寿司

すし寛 7月

日曜日は昼間に母校の出場する高校野球を見に行って(惨敗でした・・)その帰りに普段ヘビーユースする飛田商店街で創業60年のこちらのお店が4時から空いているのを思い出し友人と3人で訪問。この日はなんとかカウンタ−を確保出来たけど4時半になると満席が続き店の外は行列が続く。

最初に生ビールを頂いてからこの店でのマストアイテムのとこぶしの煮付けを所望する。年中あるけど安定の美味しさ。ここ数年の食材の仕入れ値の高騰にはビックリ。

淡路島の小タコも旬真っ盛り。固くならないように軽めにさっと炊いて仕上げる。美味し過ぎてビールが進みまくる。。。

トビアラ海老は関西でも地域によってサル海老、明石漁港では川津海老。宇部ではブトと呼ばれる。今が旬真っ盛りで頭の味噌が甘くて身と一緒にいただくとさらに日本酒(この日は真澄を所望)が進みまくる。

淡路の地雲丹と目が合ったので所望すると剣先烏賊をあしらえとしてつけて頂いた。本山葵と一緒にいただくと対比効果で甘さが強調される。

ビジュアルだけでも美味しいと判る鰹をお腹の部分だけ切り付けて頂く。新鮮だけどネットリモチモチで「こんなに美味しい鰹は初めて食べた」と言う友人談。(私は苦手)

岩手産のイシカゲ貝も所望する。少し癖のある味わいが生姜醤油とドンピシャ。分葱のぬた和えと一緒に食してもいい。

鰻の白焼きは小振りだけど上質な脂がお酒とぴったりの相性を見せる。パリパリに焼かれた皮部分も香ばしく山葵をたくさんつけても辛味を感じないくらい脂が強い。首部分の肉が大好物で(豚肉で言えば豚トロ部分)味が濃い気がする。

巨大な鯛のカマと目が合ったのであら炊きにして頂く。身はホロホロで鶏肉のような弾力。ゼラチン部分も多くて部位ごとに味の変化があってとても楽しい。

焼きたての玉もこの店の名物。煮詰めの甘さも悪くない。

ここからは握って頂く。ピカピカに光るヒコイワシ(ヒシコイワシ)は新鮮極まりなく透明感のある味わいに脱帽。今回初物の3枚付けのシンコの握りも軽すぎずとてもいい味わい。同じ〆た青魚でも味は全く異なるのが楽しい。

好物のたいらぎ貝柱の握りも圧巻の大きさ。

旬の鱧の骨切りも完璧。個人的には握りで食べるのが大好き。

生ゲソの握りも上質。新し過ぎてコリコリしすぎ・・・

最後の〆にもう一度玉子焼き。

年下の友人は鉄火巻きを所望。会計は3人で17,000円・・・・相場の半額。。。新地寿司屋の3分の1。。強烈コスパで大繁盛の人情寿司店でした。。。。。

過去のすし寛はこちら

過去のすし寛はこちら
大阪市西成区太子1-15-2
06-6641-6654
16:30〜24:00
月休


カテゴリー 動物園前, 寿司 |

松すし 7月

鶴ケ丘の「りらく」でマッサージをした帰りに表記の店を訪問。前回驚きのコスパに感動しての再訪。店の隣に立ち飲みも併設されていて前回はそちらで頂いたが今回は寿司店のカウンタ−で頂く。カウンタ−は6席でテーブル2人席がいくつかある。店は古いけど掃除が行き届いて言えて清潔。

この日はご主人と奥さんとお母さんの3人体制でお出迎え。最初にビールを頂いて前回感動した鯛の炙りを所望する。

この日は養殖の鯛しかなかったけどその分ボリュームアップいただく。300円なんだけど薬味や飾りの花など一切手抜きなし。山葵の代わりの柚子胡椒が良い仕事をする。炙られた鯛の皮がとても香ばしい。2皿目は玉ねぎと一緒にいただく鹿児島産の和牛炙りのポン酢。これも当然の事ながら300円。薄切り肉をレアに火入れしたもので柔らかくて脂が甘い。300円だし不味いわけがない・・・・

カウンタ−後ろのテーブル席に座る若いOLさんも「この店おいしいのに安過ぎてびっくり〜」と何度も言っていた。

阪神ヤクルト戦を見ながら冷や奴を所望する。「良い桜えびがあるので冷や奴につけとくね〜」と店主の弁。豆腐はスーパーの普通のものだけど300円だから気にならない。

〆は海老マヨと鰻胡瓜巻きをOLのお姉さんとシェアして頂く。居酒屋メニューと寿司メニューのほとんどが300円で最高級トロお造りが500円、スペシャル黒マグロお造りが1000円。豚バラ肉を使ったポトフやエビフライやコロッケも美味しいとOLさんが言っておりました。

芋焼酎の品揃えも多くて長居で安飲みするにはコスパ最高の名店です。

この店は病み付き状態なので次回は7月6日(木)21時頃に1人で再訪予定。どなたかご一緒しましょう😄 ビール1杯奢りますので声かけてね。。。

前回の松すしはこちら

大阪市住吉区長居東4-4-6
06-6691-3863
10:00~22:00
火曜日定休


カテゴリー 長居, 寿司 |

鮨 よし田 7月

仕事の帰りに幹部社員君と会社近くの表記の店で打ち合わせを兼ねて会食。遅掛けに伺っても地元客で満席の超繁盛店。最近はハイアットリージェンシホテルからの客も多いと聞き及ぶ。住之江区では一番良いネタを使用していると思われるお店。

おすすめのお任せコースは同じネタが2貫ずつ8種類で茶碗蒸しがついて5000円〜6000円くらい。一つのネタをそれぞれが違う味わいにして出してくれるのが特徴。サウスポーの店主が繰り出す小振りの寿司のファンはとても多く、下町特有の敷居の低さとともにこのブログを見て常連になる方も多いと言っておられた。この日のコースは6000円で私は苦手なマグロを外して頂く。

握りの扉は天然平目と縞鯵。平目は口に入れた瞬間ネットリとした舌触り。少し熟成がかかっているのであろうか旨味もかなり強い。うって代わって歯切れがよくさっぱりとした食味の縞鯵は醤油とポン酢で頂く。

続いての皿は大きな肝を載せたカワハギと剣先烏賊の上に北海道産雲丹を載せたもの。一つは塩で頂きもう一つは煮切りで頂く。どれもが王道の美味しさ。。。寿司だけでなく上ネタを使った様々なアテもあるので高級居酒屋として使う客も多い。

〆鯖を炙ってテラ昆布を載せたものと網代に編み込んだコハダ登場。この時期の不飽和脂肪酸たっぷりの青魚は血の巡りが良くなって元気が出る気がするので少し嬉しい。脂の良く乗ったのどぐろを昆布〆したものをさらに皮目を炙って握ったものは旨味が凝縮しすぎて飲み込むのがもったいないくらいの美味しさ。この寿司一貫だけで日本酒1合が飲めるような感じ。

この店の名物の太刀魚は皮目だけが炙られて提供される。鱸も皮目を炙って提供。脂のある魚は皮と身の間に旨味があり、そこに火入れする事で魚の持つ美味しささらに引き出す店主の才能に脱帽する。

次に出てくる貝のヒモ部分だけ先に登場。

京都府伊根産の鳥貝は分厚くて甘い身が特徴。新鮮なので特有の癖や臭みは皆無。岩手の陸前高田で獲れたイシカゲ貝は独特のコリコリした食感と甘味が特徴。復興のシンボルとして毎年この時期に旬を迎える。

最後に茶碗蒸しか赤出汁をいただいてフィニッシュ。

いつ伺っても食材にこだわりがありその時々の旬の魚をリーズナブルに提供されています。お店はネタがなくなり次第終了なので予約することをお薦めします。

大阪市住之江区東加賀屋3-16
06-6683-4084


カテゴリー 北加賀屋, 寿司 |
1 / 6212...20...最後 »