谷町四丁目

まんねんカレー

谷町4丁目を西に進んだカレー屋が集積する一帯にある標記の店を訪問。メインはトンコツカレーでスープをルーで割っているとの事。

こちらのお店、カレーだけではなくカレーつけ麺の2枚看板。カウンターのみの小さな店だけど明るい雰囲気。テーブル席とあわせて20席くらい。

メニューは以下のとおり
■ CURRY
:まんねんとんこつカレー(とろ肉入り) ¥850
:ほうれんそうカレー ¥850
:プレーンカレー ¥700
:大盛(ルー付き) ¥150
■ つけ麵
:カレーつけ麵 ¥850
:中盛(300g) +¥50
:大盛(400g) +¥100
:ライス ¥100・大¥150
■ トッピング
:とろ肉 ¥200
:ほうれん草 ¥200
:チーズ ¥150
:玉子 ¥50

この日はデフォルトのまんねんとんこつカレーを所望する。

とんこつスープがベースなカレーだけど思ったよりもしつこさは無く見た目よりマイルドであっさりしている。スパイス感やコクはあまりない。甘味も塩加減も控えめ。

そしてトッピングの別に煮込まれた大きなとろ肉はスプーンですくうとホロホロと溶け出す。味付けはしっかりめ。多分豚バラ軟骨部分であろうか。

飴色の揚げた玉ねぎも良いアクセント。。ルーにかかる黒いソースは多分マー油。

付け合わせのピンクの玉ねぎスライスのピクルスは口直しにちょうどいい。カロリーはかなり高いと思う。若い人にはいいと思う・・・

大阪市中央区徳井町2-4-3
06-6948-5651
11:30~15:00 17:30~23:00
定休:日曜・祝日


カテゴリー 谷町四丁目, カレーライス |

友人と表記の串揚げ店訪問。界隈では安旨創作串揚げの「五條屋」や「萬時」「はんじゅく」などのある激戦区。キッチンを囲んでカウンタ−8席、テーブル席2つ。店主含めて4人で運営。ビールで乾杯をしてお任せコースでお願いする。

串の扉は鱧の梅肉のせ。続いてヤングコーンの豚肉巻。ピザパン、牛ヘレ、子持ち昆布、とても柔らかい手羽先と続く・・・衣は細かくあっさりした仕上がり。

活車海老はお約束の美味しさ。鶏とセロリのあわせたものや新ジャガ、ブロッコリーとベーコン、マッシュルームとクリームチーズ、新銀杏、島らっきょと続く。

このあと創作串がしばらく続くが写真撮るのを失念する。普通の串揚げよりもひと手間かかっていて楽しく美味しく頂きました。

大阪市中央区内平野町2-1-2
06-6944-2339


カテゴリー 谷町四丁目, 天満橋, 串料理 |

森のらくだ

谷町四丁目のバビルの塔でカレーを食べた帰りに表記の店を訪問。界隈で有名な紅茶専門店。。紅茶だけではなくランチタイムは手作りのカレーやケーキも大評判。

客はすべて女性。あとから入店する客もすべて女性。木調の優しい雰囲気のカウンタ−席とソファー席、テーブル席が2つ。

店名はスイス人画家のパウル・クレーの作品、“リズミカルな森のラクダ”からとっているそうで店内にその絵が掛けられている。基本の紅茶は、「アッサムミルクティー」、「ダージリングストレートティー」(各カップ 550円/ポット 750円) 。

こだわりの茶葉は仙台の有名卸店ガネッシュで買い付け。この日はアッサムミルクティーとロールケーキを所望する。

雑味の無いミルクティーはさすがは紅茶専門店と思えるレベルの高いもの。あらかじめ牛乳と水で茶葉を煮込んだもので身体に染み込む感がある。

一個分丸ごと入ったいちじくロールケーキ(¥500)の生地はふわふわでシュワシュワ。生クリームと熟した生のいちじくの断面の美しさが印象的。思いのほかあっさりしてとても美味しい。水に色がついているのは紅茶を薄めているため。女性客ばかりですがあまり気にならずとても美味しい午後の紅茶を頂きました。

大阪市中央区徳井町2-1-7
06-6946-7080
営業時間:12:00~18:00
定休日:日曜日


カテゴリー 谷町四丁目, カフェ |
1 / 412...最後 »