和歌山産の白甘鯛も旨味が強くて咥内に品のいい脂が広がる。鹿児島産の天然縞鯵、和歌山の戸塚鯵と続く。ネタのクオリティーもさながら酸味強めの寿司米のバランスもいい。

寿司が美味し過ぎてオサケが進みまくる。

静岡産の本マグロはビジュアルも艶かしい。私は苦手なので安乗のトラフグと大きな活足赤海老を替わりに出して頂いた。(感謝・・・)

天草産の車海老も湯がき立てで甘々なり。。

山口産の今が旬の赤雲丹はビジュアルは悪いけど甘さは最高で雲丹の旨さの限界値ぶっちぎり。煮穴子の仕事ぶりもレベルが高く最後は卵と胡瓜巻でフィニッシュ。近々予約の取れない店になる事間違いなし。

大阪市天王寺区四天王寺1-7-15
06-6772-6660


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 寿司 |
1 / 6512...20...最後 »