天下茶屋

鮨屋 (越中屋)

国道26号線沿いにある天下茶屋の名店の「越中屋」の暖簾分けで看板がないので通称「鮨屋」と呼ばれている表記の店を訪問。店主の名前の「東野」と呼ぶ客もいる。

しかし正式には「越中屋」ですと昨日店主が言っていた。

場所は南海線の天下茶屋駅の下にある。折りたたみの椅子8席のみ。以前は立ち食いだった記憶がある。17時くらいから開店しているので早い晩御飯にぴったり。普段から早い時間に閉店するので夕方の訪問がオススメ。

よくあるコースではなく好きなものを1貫から注文できて美味しくて安いという三拍子揃った最近では稀有なお店。全ての商品が明朗会計なのもいい。

まずはおすすめ握り寿司5貫1000円がとてもお得。

濃いめの麦焼酎お湯割りと一緒に牡蠣のポン酢600円を所望。産地は不明だけどかなり新鮮で味が濃い上質のものであることがわかる。続いて松葉蟹味噌あえ900円もとても美味しい。活け蛸の酢の物500円、貝柱酒盗焼き650円と続く。どれもお酒が進むものばかり。。

寿司の扉はコリコリ食感のイカ耳100円から。続いて肝を乗せたカワハギ250円、熱々の鰻300円、昆布締めにした甘エビ250円は水分も抜けて味がとても濃い。1枚付の小肌200円。食感の良いイカゲソ100円、ふわふわの煮穴子200円、味噌の甘い車海老400円と続く。

後半は塩焼きにした河豚白子400円、北海道産の甘い雲丹400円。新鮮なタイラギ貝300円、玉子サービス。3枚付けのしめ鯖200円、わさびたっぷりのきゅうり巻き200円でフィニッシュ。本格的な内容なのに会計は他店の約半額なり。。いいお店です・・・

過去の鮨屋はこちら

越中屋表記はこちら

 


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |

鮨屋

国道26号線沿いの岸里付近にある地元の名店の「越中屋」の支店で名前や看板がないので通称「鮨屋」と呼ばれている表記の店を訪問。場所は南海線の天下茶屋駅の下にある。折りたたみの椅子7席のみ。5時くらいから開店しているので早い晩御飯にぴったり。

コースではなく好きなものをお任せで注文できて美味しくて安いという三拍子揃った最近では稀有なお店。若いご主人と女性で切り盛り。

たっぷり入ったコリコリの赤ナマコのポン酢500円 柔らかく炊き込んだ煮たこ450円 焼酎のお湯割にぴったりのタイラギ貝酒盗焼き700円。。

寿司は1貫ずつ注文。カワハギは中に肝が忍ばされている。。 小肌200円。新鮮生げそ100円。北海道産の雲丹400円。皮目を炙った分厚いのどぐろ350円。大きな蛤はスープとともに供される400円。車海老300円。塩でいただくふわふわの煮穴子200円。 熱々の鰻300円でフィニッシュ

焼酎を3杯いただいて会計は5000円でした。。ごちそうさまでした。。。

 


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |

鮨屋 10月

南海線の天下茶屋駅高架下にある表記の大衆寿司店を訪問。簡易な椅子8脚のみの屋台のような店舗なんだけどお好み寿司で好きなものを安く食べることができるので界隈では有名な繁盛店舗となっている。まずはおすすめ握り寿司5貫1000円がとてもお得。

大振りの牡蠣を使った酢牡蠣からスタート。。サイズも大きくてとてもミルキー。続いて河豚の湯引き350円、鱈白子の醤油焼き、鰹たたきと続く。。どれも食材がとてもいい。

寿司の扉は程よく締めた鰯から。続いて生げそ、剣先いか、たこと一気に注文する。

続いて炙って塩パラの穴子はふわふわの食感、一枚付の小肌、マグロとカマトロ(同伴者のみ注文)、味噌が甘い車海老と続く。

続いてかわはぎの肝乗せ、牡蠣、新物のいくら、炙った鰻もかなり美味しい。

皮目を炙ったのどぐろ、脂の乗りまくった鰤、北海道の雲丹、芽ねぎ、玉子でフィニッシュ。ほとんどのネタを食べつくしましたとさ。。お酒も思いっきりいただいてこれで会計は2人で12000円なり・・・・

過去の鮨屋はこちら

 


カテゴリー 天下茶屋, 寿司 |
1 / 1812...最後 »