大阪市

清粥小菜 明 3月

私が大阪の中華料理で最も美味しいと思う表記の店を訪問。

江坂駅から徒歩5分。大通りを一筋入った公園の前にひっそり佇む。小窓に小さな表札が出ているだけなので店はとてもわかりづらい。店内は落ち着いたシンプルなカウンター6席とテーブル席が8席のみ。ご主人とアシスタント、ソムリエのサービス君の3人で営む。

ルイロデのシャンパンで乾杯をして身も心もお任せのコースを提供いただく。

最初は店名にもある中華粥でお腹を温める。中華出汁の効いた旨味のある清らかな粥。。

続いては大根餅を揚げたものに大間の紫雲丹を乗せたもの。表面はサクサクで中はねっとり。雪塩と酢橘をかけるとさらに雲丹の甘味が引き立つ。

今日のスペシャル素材のプレゼンテーション。浜坂産の1.3キロのずわい蟹。これを丸々料理していただいて2人でいただくという趣向

最初は脂分たっぷりの蟹味噌にご飯とエバミルクをはじめとする調味料を入れてリゾットにして供される。美味しすぎてノックダウン。。シャンペンとの相性も最高。

太い足の部分は紹興酒漬けにして供される。醤油で食べるのとはまた異なりなんとも言えない至福の美味しさ。上海蟹と違って身が甘いので1分程度の浸け時間。。

続いては上湯出汁で火入れをしてホワイトアスパラ、豌豆と一緒に餡かけ風でいただく。。

最も美味しいとされる爪部分はカリカリに揚げて甘いソースで供される。下にはマスカルポーネチーズで和えたミニトマトが敷かれる なんとも贅沢な蟹爪フライである

口直しに叩いてミンチにしたホタルイカでコクを出したクラゲの酢の物。

長野県で獲れた猪と兵庫県産の月の輪熊をしゃぶしゃぶでいただく。柔らかくて甘くてなんとも表現のしようのないくらい美味しい。。熊と猪の食べ比べというセンスが秀逸。

こちらのお店のシグニチャーメニューであるフカヒレの姿煮。以前は腐乳を使ったものだったんだけど今回はさらに進化をして四川風の形で供される。ピータンの塩気と唐辛子の辛味が合間っていながらもまろやかで箸が止まらない美味しさに驚く。

残った蟹の身をまずは天津飯にしていただき、続いて焼きそば、最後は炒飯にしてもらう。

デセールは大きなイチゴと杏仁豆腐とシェフ一押しの香港風のエッグタルト。。料理もお酒も大満足。当然のことながらびっくり高額会計・・・しかしながらなんとも満ち足りた気分で店を出ることができました。。

過去の明はこちら

吹田市江坂町1-21-39
06-4861-7228


カテゴリー 中華料理, 江坂 |

すしセンター

天王寺北口徒歩1分の阪和商店街、最近は裏天王寺と呼ばれる場所に新規オープンした店を一人で訪問。スタンドフジの系列で魚介を中心とした商品を超低価格で提供。

珍しい地魚や高級魚も低価格となっているのでお値打ち感はかなり高い。。

とてもわかりやすいファザード。。カウンター席が中心なんだけどかなりの大箱となっている。遅がけの訪問だったけど超満席のパンパン状態。

お通しはガリとレモン。。生しらすとわかめ。。合わせて280円。。悪くはないと思う。。

最初にハイボールをいただいて伊勢産の赤ナマコ480円を所望(写真なし)。続いて赤貝の作り480円はヒモ部分と肝もついてとても新鮮。。皮もついたトラフグのてっさは580円。。

鯛の豆腐蒸し580円は豆腐がてんこ盛り状態。お酒が進みまくる。。

大きな天然エビの握りが500円、鮑の握りは380円という破格の値付け。本鮪も2かんで380円、中トロは400円そのほかの高級魚も200円代・・・

蒸したての茶碗むしはエビが入って300円。そのほかボリューム満点のおでん380円、カマ塩焼き380円、生ダコぽん酢380円、鰻巻き280円など。。ここも人気店になることは間違いない素晴らしいお店です・・・・

大阪市天王寺区堀越町13-6


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |

南地 志げ

歌舞伎座の裏の路地を入ったところにある表記の店を友人と訪問。1階はカウンターのみ。。本格的な懐石料理のコースから寿司、おでんまであってとても使い勝手の良いお店。

まずは鱈の白子をいただいて精をつける・・子持ちのヤリイカとナマコ。。

おでんは定番の大根や厚揚げなどのほか丁寧にした処理をされたスジ肉や生麩、ネギ袋やエノキなどを所望して焼酎と一緒に楽しむ。何を食べても美味しいのでオススメです。

 

大阪市中央区難波4-2-7
06-6643-1819
17:00~23:30
日・祝定休


カテゴリー 難波, 和食 |
1 / 83512...20...最後 »