寿司

まさる 6月

私が大阪で最も美味しいと思う寿司店。こちらに通いだしてから早20年以上が経つ。ご主人の吉村氏も「うちの店では寿司を食べて欲しい、アテを食べるなら新地に行ってください」と豪語するほど寿司に矜持を持っておられる。握りのネタの種類は毎日の仕入れで変わるけどこの日は魚以外も合わせて約40種。鮪や鰹の赤身は苦手なので外してもらって握りだけを最初からお任せでいただく。

飲み物は熱いお茶。握ったものをすぐ食べるので寿司バトル状態。開店直後の客が少ない時間に一人で訪問。世間話を挟みながらひたすら食べまくる。

6月が最も美味しいと言われる旬の鱚の昆布〆。甘美な甘さのアマテカレイ。夏の高級魚のアコウはちり酢で。皮目を炙ったカマス。北海道のキンキは肝と芽ネギをのせてちり酢にて供される。太鼓橋のような身厚の〆鯖。剣先イカはひたすら甘い。軽く〆た鯵もシャリによく馴染む。

エンペらのゼラチン部分がなんとも言えない美味しさの煮あわび。こちらのお店の支部にチャーの海老の握りは真似をする店が東淀川にあるよう。北海道の雲丹と淡路雲丹の食べ比べ。毛蟹は味噌をたっぷりのせて。大きなサイズの煮蛤。泉州産の生のトリ貝もかなり実厚で大きい。北海道産の粒貝はブラックペッパーがかかる。粒の大きなイクラの軍艦巻き

卵の入ったシャコ。関西ならではの焙りたてのうなぎの握り。名物の袱紗卵。活のシラサエビは踊りでいただく。見た目も麗しい赤貝。ホワイトペッパーをかけた小柱の軍艦巻き。骨切りをして皮目だけを炙った鱧。最後は赤貝のひもときゅうりの巻物でフィニッシュ。食べも食べたり25貫。。昔は30以上食べることが出来たが年齢のせいかなと思いながら店を出る。

入店から帰るまでちょうど35分。。どの握りも記憶に残るけれんのない上質で素晴らしいものでした。

過去のまさるはこちら

大阪市浪速区下寺2-3-10
TEL:06-6649-7227
営業時間:平日 17:00~翌2:00 日祝 17:00~23:00
定休日:水曜日

 


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 寿司 |

懐石料理 徳(のり)

私どもの会社が営む出張寿司部門の「徳太郎」で宅配の個食の寿司の受注が多くなってきたために商品の見直しと入れ替えに伴う試作と試食をする。

写真は贅沢宝ちらし寿司(税別2500円)

寿司飯の上に大きく刻んだ錦糸卵をたっぷりのせて具材は泉州産の煮穴子、車海老、蟹爪肉、帆立貝旨煮、和歌山産の締め鯖、子持ち昆布、茗荷、絹サヤ、椎茸、酢蓮根、たっぷりのイクラなど。。お土産やおもたせにぴったりの商品です。7月から販売予定。。


カテゴリー 北加賀屋, 住吉, 住吉公園, 住吉大社, 寿司 |

鮨屋 6月

南海線天下茶屋駅隣接の表記の店を訪問。昔は越中屋という名前だったけど最近は表記の名前で通されている。簡易な椅子のカウンターのみ8席の小さな寿司店。しかしながら価格の割にネタがいいのと寿司が美味しいので常に満席となっている。おすすめ握り寿司5貫1000円がとてもお得。

秋田県の新蓴菜は残り少しだったのでサービスとのこと。

旬の金目鯛のカマ塩焼きは脂もしっかり乗ってとても美味しい。パリパリに焼き込まれた皮部分の脂が焼酎とよく合う。

寿司は全て一貫ずつ好きなものをいただける。1枚付の小肌200円、コリコリの剣先イカ150円、大きなサイズのたいらぎ貝柱300円、ねっとりした食感の甘海老昆布締め250円、ふわふわのスフレ状の穴子200円は塩でいただく。大好物のしらさ海老300円。

先っぽの部分が好みの蛸150円、皮を炙った脂乗りまくり状態のどぐろ350円、夏の高級魚アコウ250円、コリコリに仕上げた下足100円、甘々の北海道の雲丹400円、締めはわさび入りまくりのきゅうり巻き。。

お酒をしっかりいただいて4000円のお支払い。。。お得感ありまくりの佳店です。

過去の鮨屋はこちら


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |
1 / 8712...20...最後 »