京都市

祇園 きだ

祇園にある表記の日本料理店を訪問。店主の木田氏は祇園佐々木で修行されて満を辞して独立。店内に入るとカウンターと個室の小さめの空間。場所は高級料理店が立ち並ぶ京都・祇園町南側の絶好のロケーション。店内はカウンター8席と個室からなる和の空間。

店内には、ご店主の木田さんをはじめ、数人の若手料理人の他にスーツ姿のサービスマネージャーの男性のみで切り盛り。

座付は芋の葉っぱに雲丹と菊の花と出汁のジュレを乗せたものが登場。それをガラスの器に入れていただくという趣向。ガラスの器には芋を蒸して固めたものと大ぶりのボタン海老とキャビアが入る。

お椀は大ぶりにカットした北海道産の松茸と名残の鱧。。松茸の香りが薄かったのが残念。脂分が浮かぶ出しは秀逸。

この日は久しぶりに日本酒をいただく。。

熊本産の走りの新銀杏。。

笹に包んで炭火で炙った煮穴子のお凌ぎ。ご飯は栗の入ったもち米。。

昆布締めにした鯛と塩を振った大量の北海道産の雲丹。。

牛ヘレ肉の端の部分を使った肉のたたき。そすは玉ねぎを叩いたものと醤油と大根おろし。とても柔らかい・・・・

大ぶりの生の北寄貝をさっと炭火で炙ったもの。焼き込んだ貝独特の香りと甘みに悩殺される。

座付のボタン海老の頭を塩焼きにしたもの。味噌部分がとても甘い。

口直しの冷たいコーンスープ。

熊本産のヘレ肉の塊をプレゼンテーションした後で包丁し、醤油にしばらく漬け込んでから炭火で何度か休ませながら丁寧に火入れ。

あしらえは生の落花生とイチジクを火入れしたもの。(生イチジクに塩と油をしてからアルミホイルに包んで20分くらいじっくりとオーブンで焼きこむと言っていた)

大きなフカヒレの煮物には渡り蟹のほぐし身が入る出汁の効いた餡がたっぷりとかけられる。

締めはイクラご飯と鰻丼を選ぶことができる。炭火でしっかりと焼きこまれた鰻は天然でした。隣の常連客は松茸ご飯・・・・目の前で差をつけられたのは残念。。

デザートは桃のスープにジェラートを浮かべたもの。。

カウンター席の両隣が常連で大きな声でしゃべりまくり。。客に連れられてきた柄悪大阪出身の舞妓もやな感じ。店主も一緒になってしゃべりまくる。
色々な意味で京都だなという空気を味わえるお店かなと思います。
好みが分かれそう。料理は総じてうまい・・・けど高い。。

京都府京都市東山区祇園町南側570-19
075-551-3923
18:00~
完全予約制


カテゴリー 和食, 京都市 |

祇園 きだ

表記の人気店を友人と訪問。場所は祇園の有名高級店が軒並みならぶ通りの一等地。京都の和食で一番好みのお店。

店内に入ると8席のカウンターと6人席の個室。この日の個室にはV6の岡田君ご一同様。ご主人の木田さんの挨拶から料理がスタート。

苦手食材も聞いていただけるのも嬉しい。スーツ姿のマネージャー含め男性5人のスタッフ体制で切り盛り。

最初の料理は夏らしい涼しげな一品。髪の毛ほどの細さに切った長芋を素麺のように束ねて酸味のある出汁をかけたもの。兵庫県三田市の新じゅん菜と茶豆が添えられる。

瀬戸内産の渡り蟹は内子がたっぷり。甘すっぱいキウイのソースがかかる。しっかりした食材を使用しながらもお客を喜ばせるための小さな変化球がとても楽しい。

3時間蒸した愛媛産の鮑と青森県太間の紫雲丹。雲丹は当然の事ながらミョウバン不使用で深い甘さが際立つ。下には寿司飯が少量。混ぜ込んで一気にかき混んでいただく。

15キロの長崎産のクエ、花オクラ、柚子の実、フルーツトマトの煮物椀。トマトの酸味が夏らしくてとてもいい。

お造りの一品目は丁寧に骨切りをした鱧を皮を取って身だけにしたものと五島列島の赤雲丹。。鱧は軽く塩をしているのでそのまま雲丹と混ぜ合わせていただく。このような鱧の食し方は初めて。

お造りの2品目はミンククジラの赤身肉。生姜醤油で供される鯨はクセもなく美味しくいただける。

オールバックの強面風のご主人だけど丁寧に料理の説明もしていただく。昨日〆た大阪湾の鯵と鰯。本日〆たての鯖は和歌山産。鯖の美味しさは秀逸。

お造りと合わせたのはコクがありながらあっさりといただける初亀の純米吟醸。

琵琶湖の稚鮎は天ぷら衣に一仕事加えているとのこと・・・

宮崎産の放牧牛のサーロイン。まずは塊肉のプレゼンテーション。。これを大きな包丁で手切りする。

カウンターの目の前で玉ねぎをすりおろした出汁でしゃぶしゃぶしていただく。

一緒に揚げて供される青ナス。。。大阪ではあまり見ない・・・

脂分も少なくて肉の味がしっかりとわかる塩梅。玉ねぎの出汁もとても美味しいし体に良さそう。

炊きたてのご飯登場。。

1杯目はふわふわのじゃこご飯。。。

2杯目は「時知らず」の塩焼きをおかずに。。

続けてスペシャリティーの活の鱧を揚げてソースとタルタルを挟んで作る「鱧カツサンド」これが不味い訳が無い・・・・残さず一気にいただいた。。

宮崎産のマンゴーと手作りココナッツソルベもワンランク上の美味しさ。

縁起の良さそうな爪楊枝入れ。。

帰りの電車の駅で岡田君と再会・・・テレビあまり見ないので芸能界疎いけどかなりの有名人なんですね。次回の9月の予約をして帰りました。。。

京都府京都市東山区祇園町南側570-19
075-551-3923
18:00~
完全予約制


カテゴリー 和食, 京都市 |

富小路 やま岸

伏見稲荷参拝のあと京都市内にある表記の店を1年ぶりに訪問。京都では指折りの人気店。築100年以上の京都らしい民家を改装した1軒家。

お店は細い路地を通って靴を脱いで入店するスタイル。カウンターに1列に並んだ9人の客が18時に一斉スタート。。

飾り気の少ないシンプルな茶室のような店内には落ち着いた幽けき音楽が流れる。カウンターの中には若いお弟子さんが6名。今年の6月には二条に、8月には香港に新規出店されるとのこと。

シャンペンと麦焼酎をいただいている間に筍の形の器の座付登場。いつもながら演出が素晴らしい。

蓋を開けると筍と鯛白子の飯蒸し登場。筍はひたすら柔らかくてねっとりとした食感の白子は甘くてコク深い。

2品目は骨切りをしてレアに火入れされた穴子を梅肉で和えたもの。うるいと半生のバチコが添えられる。穴子はふんわりと柔らかで脂もしっかりのっていてとてもよく考えられた料理である。

シンプルに潔く盛り込まれたお造りは明石産の真鯛。。脂が乗りまくってかなり美味しい
お醤油と煎り酒で供される。煎り酒でいただくと繊細な桜鯛の味わいがよくわかる。

京都のブランドの物集産の筍。糠湯がきなしで水茹でしたものを醤油をつけて炭火で焼き上げる。。外連のないどこでもありそうな仕事なんだけど筍が美味しくてかなり上質なものとなっている。

湯葉真薯と蛤、春野菜の沢煮椀。。蛤からのエキスがしっかりと昆布出汁と相まってとても膨よかな味わい。。

和歌山産のケンケン鰹。 裏の調理場で藁で皮目を炙ってすぐに供される。私は苦手なのでスキップする。

鰹の代わりに青森県の大間産の紫雲丹を出していただく。気遣いに感謝。。

八寸は大きな皿に合わせて盛り込まれる。まずはプレゼンテーション。長い竹串に刺された薇の黄身酢掛け、百合根の唐墨鋳込み、花丸胡瓜、鯛の卵、車海老、サーモン手鞠寿司、ふわふわに焼き込まれた鰻八幡巻き、蛍烏賊、独活など。

桜の葉の塩漬けに包まれたものは蓮根餅に蕗味噌をかけたものと細魚寿司。小鉢にはタイラギ貝の胡麻和えが入る。

別の大皿には剣先烏賊と山葵菜の和え物が盛り込まれる。まさに曲水の宴を模した盛り込みである。

プレゼンテーションのあとは銘々に盛り付けて供される。

走りの花山椒と路地物の天然木の芽のプレゼンテーション。春の香気がムンムンと押し寄せる。

カウンターで京都産の牛肉をだし汁でのしゃぶしゃぶにして花山椒と木の芽をてんこ盛りに乗せて供される。

北海道産の雲丹登場。この日は淡路産の雲丹の入荷がなかったとのこと。

大量の雲丹をパリパリの海苔で手巻きにした通称「雲丹ドッグ」。客一人ひとりに笑顔とともに手渡される。

蕗の薹の白和えで口休め。独特の苦味が味蕾を刺激する。

旬の桜鱒の塩焼き。新鮮なのでレアに火入れしていますとのこと。皮目はパリパリ身はふわふわ。

食事は一文字に盛られた煮えばなから。

2膳目は唐墨をおろしたものと一緒にいただく。

食事のあとは自家製のやわやわの桜餅と抹茶でフィニッシュ。会計は一人3.5諭吉。。

食事の前に散策をした錦市場は外国人だらけでびっくり。食べ歩きをしながらとても楽しそうでした。。

前回のやま岸さんはこちら

京都市中京区冨小路通六角下る骨屋之町560
050-5263-7655


カテゴリー 和食, 京都市 |
1 / 1512...最後 »