天王寺/阿倍野

すし割鮮 天山

五島列島で29kgのクエがあがったという事で四天王寺参道にある標記の店で知人15人でクエフルコースを食す。

最初はタタキから。1週間熟成させているので味も深みがあって香ばしさも相まってとてもいい。この料理には篠峯の無濾過純米酒を合わせる。

続いてのヒレ部分の焼きものはゼラチンだらけで魚とは思えない味わい。これには猩猩の小角純米大吟醸を一緒にいただく。お酒の美味しさの方が勝ち過ぎなのが残念。

アラ身唐揚げには〆張鶴「純」の純米吟醸と仙台の勝山「献」の純米吟醸を飲み比べをしながら楽しむ。

クライマックスの鍋は何とも言えない深い味わいで身よりもアラ部分が好物。ゼラチン部分と一緒に骨を吸いまくる。鍋には獺祭純米大吟醸50と極聖高島雄町の純米大吟醸を飲み比べしながら楽しむ。

この他にも石川県のAKIRAや新潟の鶴齢など日本酒を浴びるように頂きました・・・

*今日は休肝日にします・・・

大阪市天王寺区大道1 丁目13-18
06-6777-4839
営業時間11:30~14:00 17:00 ~22:00
定休日 木曜日


カテゴリー 四天王寺前夕陽ヶ丘, 天王寺/阿倍野, 和食 |

森田屋 12月

天王寺公園の前の谷町筋の道路を渡った所にある標記の居酒屋を訪問。こちらは昼から通し営業しているので早い時間から毎日超満席の有名店。遅掛けに行くと海鮮ものが売り切れている事が多い。

5年くらい前までは萩之茶屋で立ち呑み業態だったんだけどこちらの天王寺では鶴橋市場で仕入れる海鮮食材を中心にライブ感が溢れる多彩な献立で老若男女問わず多くのファンを作っている。

1FのL字カウンタ−は昼間からラストまでずーっと満席が続く。2Fは雰囲気の異なる小綺麗なテーブル席、3Fは座敷で今回は友人3人と2Fに案内いただく。

女性グループの多さにビックリ。まずは日本酒とじゃがいもバターを所望。こういった普通のものが最近恋しくなる。

とびあら海老の唐揚げは鮮度の良さが見ただけで判る。頭部分の味噌がかなり美味しい。

真っ黒に焼かれた自家製餃子は見た目と異なりかなり美味しい。餡がたっぷりでとてもジューシー。

名物のテッチャンのタレ焼きは安定の美味しさ。ハイボールが進みまくる・・・

鯨の立田揚げも思いの他美味しいのにビックリ。

バラ肉のタレ焼きも肉が上質なのでスルスルと喉に入って行く。思ったよりもあっさりした加減。

〆は醤油味の焼うどん。。普通に美味しいのがとっても嬉しい。支払も軽くて会計時にニッコリして店を出る。いつ来てもいいお店です・・・

大阪市天王寺区堀越町12-11
定休日:月曜日-祝日は翌日
営業時間:[火~金]   12:00~23:00
[土・日・祝] 12:00~23:00

過去の森田屋はこちら

 


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |

種よし

JR天王寺駅北口徒歩1分に「天王寺駅前阪和商店街」という昭和な風情の残るディープな場所にある標記の立ち飲み店を訪問。

16時の開店から弊店時までずっと満席の続く超繁盛店。こちらは全国(世界中の)の名産品・珍味が食べられる事でも有名な店でオリジナルメニューを含めて200種類以上のメニューが店内に七夕の短冊のように並べられている。

この日も当然の事ながら一杯なんだけど名物女将さんが店内のお客さんをぎゅうぎゅう詰めにしてくれて入店。3人で入店したんだけど2人はカウンタ−に垂直になって並んだ状態でもう1人は壁沿いに水平になって飲む。これがダークダックス飲みを超える、この店名物の「コの字飲み」らしい。

価格もリーズナブルで以前は1900円以上の注文は禁止という張り紙が貼られていた。

ビールで乾杯をしてまずは名物の地獄豆腐を注文。豆腐1丁の上に一味唐辛子とニンニク味噌と青唐辛子のトッピング。辛さに応じて1丁目から5丁目まで、この日は3丁目を所望する。味は見ての通り・・・

富山湾で獲れるげんげの唐揚げは北陸の料亭で昔頂いた事のある高級料理。カレー味の塩で頂く。

ワニの舌の張り紙を見つけたので所望する。ぷにゅぷにゅで脂の多い何ものにも例えようのない味わい。メニューや店も面白いけど女将さんのキャラ立ちが最高で狭い店内でお客の世話をしまくる。

アベノハルカスが出来たときに考えたと言う「ハルカス380円」はカレー味のポテサラが入った春巻き。高さは38㎝でかなり食べにくい・・・

会計は店の外でする仕組み・・・帰りに女将さんが火打石で切り火をしてくれる・・・心もカラダも元気になる凄い店です。

大阪市天王寺区堀越町15-13
06-6779-2370
営業時間:16:00~24:00
定休日:日曜日


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |
1 / 3312...20...最後 »