谷町六丁目

たこ竹

寿司ロボットの展示会をマイドーム大阪で見てその帰りに松屋町の表記の店に行く。たまに食べたくなるこの店のちらしと箱寿司なんだけどこの日は職人さんが出前中とのこと。せっかくなのでお茶をいただきながら待つ。

以前に比べて店内はすっきりと整理されていたのに驚く。テーブルが3つと機能しないカウンター席。昔は新聞が山積みで出前用の容器がそこらへんに散らかりまくっていた。

この店創業は天保2年かららしく吉野寿司と同様、生粋の関西寿司のお店なんだけど昼間は握りの定食もあった。現在は6代目のご主人が昔と変わらない製法と厳選された素材で伝統の大阪寿司の味と技を守っておられる。

箱寿司1400円を所望する。しばらくして出来上がる。。

 

見た目も麗しい箱寿司で一つの寿司の中に鱧のすり身を使って焼いた厚焼き卵、丁寧に焼かれた穴子(無茶旨でした)、昆布で締められた鯛、こだわりの瀬戸内の赤足エビ。。ご飯に中には甘い椎茸が挟まれていて食味も芸術的である。

別注の赤出しもとても美味しい。。寿司を作っているご主人は多分先代のご子息ではなく雇われている方であろう。

しかしながら一生懸命に寿司を作って時には出前もし、仕入れも行かれると聞く。顔は具志堅用高そっくり。。スーパーマリオにも似ている

1831年から綿々と続くこの店は大阪の宝である。。ホワイトナイトが現れてなんとかこの店の火を消さずに存続し続けてほしいと心から願う。

持ち帰りがおすすめ。。。

大阪市中央区松屋町住吉3-8
電話:06-6762-1848
営業時間:11時~19時30分(木曜日はお休み、第2木金は連休)

たこ竹寿司 / 松屋町駅谷町六丁目駅長堀橋駅


カテゴリー 谷町六丁目, 寿司 |

深化

焼き鳥を食した後はお待ちかねの潜水艦バーに潜入。 友人が前日に斥候に行ってくれていたので普通に行けば捜しまくる店もさっさと入店。 この店はインターネットで検索するも、数名の方がブログに書いてらっしゃるだけで住所TELなどは不明。謎の店として知られる。。

聞きしに勝る難易度最高レベルに分かりにくい店。知ってる人に案内されないと多分たどり着けないであろう。

入口の扉こんな感じ。。

店の中は真っ暗。。まさに潜水艦の内部のよう。。潜水艦に乗ったことのある私がさらに言えば潜水艦よりも潜水艦のような感じ。

経年と海水の塩分によって錆び付いてしまったような感じの機器、計器、ダクト、配線、バルブなどが縦横に配置。。。。店内はBGMはなくブーンという微かなマシンノイズがいい感じである。

ちなみに我が国の潜水艦「あきしお」の内部はこんな感じ。。。(鉄のクジラ館HPより引用)

細かく作られた壁に這い回る配管、チューブ、圧力バルブ、回るフィン、点滅する警告灯。。。

小上がりがあってそこで女性グループの方々と一緒させていただいた。。

トイレも実に変わっている。ドアの開け方を教えてもらって入るとトイレの中に入るとまたまた異空あり。。

お勧めのジントニックを頼むと、マスターはTOMOIのアイスピックで四角い氷の角を実直に削る。だから出てくるまでに時間がかかる。実に面白い空間である。次から次へとお客が来る・・・どうしてなんだろう。。

潜水艦bar 深化
住所 大阪市内某所
tel 不明

*どうしてもわかんない場合はぺろぺろ店主までメールください。。

深化 (バー・お酒(その他) / 谷町六丁目駅谷町四丁目駅


カテゴリー 谷町六丁目, その他, その他料理 |

鶏屋 國型製作所

友人と夜に大阪城をランニングして銭湯で汗を流し谷六の焼き鳥店に向かう。 地下鉄の駅から徒歩で5分くらい、上本町筋にでる手前の路地を南に折れた一等地裏通り、古民家を改装した店構えはいい雰囲気出している。

界隈では大繁盛店でこの日もカウンターは女性客、2階はグループ客で満席。

大和地鶏を食べさせてくれるお店ということらしく弊社の奈良のレストランでも扱っているのでとても楽しみ。店の内装もプロのデザイナーが入っていることが一目でわかる今風の店。

メニューはとても豊富で野菜の料理にも力を入れていて女性客が多いことにも納得。。 ビールで乾杯してまずはお造りをいただく。。肝ともも肉のたたき、手羽もと、胸肉とささみ肉を塩の入った胡麻油、白醤油、生姜醤油、山葵醤油などで食す。。。

盛り付けもかなり上手。。。

バーニャカウダ―も所望。黒大根、紅芯大根、金時ニンジンなど。。。ニンニクのソースが強烈。。

焼き鳥をお任せで所望する。。大体一本190円から250円くらいか。 ハート・ささみ明太子・ねぎま・せせり(これかなり良かった)・レバーなど。。。

美味しいんだけどあんまりブロイラーと変わんないかなというのが正直な感想。

お酒はスペイン産の3000円のものと日本酒の奥播磨を所望する。

両方ともにスマッシュヒット。。この店焼酎とワインの種類もかなり豊富です。

ソリレスの塩焼きを所望する。モモや胸の肉骨の横にひっついているところ。。。英語でなんとかって言ってたのを思い出せない。。。

歯ごたえもよく美味しくいただいたがその代わり値段もかなり高い。。

そのあともチーズの入ったつくね・砂肝・手羽・皮などもいただく。。

とても美味しかったんだけど値段が焼き鳥の域を超えている。。。 高級な鶏料理と考えればいいのかもしれない。。

そのあとお楽しみの「潜水艦バー」に潜入する。

大阪市中央区 上本町西1-3-29  TEL 06-6762-5991

鶏屋 國型製作所焼き鳥 / 谷町六丁目駅松屋町駅谷町四丁目駅


カテゴリー 谷町六丁目, やきとり |
1 / 412...最後 »