鶴ヶ丘

蕎麦切り 大城

日曜日は朝から長居公園でランニング。大阪マラソンを一週間後に控え軽く調整と思っていたら女性の選手風の方たちから声を掛けられ3時間走を一緒にと誘われた。。。大阪マラソンがあるのでとやんわりと断ろうとしたら「私らも出場するんよ」と言われ、断る理由がなくなったので並走する。。。4周(約11キロ)したら膝が痛くなったのでリタイヤ。。

今の世の中はやっぱ女性の時代なのねとひとりごちして近所のシャワーブースで着替えて蕎麦ランチ。ランニングよりもここに来るのが目的になっているくらい最近のお気に入り。

なんといっても我が母校名門阪南高校の後輩の大城寿美子(旧姓馬場)さんのお店。。店の雰囲気、接遇、献立内容がすばらしい。庭の見える照度をあえておとしたカウンターでいただくビールは何ものにも代えがたい。。

店主のセンスと趣味の良さが店中にあふれ黒木瞳さんに声も容姿もそっくりのマダムの接遇は実に行き届きお客さまの満足度を飛躍的にあげているのがよくわかる。お店の方が来ている制服のTシャツもとてもシンプルでモダン。首のスカーフがオサレさを増幅。ちなみにこの日のマダムのスカーフはバーバリーであった。

ビールとともにきずしを所望する。このような肴が普通にあることが素晴らしい。隣の私と同じ年齢の客も同じような注文の仕方をされていた。もちろんサバも上質で締め方も的確。。。 ああ幸せ・・・・

そのあとは蕎麦としらす丼のセットを所望。 お気に入りのしらす丼はふわふわでウズラ卵と相性抜群。。もちろんエグミも臭みも皆無。ここで麦焼酎をいただく。。

蕎麦は見た目も麗しい。。北海道の新蕎麦とのこと。。玄蕎麦なので香りもいい。。 シッカリとコシの入った蕎麦はまさに男蕎麦である。 そばつゆは鰹出汁がよく効いた関西風。ネギの切り方一つ見ても年季の入り方と包丁の手連がわかる。

隣の客が日本酒を注文したのがあまりにもうまそうだったので同じものを所望する。 麗しいマダムに注いでもらう山口の銘酒「獺祭」(大吟醸)は香りも高く異次元にいざなってくれる夢のお酒のようである。

あても隣の客の真似をして焼き味噌を所望。。

まるで一人宴会状態になってしまう。。庭の木々を見ながら一人で過ごす日曜の昼。。ああ贅沢。。

蕎麦粉を溶いた蕎麦湯を最後にいただきフィニッシュとする。自転車だったので長居公園で休んで帰る。。。。。

大阪市阿倍野区西田辺町2-6-13  06-6691-0046 

                      


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 西田辺, 蕎麦 |

蕎麦切り 大城

日曜日は朝から長居公園でランニング。近くにシャワーブースを見つけそこを拠点に終日過ごす。ちょうど次女(中三)が競技場で試合があったのでしばし見学。大阪市大会で100m4位。。本来は200mが得意なので上出来な成績に試合後2人で喜ぶ。

ランチはそのシャワーブースの横にある蕎麦切り「大城」。。。高校の後輩が女将さんをしていてブログやマスコミ等で今や絶賛の行列のできる蕎麦屋となっている。。西田辺マダム御用達の大人の蕎麦店となっている。

住宅街の隠れ屋のような場所に和モダンなしつらえ。どちらかといえば料亭のよう。食器や装飾、ファニチャーも女将さんのセンスが行き届いている。特にユニフォームがいい。Tシャツと首にまいたスカーフがスチュワーデス(死語)のようで見とれてしまう。。まさにここは手打ちそばを中心にしたハイクオリティーな食事が鶴ヶ丘で食せるという希少な店。

女将さん(マダムと言った方がいいか)がシュッとしているので食事もお酒も何もかもが美味しくいただける。。

このような専門店はやはり店主のセンス次第だなと再認識する。 走り疲れてまずはビール。。。一緒に鱧の焼き霜造りを所望。蕎麦屋のアテでしかも昼間にこのようなものがいただけることがまず抜けている。。

鱧の質も骨切りも素晴らしい。。和食の腕もかなりいいものを持っていおられると推察される。スダチを搾って塩で食す。

本醸造の八海山をいただきながら。釜揚げシラスの丼と蕎麦のセット950円をいただく。シラスは限りなく軽くふんわりして魚の嫌な臭いが全くない。かなり良質なものであることは一口いただけばわかる。

鶉の卵と海苔との相性も抜群。。。休日の昼間に綺麗な庭を見ながらのおひとり様ランチは都会にいることを忘れさせてくれる。。庭から聞こえる鶏の声に幸せを感じる。

そして蕎麦は切りが太めで、風味よく噛むとしっかり甘みを感じる。今回は塩で最後までいただいた。固さも歯ごたえも心地よく日本酒とドンピシャ。。荒挽き感があって蕎麦を食ってるという満足度を上げてくれる。。

蕎麦以外にも多種多様な魚を中心とした料理の献立が並ぶ。。蕎麦店でここまでやりつくしている店は記憶がない。。。それぞれがすべて高水準であることとコスパも優れていることが驚きである。。昼のセットメニューはある意味ボランティアのような価格付け。。

こりゃ繁盛するわ。。。と今回も超満足でお店を出る。。。

阿倍野区西田辺町2-6-13 

06-6691-0046

昼 11:00~14:30

夜 17:00~終了


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 西田辺, 蕎麦 |

蕎麦切り 大城

たまたま知人の葬式で一緒した高校時代の後輩が「同級生の女の子が鶴ヶ丘で蕎麦やってます。。かなりええ感じです。一度行ってみてください」というので早速出向く。。JR鶴ヶ丘駅の西側を幹線道路に出る一筋手前を南に入る。。 普通は通らない生活道路の端っこにたたずむ品のいいお店。。

昔の邸宅を改装した感のある綺麗なシュッとしたスタイリッシュな建物。 店内に入るとそば打ち場があり間接照明で照らされた和モダンな内装。。大きな8人くらいすわれるテーブルが3つと前栽が切り取った絵のように見えるカウンターも ゆったりと 10人ぐらいは座れる感じ。。

椅子をはじめとする調度品も実に品がいい。何もかもがとても綺麗で御主人の卓越したセンスを感じる。ランチのセットで玄挽きそばのざる蕎麦とシラス丼の組み合わせたもの900円を所望する。

最初に蕎麦茶と上質なおしぼりがでてくるんだけど。「お茶は冷たいのと温かいのとどちらにしましょう。」とのこと、私は温かい茶をお願いする。なんとも行きとどいた蕎麦屋かと感心するまたこの店は蕎麦だけでなくお酒もかなりの品ぞろえがある。またお酒の肴というかそんなレヴェルではない完成された料理も多くそろっていることに驚く。メニューに並ぶさまざまな献立を見ただけで次はいつ来ようかと考えてしまう。。

出てきた蕎麦は焼杉の板に載せられなんともなまめかしい絵となっている。。 原田芳郎のような男の色気のある蕎麦である。。また値段の割にボリュームもありお客様目線で御商売をされておられることに敬服。

蕎麦は結構固め。玄蕎麦なので少しごつごつした野趣あふれる感じ。山葵を乗せていただけば薬味に負けない香りを感じる。塩を掛けていただきたかったがそれはまた今度。。漬け汁が少し甘い感じがしたがこれは好みであろう。。蕎麦湯も秀逸であった。この男性的な蕎麦つゆはもっと醤油辛くてもいいかなと思ったが客層や地域層を商売として考えるとこのような形に落ち着いたのであろうと推察される。。

シラス丼は予想をはるかに超えた秀逸なものであった。。春先に獲れたシラスを釜ゆでされたものを冷凍保存したものであろう。かなり質が高くこのレヴェルのものをセットメニューで出される潔さも素晴らしい。甘くて香りもすがすがしく透明感のある味わいはあとで醤油をかけるんじゃなかったと後悔させた。。ウズラ卵との相性も素晴らしい。。。

連れは山かけ蕎麦の単品を注文。ビジュアルも素晴らしく超美味しいとのことだった。。。

 

100年以上前の庭はとてもきれいに手入れされている。。かなり歴史があるであろうと見受けられる老松も実に味がある。庭の端には軍神「乃木希典大将」の石像が鎮座。。


店内の作業は全てスカーフ巻いた女性2名で行っている。制服さえもとってもセンスがいい。お店の調度品や食器も気がきいていてとてもいいゆったりとした時間が過ごせる。。夜にカウンターでつまみをいただきながらお酒を飲み〆は蕎麦って感じであろうか。。母校阪南高校の後輩のマダムも美しく実に魅力的な方。最初見たときに黒木瞳さんが働いているのかと思った。多分彼女の趣味とセンスがこの店全部にいきわたっていると思われる。私が最初に「実はこの店、後輩の○○くんに教えてもらって・・・」と話すと「○○さんですか?」と私の名前を言われたのに驚いた。。指名手配中であろうか。。

蕎麦も美味しいしいこごちもいい。コスパも素晴らしい。大箱のお店なのでたくさんの方でも入れます。。みんなで行くべ!

大阪府大阪市阿倍野区西田辺町2-6-13 / 06-6691-0046


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 西田辺, 蕎麦 |
22 / 23« 先頭...20...2223