泉南市

イタリア物語 6月

阪神高速で大阪の市内から泉南のこの店まで高速代金だけで2400円也。時間は片道1時間。 時間とお金をかけてわざわざ出かける生パスタの佳店。ここ最近はどこまで行くのか心配になるくらいメニューが増えたが私のお勧めはスタンダードなパスタのトマトソースとクリームソース。 これだけでもたぶん驚愕する内容である。店主の福井氏が調理する真摯な横顔を見ているだけで幸せな気分になる。泉南市役所の裏にある小さな小さな店なので出てくるのも少し時間がかかるときもあるがスローな時間もこの店の持ち味と思う。奥さんの接客もいい。特筆は麺の旨さ。。生パスタなんだけどもっちりして軽めのソースにしっかりからむ。麺が冷めないような四角いお皿も秀逸。特徴はどのメニューも泉南の野菜がてんこ盛りで乗っかっていてぱっと見れば何の料理かわからんくらいである。今日は大奮発して6月のメニューの中でみつけた「農村・漁村のトマトソース」1380円を所望する。もちろんこの店では一番高いメニューであるがどんなパスタが出てくるかを予想してわくわくしながら待つ。 pasutaitaria.JPG 出てきたパスタは思っていた通りのマグナム炸裂の超ド級の逸品であった。。。全く麺が見えない・・・ 泉南の山と海そのものが一皿の上に混在し、生麺と軽めのトマトソースが絡み合ってディスイズ泉南の小宇宙を作り上げていた。 野菜・・・「赤・黄ピーマン」「白瓜(秀逸)」「ズイキの酢漬け(最高)」「筍(味付け)」「三度豆」「ゴボウ(味付け)」「小切りなす」「南京」「黄色いトマト」「赤いトマト」「黄色のズッキーニ」「緑のズッキーニ」「人参」「白菜」「ブロッコリー」「ぜんまい」「大根(味付け)」「まいたけ」「しめじ」「マッシュルーム」・・・ 魚・・「エビ」「穴子」「イカ」「あさり」「はまぐり」 肉・・「ハム」 確認できた食材だけでもこれくらい。。。ただ野菜をたくさん入れてるだけではなく食べ飽きないようにそれぞれの野菜に下処理や加熱、下味をつけるなどの手仕事をされていることにも驚きまくり。。。まるで「懐石パスタ」や~んと思わず口に出てしまいそうになった。 ebianago.JPG 野菜に隠れていたエビと穴子はこんな感じ。。。ワンちゃんになったようにガツガツと食べてしまう。。この店に来て困るのがいつも食べ終わったときにシャツが汚れている。。。後で後悔する。。。 kinokoitaria.JPG 椎茸の入っているパスタも珍しい。。芯もめちゃうまかった。。。 もちろんにサラダと食後のコーヒーも付いてます。泉南パスタ「史上最高。。。」大阪だと2倍以上の価格設定。てか、ここまで根性入れたものつくれないね多分。。。近日大ブレークの予感。 イタリア物語 ふく井 大阪府泉南市樽井1-2-13  080-6116-0291 月~土曜日の9:00~10:30はパスタモーニング ランチ 11:00~15:00 ディナー 17:00~21:00(予約制) 駐車場ちょっとあり 年中無休


カテゴリー 泉南市, イタリアン |

イタリア物語 (泉州パスタ)

2008年に初めて訪れてからはや3年になる。。と店主は言っていた。。。 一番最初にいただいた時のこの店のパスタの衝撃は忘れられない。。 寿司屋の頑固親父のような風貌の店主がほとんど一人で切り盛りする。 東京から取り寄せる生パスタと地元の野菜攻撃と完璧なソースの調和はいまだに食べログでもノーマークである。。大阪からわざわざ高速料金2500円を払って800円のパスタを(開店当初は750円)いそいそと行く私のような者は珍しいがそれだけバランスが良い幸福な時間を提供いただけるものであることは保証できる。 1年くらいぶりに行くとまたまたメニューが進化していた。。。この高齢のご主人の研究の深化は相当なものである。。あれも食べたいこれも食べたいと思うようなものばかりで具材を変えているだけではなくそれぞれにあったソースを組み合わせきちんとした一つの完成した逸品に仕上げているところがさすが。 この店のもっちりした麺はそこらにある乾麺のつるつるのコシコシとしたものではなく表面がざらざらでなんともいえない口当たりと咥内でもソースとのからみを楽しませてくれる。。 独特のボリューム感と歯ごたえはまさに生麺の味わい。。 かなり迷った挙句に本日は岩だこのマヨネーズトマトソース(1090円)をいただく。 itariamenyu.JPG 出てきたパスタは・・・・ 冷めないようにと開店当初からの口の狭い四角い器に入れられて、バジルの香りがたっぷりのトマト味。思ったほどマヨネーズしておらずこのあたりがプロの矜持であり野菜も麺もソースもすべてが優しい味になっており、この手のパスタを塩加減がとんがっていたりトマトの酸味が強すぎたりしがちでそれが味のパンチのような体裁を示しているところが多いが、このパスタは何一つ調和を壊すものはなくしかもバジルの香りも強烈でソースであるトマトの滋味がしっかり感じられ、出されたとたんに餌を与えられたワンコのようにわき目も振らずにいただいてしまう。ぷりぷりの地元産の小さな岩だこもいいアクセントになっている。 itariatako.JPG この店のパスタを語るには入っている野菜の種類にびっくりしてしまう。しかもそのすべてが完全にいい形で火入れされている。列挙すれば「かぼちゃ」「トマト」「人参」「しめじ」「絹さや」「三度豆」「フキ」「ズッキーニ」「ホウレン草」「春大根」「山芋」「小切りなす」「一寸豆」「赤ピーマン」「黄ピーマン」「ゴボウ」「蓮根」「ブロッコリー」「筍」「蕨」「ぜんまい」・・・見えているだけでもこれだけ・・・一応ちゃんと調べた。。 どんだけの数の野菜入ってるねんと数えていると店主の福井賢太郎氏のほくそ笑む顔が見えた。。まさにギネス級のパスタ。。。以前のブログに「泣けるパスタ」と表現して紹介したことがあるが、さらに進化をかさね、しもはや「神が降臨するパスタ」と行ってもいいくらい一皿の中にさまざまなこだわりと食材の持つ力が凝縮されている・・ 今年になってもう2回休んだと言っていた(大丈夫かよ)。。。年中無休で世のため人の為にうまいパスタを作り続ける仙人のようなその姿はもはや料理人の域を超えた芸術家のようなオーラを醸し出している。。この店で食事をしていると、この店主は本当にこの場所(泉南)が好きでその場所で取れる野菜が好きで、パスタを作ることが大好きなんだなとわかる。。。 周りのロケーションもそうだがゆっくりといい時間を過ごすことができるあまり人には言いたくないお店。。 一度行ってみてちょ。。 大阪市泉南市樽井1-2-13 イタリア物語 年中無休 過去のブログはこちら その1 その2


カテゴリー 泉南市, レストラン |

イタリア物語

季節の変わり目に行きたくなるお店がいくつかある。 好みに合った寿司店、中国料理店もいくつかあるが この店のパスタも間違いなく個人的な好みの5本の指に入る。 何をいただいても絶対に間違いないと保証できる。 私は食べてる途中で再びメニューを見て次回来店時に食べるものを考えてしまう。 たくさんのメニューのすべてに店主の想いと優しさが感じられる。 「泣けるパスタ」と個人的に命名している 今日も昼下がりに大阪市内から阪神高速を何回も乗り継いで約1時間でこの店まで到着。 過去に何度も訪問しているがまず店主の福井賢太郎氏の風貌がいい。 いい料理人は顔つきとその体型に共通項が見て取れる。 それなりの年齢だと思うのだがお客に目配りをしながら一人でパスタを作る 調理している姿は神々しく老舗の寿司職人を思わせる。 今回少し訪れない間にメニューが充実して何を食べてよいか迷ってしまう。 menyu.JPG スタンダードのパスタにしようかと思ったが 大奮発して「浜ゆで牡蠣のトマトソース」を所望する。 献立名だけ見るとパスタの上に 牡蠣が2つ3つのっかているだけのように思われるが 例の如く野菜のテンコ盛り・・・ 一寸豆、白菜、人参、マッシュルーム、小切り茄子、大根、ピーマン 赤ピーマン、黄ピーマン、しめじ、山芋、冬瓜、柿、ゆで卵。。 まさに野菜の下にパスタが隠れている状態。。 野菜の主張と手打ち麺のバランスも程よく「グレイト!」と叫びたくなる完成度。 野菜をひとつずつ食べていく楽しみもあり細かな仕事ぶりがひと皿の中にが感じられる。 トマトソースも実に優しく調和のとれた、しかもコクのあるなんとも言えない味わい。 ニンニクのせいかオリーブオイルのせいか私はパスタを食べると必ずお腹を壊すが このお店だけは大丈夫。 野菜も旨いしソースも旨い。。そんでこの店の名物の生パスタとソースが絶妙に絡まって そこらにあるスパゲティーのアルデンテのツルリンとした感じとは全く違う 生めん独特の味わい深いニューと伸びる感じとザらっとした食感も素晴らしい。 一緒に出してくれたお箸で周りを気にせずにずるずると音を出していただくと ほんまに息がとまるほどの味わいの深さ。 旨いというコトバでは言い表せられない。。。泉南の田園風景と漁港が口の中で瞬時に映像となって駆け抜ける。いろんな味が舌の味雷に働きかける。野菜がこんなにトマトソースに合うことに今もって感激する。 もちろん牡蠣のエキス味もトマトソースにより深い味わいを作っている。 PA260003.JPG メニューの充実度も以前来た時より間違いなく進化している。失礼だがこの年齢にして恐るべし探究心である。 このパスタ大阪市内だと価格は3倍以上することまち違いなし。 というよりこのスタイルで都会で営業したら旨すぎて行列ができすぎて暴動が起きる可能性あり。 店主が体をこわされないよう祈りながら、お礼を言って 来た道を帰る。朝早くからやっているのでモーニングパスタいいよ。 次はゆっくりと電車で行って美味しいワインと洋風なべをいただこうと思う。 大阪府泉南市樽井1-2-13 イタリア物語 年中無休(体が続くまで・・らしい)


カテゴリー 泉南市, イタリアン |
1 / 212