住之江公園

お料理 むらやま

住之江区の表記の店を訪問。南海本線住之江駅・大阪メトロ住之江公園駅から徒歩15分。私どもの会社で30年勤めた調理師が独立し、満を期して開業したお店。カウンター7席とテーブル席が2つの小さなお店。奥さんと娘の3人で切り盛り。地元に密着した小料理屋的業態。メニューは大衆的にしており、価格もかなり安く設定しているが毎朝木津市場で仕入れる食材の良さと丁寧な仕事が光る内容。

鯨はりはり450円、スジこんにゃく、大きな鬼シジミ酒蒸し550円、淡路産エビスもち豚を使った豚の角煮800円などをいただく。

続いて珍しい白グチの塩焼き700円、カレー味の手羽先煮込み、ヒイカの照り煮500円、鯖棒寿司1200円でフィニッシュ。オープンしたところなのでこれからどんどんメニューや内容含めて進化すると予想。小さい店なので予約必須。

ごちそうさまでした。。

住之江区御崎8-1-6
090-2384-9931


カテゴリー 住之江, 住之江公園, 居酒屋 |

アイラ aila

住之江にある表記のカジュアルフレンチの店をランチタイムに訪問。大阪メトロ住之江公園駅3番出口から東に徒歩7分の場所にある。店の裏に専用駐車場あり。住之江区のフレンチは数件しかない中の希少なお店。シェフの地元が住之江とのこと。大阪市内のホテルや本町のカランドリエなどで修行されたと言っておられた。

店内はカフェのような白基調の内装。ランチは1400円と2900円のコースのみ。この日は肉料理をメインにした1400円のコースを所望する。

夜は3900円のコースかアラカルト料理となっていてリーズナブルな価格帯となっている。アルコールもワインだけでなくウイスキーや焼酎などもあっていろいろな使い方ができる。

夜のアラカルトメニューは
・前菜盛り合わせ
・イベリコ豚と季節野菜のサラダ
・生ハムサラダ
・トリュフオムレツ
・魚介のグラタン
・フィレカツサンド
・鶏もも肉のロースト
・皮つきポテト
・ハンバーグサンド
・フランス風ピザ

この日の前菜はマグロのカルパッチョなんだけど苦手なので生ハムを出していただいた。。酸味の効いたドレッシングがとてもいい。

肉料理は追加料金でハンバーグやステーキも選ぶことができるけどデフォルトの霧島のブランド豚をソテーしたものを所望する。フレンチなんだけど醤油やみりんを使ったソースはとても馴染みがよくて豚肉も予想以上に美味しいことにびっくり。。パンやデザート、コーヒーまでついてとてもお得なランチとなりました。。

お店のHPはこちら

大阪市住之江区御崎6-1-23
06-6686-3304


カテゴリー 住之江公園, フレンチ |

すみのえ食堂

大阪市内からR26を南へ下り大和川の手前の「北島」交差点を右折(西)した所にある「焼肉丼・旨辛うどんすみのえ食堂」を訪問。車で店の前をよく通るんだけどいつも満席なのでブックマークしていたお店。南海本線「住ノ江駅」から歩くと12分くらいなので車で訪問するのがオススメ。店の横に駐車場もあり。店内はかなり広くて以前は魚輝水産という居酒屋の居抜き。鳥貴族などのフランチャイズを主にされているチェーン店が運営。

お店の看板商品は「三日後にまた食べたくなる」と書かれている「焼肉カルビ丼(600円)」と「甘辛うどん(750円)」甘辛うどんは「カルビ」か「ホルモン」から選べるとのこと。カルビ丼はサイズを選べるほかにトッピングでマヨネーズや生卵、温玉、キムチなどを追加できる。カルビ丼以外にねぎ塩カルビ丼やハラミ丼などもある。

カウンターに案内いただき早速カルビ丼のデフォルトを注文する。

焼肉カルビ丼が着丼。見た目はかなり良くない。しかしながらこれがめちゃめちゃ美味しいのにびっくり。

炭火で焼いた香ばしさと相まって肉も柔らかく、ニンニクの効いた濃いめのタレも美味しい。肉のタレとご飯のたれを使い分けているとのこと。卓上の紅生姜をいただくと味変を楽しむことができる。肉とご飯の相性も良くてまさに三日後にまた食べたくなる味わい。

次回は甘辛うどんをいただく予定。

通勤途中にあるお寺の入り口に飾られる書に目が止まる。。飲食業界まだまだ大変だけど慌てずに頑張ろう。。

大阪市住之江区北島1-2-46

 


カテゴリー 住之江, 住之江公園, どんぶり |
1 / 3212...20...最後 »