近畿地区

神戸牛ステーキ ishida. 本店

旧知の友人約25人と表記の神戸のステーキの名店を貸し切りで会食。私は初めての訪問であるが三宮では年末年始にイチローが食事に来る店としてとても有名らしい。
店内は長いカウンター席と個室がありそれぞれシェフが目の前で肉を焼いていただける。

2015-08-19 19.24.07

前菜盛り合わせはノルウエーサーモンマリネ、肉の煮こごり、モモ肉のローストビーフなど。手作りしているが内容と味は凡庸。

私だけサラダとスープはパスをしてステーキを所望。このお店の中でもいろいろなレベルがあるようであるが特選神戸牛のロースとフィレの両方を全員でシェアすることとなる。

2015-08-19 19.40.48

ロース肉は融点が低いので鉄板横で常温に戻しているだけで脂分が溶け出しているのがわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「神戸肉・神戸ビーフ」とは、兵庫県産和牛の但馬牛を「神戸肉流通推進協議会」の登録会員(生産者)が肥育して、本県内の食肉センターに出荷した未経産牛・去勢牛のうち、枝肉格付等が次の事項に該当するもの。

肉質等級:脂肪交雑のBMS値No.6以上
歩留等級:A・B等級
枝肉重量:雌230kg以上470kg以下、去勢260kg以上470kg以下
月齢は生後28ヶ月以上60ヶ月以下
          
(出典:神戸肉流通推進協議会規約)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日の肉は肉質等級A5、脂肪交雑11のほぼ神戸牛としての最高級の物を出していただく。

2015-08-19 19.46.56

焼いていると鉄板の上が肉の脂だらけになるのが面白い。低い温度で肉の繊維にダメージを与えないようにミディアムにゆっくりと丁寧に焼き上げる。この辺りのテクニックが素晴しい。

2015-08-19 19.53.44

出てきたお肉は2種類の塩と粗挽き胡椒、マスタード、醤油、ポン酢で食す。最初にフィレを頂いてあとからロースを食す。
いろんな薬味をつけたり混ぜたりしながらワイワイと食す。ロースが脂分が多く51才の私には50gでもきつい感じがした。

2015-08-19 19.40.51

野菜もカラフルでとても美味しそう。野菜を食べると肉の味を忘れてしまうのでこういう店では控えるようにしている。
たまにはこういう店で高級な肉を食すのもいい。気の会う友人との会食は最高である。

神戸市中央区北長狭通1-21-2 サンメイビル3F
定休日:不定休
050-5522-5504

神戸牛ステーキ ishida. 本店ステーキ / 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 鉄板焼, 神戸市 |

ステーキガスト 伊丹堀池店

伊丹で打ち合わせがありロードサイドにある表記の店を訪問する。

すかいらーくグループのステーキ業態店で数年前からあちこちで展開しているが閉鎖店舗が多いのも事実。大阪では福島にあるのみ。
熟成肉を主力商品にしていてメインの料理を頼むとセットでサラダバー、スープ、カレー、パン&フォカッチャ、デザートが食べ放題。サラダバーは冷凍野菜も目立つがキャベツや大根など国産であろうもの少し見受けられる。スープは2種類で中華スープとコーンポタージュ。ドレッシングは5種類でコーヒーゼリーのようなものもある。

ご飯の入ったジャーとカレーを見つけたのでメインの料理が来るまでサラダとカレーライスを頂く。不味くはないけど特に美味しいものではない。日替わりランチは699円からあるけど訪問した土日はレギュラーメニューのみとなっている。

2015-08-02 12.31.44

この日は店員さんお薦めのお箸でも食べやすい一番低価格の「大根おろしの切り落としビーフ1187円」を所望する。

2015-08-02 12.33.57

出てきたものを見るとかなり寂しさを感じざるを得ないが思っていたより肉が柔らかいのに驚く。特製の調味液に漬け込んでいるということらしい。肉の味も思いのほかいい。アメリカ・カナダ産と表記されていた。

ポン酢以外にもニンニク醤油、和風玉ねぎソース、デミグラスソース、ガーリックソース、ネギ塩ソース、山葵醤油、照り焼きソースと漬けダレがいろいろ用意されていて食べ飽きない。サラダやカレーも食べることが出来ることを考えるとコスパは素晴しい。

「美味しい」とは思わなかったけど「嬉しい」料理であることは間違いなし・・・

兵庫県伊丹市昆陽南5丁目1-3

072-780-1780

ステーキガスト 伊丹堀池店 ファミレス / 伊丹駅(阪急)新伊丹駅稲野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 兵庫県, レストラン |

いこまふれあいセンターレストラン

土曜日は早朝に生駒山麓公園の灯籠ゲートからぬかた園地、なるかわ園地を経由してみずのみ園地のゲートを折り返す生駒縦走道の往復コースを走る。片道14.7キロ、往復で29.4キロ。大阪のランナーの間で夏場の走り込みコースとして秘かに広まり、私の師匠が「生駒ボルダー」と命名。そのスタート地点にある施設で風呂に入ってレストランで食事。

元々はセルフのレストランだったけどリニューアルされて4月11日にオープンと言っていた。社会福祉法人青葉仁会運営のカフェレストランで名前はまだないらしい

「チリコンカンライス」1000円を所望。公共施設のレストランでうどんや蕎麦や丼から脱却しようとしているのは素晴しいがメニューの平均単価が1000円越えは厳しいかも知れない・・・

「チリコンカンライス」はアメリカテキサスの郷土料理。炒めたひき肉と玉ねぎにトマト、チリパウダー、湯がいた豆いろいろを加えて煮込んだもので最後にとろみをつける。バーベキューソース味や、シナモン、コーヒー、醤油などいろんな隠し味も出来て楽しい。簡単につくれるので大量に作って冷凍しておけばいろいろ便利。

2015-07-26 11.33.28

 

野菜たっぷりで身体にもよさそう。黒胡椒の効いたドレッシングを野菜にかけてご飯とソースをかき回していただく。ポーチドエッグも一緒にかき混ぜると味わいがより複雑で食べ飽きない。ビールが欲しくなる味でかなりのお気に入り。。。

これを目当てに来週もまた走りに行きますね・・・・


カテゴリー 奈良県, その他料理, カフェ, レストラン |
20 / 71« 先頭...2021...40...最後 »