泉佐野市

エッセ ディ ピュ

関西空港の連絡橋にほど近い、いずみさの関空マリーナ内にあるイタリアンレストラン。店内は石窯のピザ窯と窓から海が見える開放的な客席が特徴。

目の前には港に停泊する数々の大型ボートがずらり並んでテンションもアップ。

食材は岸和田魚港でとれる新鮮な魚介や有機・低農薬の地場野菜などを使用。
今回はランチタイムにナポリピザとパスタのコース2700円を所望

前菜の盛り合わせは岸和田港で揚がるヒイカのフリットと牛蒡、フォワグラのテリーヌ、蓮根のトマト煮と青海苔のフリット、イタリアン風の鰹のたたき、ヤリイカの煮込みなど

パスタは泉佐野港で水揚げされた鮮魚を使ったスパゲティー(写真)と春キャベツなどの野菜たっぷり煮込みソースのパスタを半分ずつ作っていただく

ピッツアはトマトソースと飛びあら海老のピッツアと水ナスの入ったのハーフハーフ。しっかりと焼き込まれた生地もとても美味しい。地元食材を使ったピザは他にもとうもろこしや焼き穴子なども・・・

ドルチェはティラミスとパンナコッタ、フルーツカクテル。。。景色も良くていい時間を過ごすことができました。

泉佐野市りんくう往来北6番地 いずみさの関空マリーナ内


カテゴリー 泉佐野市, イタリアン |

niku-niku

泉佐野市の犬鳴山温泉に行くすがらの辺鄙な場所に「肉料理 ふじわら」というお店があり、年に2回ぐらい10年以上定期的に訪問していた。田舎のおばちゃんの家に遊びに行った気になる自然満喫の店で自分とこの鶏小屋で名古屋コーチンを200日以上育ててそれをすき焼きにしてくれるのが名物だった。

おばちゃん自らが山で採ったわらびや自家製のこんにゃく、畑でとれる野菜は最高の御馳走であった。ご主人が自ら捕る猪もさばきたての心臓とレバー、腎臓、横隔膜を塩焼きでよく頂いた。しかし1年前におばちゃんが病気で倒れ、残念ながらお店を廃業したという噂を聞き及ぶ。

しかし本年6月に親戚筋の若夫婦がこの店を継ぐことになり夏のバーベキューを中心に大復活とのこと。
その話を聞きつけて仲間15人と離れを貸し切ってお任せ料理で軍鶏や鶏のすき焼き、塩焼きを頂く。

2015-07-24 19.24.05

ビールとともにでる突き出しでいきなり泉州の郷土料理「じゃこごうこ」登場。水なすの古漬けと大阪湾のとびあら海老を炊き合したもの。激塩の水茄子と海老の絶妙の旨さに悶絶する。・・これは昔からの知る人ぞ知る逸品。なかなかやります・・・

2015-07-24 19.28.55

黒毛和牛の土手焼きもビールにぴったり。若奥さんは当然地元の方でこのような地元系の料理はなんでも出来るらしい。

2015-07-24 19.24.09

早朝に締めた地鶏は内臓もいい色をしている。すべての部位が丁寧に盛られている。

2015-07-25 08.11.28

軍鶏も仕入れだがかなり上質なものである。これらを最初は塩焼きで頂く。スパークリングと白ワインで食べまくる。川のせせらぎがBGMとなる。昼間は手ぶらでバーベキューも出来て川遊びや家族風呂も楽しめる。梅雨時は蛍鑑賞も出来てとてもいい場所である。

2015-07-24 15.39.39

この日は特別に梅雨時にとれる梅雨松茸を持参する。当然すき焼きとの相性は抜群。赤ワインと一緒に飲むや食うやの大騒ぎ。

2015-07-24 20.07.29-1

鶏のすき焼きに松茸を大量に投入する。地元産の玉ねぎも甘甘で軍鶏と地鶏の食べ比べもとても楽しい。鶏の内臓と松茸の取り合わせもなかなかいい。食事が終わってみんなで露店風呂に入って再びビールを頂く。〆の水茄子漬け物はお約束。

2015-07-24 19.36.22

川で遊んで風呂にも入って食事とお酒でひとり6000円くらいでした。7月中旬に訪問してホントは人には教えたくなかったお店。一月遅れでアップします。。子供と一緒に夏の思い出作りにぴったり。安近短楽の象徴のような場所です。

IMG_9708

大阪府泉佐野市大木1772
0724597259


カテゴリー 泉佐野市, , やきとり, 焼肉 |

泉州生パスタ専門店 イタリア物語 ふく井

ずっと昔に泉南の市役所の近くにこちらのお店があって当時たまたま通りすがったときにいい空気を感じて入店。そのときの衝撃的なこちらのパスタとの出会いは今でも忘れられない。

見るからにヘンコそうな福井氏の作るパスタはどこの店のものにも全く似ていないオリジナルテイスト。もっちもちの生パスタにしっかりと手作りされたトマトソースとクリームソース。そしてこれでもかというくらいに入った季節の野菜。。

2010年に泉佐野の駅前商店街に移転され何度か伺ったが最近は足が遠ざかってしまってふと思いついてひとりで訪問。

2013-07-02 12.39.21

以前の店にあったものと同じ手書きの看板。駅前なんだけどシャッター通りになっていてその中でもいいファザードの空気をしっかりと醸し出しておられる。お店はテーブル席が中心で平日だけど家族連れやグループでにぎわう。

2013-07-02 12.09.35

メニューは基本的にどれもが野菜がたっぷり乗ったものばかりでその上に季節の食材がいろいろと乗せられる。昔に比べてどんどんと創作的なものが増えてきたような感じがする。

こちらのパスタを食するために日曜日の朝に友人を誘って高速料金2500円以上を使って通った事を思い出す。思い起こせば2008年から通っていたと記憶する。

2013-07-02 12.09.48

比較的スタンダードなトッピングから「焼豚の豚骨トマトソース」「カチョカバロクリームチーズ」「白身魚のクリームソース」「アサリとイカスミのクリームソース」など昔はなかった想像もつかないテイストのものも増えているのに驚く。

どんどん進化するパスタ屋である。店主の想像力・創造力に敬服する。。私は当然懐かしの味のトマトソースのデフォルト850円を所望する。

2013-07-02 12.10.26

最初に瓶に詰められた軟水とサラダ登場。この店の葉物がかなり旨い。胡椒の効いたドレッシングも秀逸。箸置きは昔から折鶴。

2013-07-02 12.14.34

そしてパスタ登場。四角い皿は昔と一緒。冷めないための工夫と言っておられた記憶がある。トマトソースはさらっとしていて雑味なし。でもしっかりと旨味とコクのある酸味の少ない日本的なテイスト。とても自然な味で後味もマイルド。

ガッツリの方は替え玉もあってこの日もお客さん2人くらいがリクエストされていた。相変わらず麺はもっちもち。。。コシや固さはないが純粋に美味しいと思う。。ソースとの相性がとてもいい。

この日の具材はほうれん草、ブロッコリー、柔らかく炊かれた大根、しっかり味の浸みた茄子、ええ感じに炊かれた筍、キャベツ、さつま芋、しめじ、山芋、赤ピーマン、黄ピーマン、人参、レンコン、白菜、かぼちゃ、舞茸。

全くクオリティーが落ちていない事に感動。。美味しすぎて一気に食べ尽くしてしまった。。食後のコーヒーもついて850円はかなりお得。

2013-07-02 12.40.02

帰りに店先を見ると私の過去の日記が店先に掲載。。少し嬉しかった。。。近くに寄られたらぜひおすすめです。。。

この店との初めての出会い

大阪府泉佐野市上町3-8-8
店主携帯080-6116-0291
営業時間
ランチ 日月火水木金土 11:00~15:00ラストオーダー 14:30
ディナー 火木土 17:00~21:00ラストオーダー 20:30

イタリア物語 ふく井パスタ / 泉佐野駅井原里駅りんくうタウン駅

昼総合点★★★★ 4.0


カテゴリー 泉佐野市, イタリアン, 麺料理 |
1 / 412...最後 »