粉浜

マイコト

地元の住吉区粉浜にあるもうすぐ1周年を迎える新進の中華料理店。小体なお店だけど清潔感があってホテルライクな中華料理が食べることができるので最近は大繁盛。

ランチタイムは1000円の日替わりと酢豚ランチ1200円と点心ランチ1800円・・・

この日は奮発して1800円の飲茶ランチを所望する。

まずは最初に野菜サラダ。。どおってことは無いけどダイエット中なので結構嬉しい。最初にサラダを食べるように栄養士に指導いただいているので外食は結構気を使う。

お待ちかねの点心はフカヒレたっぷりのフカヒレ餃子。と粗挽きの肉の食感がとてもいい肉餃子。ニラだらけの餃子。どれも手作り感のある食べ応えたっぷりのもの。かなりのお値打ちを感じる。

メインディッシュはスペシャルメニューの酢豚と北京風のエビチリソースから選ぶことができる。黒酢を使用した酢豚は深みのある味わいで一度なんらかの形で火入れしているために脂も気にならずとても柔らかい。付け合わせのレンコンと長芋も秀逸。

同伴者は海老チリなんだけど中華醤油を使用したあっさりしたテイスト。いい意味で予想と異なっていたのがとても嬉しい。セロリや金針菜の付け合わせもとてもいい。大きな中華唐辛子は食べられない。

こだわりの玄米粥は干貝柱で作った食べるラー油とパクチーなどの薬味を入れていただく趣向。体に良さそうでとても嬉しい。

デザートはマンゴーとピンクグレープフルーツとタピオカを合わせたもの。。とてもいい口直し・・・お腹いっぱいごちそうさまでした。。

過去のマイコトはこちら

大阪市住吉区東粉浜3−16−1
6676ー3666
水曜休み

 

 


カテゴリー 粉浜, 中華料理 |

桜富士山 新店舗

私が日本で一番美味しいと確信しているカレーのお店。以前は細井川付近でされていて、訳あって粉浜のギャラリーで週末だけ営業するようになり、現在は下記住所で平日のみ営業。。(詳細はツイッターにて)

現在の店舗は住宅街にあるバーを昼間のみ借りての営業。。店主の玉井氏(明るく綺麗なご婦人です)が作る南インドのカレーはとてもスパイシーなんだけどとても懐かしい味わいでいつも気がつくと完食しているような状態。

この日のミールス主に南インドで供される、米を主食とした、 複数のカレーや副菜を伴った定食のこと。北インドではターリー)はジャスミンライスにツバスのカレー、ラッサムスープカレー、サンバルスープカレーはミョウガが入る。アチャールは茄子、キャベツの酢漬け、パパドの組み合わせ。それぞれを一口づついただいた後は全てをぐちゃぐちゃに混ぜ込んでいただく。

甘くて辛くて酸っぱくて、たくさんのスパイスの香りと食味が何層にも重なり合って摩訶不思議な相乗作用で普段味わえないような脳幹を刺激しながらしなやかでほっこりする深い味わいを醸し出す。それぞれの材料や調理法は決して特別なものではないんだけど全てを混ぜ込むことで宇宙の心理が垣間見える曼荼羅のような味となる。

食後は甘いチャイで口直し。。これで税込1300円とはかなり安いと思う。。油をほとんど使っていないので胸焼けは全くしない。。お茶漬けを食べた後のような食後感です。。。

なかなかわかりにくい場所にあるんだけど探して訪問する価値は必ずあり。。

ツイッターにて「桜富士山」で検索してください。

住之江区粉浜1−26−14
11:00〜15:00(売り切れ終了)


カテゴリー 粉浜, カレーライス |

マイコト5月

住吉区の東粉浜駅前にある表記の中華料理店を訪問。

カジュアルな店舗はカウンター3席とテーブル席20。ホテルライクな本格広東料理が食せる希少なお店。ランチタイムはデイリーのものと飲茶、シグニチャーメニューの酢豚ランチ1200円がある。今回は白米を追加料金で玄米粥に変更していただく。

先にスチームで火入れして余分な脂分を抜いてから衣をつけて揚げた酢豚は表面はカリッとした仕上がりなんだけど中はびっくりするくらい柔らかい。餡も黒酢を使用しているんだけど酸味がとても柔らかで野菜の香味も感じられてとても美味しい。付け合わせの蓮根、長芋、ジャガイモもとてもいい。。デザートの杏仁豆腐もふわふわでこれだけ追加注文したくなるような逸品。ごちそうさまでした。

大阪市住吉区東粉浜3−16−1
6676ー3666
水曜休み

過去のマイコトはこちら


カテゴリー 粉浜, 中華料理 |
1 / 1012...最後 »