寿司

ホーチミン2020 1月 ②

今回の出張の目的が自社のホーチミン支店のオープンレセプション。準備期間約2年でやっと出店できました。ホーチミンの中心部でズバリ名前は「大阪寿司」。

88席の大箱店で寿司、刺身を中心にベトナム人の嗜好に合わせたローカライズした食事を提供します。

日本からは若手調理師とサービスを担当するマネージャーの2名が駐在。

現地の調理師をこだわりを持って指導しています。食材は野菜はベトナムの有機野菜を使用。びっくりするくらい美味しい・・・・魚は高知県の宿毛から直送で、獲れた翌日にホーチミンに届く流通インフラを作りました。

内装もベトナム人の目線で作ってます。少しダサい感じがクール。。BGMは邦楽POPです。。

店前の案内係。。違和感あるけどこれはこれでいい・・・

イタリア料理店の居抜きをリノベーション。いい雰囲気になっています。。。

当日は国営放送の取材もありました。。。

看板料理の「富士山」マグロとイクラがてんこ盛り

だし巻き卵350円・・・かなり美味しいです。。。

大きなエビが入った天ぷら盛り合わせ1600円。。。。他の日本料理店と比べて比較的リーズナブルな値付けにしています。。頑張りマッス!!


カテゴリー 海外, 寿司, 和食 |

鮨割烹やま中

福岡出張の帰りに博多駅ビルの9階にある表記の有名な高級寿司店で一人晩御飯をいただく。白木のカウンターの前に板前さんが3人並び、凛とした空気が漂う。一番奥の席に案内いただき握り手さんに挨拶をすると「先生!いつもお世話になります」との返事。。途中で店の奥からいろんな人が挨拶に来られる。多分私を誰か知らん人と間違えているような感じ・・・しかしながらめんどくさいので適当に話を合わせていたら特別な日本酒や自家製からすみとかをどんどん振舞ってくれるのには閉口した。。

「先生!いつものお任せでいいですか?」と聞かれたので「いいよ〜」と答える。まずは五島列島で獲れた10キロサイズのアラ。熟成がかかっているのでかなり美味しい。玄界灘の鯛。皮鯨の「おばゆき」と「うねす」は酢味噌で供される。続いてコリコリの鯖刺身。好物の赤貝と続く。特別に河豚白子焼きと大村湾で取れた青ナマコ・・・青ナマコは普段食べないけど柔らかくて美味しいのにびっくり。

日本酒もたっぷりいただきながらヒラメ、アオリイカ、生の車海老、シメサバの握りが供される。板前さんも私だけに特別に接していただいて恐縮。。私を誰と間違っているのか聞きたかったけど最後まで我慢。。。

続いて脂乗りまくりの酢で締めた鰯、アワビの真ん中の柔らかい部分、北海道のウニ、ふわふわの煮あなご、河豚、玉子焼きでフィニッシュ。。帰りもどういうわけか店の外まで従業員全員で見送りいただきました。会計は2万円の先生価格・・・・

福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F


カテゴリー 九州地区, 寿司 |

寿司処いずみ田

博多に研修で日帰り出張。昼ご飯に駅近くの寿司店に入る。珍しく食べログで検索・・・ランチタイムの突き出し、小鉢、寿司8貫、吸い物、茶碗蒸し、デザートがついて900円の寿司ランチが有名らしい。ランチタイムはほとんどの客がそれを頼むとのこと

しかしながら私はダイエット中なので夜のメニューの旬の握り寿し1900円をお願いする。。

寿しの前にせっかく福岡に来たので胡麻さば800円をビールと一緒にいただく。コリコリとした新鮮な鯖に胡麻醤油を絡めてありとても美味しい。。白いご飯との相性も良さそう。。

握り寿しは分厚く切りつけたカンパチ、ペラペラの海老、シマアジ、いくら、多分冷凍の粒貝、炙った鯛、炙り鰯、煮アナゴでフィニッシュ。食べてから廉価の寿しランチにしとけばよかったと反省・・・・

福岡市博多区博多駅前2-19-17


カテゴリー 九州地区, 寿司 |
1 / 8312...20...最後 »