天王寺/阿倍野

魚一  アポロ店

空港リムジンバスに乗る前にアポロビル地下2階にある表記の寿司割烹店で昼食をとる。今は寂れ感漂うアポロビルが出来た頃からあると思う。1972年開業だからおおよそ40年はこの地で営業されているのであろう。最近はハルカス効果に伴い、テレビ取材もよくあるようで平日昼間も客が殺到する。店前には大きな水槽があり生きたすっぽんや大きなオコゼ、伊勢エビやウツボなどたくさんの魚が泳ぐ。ある意味大衆的で面白い。

お店は天然の魚にこだわりお昼の定食は魚の種類で価格が変わる。夜は予算を言ってメニューを考えてもらうのがいつもの注文の仕方。寿司や鰻もあるし夏はハモ料理、冬は河豚漁類が安く頂ける。この日は「お任せお造り定食」1480円を所望する。この日も店内は満席状態で人気のほどが伺える。

2015-04-18 11.58.55

お造りを除いたものが最初に登場。強烈なインパクトを持つカンパチの頭が丸ごと出てきたのにはワロタ。平目の卵の炊いたんと荒汁とご飯。。これだけで胸が一杯になる・・・かなり豪快だけどこの頭は食べにくいな・・・あと若い女性には難しいと思うが。

2015-04-18 11.59.24

しばらくして刺身が登場。蛸、鯛、甘エビ、カンパチ、ホタテ、サーモン、天然ハマチ、マンボウの肝。このマンボウの肝がこちらのお店の名物で濃厚でかなり美味しい。お酒が欲しくなる逸品。

調理の仕方が荒いのが玉にきずだが個人的には気にならない。神経質な人には厳しいかもしれない。接客もアットホームで気さく。おっちゃんの行く居酒屋そのままて感じか。

天王寺ミオにもお店があるのでそちらの方は少しこざっぱりしてるかな。

大阪市阿倍野区阿倍野 あべのアポロビル地下1階
06-6649-4652
営業時間:11時~22時
定休日:月曜日

<p><a href=”http://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27002845/?tb_id=tabelog_b45fdaae0602a65bc61091f5231d173e4c6af0de”>魚市</a> (<a href=”http://tabelog.com/rstLst/RC010103/”>割烹・小料理</a> / <a href=”http://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/R6536/rstLst/”>天王寺駅前駅</a>、<a href=”http://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/R6531/rstLst/”>天王寺駅</a>、<a href=”http://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/R1707/rstLst/”>大阪阿部野橋駅</a>)
<br />昼総合点<span style=”color: #32CD32;”>★★</span><span style=”color: #A9A9A9;”>☆☆☆</span> 2.5
</p>


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 和食 |

かどや

前から見たかった映画「マエストロ」のレイトショーを見に行く前にあべのキューズモールの一階にある表記の店で一人焼肉。

この店も阿倍野再開発が始まる前、あべの銀座という商店街のまん中程にあった記憶がある。昔は「角屋」という名前だった。

今は大繁盛しまくりの「グリルまるよし」も当時はあべの銀座にあった。その頃今の店主の師匠がオーナーシェフで店員を怒鳴り散らしまくっていた記憶がある。そのころのメニューはすべてフランス語でかなりハイカラな店だった。大阪や京都には大正時代から商家の旦那が茶屋遊びをする前に腹ごしらえをする「旦那洋食」というジャンルがある。まさに当時はそんな店だった。創業が1946年なのでほぼ70年の歴史となる。

30年くらい前にこの店の「ビーフシチュー」を食べて世の中にこんなに美味しいものないと思った記憶がある。レンガで固めたカマドで石炭を燃やして加熱する煙モクモクの石炭ストーブを使って作るロールキャベツやエスカルゴ、コロッケなど大衆的なんだけどちょっとええ洋食の虜になった記憶がある。当時は牛海綿状脳症(BSE)もなかったので牛の脳漿をフライにしたものをワインでよくいただいた。

極狭の調理場にコック4人が入って必死で料理を作っていた光景が目に浮かぶ。当時の従業員さんは今は誰もいない・・・あべの銀座の坂の手前にあった「しぶんきゅうふ」という名前のジャズ喫茶も懐かしい。今はハルカスの前に移転されている割烹の和源もこの商店街にあったな。そういや日活ロマンポルノもあったな・・

2015-02-14 19.27.48

ここはカウンター11席だけの焼肉店なんだけど一人に一個コンロがついているのでゆっくりと食べることが出来る。いつものように上焼き肉定食1450円を注文する。。肉大盛りだと1900円。

内容は肉4種・キャベツ・ご飯・味噌汁・キムチ。その他夜の定食は「焼肉」「ハラミ」「ホルモン」すべて1000円。静かに食べる女性の一人客もいる。年配のご夫婦2人で切り盛り。昔からよく知っているけど会話はほとんどしない。他の客ともしゃべっているのは見たこともない。

肉の種類は「タン」「バラ」「ロース」「ハラミ」「上ミノ」が2切れずつ。結構分厚く手切りされている。自分で焼いて葱の入った甘辛濃いめのタレにつけて御飯と一緒にワシワシと食す。肉も柔らかくて価格の割りにはかなりいい。タンが上質なのが嬉しい。センマイを別に頼んでいただく。
瓶ビールを手酌で飲みながら壁のテレビを見てゆっくりとした時間を過ごす。

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 ヴィアあべのウォーク1F
06-6641-6611
11:30〜13:00 17:30〜21:00

かどや焼肉 / 阿倍野駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 焼肉 |

カレー屋五味

友人と阿倍野ベルタにある表記のカレー店を訪問する。
寂れきった阿倍野のべルタのB2の一番南の端にあるお店。

店内はオールカウンター席で全部で16席。お一人様でも大丈夫。お昼は満席となるので時間をはずすのがいい。
ランチメニューは3種類でいずれもラッシー付となっている。
・バターチキンカレー
(Mサイズ:850円、Lサイズ:1050円)
・大人の海老カレー
(Mサイズ:850円、Lサイズ:1050円)
・五味スペアリブカレー
(Mサイズ:980円、Lサイズ:1180円、メガサイズ:1380円)

お店のオススメはスペアリブカレーで骨からほろりと外れるまで3日間煮込んでいると前に聞いたことがある。周りの客を見るとバターチキンカレーを食べている女性客が多い。
海老好きの私は「大人の海老カレー」を所望する。

2015-01-17 12.50.32

玄米御飯と別に盛られたエスニック調の海老カレーはクセもなくココナッツミルクのせいか思ったほど辛くはない。しかし食べている途中からスパイス感がじんわりと出てきて頭の汗腺が開いてくるのがわかる。

海鮮出汁と言うかエビの殻からとった濃厚な風味と海老味噌の味や貝のエキスも感じるブイヤベースのような調和のとれた深い味わい。プリプリのブラックタイガーが3匹はいる。野菜の旨味もしっかりと感じられて個人的には大好きなお味。

付け合わせの酢漬け野菜のアチャールも香りが良くてサッパリして口直しにとてもいい。最後は自家製のラッシーで〆。ヨーグルトと蜂蜜のマリアージュはダイエット効果満点と昨日テレビでやっていたな・・・そこに大根おろしを足すと史上最強らしい。。ホントかな。

大阪市阿倍野区阿倍野筋3丁目10番地1号
あべのベルタ地下2階
06-6633-0203
営業時間ランチ 11:30~15:00
バール 17:30~21:00(L.O.20:30)
定休日日曜日

カレー屋五味インドカレー / 阿倍野駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 天王寺/阿倍野, カレーライス |
20 / 36« 先頭...2021...最後 »