天王寺/阿倍野

明治屋

自宅用の年賀状にこのブログを紹介したらいきなりPBが増えてびっくり。。娘の友人も見ていただいているということであんまり変なことかかんといてやとよく言われる。。

*カテゴリーの分別は最近始めたのであしからず。。

大阪の名居酒屋といわれる「明治屋」さん。
Q’sモールの中のVia あべの Walkに移転して夕方はいつもグループ客で超満員。いつも人がうじゃうじゃいるので静かには飲めない。

最初は樽酒の燗をいただいて名物の湯豆腐を所望する。。豆腐は普通だけど価格と出汁の良さと柚子の香りでいつも堪能する。出汁もすべていただく。。熱燗にとても合う。。。

そのあとは於茂多加(おもたか) 純米吟醸をいただく。口当たりはあっさり吟醸の香りは少ないがその方が料理には合う。

名物の玉子の皮に包まれたシュウマイも玉ねぎと合わさったミンチ肉が香ばしく辛子醤油でいただくとかなり上質感が感じられる。

イカ団子もこの店の名物。。もちろん手作り。。昔からいてる白衣のおじさんも奥で大忙し。。。

にごり酒は川亀のにごりで明治屋さんにだけ作っていると書いてあった。

ほのかな炭酸が咥内をすっきりさせる。

この店は一人でカウンターで気楽に飲める。おばちゃんが話し相手してくれる熟女居酒屋。

長居はしないで旨いあてでちょっと飲んで帰りたいときにはとてもいい。
お酒のお勧めは樽酒の燗。。。この店はこれに尽きる。。安くてうまい。。。

阿倍野区阿倍野筋1-6-1ヴィアあべのウォーク1F
13:00~22:00
日休


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |

かんむりや (新春初出し)

このブログも10年以上書き続けていて実は大好きなんだけどいろいろと事情があって掲載しなかった(出来なかった)店がたくさんある。流行りすぎて迷惑をかけたり店主の想いと異なる客層の客が来たりとか。。

そのほとんどの店が小規模で常連がお店を守っているような温かい、ビジネスとは縁遠い店で私もそんな店を止まり木としてよく利用させてもらう。

今回は特別に掲載の許可をいただいたので嘘偽りなくしっかりと書かせていただく。。

知る人ぞ知るその店の名は西成の山王の風呂屋の前にある 「かんむりや」

店の表はぱっと見たらタコ焼き、イカ焼。。。暖房効果高めるビニールシートの扉を開けるとカウンター数席と奥に小さなちゃぶ台。


店の中は、初めて入ったならジャイアント馬場の脳天から竹割りを受けたような衝撃を体感できる。いい意味で言えば昭和にタイムスリップ。悪く言えば・・・やめておこう。。

この店の中で店主のモミヤマさんが料理を作る。
年中無休のほとんど休日なしで毎日14時から23時まで働きまくる。。といってもあまり客は来ない。

ドリンクメニューはこんな感じ。ビールジョッキーにたっぷり入った焼酎の水割りは飲みごたえあり。生ビールは330円チューハイ300円、チューハイは種類が多くトマトやパインとかもある。マッコリ250円とかどういうわけか缶ビールやマッコリもある。。種類はかなり豊富。。

でもなかなか出てこないのが難儀。

食事のメニューはこんな感じ。。半端な値付けではない。。

ニラ玉180円はこんな感じ。。。ニラを切るのにまな板を使わないところがポイント。この店での私の大好物。

餃子120円は冷凍なんだけど結構焼き方にこだわられる。。ポン酢で食すと結構いける。

店の中はこんな感じ。。雑然としているんだけどよく見るとなかなか味がある。。お酒がまわるとそれも一つの風景に見える。。

店主モミさんは客の話にうんうんうなづきながら入ってくる。。そのたびに手が止まるので料理の提供は時間がかかる。基本割り箸は拾ってくると言っていた。。

バックヤードには傘がいっぱい並んでいた。。多分これも拾っているのであろう。。トイレは清潔しっかりと掃除されている。。

張り紙の「そめすけ焼きめし」150円を所望。。。冷ご飯をおもむろに真っ黒のフライパンに投入。卵をポンと入れて適当にかき混ぜて塩を入れてまたまた白ネギをまな板を使わずにカットして入れて出来上がり。多分このネーミングは林家そめすけ師匠と関係があるとは思うんだけど。

これが結構うまい。。。。モミさん適当に作っているようだけど料理の腕もいい。。。安いだけやあらへん。。。

テディーライスの正体はシャバシャバのカレーライス。。もちろんモミさんの手作り。。コクがあってあと口もいい。。ご飯がない時は米を研ぐところから始まるので最低30分は必要。。

客層はいろいろ。。芸人さんもくるし。。小さい店を大きな体と大きな声で仕切るおばはん。。。

ヒマな時はヒマなんだけど忙しい時はひっきりなしに客が来る。。。

ここ最近思い出したように何度も通っているが、連れていく友人は皆この店のワールドに仰天してしまう。。モミさんの人柄にはまるのであろう。。。常連客みんな中毒状態。。

そのほかの料理は「かけうどん100円」 「カレーライス300円」「天津飯300円」 「焼きそば300円」 「オムライス380円」「おでん1個50円」「イカ焼き150円」「ネギ玉焼き150円」など。

オイルサーデン150円は魚焼きで焼いてネギとレモンをトッピング。。熱々状態で山盛りのワイン200円と相性ドンピシャ。。

他のお客さんとの会話とモミさん(店主)のうなづき&つっこみで時間があっという間に過ぎてしまう。。なぜか旨い料理と酒も最高。。。

2日後にえべっさんお帰りにまたまた立ち寄ったが客不在。。モミさんと四方山話で約3時間。。
会計は1000円使えない。。

以前一緒に行ったシステム会社女性社長もとても気にいり週に数回この店でカウンターに入ってアルバイトしたいと言っていた。。モミさんと時給20円でどうかと交渉してました(笑)

いつかお世話になっている福岡の若手敏腕飲食コンサルの先生をご招待したいと思っている。こんな店をチェーン展開出来たらいいなと思う今日この頃。

大阪市西成区山王1-4-16
 06-6646-3558
 14:00~23:30
 無休


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 動物園前, 居酒屋 |

ちゃばたこ

阿倍野Q’sモールの明治屋の前のタコ焼き屋。。

ワイン280円の看板につられて入る。値段相応のかなり酸っぱい白ワインとアボガドタコ焼きを所望。この店はトマトお好みで有名な京ちゃばなが出したたこ焼き屋と聞き及ぶ。

入ってみたお店自体の印象は悪くない。雰囲気はバル風で、店員さんもいい感じ。

タコ焼きを主力にしたバルと考えればいいのであろう。近くの正宗屋などは少し年齢層が高いのでこういった店が若い人に受け入れられるのも理解が出来る。 サイドメニューもいろいろとあってドリンクも全般安め設定なので、軽く飲むにもよいのであろう。

アボガドがのったタコ焼きはお店のひとがアボガドまよソースを一気に掛けてくれる。ジャーという音とともにいい香りがする。これだけで実に美味しそう。。

次回は看板メニューのトマトタコ焼きに挑戦しようと心に誓う。。

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1ViaあべのWalk1F


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |
32 / 39« 先頭...20...3233...最後 »