近畿地区

イノダコーヒー

京都は遅くなったので一泊し翌日は京都の名店イノダコーヒーで朝食 朝から本店は超満員。ホテルのロビーのような広さの中で 老若男女がそれぞれにコーヒーを飲んでいる姿は圧巻 砂糖とミルクが最初から入ったアラビアコーヒー488円が名物 苦くて甘くてこくがあるって感じ(そのままか・・・) 11318405535499[1].jpg

イノダコーヒ 本店コーヒー専門店 / 烏丸御池駅烏丸駅京都市役所前駅


カテゴリー カフェ, 京都市 |

割烹 千ひろ

雑誌dancyu11月号の「この秋に行きたい憧れの名店」の記事についていた読者招待企画にどういうわけか見事当選。東京の編集部より電話があり急遽京都へ・・ 現在和食の名店といわれる「割烹千ひろ」にご招待 京都の板前割烹の先駆者といえる「千花」の次男で3年前から八坂神社の近くの路地裏で開業。 店に入り席に招待されるとご主人が「おおきに~」と大きな声であいさつ。 小さくささやくように「当選おめでとうございます」といわれすこし嬉しくなる 白木の一枚板のカウンターは8席のみ。料理はほとんどがご主人が目にも止まらぬ速さで作られそのライブ感にも圧倒。隣の当選した客は埼玉から来たらしい。 まずはビールを注文し、先付けの巨峰の酢の物。薄くスライスされた巨峰の下には焼き目をつけた帆立貝が鎮座。酢を出汁で割った旨酢にていただく。 (写真右上から参照) 続いて付だし三種。名残の黒豆の枝豆をほっくりと薄味で炊き込んだものといくらのしょうゆ漬け、コリコリとした食感が不思議な鱧の浮き袋の梅肉和え。 素材重視の直球勝負。ここから純米酒に切り替える おつくりは鯛と中トロ。もちろん素材は最上級。鯛は山葵醤油と細くきった塩昆布を上に乗せて食べる事をすすめられる。また中トロは大和芋と共に食す。このような組み合わせで旨みをさらに引き立てる術はさすが・・・ 続いてクライマックスの煮物椀。 蟹真丈と干椎茸、玄米餅に柚子。出汁は限りなく淡く澄んだ味。 雑味が一切感じられず胃袋までストレートにすっと通るきめ細かさ 具の味を生かす加減は評判どおり。 お椀の蒔絵は紅葉と桜がびっしりと描かれた雲錦模様。 明治のものらしい。 このお椀だけでも小宇宙と季節の流れを感じる事が出来るまさに逸品。 続いて鯛の頭の酒蒸し。 脂の乗りきった天然鯛の頭を限りなく薄い味で酒蒸しにしポン酢で食す。 目玉はもちろんその裏のゼラチンも手つかみでしゃぶりつくす。 唇の部分もプルプルでしかも鯛特有の魚臭さは微塵も感じられない。 下ごしらえの確かさが光る一品。これは麦焼酎のロックでいただいた。 このあと出てきた湯葉汁。ぱっと見たら豆乳かなと思ったが、いただくとまさしく 生湯葉の味。出汁と割ってあるらしく滋味あふれる味わいで口の中がさっぱりと洗われ胃が覚醒するのを実感 続いてまたまた小皿3種。百合根を蒸かして裏ごしたものに梅肉を乗せたもの 銀杏の塩煎り、牡蠣の煮ひたし。単純な料理だが素材のよさが光る逸品 ここから日本酒(剣菱)の冷に切り替え 海老芋の煮揚げも味噌の加減がすばらしく、胡麻豆腐も温かくねっとりと胡麻の香気が 立ち上る 最後は松茸のフライ。今日で最後らしく大きく傘の開いた丹波産の松茸は香味抜群 油っこさもまったくなし。ここで場の雰囲気は最高潮 食事はホクホクの栗ご飯となめこの味噌汁 デザートはフルーツジュース一杯。 みかんとオレンジとリンゴのミックスで甘味料使用していないが 甘みたっぷり すべての料理が素材が主張し淡味という表現がぴったり 店主とのウイットに富んだ会話もご馳走。 至福の2時間であった。 京都府東山区祇園町北側279-8 日曜休み 河原町から10分 075-561-6790 11318398622150[1].jpg


カテゴリー 和食, 京都市 |

鎌倉商店

今日は白浜まで足を伸ばし日本最古の湯「崎の湯」へ 万葉の昔、天皇や貴族が飛鳥や奈良の都からはるばる訪れて 入浴を楽しんだという名湯で日本書紀や万葉集にも登場する 由緒正しい温泉である 海岸の先にあり硫黄系とアルカリ単純系の2種の源泉。 露天風呂のみでホテルシーモアの水中展望台から丸見え。時々波が浴槽 (といっても岩だが)にはいってくる。着替えロッカーの掘っ立て小屋 が唯一の建物。ここは爽快・・・最高の場所。入浴料300円也 そしてこの入口、というか源泉のすぐ下の「鎌倉商店」で販売している おすすめの「いでゆ反対タマゴ」60円 小ぶりの白い卵を昔ながらの竹の篭に入れて源泉につけること15分。 鎌倉商店の看板商品「いでゆ反対タマゴ」が出来上がる。 店内のレトロな看板には温泉名物、滋養豊富とある。 さらにキャッチコピーが「初恋の味、キッスの味」とまで書いてある。 常連の観光客だと50~60個も買って帰るそうで、 常温で3日位は日持ちするのだとか。 卵をつけている源泉は泉温86度。さりとて、ぐらぐら煮え立っているわけでもない。 ここがポイント。反対卵は安定した湯温にずっとつけているので外側つまり白身はやわらかく、黄身だけが固くゆであがる。実際は半熟よりやや固めだが、 やんわり皮を向くと、プリンのようにぷるぷるしたやわらか~い白身が現れる。 そのままスプーンですくうと頭のほうからこぼれ落ちるので最初は慎重に 口を近づけてチュルチュルとすするのがいい。 まさに初恋の味・・・・ 半分くらい白身を食べるとようやく黄身が姿を現わす。 色はオレンジ色に近い。店先には塩も用意してくれているが温泉自体に 塩分が含まれていることもあり、まろやかな塩の風味がある。 不思議とゆで卵特有の臭いもなく、ゆで卵が嫌いという人でも食べやすい。 私も普段は食べないが缶ビールと一緒に5個は軽くいけました。 これぞ温泉地ならではの風情。効能こそ明らかではないが、 ゆであげる過程で温泉の成分が含まれていくため、滋養強壮にも効きそう。 聞いた話ではこの鎌倉商店は初代の故・鎌倉とよゑさんが創業して約60年。 当初は崎の湯露天風呂の前で営業しており、その当時の崎の湯はお寺のような 立派な建物に覆われた浴場だったらしい。後に温泉の建物は台風で倒壊し、 現在に至る。温泉卵を扱う店も昔は何軒もあったそうだが今では鎌倉商店のみ。 とよゑさんの亡き後は妹・前川スエコさん(このばあさんも話最高・・・ 冗談の返し方に歴史を感じる・・)が引き継いで、できる限り休まず、 営業しています。 不器用な方もスエコさんがペチっと割ってくれるので、ご安心を。 長生きしなよ・・・ 住所: 和歌山県西牟婁郡白浜町2991 電話番号: 0739-42-3747 営業時間: 8:00AM~5:00PM 定休日: 無休 料金: 温泉卵1個60円 112528123916156[1].jpg


カテゴリー 和歌山県, お昼 |
65 / 71« 先頭...20...6566...最後 »