近畿地区

明石玉子焼き

休みの日に朝からJRに乗って明石まで明石焼(現地では玉子焼き)を食べに行く。日曜日なので食べログ高得点の店やメディアによく掲載されるお店は長蛇の列。

たこ磯は1988年開業の魚の棚商店街にある有名店。明石焼き(玉子焼き)以外に、ぜんざい・おしるこ・あべ川・アイスクリームなどの甘味も提供しているとのこと。

鰻の寝床のような店内の左側は厨房が奥へ伸びており、若い焼き手2人で7-8人前の明石焼き(玉子焼き)をフル回転で焼く。間に合わないので店の外でも焼きまくる。注文すると1分以内に出て来るのにビックリ。まさにファストフード・・・価格は15個700円。穴子が入った玉子焼きも有名でそれは15個900円。

焼き目が強めなこちらの玉子焼きは、どちらかというと熱々の玉子焼きを熱々の出汁で食べるタイプ、外はフワフワで中はトロっとしたタイプ。鰹と昆布で挽いた出汁もすっきりして美味しい。咥内火傷に留意しながらつけ汁にダイブさせて頂くと上品な味わいで食す事が出来る。

具の蛸は湯がき立てのものを使用。サイズは小さめ・・・

明石市本町1丁目1-11
電話: 078-914-5103

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2件目はその近くの明石焼き『ゴ』さんに行く。

こちらのお店は注文後に渡される『漢字テスト』が有名。小さな用紙に懐かしい漢字ドリル形式で10問出題。10問全問読めて正解なら20%、8問なら10%、6問なら5%の割引なり。私は5問正解のみ・・・残念。

こちらの明石焼き(玉子焼き)は600円。
玉子焼きのタコ代わりの具として、アナゴだけでなく、こんにゃく、えび、チーズ、キムチ、すじこん等・・・

しばらくして赤い上げ板に載った焼き立ての玉子焼登場。
玉子比率が高いタイプのためかなりトロトロ。

壁には同様の難解漢字がずらっとあって、全部読めたら写真付きで表彰と玉子焼き1年間食べ放題らしい。
兵庫県明石市本町2-1-4

明石焼の味の異なりは小麦粉と卵の割合と出汁の種類、浸け出汁の種類や提供温度と分析・・・・

明石焼の店一覧はこちら


カテゴリー 兵庫県, その他料理 |

ニンニン亭

長田神社の参道筋にあるテイクアウトの豚まん専門店。参道筋を車で北から南へ下りていて、山手幹線と繋がる信号(大きな鳥居があるところ)の横。
この信号がかなり長いのでここを通ったときは必ずこの店の豚まんを購入する。お店は中国人のおばさんが自分で作って自分で売る。たまに無人のときもあるので要注意。

すぐに食べる場合は熱々で、土産は冷めたものを入れてくれる配慮はある。でも会話はため口・・・

蒸しパンのような薄めの皮の生地と柔らかくてしっかりとした甘味のあるジューシーな餡が秀逸。551の蓬萊の豚まんが味の基準になっている方は多分感動すると思う。

聞けば玉ねぎは淡路産を使用との事。
神戸の人は辛子ソースでこれを食べるらしいがデフォルトのままで充分美味しい。近くにある冷麺屋に行く予定だったけど3つ連続で食べてお腹いっぱいになり断念。これが1つ100円とは何とも嬉しく幸せな気分になる事間違いなし。

神戸市長田区五番町7-8-10
TEL:078-575-1833
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休


カテゴリー その他料理, 神戸市 |

元祖平壌冷麺屋 本店

創業1939年の神戸では冷麺と言えば此方の店と言われる位の有名店。長田郵便局の真向かい。店の隣に駐車場あり。。近辺に支店が2店舗ある。この日は行列はなかったが2階の席まで超満席。

冷麺は特大が950円、大800円、小650円、ロース焼肉の入ったスペシャルは1200円。

麺は蕎麦粉と小麦粉のブレンドで注文が入ってから作るとの事。10分で着丼した冷麺はビジュアルがとにかく美しい。しゃきっとした塩辛い水キムチ、程よい脂と噛み心地のチャーシュー、胡瓜、玉子、胡麻、唐辛子がかかる。

酸味の効いたスープは薄口でさっぱり。太目の麺はツルツルして透明でよくある灰色のゴムのような感じではなく適度な固さと弾力。最後まで一気に頂いたんだけど隣の常連の客は途中で酢を3周入れて洋辛子を3杯とヤンニンジャンを少し入れてスープが黄色くなる状態で食べていた。。

次回はこの食べ方を真似てみようと思いながら店を出る。お酒を飲み過ぎた次の日のランチには最適。。

神戸市長田区細田町6-1-14
TEL:078-691-2634
営業時間:11:30~20:00
定休日:火曜


カテゴリー 麺料理, 神戸市 |
1 / 6312...20...最後 »