天王寺/阿倍野

セルフクックたこ焼きsmile アキ&フレンズ

JR天王寺駅の北口の信号を渡って、最近新しい店がどんどんできて賑わっている阪和商店街を横目で見ながら路地をどんどん北上すると怪しげな外国人立ちんぼの姿を見かけることができる。その薄暗い路地の近くに最近できたセルフたこ焼きのお店を友人と訪問。

店の外観はとても怪しげで中に入るのは相当の勇気が必要。お店は店主のアキちゃんとその友人で営まれる。アキちゃんの接遇がとてもいいので一見さんでも全く問題はない。

お酒もたくさん置いてあるのでハイボールやビール、焼酎など何にでも合わせることができる。看板商品のたこ焼きはワンプレート20個が1500円。それぞれソフトドリンク付き(追加料金でお酒に変える事も可)

卓上たこ焼き機を使ってワイワイ言いながらたこ焼きを焼く。生地の加減や自家製ソースの美味しさは秀逸。自分で作ったたこ焼きをハフハフ言いながら美味しいお酒と一緒に楽しむという多分大阪では初めての専門店。外国人の方と来ても喜んでいただけると思う。

食後はフルーツを凍らせたかき氷で締め。なかなかいいお店です。。予約したほうがいいと思われます。。

フェイスブックページはこちら

天王寺区悲田院町3-18
06-6779-4668


カテゴリー 天王寺/阿倍野, その他料理 |

かどや 7月

あべのキューズモールの横にあるカウンター11席の表記の一人焼き肉店を訪問。いつものように上焼き肉盛り1500円を所望。肉の質の割にリーズナブルな価格なので昼夜問わずいつも満席。あべの再開発前にあべの銀座という商店街でされていた40年前頃からずっと通っている。当時若かった店主も今はかなりの年齢。

注文を受けてあらかじめカットされた肉を皿に盛り付けるのはご主人の仕事で奥さんはドリンクと会計の担当。

毎度変らない盛り合わせの内容は比較的厚くカットされた肉5種(「タン」「バラ」「ロース」「ハラミ」「上ミノ」が2切れずつ)とキャベツ。タレは少しニンニクの入った辛口の醤油系。このたれが美味しくてハマっている。

糖質制限中なのでご飯は食べないけど熱々のご飯との相性はぴったり。テレビを見ながらの一人焼肉は最高のリラクゼーション。お酒も進みまくっていい晩ご飯になりました。

過去のかどやはこちら

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 ヴィアあべのウォーク1F
06-6641-6611
11:30〜13:00 17:30〜21:00

 


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 焼肉 |

寿司センター

最近新しいお店がたくさん出来、人通りも多くなった天王寺の阪和商店街(通称うら天王寺)にある表記の店を友人と再訪。

スタンドフジの系列で魚介を中心とした商品を超低価格で提供。したがって辺鄙な場所なのにいつも満席

珍しい地魚や高級魚も低価格となっているのでお値打ち感はかなり高い。。

お酒と一緒にトリ貝酢味噌480円、赤貝480円、つぶ貝380円の貝3種類を所望する。オープンキッチンではシニアの板前さんが2人で料理を作る。

名物の魚屋の湯豆腐580円は大きな鯛のカマ部分と豆腐が丸々1丁入ったもの。鱧の焼き霜造り480円は普通。

寿司も色々あってうなぎ400円、のどぐろ炙り560円を注文。

帰りは近くにあるラブワインでボトル2本開けて帰宅

過去のすしセンターはこちら

大阪市天王寺区堀越町13-6


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 寿司 |
1 / 4212...20...最後 »