粉浜

桜富士山 (移転)

昨年6月に彗星のように住吉大社近くの辺鄙な路地を入った民家に開業した南インドカレー専門店が急遽移転との事。場所は南海本線粉浜駅から徒歩2分なんだけど前回同様に探さないと分からない場所である事は間違いない。

今後の大きな事業展開を見据えた仮店舗での営業で、週末のみ住之江区粉浜1-12-1にあるギャラリースペースでカレー等を供されるとの事で早速訪問。

手作り暖簾に掛け軸が目印。民家を改装したギャラリーで外観からの店舗確認の判別はかなり難しい。

扉をあけると真っ白な店内。。シンプル過ぎて何もない、かっこいい空間に手作りの大きなテーブルが一つ。客は全員相席で食べる趣向。2階には子供連れも大丈夫な座敷も完備。

この日はオリジナルのカオマンガイのみの提供。マレーシア、インドネシア、シンガポールなど東南アジア全域で食べられているメニュー。チキンライスとか海南鶏飯(ハイナンチーファン)とも呼ばれる。これを「桜富士山」テイストに解釈して再構築。

店主のタマちゃんは本場(タイ)の作り方を人に習ってきちんと習得されたと聞き及ぶ。真ん中には五穀米を入れたバスマティライス。その横には店主の作るシグニチャーメニューの辛口のブラックペッパルチキンカレーと甘口のバターチキンカレー、生姜と葱の入った醤油とスイートチリが添えられ、湯がいた鶏肉を好みでつけて頂く趣向。

ご飯の上にはドライオレンジが添えられて砕いて混ぜて頂くと味わいも変化する。鶏肉の火入れも完璧でジャンクな感じは全くなく、フォトジェニックな上質なワンプレートに感動する。

それぞれを少しずつ頂いたあとはパクチーをちぎってカレーの残りや薬味等を皿の上でごちゃ混ぜにし、鶏肉を湯がいたスープもザブンと投入して頂くとダンジョンに入ったごとく味わいの変化に幻惑させられる。
めくるめく味の異なりが味蕾を刺激しながら、それぞれがうまく調和し、飲み込むのが惜しいと思いながらも喉にストンと落ちていく。

私が知りうるカオマンガイの中では比較対象出来るものがないくらいの突き抜けた美味しさがある。この商品だけでお店を出してもビジネスになると思うような逸品。。価格は1200円で詳しくはツイッターでチェックください。

食事の後は最近はまりまくっているwa-cofeeで林檎のタルトでティーブレイク。わざわざ温めて頂いたタルトと塩キャラメルの相性は完璧。。。昨日は人参のケーキ。。これもかなり良かった・・・

大阪市住之江区粉浜1-12-1
11:00〜19:00
週末(土・日)のみの営業
食材がなくなり次第終了

過去の桜富士山はこちら
詳しくはツイッター「sakurafujiyama」にて


カテゴリー 粉浜, カレーライス |

マイコト

店名の由来は「毎日のこと」11月上旬にオープン。
玄米おむすびと自然食料理教室の店。ファザードとともにデザイン製の高い内装に女性スタッフが5名。
シグニチャーメニューのマイコトセット680円は玄米おむすび2種とみそ汁と香の物と甘酒プリンのアソート。
パッと見はかなりシンプル。

2016-11-07-12-55-13

この日は玄米かやくご飯と玄米プレーンの組み合わせらしい。おかずはついていないのでお惣菜3種300円、6種500円を別途購入するとのこと。店内で食べるお惣菜は使い捨て容器に入って出てくる。かなりエコな感じ。

おにぎりには岩戸の塩というものが付くがどうってことはない。塩っからい沢庵も最近いただかない昭和な味。マグロの血合い肉の炊いたものもつく。みそ汁は味の素を使用していないので自然な感じのまとまりのない味。

甘酒プリンは美味しさの基準値をどこに固定すれば良いのかわからないがそこそこ甘くて舌触りはイマイチだけど身体にはよさそう。

2016-11-07-12-55-03

おかず6種の中は普通のおばんざい。動物性タンパク質は普通の唐揚げ。卵豆腐はスが入っていて手作り感満点。どれも自然な味な。この普通感がこれからの社会では必要なのかも知れない。・・・この食事を1ヶ月続けたら体重も減って身体が浄化出来るかも知れないと思った。。

健康的な食事と美味しさとの両立はアメリカで確立されつつある。時代を先取りするこちらのお店もとても勉強になりました。

大阪市住吉区東粉浜3-16-1
ユニハイム帝塚山1階
Tel: 06-6676-3666


カテゴリー 粉浜, 和食 |

どんでん 2月

先月末に訪問した住吉区粉浜にあるカツ丼と親子丼とうどんのお店。国道沿いにあるのでアイキャッチもわかりやすい。前回にカツ丼390円をいただいてそのコスパにビックリ。今回は親子丼を食べるために訪問する。
カウンタ−10席くらいのお店は認知不足のせいか客も少なめ。

前回もそうであったが高齢者の客が多い。隣にかつやがあるんだけど決定的なコスパと味の良さで商品としてはぶっちぎりの優位性があることを確認。今回はなか卯のデフォルトの親子丼490円と比較。

隣の客が注文するカツ丼をご主人が注文ごとにカツを揚げて包丁でカットして丼用の行平鍋に出汁を入れてカツを入れて玉子を溶いて入れて三つ葉を添えて出来上がり。他店では最低でも800円くらいしそうな上質のカツ丼を390円で販売・・・

その後に作られた親子丼は大振りの鶏肉にたっぷりのしめじを入れて溶き卵を投入して出来上がり。オペレーションは簡単だけど鶏肉と玉子の火入れ具合がポイントで玉子はレアで鶏肉はミディアムと言う完璧な仕事にビックリ。

また出汁の加減や玉子とご飯のバランスなどはチェーン店とは比較にならない素晴しいできばえ。低価格なんだけど決してツンとせず出来るだけのお客さんの要望に応えながら美味しいものを作る。
飲食店の原点を見たような気がした。。

2016-02-05 11.33.12

・カツ丼390円(大盛り490円)
・親子丼390円(大盛り490円)
・きつねうどん、わかめうどん、昆布うどん各250円
・丼、うどんセット600円
・みそ汁60円

住之江区粉浜3−4

どんでん丼もの(その他) / 粉浜駅住吉駅東粉浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 粉浜, どんぶり, 麺料理 |
1 / 612...最後 »