天神橋筋六丁目

アラカルト

天満市場近くのやきやき料理のお店。友人の吉田君に連れて行ってもらう。この場所で17年続く女性2人でやっているお店。店内はジャズが流れカウンターだけの店なのにこざっぱりとしてかなりしゃれた感じ。料理がこだわった本格派。肉や魚介類もあるのだが色が濃くて甘い濃縮とまとや素材の味を活かしたじゃがいもときのこのソティなど野菜が充実してる。写真は鰻とニンニクの芽焼700円。そのほか鱧ちり1000円、地鶏のニンニク焼700円やりんごをまるごと器に使ったリンゴサラダ。(そのままやんか)ジャガイモと明太子のおやき。コンニャクのピリピリ焼き。手元で焼いたものを小さな鉄板にのせて持ってきてくれる。 大阪市北区池田町8-11-6 珍味カルビの2F arakaruto000.jpg


カテゴリー 扇町/天満, 天神橋筋六丁目, 鉄板焼 |

富味や

本年最後の日記 絶対にこの店は初登場・・ 天六駅を東に100Mの北側のラーメン店 パッと見はスタンダードなラーメンだがそこらのチェーン店とは 確実に商品の差が分かる スープは豚骨なのに上品な味。コクがありながら雑味がない とにかく仕事の丁寧さが光る。 チャーシュウもトロトロなのはもちろん豚の質にもこだわっているのが分かる 脂身の味も秀逸 店主は新地のラーメン店で5年間修業の後に満を持して開業 2度立ち寄ったが味のぶれもなく本当に美味しいと感じさせる 激戦区の天六界隈では間違いなくNO1であると言い切りたい・・ 11360027739575[1].jpg


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 麺料理 |

たかま

天神橋5丁目の蕎麦店の「たかま」最近雑誌によく掲載されている。限りなく細く打たれた、ある意味芸術的な蕎麦がのどの中でプチプチとした食感を出す。辛目の汁にほんの少しだけ浸しておろし山葵を直接蕎麦につけて食べれば蕎麦と汁と山葵とネギのコラボレートされたそれぞれの味が微妙に変わる様が最高。写真は前菜?の焼ミソ(400円)。これも絶品。甘めの合わせ味噌に刻みネギ、ゆずの香りを利かせ純米酒の熱燗とのマリアージュも具合良し。店はスタイリッシュ系。これも良し。 10759451001818[1].jpg


カテゴリー 天神橋筋六丁目, 麺料理 |
18 / 19« 先頭...1819