住吉

芦生

なんばこめじるしから住吉区にある粉浜商店街の近くに移転された標記の蕎麦店を1人で訪問。こちらの名物は「寒ざらしそば」というもので秋に採れた新蕎麦を、冷たい清流に浸し、それを天日と寒風に晒しながら乾燥させたもの。

店内は5席のカウンタ−にテーブル席が2つ、店の真ん中に大きなテーブルがあって相席で12人が座れるようになっている。店内はジャズがかかって雰囲気はいい。

最初にビールと西崎ファームという所で飼育した鴨の葱焼き780円を所望。無投薬の放し飼いという事だけど味には影響なし・・・

辛口の日本酒を所望して一緒にいただくといいマリアージュを感じる。 

待ちに待った大きな器に入った寒晒し蕎麦1370円は太目の麺線でかなり短め。10割なのでよく切れていて啜る感じではない。汁が甘めなので塩のみで頂く。

舌触りは良くてモチッとした食感。甘味もしっかりあって噛めば噛むほど味わい深くなる。風味も良くて透明感のある清らかな味わい。一口食べて噛み締めながら日本酒を頂くと蕎麦の旨味がより感じる気がする。世間にはあまりない蕎麦の味わいに舌が喜ぶ。

蕎麦湯は普通だけどそれも又良し。

大阪市住吉区東粉浜3-27-18
06-6615-9980


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, 蕎麦 |

川勝 7月

住吉大社の北隣に位置する地元でヘービーユースする表記の創業64年の鰻店を訪問。

店は住吉大社の北側に沿った西行きの一方通行の道路上にあるのでかなりわかりにくい。住吉大社前の駐車場に車を停めて3分くらい東に歩くのがいいと思われる。客席はカウンター席が5席と4人掛けのテーブル席が2つ。年配の夫婦2人でされてる。お店が小さいので昼前に行くのがお薦め。

肝吸いのついたうな重の上が1200円、特が1600円、特上が2000円となっている。高騰の折でもここ数年間全く値上げしていない。相場感で言えばビジネス街のほぼ半額の価格。この日は一番廉価なうなたね丼800円を所望する。

現在のご主人とそのお父さんの調理師免許証が飾られる。お父さんの合格証書は昭和26年だからちょうど66年前となる。現在の2代目も昔は若かったんだけど最近ご挨拶するとすっかりシニアになられていてビックリ。お店はカウンタ−5席と4人掛けテーブルが2つのみ。

小さくカットされた鰻を玉子でとじたものだけど思いのほか美味しい。鰻はふわふわで半熟玉子との相性は抜群。親子丼の鰻版だけど甘めの出汁の加減がとてもいい。別注文の肝吸い200円も一緒に頂き、英気を蓄えて店を出る。店のすぐ隣にも3台のみ停める事が出来るコインパーキングあり。空いていればラッキーで私はいつも運試しをする。この日は空いておりました・・・😊

過去の川勝はこちら
大阪市住吉区住吉2-4-14
営業:11:00~19:00
定休日:土曜日


カテゴリー 住吉, 住吉大社, |

お好み焼き 古々路

地元の友人と住吉大社近くのお好み焼き店を訪問。南海本線の住吉大社駅の西側出口を出て南へ向かって徒歩1分。豆ご飯で有名な廣田家さんの北隣りに位置する。

生ビールと一緒に大黒占地の塩焼き、こんにゃくの炒め物、ゲソの塩焼きを楽しむ。どれもが廉価なので財布にとても優しい。時分時は地元客でいつも満席。お薦めの塩焼きそばは平打ち麺でさっぱりした食感でスルスルと入る。

こちらのお店のシグニチャーメニューの 『古々路焼き(1,000円)』を所望する。テレビでも大阪最強のモダン焼として紹介された事がある。沖縄産豚ロースが170gと塩焼そば、卵が3個がたっぷり入る。生地をカットするとトロトロの半熟卵とサシの入ったジューシな部厚い豚肉がゴロゴロと姿を現せる。塩・胡椒で味つけられた食べ応え満点の豚テキ状態。食感も良くてとても柔らかでワンランク上の豚モダン焼きである。ソース、マヨネーズ、ケチャップとともに黒胡麻がトッピング。この黒胡麻がとてもいい仕事をする。

2人でシェアしてちょうどいいボリュームなので1000円の価格も高いとは思わない。途中で豚肉に青のりや七味をかけて味を変化させて頂くと楽しい。レモン酎ハイとの相性は抜群。

この日は頂いていないけどオリジナルのあ「ぶちモダン焼き300円」もお薦です。

過去の記事はこちら

大阪市住吉区長狭4-6-103
06-6672-8889
営業時間11:00~22:00
定休日 月曜日


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, お好み焼き |
2 / 29« 先頭...23...20...最後 »