京都市

八坂通り 燕楽

節分の夜は毎年ご招待いただく表記のお店で京都での節分お化け行事に参加。お化けは最近は北新地でも行われているけど、京都が発祥。芸妓さんが節分の夜に出没する鬼の目をあざむいて「福」を得るために非日常の格好をする陰陽道的除災招福のまじないのようなもの。

普段の衣装とは違うコスプレをして座敷に出て趣向を凝らした踊り等をされる。昔は客もコスプレをして飲むのが多かったと聞き及ぶ。

芸子さんは一晩に30件くらいのお店を廻らないと行けないので大忙し。。。寸劇あり、歌謡曲デュエットあり、お笑いありと何度見ても飽きることはない。

こちらの燕楽さんは料亭のような雰囲気なんだけど、おでんを主力にしたカジュアルな会席料理店。芸子さんを呼ぶこともできる。現在京都市内に4店舗展開。

前菜は海老芋、赤蒟蒻、三度豆の胡麻和え、湯葉。どれも京都らしい食材と味付け。続いてのおでん盛り合わせは大根、たまご、竹輪など。鰤のお造りは熟成感もあって絶品。ランプ肉のカツレツ、生麩の揚げ出しと続く。アンコウの唐揚げも美味しくいただいた。

厄除けの大羽イワシの塩焼きもボリューム満点。

締めの玉子かけご飯は糖質制限中なので私はパス。最初に玉子の白身だけを投入してご飯とよく混ぜ込む。続いて黄身を撹拌してご飯の上にかけていただくのが美味しく食べるコツと聞き及ぶ。

こちらの芸子さんはピンで廻られていた。。。抱腹絶倒の切れ味のある芸に感動。。

本業は阪神百貨店で巻きすしの製造販売。色々な種類のミニサイズのものを提供させていただいたのと自分で好きなものをカスタマイズできるオーダーメイド巻きすしを今年は実施したところ大盛況でした。

私どもの新卒調理師も大活躍。

京都府京都市東山区東大路通八坂通小松町594‐3


カテゴリー 関東炊, 和食, 京都市 |

モリタ屋 四条猪熊本店

京都の表記の肉料理屋で会食。四条大宮駅近くの猪熊通り上がる西側に位置する。1階は肉屋兼スーパーマーケットになっている。その上がレストランになっている。この日は3階の広間に通していただく。

こちらは三島亭と共に京都屈指の肉屋直営のすき焼き店。すき焼き以外でもしゃぶしゃぶ、オイル焼き、鉄板焼などもあるがこちらの店ではすき焼きしか食したことはない。

前菜盛り合わせは肉のしぐれ煮、カマスの棒寿司、茄子の煮浸し、胡麻豆腐、きのこの炊き合わせなど。

肉の種類によって価格は異なるがこの日はサシの入ったモモと肩ロースの盛り合わせ。

仲居さんが手際よく牛脂を溶かしたすき鍋にザラメと牛肉を炒め、そこに醤油をさしてまずはレア気味で頂く。

厚めで大判の肉が柔らかく、肉の脂とザラメの甘みが卵と合わさって柔らかな甘みがとても美味しい。肉をいただくと豆腐や野菜を投入。仲居さんがペースを上げてどんどん作ってくれるのであっという間に完食。ごちそうさまでした。。。

京都市中京区猪熊通四条上る錦猪熊町521番地. 電 話075-841-0298


カテゴリー 和食, 京都市 |

喜幸(きいこ)

京都の表記の店を一人で訪問。あまから手帳編集長オススメの鴨川を始めとした京の川魚料理が名物になっている小料理屋。こじんまりした店内は木のカウンター10席。お店は先代の奥さんと娘さんと女性従業員さんの3人で切り盛り。

はじめに、瓶ビールを注文して定番のお通しを選ぶシステム。
冷奴か、てっぱい(京都ではヌタのことをてっぱいと言う)か又はおからのどれかを選ぶ。店内には大な水槽があり、桂川や琵琶湖で捕れたという鮎がびっしり入る。

しっかりと辛子の効いたてっぱいはビールにとてもよく合う。

鱧の卵の煮こごりはハーフサイズを所望する。

水槽で泳ぐ鮎を塩焼きにて所望する、腸の苦味とうまく調和する手作りの蓼酢も秀逸。

最後は名物の湯豆腐で締め。青大豆と普通の豆腐を食べ比べすることができる。ビールとお酒をいただいて会計は6800円でした。。。

京都市下京区船頭町202  電話:075-351-7856


カテゴリー 和食, 京都市 |
1 / 1212...最後 »