東天下茶屋

THE MARKET 

阪堺電車(通称チンチン電車)の東天下茶屋駅(大阪市阿倍野区)の駅横の以前は売店と喫茶店だった建物で6月19日、21日にマーケットイベント「THE MARKET」が開催。

「芦原橋アップマーケット」「丹波ハピネスマーケット」などを手掛けるサルトコラボレイティヴという会社が実験的に開催とのこと。ヘアーカットのついでに少し立ち寄る。

今回の出店は、「GLOBE MOUNTAIN COFFEE」(京都・自家焙煎コーヒー店)、「パティスリーサキモト」(生野区・洋菓子専門店)、「番茶屋茶坊」(堺市・日本茶専門店)、「池田屋ハナレ」(池田市・洋風居酒屋)、「DJANGO」(阿倍野区・オーガニックカフェ)とのこと。

最初に「池田屋ハナレ」さんの自家製ベーコンとソーセージのアソート900円を所望する。ソーセージは歯を入れるとビックリするくらいの肉汁が迸る。見た目よりもあっさりしているのでスルスルと喉に入る。

続いて松虫駅徒歩3分の男のオーガニックカフェ「「DJANGO」さんのベーグルサンド700円。自家農園で栽培する人参やタマネギなどの野菜に岡山産の鶏のローストを挟んだもの。ベーグルは前日に一つずつ手で練り込んで作っているので重たくてモッチリした食感が特徴。全粒粉の風味もとてもいい。

堺市の東湊駅近くのお茶屋さんの「番茶屋茶坊」のアイスティー300円は玄米茶・ほうじ茶・鹿屋煎茶・普通の煎茶の5種類から選ぶ事が出来る。すっきりとした抹茶入りの玄米茶は暑気払いにぴったり。

帰りにパティスリーサキモトでお薦めの塩クッキーとピスタチオクッキーを買って帰ったけど電車に忘れてしまいました。。


カテゴリー 東天下茶屋, カフェ |

堕天使かっき〜

地元の友人に紹介いただき表記の店を訪問。

2016-06-16 12.17.58

スパイスカレーの店なんだけど本職はミュージシャンで夜は阿倍野にあるお店、昼はこちらの王子町のスナックを間借りしての営業を続けられている。

2016-06-16 12.17.33

上町線の東天下茶屋駅徒歩5分。すし豊さんの東50mにある。近くまで来たらカレーの香りがするのですぐに判る。店の名前と同様に店構えもパンチがある。普通の人は多分入れない・・・と思いきや店を覗くと満席でした。お店は5席だけでカウンタ−の向こうでかっき〜と呼ばれるご主人がカレーを作る。

メニューは看板メニューの「鯛出汁と鶏キーマ2層カレー」と月替わりカレーの2種。この日の月替わりは「豚肉のキーマとクリームチーズ」。これに鯛の肝や鶏のせせり、ハートなどをトッピング出来るようになっている。

2016-06-16 12.08.34

この日は鯛出汁と鶏キーマ2層カレーをデフォルトでいただく。客層は地元の年配の方が中心。高齢者がスパイスカレーを食べている姿がどういうわけか嬉しい。出て来たカレーは真ん中にチキンスープと昆布の味がするかやくご飯に鶏そぼろがかけられてその周りに透明のしゃばしゃばしたカレールーがかかるという摩訶不思議なビジュアルにビックリ。

一口いただくと鯛の旨みがしっかりとスープに出ている。野菜の旨みも感じられるが甘ったるさは全くなくスパイスがじんわりと後から効いてくる。魚臭さは全く感じない。ドライタイプの鶏のキーマもあっさりしているなかに山椒のような辛さとカルダモンやコリアンダー、クロブの香りに包まれる。混ぜていただくと香りと味が渾然一体となり味に深みが出て食べ止まらなくなる。途中で酢橘を絞っていただくと味わいが変わって楽しい。ご飯やルーに入っている魚介の出汁と醤油がそれぞれの素材をクロスオーバーさせる触媒となっていると推察される。鯛出汁と鶏肉なので重たくもなく後味も軽いのでシニアの方でも美味しくいただけるのであろう。小麦粉も使用していないので膨満感が全くない。

今までのスパイスカレーのイメージが一変してしまうまさに目からうろこのカレーである。胡瓜にワサビとアボガドが添えられてメロンのような味がするピクルスやセンスのいい日本の作家の皿を使用しているこだわりも判る人にはたまらないと思う。時代の流れのスピードを感じさせるこちらのお店はいろいろな意味で業界のニュージェネレーションと確信する。(堕天使とは天界を追放され悪魔になった天使・・・・クールすぎるな。。)

2016-06-16 12.19.16

*店に行く途中で見かけた昆布屋の看板のコピー。夜中も営業すればいいのにな・・・

大阪市阿倍野区王子町2-17-32
06-6387-7771
11:30~15:00
定休:日・月

*今日から8日間LAで外食と流通の視察に行ってきます。しばらく日記お休みしますね。。帰ってきたらアメリカレポートいたします。


カテゴリー 東天下茶屋, カレーライス |

てんぐ

地元の後輩と王子神社横にある表記の店を訪問する。自転車を停めてる間に名物の大女将が出てきて自転車を停めるのを手伝ってくれる。「予約してます?」と聞かれ「してない」と答えると「大丈夫〜、どうぞ入って頂戴、すぐ片付けるからね〜」と対応。いきなり超親切な対応に心を掴まれる。

店に入ると床下から衣裳ボックスを取り出してきて煙の匂いがつくから上着をいれてくれとの事。上着を脱ぐのも手伝ってくれてエプロンもつけてくれる親切さに脱帽。

お店はカウンターと座敷で10人ちょっとくらいが座れる。昔ながらの天井の高い、昭和の焼肉屋って感じで。店内は煙モクモク状態。手書きのお品書きも年季が入る。完全なる家族経営なのでそれぞれの役割分担を観察するととても面白い。

ご主人も若女将さんも愛想が良くて普通の人の2倍のスピードで動く。目配り気配りも凄くてコンシェルジュ焼肉店みたいな感じ。いつもお客を誉めまくるのが面白い。。

2015-04-05 18.18.33

塩タンは形が不揃いなのが面白い。いつもどうしてなのか不思議・・・値段は店構えにしたら高めかな。目の前に炭の入った七輪を置いて丁寧に焼くと美味しさが増す気がするのは不思議。

2015-04-05 18.26.26

名物のハラミと上ミノとアカセン。普通に美味しい。生姜の効いた秘伝のタレが名物。。店のご主人の丁寧なトークも面白い。アットホームな雰囲気が何とも言えないな。

2015-04-05 18.21.17

最後に厚切りロースを頂いて卵スープ1人前をシェアして〆。帰りも大女将さんが服に匂いがついていないか気遣ってくれながらお見送り。

大阪市阿倍野区阿倍野元町13-5
06-6622-3485
営業時間17:00〜翌0:30
定休日水曜

炭火焼肉 てんぐ焼肉 / 東天下茶屋駅北畠駅松虫駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 北畠, 東天下茶屋, 焼肉 |
1 / 712...最後 »