大阪市

ひろせ 7月

東心斎橋畳屋町にある表記の和食店を訪問。月に一度コースの献立が変更されるたびに伺っている。店主の広瀬氏の作る料理がとても口に合うので毎月楽しみになっている。ミシュラン店の「ゆうの」で修行され、目利きのしっかりした仕入れと骨格のしっかりしたかつ柔軟な調理は毎月伺っているが飽きることがない。

店主の手元が見えるカウンターの6席がおすすめ。10000円のコースのみであるが価格以上の価値はあるといつも思う。

先付けは擦りおろした長芋を使った養老豆腐に北海道産の甘い生雲丹を乗せたもの。手前には大きく包丁した柔らかな蒸し鮑。その上に叩いたオクラと海ぶどう、穂紫蘇が乗せられる。最初から全開モードのパンチのある涼しげな料理が登場。

2皿目の揚げ物は万願寺唐辛子の中に玉蜀黍を入れたすり身を詰めて揚げたもの。2種類の揚げたズッキーニとともに。ソースはコクのある海老味噌ソース。海老味噌ソースの塩梅はさすが。

活鮮は夏の高級魚「あかっぽ」(アカハタ)「鱚の大葉鋳込み」「鯛の奈良漬包み」「皮付きのハリイカ」「生ダコ」「生ほっき貝」の6種盛り。シンプルな盛り付けなんだけどどの魚もとても上質。

煮物椀は丁寧に骨切りされた「牡丹鱧」とおかひじき、蓴菜。出汁に鱧の脂がしっかりと出て滋味深い。昆布の味もしっかり効かせた凛とした味わい。

皮目だけを炭火で炙った長崎産の「べにひとみ」という名ブランド名の「のどぐろ」。びっくりするくらい脂乗りまくり。。チリ酢で供される。

炭火で丁寧に焼き込んだ三重県産の身厚な鰻の白焼き。八尾産の枝豆、胡瓜と若桃の酢の物とともに供される。

玉蜀黍のブリュレ。。一見デザートのようだけど塩がしっかりと効いている。箸休めにちょうどいい。。

和牛のラムシンを使った肉料理。冬瓜、焼きなす、破竹、唐辛子、トマトなどの野菜を添えて。

最後は新生姜と梅のご飯。。

デザートは黒胡麻のアイス最中。料理はほとんど一人でご主人がされる。見習いの職人さんも初々しくてとてもいい。今回も大満足で店を出る。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

クラスノ

大正駅北側徒歩3分にある界隈では最も有名な老舗居酒屋。
16時からやっていていつも常連客でいっぱい。創業71年でクラスノの店名は創業者の豊一さんが拘留されていたソ連の町の名前。

昔から突き出しはグリンピースの卵とじが出てくる。とてもチープな味わいだけどどおってことはない。完全家族経営で今は4代目も店を手伝っている。

昔はこちらのおじいさんが焼かれていた出汁がたっぷりの大きな出汁巻き300円。
甘さを抑えたやさしい味わいでタレ串と一緒に食べるあっさりして箸休めになる。

名物のくわ焼きは最初にすき焼きのような甘辛の牛肉のタレ焼き2本350円から。大きなロールイカを使用したイカ塩焼き200円。レンコンにカレー味のミンチを詰めて焼いたものは250円。海老のタレ焼きは500円。以前よりは少し値上げした感あり。

サクッと食べて飲んで店を出る。

ジムの帰りに南船場にできたファンキーなバナナジュースの専門店。

濃厚でねっとりしたバナナジュースが600円。。。ものの値段ってわからないね・・・・

大阪市大正区三軒家東1-3-11
定休日:土曜日・日曜日・祝日
営業時間:16:00~22:00

 


カテゴリー 大正, 居酒屋 |

ピッツエリア ダ ドッツ

京セラドームの川を挟んだところにある「タグボート大正」の中のピザ店。よく見ると川に浮かんでいる。。テラス席もあってロケーションがとてもいい。自社で年末にピザ業態の店の出店を考えているので最近ナポリピザばかり食べまくっている。小麦粉と塩とイーストだけなのに味わいと食感が店によって異なるのが面白い。

発酵時間や塩の量など微妙な塩梅があるのは理解ができる。

こちらのお店も石窯で焼くナポリピザと生ハムがマストメニュー。客層は若いグループやカップルが中心。平日なのに店はほぼ満席状態。

看板メニューのピッツァマルゲリータ1480円を所望する。

しっかりと焼き込まれたピザはかなり大きい。生地は厚めで塩分強め。トマトソースは濃いめでモッツアレラとのバランスはとてもいい。残ったピザは持ち帰りできるのも嬉しい。

食事の後は同じ施設内の「いやーんバカーん」という名前のスナックでハイボールと麦焼酎をいただく。

 

大阪市大正区三軒家西1-1-14号 TUGBOAT TAISHO内

 


カテゴリー 大正, レストラン |
1 / 92612...20...最後 »