粉浜

桜富士山

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年末31日は私が大阪で最も美味しいと思う南インド料理を提供する表記の店にて年越しそばをいただく。糖質制限中なんだけどこの日は思い切って所望する。

とてもスパイシーな汁麺だけど見た目よりはあっさり。後から頭皮の汗腺がじんわりと開いてくる。蕎麦を先に食べてからご飯を残った汁にダイブ。2度美味しい年越し蕎麦でした。

正月に美味しくいただいたマサラ焼き豚。。ホロホロになるまでしっかりと煮込まれていて自家製のラー油をつけていただくとお酒が進みまくる。何をいただいてもワンランク上の仕事をされる店主のたまちゃんに敬服する。

過去の桜富士山はこちら


カテゴリー 粉浜, カレーライス |

桜富士山 7月

私が今一番日本で美味しい自分の口に合うと思っているカレーのお店。以前は細井川駅の近くででされていたんだけど現在は住之江区の粉浜という場所にあるお店を間借り営業されています。お店が空いている時間も短炒め稀少性が高く、店主のこだわりがとても強いために「幻のカレー店」と数寄者の中では言われています。

この日のランチメニューは桜富士山ミールス1300円のみ

この日のミールス(南インド地方の定食)はカレーはポークビンダル。。ビンダルは現地の酸味が強い酢を使用し、真っ赤で丸い形の旨味のある辛さを持つカシミールチリで調味したもの。酸味と辛味のバランスがとても良くて初めていただく夏向けのサラサラのカレー。サンバルはソラマメとシシトウ、アチャールは水ナスとトマト、そしてパパドの組み合わせから成る。どれも一口ずつ味わって味を確認してからおもむろに皿にぶちまける。

ぐちゃぐちゃに混ぜこんだミールス(本場ではこうやって食べるのが一般的とのこと)は様々なスパイスの香りと多種な辛味、酸味が混ざってカオス的な味わいはこの店のミールスならでは。辛いだけではなくてまろやかな酸味に包まれたパンチはあるけど穏やかで優しいほっとする味わいは唯一無二のものなので表現しようがない。。必ず混ぜ込んでいただくことをお勧めしたい。

食後のチャイもこだわり抜いたもの。。
場所は地下鉄四ツ橋線の玉出駅を南東に5分くらい歩いた所です。

7月28日、29日は東京の高円寺の東の名峰であるインド富士子さんを招いてのスペシャル営業。メニューは桜富士山とインド富士子さんの合い掛けインド富士山ミールスのみ。マスターピースのインド富士サワーも提供いただけます。

大阪市住之江区粉浜1−26−14
*Migeru(ミゲル)という店の間借り営業。
現在は土日のみの営業です。
11:00〜14:30(売り切れ終了あり)


カテゴリー 粉浜, カレーライス |

マイコト

地元の住吉区粉浜にあるもうすぐ1周年を迎える新進の中華料理店。小体なお店だけど清潔感があってホテルライクな中華料理が食べることができるので最近は大繁盛。

ランチタイムは1000円の日替わりと酢豚ランチ1200円と点心ランチ1800円・・・

この日は奮発して1800円の飲茶ランチを所望する。

まずは最初に野菜サラダ。。どおってことは無いけどダイエット中なので結構嬉しい。最初にサラダを食べるように栄養士に指導いただいているので外食は結構気を使う。

お待ちかねの点心はフカヒレたっぷりのフカヒレ餃子。と粗挽きの肉の食感がとてもいい肉餃子。ニラだらけの餃子。どれも手作り感のある食べ応えたっぷりのもの。かなりのお値打ちを感じる。

メインディッシュはスペシャルメニューの酢豚と北京風のエビチリソースから選ぶことができる。黒酢を使用した酢豚は深みのある味わいで一度なんらかの形で火入れしているために脂も気にならずとても柔らかい。付け合わせのレンコンと長芋も秀逸。

同伴者は海老チリなんだけど中華醤油を使用したあっさりしたテイスト。いい意味で予想と異なっていたのがとても嬉しい。セロリや金針菜の付け合わせもとてもいい。大きな中華唐辛子は食べられない。

こだわりの玄米粥は干貝柱で作った食べるラー油とパクチーなどの薬味を入れていただく趣向。体に良さそうでとても嬉しい。

デザートはマンゴーとピンクグレープフルーツとタピオカを合わせたもの。。とてもいい口直し・・・お腹いっぱいごちそうさまでした。。

過去のマイコトはこちら

大阪市住吉区東粉浜3−16−1
6676ー3666
水曜休み

 

 


カテゴリー 粉浜, 中華料理 |
1 / 1112...最後 »