東部市場前

そばがき屋 ぐうちょきぱー

今から17〜18年位前に大正区の泉尾という辺鄙なバス停しかないところで「凡愚」という個性的な蕎麦屋が開業。廃屋のような外観で入り口には大きな犬がいて週の半分は休みで天井は卵ケースでできている意味不明の店だった記憶がある。数年後にマスコミで取り上げられてあっというまに大阪を代表する蕎麦店となる。

驚くような太さの蕎麦を塩で食したりどういうわけか天野酒と早寿司があったり、店のご主人は元カメラマンで奥さんはデザイナーなんだけどいつも自然体で偉そうじゃなくていい空気のながれる空間でゆったりと真面目に作られた蕎麦をいただくのがとても楽しみだった。あまりに繁盛しすぎてここ8年くらいご無沙汰であった。しかしながら昨年8月に和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野という里に移転され新しい凡愚として「あまの凡愚」を始められたと聞き及ぶ。

その大正のお店で10年間ずっとホール担当をされていた女性が東住吉区で関西で初めての「そばがき」の店を始められたと聞いたのでランチタイムに訪問する。彼女は開口一番に「凡愚」のそばがきに魅せられて始めたと言っておられました。

2016-06-15 12.12.34

場所は杭全の住宅街でかなり判りにくい辺鄙な場所。近くにコインパーキングはない。個性的な暖簾のデザインは店名のぐーちょきぱーを表しているらしい。駄菓子屋のガレージを改装した感じで入口のレトロなガラス戸もいい味を出している。気の温もり漂う店内はゆったりとしたカウンターが10席。テーブル席が2つ。

2016-06-15 11.36.12

デザイン性が高くて手作り感溢れる内装は知人の大工さんにお任せしたと聞いたがかなり計算されたカッコいい造りになっている。ドーム型天井が印象的。

2016-06-15 11.39.13

白い壁の店内は趣味のいい絵などがさりげなく飾られる。ちなみにこの絵は昔に凡愚にかかっていたものだったと思う。そばがきは蕎麦粉に湯を加えて加熱して箸やへらで手早く混ぜて粘りを出して塊状にして食す保存食のようなもの。福井県などの蕎麦の産地では子供でも作れるので昔はおやつの定番だったと聞き及ぶ。こちらのお店でも餡やきな粉と一緒におやつとしても提供されている。

2016-06-15 12.06.01

メインのそばがきは醤油でいただくか餡子と黒蜜でいただくかを選び、蕎麦粉のひき具合を選ぶシステムになっている。1番から5番まで選べて、細かくひけばトロトロになり荒くひけばつぶつぶが残る野趣溢れるものとなる。その他にもそばがきを付けていただく鴨汁や出汁巻などのおつまみ盛り合わせなども取り揃えられている。凡愚と同じく日本酒もあります。

2016-06-15 12.06.06

ランチタイムのお得なセットメニュー。選べるそばがきに鴨汁、キャベツの胡麻和え、酵素玄米(発酵玄米)、デセールにそばシャーベットがつく。この日はこちらを所望する。

2016-06-15 11.39.04

食器も陶器は和歌山の作家さんに注文して作ってもらったり、古い朱塗りの器は店主のお母さんが骨董品集めが趣味で揃えられたのを使っていると言っておられた。かなり上質で趣味性が高いものばかりである。

2016-06-15 12.06.11

カウンタ−に飾られる野花も品がいい。しかしながらこの店の若い店主がこの花よりも明るくて快活で存在だけで癒される。

2016-06-15 11.43.34

最初に酵素玄米と漬け物とキャベツの胡麻和えが供される。これをいただきながらそばが気が出来上がるのを見る。酵素ご飯は玄米を炊いて60度くらいで保温をして数日間(この日は7日目と言っていた)置くことでモチモチとした食感となる最近は木村拓哉さん等の芸能人やモデルさんが愛用する健康ご飯でブームとなっている。キャベツは素朴な味で普通に美味しい。昆布に酸味を入れて炊き上げたものや自家製の漬け物はかなり贅沢な仕上がり。

2016-06-15 11.48.06

そばがきは今回無理を言って1番と5番の相盛りにしていただく。どうしても挽き方の違いで味と食感の異なりを見たかったので・・というと快く引き受けてくれた。ヨーロッパ製の電動石臼(ミル)で福井県の丸岡産の丸剥きした蕎麦をその場で挽く。

2016-06-15 11.49.20

小さな手鍋とへらで根気よく練り上げる。そばがきはお椀に蕎麦粉と熱湯を入れて自分で練る椀がきというのもあるがこちらは正統派の加熱しながら水分を飛ばし丁寧に練り上げる鍋がきで蕎麦粉のでんぷんをアルファ化させるので消化吸収もよくヨガなどの健康食として最近は注目されている。

2016-06-15 11.50.41

加熱すると粘りが出てくる。長く捏ねないのでしっかりと風味も残る。たくさんの客でも一つひとつ丁寧に練り上げる。

2016-06-15 11.52.17

出来上がったものを擦りたての山葵醤油でいただく。挽きたてのものをいただくんは初めて。一言で感想をいえばまちがいなく蕎麦の味を上回る。普通の蕎麦は練って切って保管して茹でるあいだに酸化や劣化がすすみ風味が落ちるがこのフワフワトロトロのそばがきは香り・味、共に蕎麦よりもしっかりとした味わいを感じる。山葵醤油を付けることで甘味が更に引き出される。飲込んだあと(10秒後くらい)にフワッとした蕎麦の香りが喉と鼻に抜ける。

時間をおけば少しずつ変成(澱粉化)して固くなってくる。味わいと舌触りも山芋みたいに変化してとても楽しい。

2016-06-15 11.59.00

続いて5番登場。細かな蕎麦の実の舌触りが特徴。女性からの注文がかなり多いと言っておられた。挽きたて調理したてのそばがきをいただくのが初めてということもあって日本酒が欲しくなるが我慢する。これも時間をおけば固くなりお餅のような食感でとても面白い。

2016-06-15 11.55.29

鴨汁は出汁がしっかりととられており凡愚を思い出させる。器の品格の高さもありビジュアルもかなり美しい。そばがきを少し残してかも汁に入れていただくとそばがきの甘味を更に感じることが出来る。

2016-06-15 12.10.47

デセールは蕎麦湯で作ったかき氷が登場。柑橘のコンフィチュールが乗せられる。勿論初めて頂く味わい。

次回は夜に一人で日本酒を飲みながらゆっくり味わう予定。ここ最近のスマッシュヒットのお店です。

2016-06-15 12.44.05

帰りに播磨町の森森舎でオーガニックフルーツを使ったミックスジュースのかき氷850円を食べて帰った。少し酸っぱくてとても美味しかったけど蕎麦湯のシャーベットに負けちゃったな・・・

大阪市東住吉区杭全8-6-4
06-7710-1913
11:30-14:00ラストオーダー
17:00-20:00ラストオーダー
定休日 日・月・火

 


カテゴリー 東部市場前, 蕎麦 |

つけ麺のりちゃん

たまに無性に食べたくなる生野区の東部卸売り市場にあるつけ麺専門店。開店時間が朝3時半で閉店15時という卸売り市場時間のなかで店主の「のりちゃん」が奥さんと2人で切り盛りする。私と同じ名前なのでとても親近感がある。卸売り市場内の駐車場に車は停め放題なのでとても便利。

店内はカウンター11席のみ。主力商品は「鴨つけ麺」。麺が「蕎麦」、「うどん」、「中華麺」、店主お薦めの「縮れ麺」から選べるようになっていて相盛り800円や3種盛り940円、4種盛りも1180円もあってなかなか楽しい。それぞれ「冷や」と「熱」を選ぶことが出来る。つけ汁はノーマルの黒と辛口の赤と和出汁にカレーの入ったものの3種類。それらを自分好みに組み合わせる仕組み。すべて1人前が200gなので4種盛りだと800gとなる。ランチタイムにはライスもつくので炭水化物攻撃を味わえる。

トッピングは
■かも肉倍増し    +200円
■かもロース(3枚) +100円
■温泉玉子 +100円 ※朝10までは温泉玉子サービス
■全部のせ +400円 ※かも肉倍増し、かもロース、温泉玉子
■替え玉  +150円
■小ライス +80円  ※朝10時から
■おにぎり 110円  ※明太子、高菜、しゃけ、いかなご、椎茸昆布、梅

今回はうどん、縮れ蕎麦、和蕎麦の3種盛りを所望する。

2015-11-21 11.31.48

しばらくして巨大な朱塗りの器にはいったつけ麺が登場。麺の真ん中に、菜の花、大根、ニンジン、水菜がトッピング。つけ汁は煮干し、白ねぎ、ほうれん草、鴨肉、しめじと皮無しのスライスレモン。

細めのうどんは東大阪の人気のうどん店宇野製麺所さんで修業したものと同じものとのこと。食感がモッチリしてとても美味しい。

蕎麦は歯切れの良い食感で一応蕎麦の香りもする。縮れ麺はあまり縮れておらずエッヂの立った中太中華麺って感じ。コシもしっかりあって噛み締めると小麦の香りがしっかりする。麺の上の野菜が口直しにちょうどいい。

サバ節を使ったという和出汁は甘辛の味付けで煮干しの効いた魚介系の旨みと鴨の旨みと脂分をしっかりと感じることが出来る。レモンスライスの酸味がサッパリとしていいアクセントになっている。ラー油の香りもとてもいい。見た目のボリュームに圧倒されたがスルスルと完食する。

麺をいただいたあとには熱々の生姜出汁でつけ汁をスープ割りしていただく。冠婚葬祭ごとの用事がある以外は毎日お店を開けているようです。。何もかもがかなり好みです。。

詳しくはこちらのフェイスブックで。。「いいね!」押してくださいね😃

大阪市東住吉区今林1-2-68 東部市場関連西棟7
06-6756-3457
営業時間:3:30-15:30
日祝日:6:00-14:00
定休日:しばらく無休
駐車場:たくさんあり


カテゴリー 東部市場前, 麺料理 |

つけ麺 のりちゃん

生野区の東部市場内の西棟にあるつけ麺専門店を訪問。開店時間が朝3時半で閉店15時という市場時間のなかで店主の「のりちゃん」が奥さんと2人で切り盛りする。

2014-12-06 13.19.45

卸売り市場なので車を止めるところもそこら中にあるので以外に便利。

2014-12-06 13.22.34

カウンター11席のみで鴨つけ麺の麺が蕎麦、うどん、中華麺、極太縮れ麺を選べるようになっていて相盛りや3種盛り、4種盛りもあってなかなか楽しい。つけ汁はノーマルの黒と辛口の赤と和出汁にカレーの入ったものの3種類。

2014-12-06 13.22.41

おすすめは縮れ麺で「今日は寒いので麺も熱い方がいいと思いますよ」と言う奥さんの意見に従いピリ辛赤付け麺の蕎麦と縮れ麺の相盛りを所望する。

2014-12-06 13.25.32

蕎麦は結構普通で特にどおって事はない。いろんな方のブログで東大阪の有名うどん店でご主人は修行されたとの事なのでうどんにすれば良かったとあとから反省。実際周りの客のうどん率がかなり高い事に納得。

2014-12-06 13.25.28

縮れ麺という事なんだけどあんまり縮れていない太めの麺が登場。いただくとコシはないけどモチモチして小麦の味が口の中にふわっと広がる。麺の上には大根、人参、ゴボウ、菜の花、水菜がのっていて口直しにちょうどいい。

2014-12-06 13.25.35

そしてパンチのあるつけダレはサバ節が中にそのまま入る。魚介の香りのなかに鴨の旨味がしっかりと感じる事が出来る。自家製ラー油のせいでぴりっと辛くてほんのり甘いんだけど皮をむいた輪切りのレモンも入り、ぱっと見た感じは濃厚な醤油味だけど以外にサッパリとした酸味のある仕上がりとなっている。鴨肉の他に葱やシメジも入り鴨肉倍増や別途に鴨ロース肉を注文してトッピングする事も出来る。

麺をいただいたあとには徳利に入った熱々の生姜出汁でつけ汁をスープ割り。ライスも無料でつけてくれたのでお腹いっぱい。。次回はカレーを食しにきます。。

大阪市東住吉区今林1-2-68 東部市場関連西棟7
06-6756-3457
営業時間:3:30-15:30
日祝日:6:00-14:00
定休日:しばらく無休

のりちゃんつけ麺 / 東部市場前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 東部市場前, 麺料理 |
3 / 3« 先頭...23