近畿地区

鯛之鯛 6月

先月末に訪問した神戸の激繁盛魚料理店を今月も再訪。最近はハイコスパのランチも始められたようで昼時は行列でえらいことになっていると聞き及ぶ。前回このブログで紹介した店長の「島ちゃん」は連日連夜彼を目の前に食事をリクエストする女性グループでカウンター席が争奪戦となっている。一緒に写真を撮ってくださいと言われて手が止まるので料理がなかなか出てこない。近くのクラブホステスさんたちがファンクラブを結成するという話も聞く。

この日も明石漁港直送のオコゼなど旬の魚が大量入荷。高級魚を激安価格でバンバン調理されている姿はお見事としか言えない。この日も好きなものを好きなだけ頂くコースを所望して魚三昧を楽しむ。いくら食べてもワタミとほぼ変わらない価格は仕入れのテクニックが優れているからであろう。

2015-05-31 21.11.42

夏になるとどこにでもある岩牡蠣だけどこちらの店のものは目利きがいいためかかなり味が深い。岩牡蠣って大きければいいってもんではなくて8月に入ると卵を持って熟んでくるのでその時期には食べないようにしている。最近の岩牡蠣はほぼ養殖なのだが天然物ははずれも多くて養殖のこれくらいのサイズのものが冬の生ガキの味に似ていて個人的には好み。

2015-05-31 21.24.07

コスパ抜群の名物お造り盛りあわせ2人前980円はどう見ても原価割れ。奥から鯖きずし、明石の天然鯛、熟成されたカサゴは旨味抜群でこの日のMVP。アマテカレイに皮を炙った鱚。真ん中がナゴヤフグ。これだけ上質な魚をたくさん食べる事ができる店は私は見た事がない・・・・

2015-05-31 21.25.23

天ぷらも人気メニューで蓮根、アスパラ、しめじなど・・・カリッと揚がっていてとても美味しい。

2015-05-31 21.30.16-2

 

旬の明石産の穴子はとても滋味深い。大きな海老もプリプリで一人で5本食べてしまった。これからは旬の赤足海老やシラサエビも入荷すると言っていた。

2015-05-31 21.37.55

魚ばかりだと食べ飽きるので肉料理もいくつか用意されている。客の要望をきっちりとらえられているのに脱帽。厚切り牛タンの塩焼きは柔らかくて脂の甘味もしっかり感じてかなりおいしい。

2015-05-31 21.45.40

大貝の焼き物はマスト注文メニュー。普通のものよりも2倍の大きさがあってその分スープもたっぷり。癖も全くなく貝の味もよくて新鮮きわまりない。これだけ20個くらいいただきたくなる。この貝を使って雑炊か和風のクラムチャウダーを作ってみては・・・と店長に提案する。次回試食させていただけるよう。

2015-05-31 21.59.38

日本酒のあてに鯛のあら炊き。少し塩分が多い気がするが問題はない。少人数でカウンターで頂くのもよしグループでワイワイと好きなものを頂くのもよしとても使い勝手のいいお店。いつもながら綺麗な女性客が一杯いるのは経営戦略の妙である。

神戸市中央区中山手通1-4-2Uライン三宮ビル2F
050-5786-2813
月〜木・日/17:00〜24:00、金土/〜翌2:00 不定休


カテゴリー 和食, 神戸市 |

ニクスペシャリテ・マクラ

三宮にある大人気の肉料理店をランナーの友人と訪問。阪急三宮で降車して三宮と元町の中間のドンキホーテのある南北の路地に位置する一軒家レストラン。壁全部がワインセラーになっていて1階はカウンターのみ2階はテーブル席があるが16人が定員となっている。

2015-05-19 19.08.32

最初はビールで乾杯をしてメニューを味わう。ソムリエの方と会話しながら好みに合わせてオーダー。シェフとソムリエの2人でされているらしい。お通しはラ・トゥールと言われる牛・羊・山羊のミルクをブレンドした造ったチーズ。ねっとりとした食感であっさりした味感。

2015-05-19 19.08.41

かわいいリンゴの入れ物に入った自家製ピクルス。いい具合に浸かっていて肉を食べる合間に挟むとサッパリしていい。

2015-05-19 19.10.51

肉のオードブル五種盛り1500円。パテドカンパーニュ、鴨のロースト、牛タンのロースト、三重県松阪豚のロースト、豚の生ハム。。。特にどうってことはない・・・

2015-05-19 19.36.08

ぶっといアスパラがあるという事でソテーしてもらう。味は普通・・・

2015-05-19 19.55.40

ドイツの赤ワイン。かなりいいセレクション。ソムリエ君の接客も優しく丁寧。

2015-05-19 20.12.26

パンも普通に美味しい。

2015-05-19 19.54.22

メインは小さいポーションでいろいろな部位や種類のお肉を食べさせてくれるのがウリ。50g単位でいろいろなものが食べ比べが出来る。

まずは中山牛のイチボ肉は山葵を載せていただく。赤身だけどしっかりとサシが入っていて脂も甘くとても美味しい。

2015-05-19 19.52.16

何か忘れたけどブランド鶏は火入れも肉の旨味も秀逸。皮の焼き具合と身のしっとりしたふくよかさが味蕾にガツンと来る。

2015-05-19 19.57.37

シャラン産の鴨肉は見ただけで旨い事がわかる。ワインがぶ飲み状態になる。。オーストラリアのピノノワールを追加する。周りは女性客かカップルだらけ。完全にデート用の店だな・・・・会計は飲みものによるけどひとり10000円くらい。

神戸市中央区北長狭通2-9-3-1
078-333-1002
18:00-25:00(L.O.24:00)

<p><a href=”http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28037854/?tb_id=tabelog_4bd46f201d7d595835f08514a70ba4c594862934″>ニクスペシャリテ・マクラ</a> (<a href=”http://tabelog.com/rstLst/steak/”>ステーキ</a> / <a href=”http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/R4481/rstLst/”>神戸三宮駅(阪急)</a>、<a href=”http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/R4483/rstLst/”>三宮駅(神戸市営)</a>、<a href=”http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/R3288/rstLst/”>旧居留地・大丸前駅</a>)
<br />夜総合点<span style=”color: #FFD700;”>★★★</span><span style=”color: #A9A9A9;”>☆☆</span> 3.3
</p>


カテゴリー 焼肉, 洋食, 神戸市 |

鯛之鯛 5月

地下鉄三宮駅横のビルの2階にある魚料理のお店。今年の2月にオープンして今や三宮を代表する超繁盛店。若い方のグループから年配の方々まで客層はいろいろ。時分時はいつも超満席でこの日も2週間前に予約してやっと席を確保する。大阪のみならず京都や岡山県からもリピータが続出していると聞き及ぶ。

主力商品は明石の昼網で獲れたピチピチの魚と白身の熟成魚。。水槽の中には活蛸をはじめとするいろいろな魚が群れをなす。
最近はアサヒビールとサントリーが行なう視察グループも激増。それだけ繁盛店として注目を得ているという証拠。

イケメン店長の島ちゃんは独身彼女募集中。いつもニコニコ笑いながら調理をする。彼を見るためにカウンター席を希望する女性グループが多いと聞く。生ビール430円でまずは乾杯。

2015-05-19 21.34.33-1

名物の造り盛り(写真は2人前980円)を所望する。口の長い「狐鯛」は新鮮なものだとコリコリしてあっさりした食感なんだけどこれをあえて7日くらい熟成させたもの。低温熟成する事で水分が適度に抜け、身のアミノ酸が凝縮し味がとても深くなる。

それと淡路島の黒雲丹(まだ甘味が不十分なのは残念)、昼網の真魚鰹も造りで食す。今が旬の黒ムツは海水の中で熟成させる。魚の熟成方法もいろいろあって魚の種類によって使い分けると言っておられた。普段食せない魚が並びまくる。

コリコリのアオリイカも今が旬、瀬戸内海産の鰆もお造りで頂く。鯵も普通に美味しい。これだけ盛り込まれてアンダー1000円はコストパフォーマンスあり過ぎの(原価率200%ぐらい)の客にとってマスト注文アイテム。

熟成した魚としていない魚の食べ比べも楽しい。お造りだけ注文されたらうちの店は死亡しますと店長はのたまふ。

2015-05-19 21.18.28

焼き場担当の古ちゃん(子供2人あり)お薦めの水槽で泳ぐ巨大なミル貝をバター焼きにて所望する。*写真の奥に見えるのが島ちゃん

2015-05-19 21.52.26

お造りで食べてもよかったんだけど水管の部分と肝と身の部分が食感や鯵が異なってとても味わい深い。これが1200円というのも驚愕の価格。

その他のものもすべて内容からみればビックリするくらい安い値段。すべての商品が北新地の半額以下。。

2015-05-19 22.39.57

〆は鯛味噌茶漬け880円。活鯛を合わせ味噌で和えて茶漬け。少しいい値段だけど注文する価値あり・・・日本酒に合うお茶漬けが食せるのはこの店だけ。。。予約必須です。。神戸までわざわざ行く価値あり・・・

神戸市中央区中山手通1-4-2Uライン三宮ビル2F
050-5786-2813
月〜木・日/17:00〜24:00、金土/〜翌2:00 不定休


カテゴリー 和食, 居酒屋, 神戸市 |
20 / 69« 先頭...2021...40...最後 »