寿司

松すし 10月

りらくマッサージをしたあとで長居の標記の店で1人ディナー。カウンタ−は6席でテーブル2人席がいくつかある。店は古いけど掃除が行き届いて言えて清潔。

ほとんどのものが300円の安心価格。最初にメガビール800円を所望する。

鹿児島産の黒毛和牛の炙り、柚子胡椒で頂く天然鯛の炙り造りは皮が香ばしい。緑色の不思議出し巻き、自家製牛スジコロッケとポテトサラダを麦焼酎と一緒に楽しむ。
お酒の品揃えも豊富で芋焼酎は驚くくらい揃っています。

過去の松すしはこちら

大阪市住吉区長居東4-4-6
06-6691-3863
10:00~22:00
火曜日定休


カテゴリー 長居, 寿司 |

すし丈

四天王寺の名店「こいき」が移転した跡地に入られた寿司店を訪問。グルメ友達の紹介で若いご主人だけどいい寿司を握られるとの事。平成生まれのご主人は銀座「久兵衛」出身とのこと。

カウンター8席で寿司だけなら6000円、アテがついたら9000円と言う明朗会計。

この日は麦焼酎からスタート。最初の扉は岩手産の新もずくの酢の物。シャキシャキの食感と酢の塩梅もちょうどいい。
続いて和歌山産のカマスの昆布すしも上質。北海道の新すじこは今の時期だけのもの。
徳島産の伝助穴子の白焼きは上品な脂で口の中が満たされる。表面がぱりっと焼き込まれた鰻の出汁茶漬けは寿司店で初めて頂いた。

ここでオサケをいただきます。この時期ならではの秋上がりとご主人の選んだ浦霞を所望。隣の席に美人キャリアマダムが1人で座られ、日本酒に造詣が深いためこのあとは彼女と同じものを頂く事にする。

にぎりはしっかりと包丁目を入れた長崎の剣先イカから。脂たっぷりの明石産の真鯛は焼き霜でいただく。和歌山産の天然のカンパチはすっきりした脂がとても素晴しかった。和歌山産の白甘鯛も旨味が強くて咥内に品のいい脂が広がる。鹿児島産の天然縞鯵、和歌山の戸塚鯵と続く。ネタのクオリティーもさながら酸味強めの寿司米のバランスもいい。

寿司が美味し過ぎてオサケが進みまくる。

静岡産の本マグロはビジュアルも艶かしい。私は苦手なので安乗のトラフグと大きな活足赤海老を替わりに出して頂いた。(感謝・・・)

天草産の車海老も湯がき立てで甘々なり。。

山口産の今が旬の赤雲丹はビジュアルは悪いけど甘さは最高で雲丹の旨さの限界値ぶっちぎり。煮穴子の仕事ぶりもレベルが高く最後は卵と胡瓜巻でフィニッシュ。近々予約の取れない店になる事間違いなし。

大阪市天王寺区四天王寺1-7-15
06-6772-6660


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 寿司 |

すし寛 10月

休日は映画を見てその帰りに友人2人と標記の老舗寿司店を訪問。こちらは飛田商店街にある創業60年の超繁盛店でこの日も夕刻5時には満席状態。開店の4時から並んでいる客もいると言っていた。その魅力は品揃えの多さとコストパフォーマンスの高さ。生け簀の中の高級魚を始めとする、お造りや焼き魚、天ぷら等が美味しくていつも寿司までたどり着かない。

この日は補助椅子を無理矢理一つ入れて頂いて友人とカウンタ−で会食。最初に生ビールを頂いてからこの店でのマストアイテムの鯛の子の煮付けと明石のタコを所望。年中あるけど安定の美味しさ。

鮑と見間違うくらいのサイズのとこぶしの煮付けも美味しすぎる。

生け簀のカワハギを1匹潰して頂く。熟成感や旨味は乏しいけど肝が美味し過ぎて困る。この日の生け簀には天然平目。鱧、車海老、アコウなどが泳ぐ。

食したあとのカワハギの頭と骨は煮付けで登場。日本酒との相性も最高。この日は長野県の銘酒真澄と合わせる。

ナガスクジラの尾の身は刺身とタタキで頂く。口の中に入れると肉の繊維がほどけて甘い脂が咥内を満たす。独特の臭みは全く感じられない。

毛蟹も所望する。レモンを搾って甘い味噌と一緒に絡めて甘酢で頂くと至福の味わい。

日本酒のアテに出し巻き卵の焼きたてを合わせる。甘い煮詰めもいいアクセントとなる。

クエの酒蒸しはゼラチンだらけ。プリプリの皮部分とシコシコの身部分の双方とも深い味わい。骨までしゃぶりながらお酒とともに楽しむ。

最後は新物のイクラと車海老の握りでフィニッシュ。このあとは近くのオーエス劇場で大衆演劇を楽しみました。

大阪市西成区太子1-15-2
06-6641-6654
16:30〜24:00(土日は16:00〜)
月曜定休
予約不可


カテゴリー 動物園前, 寿司 |
2 / 66« 先頭...23...20...最後 »