天下茶屋

越中屋 東野 8月

天下茶屋にあるヘビーユースする表記の寿司店を友人と訪問。南海天下茶屋駅の高架下に在る商業施設「ショップ南海」北口横に位置する。
国道26号線沿い岸里駅北200mにある老舗寿司店「越中屋」の支店というか暖簾分け店。
またその向かいに持ち帰りと立ち寿司の3号店があり、ややこしくて看板もなく、わかりにくいので若い店主の名前の「東野」を通称名として使っている。

立地も良くて本格的な高級寿司が手軽な値段でいただけるために夕方の早い時間からいつも満席状態が続く。予約はできるが電話番号は非公開。店内は狭いカウンター8席のみ。客層は色々で敷居はかなり低い。初めての客用におすすめ握り5貫が人気。壁にはその日のおすすめのツマミとその日の仕入れで変わる握り寿司のメニューが価格とともに記される。握りは全て1貫から注文できるのが嬉しい。持ち帰りの巻寿司や棒寿司も大人気でかなり美味しい。

麦焼酎と一緒にツマミを色々いただく。脂がしっかり乗ったふわふわ食感の「鱧湯引き」は自家製の梅肉と山葵とともにいただく。「剣先烏賊下足七味焼き」は焼酎にぴったり。国産鰻をパリッと焼いた「鰻白焼き」は玉子焼きと一緒に供される。小ぶりの活蛸酢は旨味たっぷり。何をいただいても外れはない。1人前を全て半分にシェアして出していただけることに敬服する。

握り寿司の扉は一丁付の「小肌200円」は塩と酢のバランスが完璧でかなりレベルの高いものになっている。続いて出汁をいただいてから食べる「煮蛤400円」はふわふわの仕上がりで低温で出汁漬けしていると推察される。「剣先烏賊耳150円」はコリコリの食感。脂乗りまくりでトロトロの「アイナメ250円」「生下足150円」も下処理が丁寧で完璧。

かなり新鮮で角の立った「平らぎ貝柱300円」は食感がとてもいい。「車海老350円」はとても甘々。旬の「鰈250円」もしっかり脂がのって味が深い。この時期しか属せない「石影貝300円」もコリコリ食感で旨味と甘味がたっぷり。最近は陸前高田で養殖もされていると聞き及ぶ。
これら以外でも食指が動くネタがたくさんあったけどお腹いっぱいで食事終了。

過去の越中屋はこちら

大阪市西成区岸里1-1-9 ショップ南海内
営業時間:17:00〜22:00
定休日:水曜日


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |

まる米 7月

天下茶屋の表記のおでん屋を友人と訪問。最近は予約が取れない繁盛店として有名。天下茶屋駅から徒歩1分の好立地。フルオープンキッチンでコの字型のカウンター15席。京都の料理店で修行された気さくな坊主頭の若き店主とスタッフさん3人で切り盛り。

ドリンクはオリジナルドリンクも含め、生ビールは390円、焼酎二階堂は300円、山崎490円などどれも天下茶屋価格で提供。

大きな角形の鍋には普通の出汁とたまり醤油ベースの2種類のおでんが煮込まれる。おでん以外にも鰹のたたきやおでんの出汁がかかるポテサラなど一品ものもある。

最初に生すだち酎ハイをいただき鹿児島の六白黒豚を使用した自家製の焼売240円を所望。大きくてプリプリの食感がとてもいい。関西では珍しい松山揚げ150円と一緒にいただく。続いて自家製で揚げたてのゴボウ天200円、ひね鶏350円、皮付きの蓮根と続く。

日本酒をおでんの出汁で割ったものも珍しくて美味しい。決して炊きすぎず煮崩れさせないようにしながら味が染みまくった大根は130円、出汁がしっかり染み込んだ車麩150円。濃いめの出汁で炊いた旨みと香りが強い和牛スジ肉180円。

柔らかく炊き込んで注文が通ってからさっと温める「たこ450円」もかなり柔らかくて高級和食のレベル。

一口サイズのロールキャベツ240円、季節メニューのマッシュルームにチーズを削ったもの420円、注文を受けてから揚げて煮込むがんもどき220円。口直しの泉州水茄子の山葵醤油和え300円でフィニッシュ。

思いっきりお酒も飲んで2人で6200円でした。。以前より少しだけ値上げしたけど安すぎてビッくらポン!

過去のまる米はこちら

大阪市西成区花園南2-7-30
営業時間:12:00~21:00
定休日:水曜日


カテゴリー 天下茶屋, 関東炊 |

越中屋 東野 4月

南海電車の天下茶屋駅の真下のショップ南海にある表記の人気寿司店を一人で訪問。岸里にある老舗寿司店「越中屋」の支店というか暖簾分け店で店の判別がややこしいので多くの客は若い店主の名前を通称名として使っている。

始まった時はテイクアウト専門店(今は店の前に新しいテイクアウト店ができてます)でそのあとは立ち食い専門だったんだけど評判が良く現在の形となって今に至る。

看板は一切なくて昔は「寿司屋」という名前で呼ばれていた。店内はカウンター8席でとても狭いのが玉に瑕。最近はほとんど予約で埋まってしまうが遅い時間ならウオークインは可能。店の電話番号は非公開。敷居が低いのも人気で軽く寿司をつまむのにぴったりで地元客を中心に客層は色々。。

メニューは初めての客はおすすめ握り5貫が人気。好きなネタを1貫から注文できるのが嬉しい。目の前にその日の仕入れで変わる全ての寿司ネタや季節の酒肴の値段が明記してあるのも良心的。持ち帰りの巻寿司や棒寿司もかなりおすすめ。

最初に瓶ビールを注文してホタルイカ酢味噌600円、若竹煮600円(両方とも写真は半人前)を所望する。一人だとハーフポーションにしてくれる気遣いが嬉しい。

かま塩焼き650円はカンパチ、のどぐろ、シマアジのラインアップ。この日は脂が乗りまくりの「のどぐろ」をいただく。

寿司の扉はハリイカ150円から。握りのフォルムも美しくてコリコリの食感と独特の甘みに感激。続いて1枚付の小肌150円は締め具合が完璧。活タコ150円も噛み締めると独特の旨味が舌に纏わりつく。ふわふわに炊き上げて握る前にさっと炙る穴子200円。骨を外して切りつける寿司では珍しい生穴子200円も脂がねっとりして驚きの美味しさ。全ての握り寿司の値付けが回転寿司と間違えるような価格。

旬のカレイ250円はとても上品な甘みと香りに悶絶。大好物の平貝柱350円は特大サイズを使用。赤貝350円は身とヒモを別々で握ってもらう。頭部分の味噌が甘々の車海老400円は2貫一気にいただく。最後は玉子と酢蓮根で残りの焼酎を楽しむ。。

この日はビールと焼酎を5杯いただき6000円の会計でした。。いつものように大満足で店を出る。。

過去の越中屋はこちら

大阪市西成区岸里1-1-9 ショップ南海内
営業時間:17:00〜22:00
定休日:水曜日


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |
1 / 2212...20...最後 »