奈良県

森本

大和八木にある表記の懐石料理店をランチタイムに貸切で訪問。橿原市役所の真横に位置する。瀟洒な一軒家の民家を改装したお店で暖簾をくぐって前栽を抜けて玄関を通って客席に案内いただく。

お店の隣には無人の野菜売り場・・・・

店内はカウンター8席。最初にビールをいただいて座付は西吉野の柿に胡麻クリームを掛けただけのシンプルな料理。しかしながらこの柿が驚くくらい味が濃くて美味しい。

続いては鯛の卵と白子を炊いたもの。お酒が8割と水が2割でほんの少し砂糖を入れただけとは40歳の若きご主人の弁。

鰹節を目の前で削って椀盛の出汁を作る。削る音もご馳走なり・・・

地元のお酒をいただいてお椀の出来上がりを待つ。。   

和食の華である煮物椀は滋味深い蓮根餅と舞茸。。シンプルながら芯の通った逸品。

鶴橋の魚市場から仕入れる天然のカンパチ。。甘酢につけたもって菊とともに供される。

かなりなサイズの鰆は炭火を使った塩焼きで。。中心部がミディアムになるように丁寧に火入れされる。塩加減も完璧。。。あしらえは濃厚なかぼちゃをクリームチーズとともにペースト状にしたものと豆打小芋、甘酢に浸けた梨・・・日本酒が進みまくる・・・

ワカサギの天ぷらはホクホクの味わい。。衣の塩加減も良くて一気に6匹いただいてしまう。

さつまいもの揚げ物も甘々・・・・

蕎麦がきの茸あんかけもシンプルなんだけど色々な茸のエキスの加減が複雑に混ざり合ってあとをずっと引く塩梅。ふわふわの蕎麦がきも秀逸。

食事は信楽の作家の土鍋で供される。

この日は松茸ご飯。。。かすかに芯を感じさせる炊き具合も素晴らしい。噛み締めると米の味がよくわかる。。松茸の香りがさらなる食欲を呼び覚ます。。

甘味は手作りの栗きんとん。。栗100%で作ったものらしく栗以外の味がしない(当たり前だけど・・)ここまででスタートから2時間半経過。。お腹いっぱい胸いっぱい。。。このコースがなんと一人3000円(税別)なり。。会計を間違えているのかと思った。最近稀に見るお値打ち館満載の素晴らしい和食店でした。。。。

奈良県橿原市八木町1-4-8
0744-22-3082


カテゴリー 奈良県, 和食 |

奈良食堂 9月

私どもの会社が経営する大和八木駅前のカンデオホテル1階にある表記のお店で友人と会食。ランチタイムは地元野菜食べ放題なども有り毎日盛況を頂いています。夜は地元の野菜や牛肉、魚介の炭火焼が中心。お店は内装やBGMをLAを意識したものにしているため若い女性客が多い。

秋の新商品の手作り豆腐のファーマーズサラダ680円。。和風のドレッシングが豆腐によく会う。生食できる地元産の茄子もかなり美味しい。この他にもグリル野菜のサラダ、りんごとカマンベールとナッツのサラダ、自家製鶏ハムとキュウリのバンバンジーサラダなどこの秋はサラダ推し・・・

ブリキの大きなバケツで供される秋の農園サラダ900円は食べ応えたっぷり。

大好評の前菜5種盛り1280円はローストビーフ、ローストポーク、イタリアンオムレツ、カポナータ、芋茎、ポテトサラダ、玉ねぎのロースト、セロリピクルスの8種類・・・・こりゃ儲からんな

京都産の奥丹波どりと使った唐揚げ580円はとってもスパイシー。しっかりした身質なので食べ応え満点。

凍らせた梨がゴロゴロと入った生酎ハイ680円。他にも柿や巨峰などもあってビジュアル的にもとてもいいです。

秋の新商品のチーズフォンデュ2680円(4人分)はインスタ映えもバッチリ。女性客に大人気・・・・

奈良産牛、大和ポーク、奥丹波どりの炭焼きグリル3種食べ比べ2980円はこちらのお店の一番人気メニュー。赤身肉なのでとっても柔らかくてヘルシー。

デザートの吉野葛を使ったプリン。きな粉と黒蜜をかけて供される。これらの他にも自家製のスイートポテトなどもオススメです。

過去の奈良食堂はこちら

奈良県橿原市内膳町1−1−60
0744−23−0020
10:00~22:00
年中無休


カテゴリー 奈良県, 未分類, カフェ |

一如庵

奈良県宇陀市榛原にあるミシュラン星一つの表記の店を休日に訪問する。近鉄大阪難波駅から1時間あまり電車に乗って榛原駅からタクシーで約10分。

知らなければ通り過ぎてしまうような古民家をリノベーションしたお店。聞けば店主が高校生の頃まで実際に住んでいた築150年になる建物で外装、内装、駐車場、綺麗に整った庭などをご夫婦で改装したとのこと。

コース料理5000円は完全予約制で13時に一斉スタートとのこと。定刻に和室の椅子席に案内いただく。

ビールをいただいて、最初は細打ちの蕎麦に出汁とモロヘイヤの叩いたものを乗せたさっぱりした冷やし蕎麦からスタート。

続いてはひよこ豆を炊いたものを潰してサラダにしたもので玉ねぎなども入ってポテトサラダのような食感。ビーツのソースも美しい。。蕎麦煎餅が添えられる。

揚げ物はモロッコいんげんと平茸、早生の栗。。大きな栗の天ぷらはホクホクの仕上がり。

真四角の黒塗りの盆に盛られた野菜料理は左上からごま油で調味した。しろなのナムル。ゴーヤの甘味噌和え、 蕎麦の実添えて。梅酢味の鳴門若芽と胡瓜。皮が柔らかい品種のミニトマト。じゃがいもの甘辛煮。オクラと室生の木耳をクミンの香辛料を入れて炒めたもの。アボカドに奈良漬を挟み込んだもの。紐唐辛子の炒め。直炊きのかぼちゃ。いちぢくと黒枝豆の白和え。茄子の握り寿司。甘酢につけたミョウガなど・・・・これだけでお酒が4合くらい飲めそうな感じ。

この日いただいたお酒は地元桜井市の三室杉。しっかりとしたコク深い味わい。

エッジの立った細切りの蕎麦はしっかりコシがある。幽けき蕎麦の香りが飲み込んだ後に鼻に抜ける。汁は辛めのスッキリしたタイプ。

デザートは和三盆を使用したレモンケーキ。帰りはご主人のお父さんが駅まで送迎してくれました。ごちそうさまでした。。。


奈良県宇陀市榛原自明1362
電話:0745-82-0053


カテゴリー 奈良県, 蕎麦 |
2 / 25« 先頭...23...20...最後 »