大阪ドーム前

アアベルカレー

最近大阪スパイスカレーの雑誌を購入したので昼間にあちこちのカレーをよく食べに行く。それぞれのお店の個性やフリーなスタイルがいつも勉強になる。

この日は九条駅前の表記の超人気店を訪問。平日の昼間だけの営業でいつも行列ができている。雑居ビルの3階にあるんだけど開店20分前に向かうとすでに長蛇の列。頑張って並んで開店から30分後の2回転目でやっと入店。(それでも退店時にはさらに15名が並んでいた)

店内は、カウンター5席と4人テーブル×1、3人テーブル×1、2人テーブル×1といった感じ。店主と女性スタッフの二人でテキパキ調理と接客。待っている間に調べた人気メニューのあいがけ1000円と煮玉子のトッピング100円を所望する。

あいがけは看板メニューのアアベルチキンカレーと週替わりの鮭ハラスとツルムラサキの豆乳マサラ。副菜に甘みのあるキドニービーンズの入ったミックスダル(豆)、紫玉ねぎと大根、サラダちんげん菜、紫キャベツ、トマトのカチュンバル(スパイシーサラダ)、酸味のあるパプリカのライタ(野菜の入ったヨーグルトサラダ)、シャキシャキのレンコンのアチャール(ピクルス)、パパド(豆で作った煎餅)がつく。

アアベルチキンカレーはチキンが柔らかくてとてもスパイシーで濃厚。小麦粉などは入っておらずルーはシャバシャバ。

辛さ強めの鮭は脂部分が濃厚で鮭の旨味がしっかりと感じることができる。それぞれを味わってから全てを混ぜ合わせていただく。食感の異なりや味、風味が複雑に混ざり合ってなんとも言えない奥深い表情となる。

弾けるような食感のスパイス玉子も砕いたパパドと一緒に混ぜ合わせていただく。かなりレベルの高いカレーで食べた後の満足感がかなり高い。。ご馳走様でした・・・

西区九条1−25ー9
12:00〜14:00
土日月休み


カテゴリー カレーライス, 大阪ドーム前, 西九条 |

ロッダグループ

大阪市内の弊社支店を視察の途中で西区千代崎にある表記のカレー店で一人ランチ。現在食べログカレー部門大阪1位。

大阪ドーム前駅の道を北に500mの商店街の中の一方通行の渋い立地。すぐ横にコインパーキングあり。前はスナックの居抜きで最近改装してたみたいだけど内装は以前とあまり変わらず。カウンタ−10席とテーブル席1つでスリランカ人の店主ともう一人の男性で調理をされる。店名のグループというのはスリランカ人の兄弟でやっているから。兄は阿波座でスリランカ料理居酒屋のような業態を営む。

こちらの店では鶏や羊や砂ずりのカレーとスリランカの総菜数種類を一緒に全部掻き回して食べる「ギャラミサ」が看板商品で有名なんだけど入店そうそう「キョウハ ツキニイッカイノ ビリアニノ ヒデスヨ」と店主に言われたので迷わず「お願いします」と答える。

ビリヤニ、ビリヤーニー(Biryani,birianiもしくはberiani)とはパキスタン料理の一種でスパイスと米(通常バスマティ米)、肉、魚、卵や野菜などから作る米料理である。同じ米料理であるプラオとビリヤニとの違いは、プラオは生の米から炊き込むのに対して、 ビリヤニは米とカレー(肉か野菜のカレー)を別々に作る点にある。特にビリヤニの製法において米とカレーを層状に重ねることは、カレーと米が融合した香り高い一品を生み出すために非常に重要である。Wikipediaより引用

しばらくして出て来たものはビリヤニに、骨つきマトンがゴロゴロと入ったカレー、きゅうりヨーグルト(ライタ)、揚げゆで卵、

これを全て混ぜ込んで食す。マトンカレーが特に美味しくて息もつかずに食べ干してしまう。結構辛いんだけどヒリヒリするからさじゃなくて旨味の上に乗った汗がじんわりと出て来る辛さ。香辛料のパンチだけじゃなくてカレーとしてのレベルはかなり高い・・・

食後は甘いアイスチャイとバナナが付いていて。カレーで痺れたの舌を休めるのにちょうどいい。昼時はいつも満席なので少し時間をずらして行くのがオススメです。

大阪市西区千代崎1−23−9
06-6582-7556
営業時間:11:00〜22:00
木曜定休

過去のロッダグループはこちら


カテゴリー カレーライス, 大阪ドーム前 |

ロッダグループ

現在、食べログカレー部門大阪1位の標記の店を久しぶりに訪問。大阪ドーム前駅の道を北に500mの商店街の中の渋い立地。外見もそうだけど店内もカウンタ−10席とテーブル席1つのスナックのリノベーション。初めて入店する人は勇気が必要。店名のグループというのはスリランカ人の兄弟でやっているから。

鹿や羊や砂ずりのカレーとスリランカの総菜数種類を一緒に全部掻き回して食べる「ギャラミサ」が有名でレコメンドなメニューなんだけどこの日はカレー2種類がついたBセット700円を所望する。

前は兄弟だけでやっていたんだけど最近、兄さんは阿波座で新店出店との事。厨房は弟ともうひとりのスリランカ人と日本人ホールスタッフで運営。

一見見た目は貧相なカレー到着。チキンカレーはかなりスパイシー、豆が入った野菜カレーはココナッツテイストでとてもマイルド。パパド(豆煎餅)とキャベツのサラダがつく。それぞれを少しだけそれぞれを味わってからスタッフさんの言う通り思いっきりスプーンで掻き回して頂く。

これがスリランカの流儀らしい。すべてのものをぐちゃぐちゃに混ぜて食べると驚く美味しさ。甘さと酸味が先に来て、そのあとスパイスの辛さと香りが咥内中に追いかけてくる。その上にチキンや砂ずりの深い旨味もしっかりと感じられる多重奏どころかオーケストラの演奏のような凄い調和と美味しさの広がりを感じる佳品。スパイスは現地のものを使用していると言っていた。

カウンタ−の年配の常連は手食で真似しようと思ったが匂いが取れないので今回は遠慮。最近食べログ評価はあまりアテにしないけどこの店はあっぱれでした。

大阪市西区千代崎1−23−9
06-6582-7556
営業時間:11:00〜22:00
木曜定休


カテゴリー 大阪ドーム前 |
1 / 11