西九条

さか本 鮨 再訪

西九条のトンネル横丁にある表記の店を1週間後に再訪。先付けと刺身5種盛り合わせ、焼き魚、寿司10貫、赤出し汁、デザートで6000円のハイコストパフォーマンス。

ご主人とスタッフ3名でカウンター11席を切り盛り。この日も18時一斉スタート。。

この日良かったネタは脂たっぷりの大阪湾の平子鰯の7枚付。北海道の軽く炙った北寄貝。一匹あたり原価で500円するといってた湯がきたての大きな車海老。湯がいた肝を乗せた皮目を炙ったキンキ。毛ガニの味噌と身を混ぜ込んだシャリに雲丹をたっぷり乗せたミニ丼。この日は安かったので仕入れたという身厚の舞鶴のブランド鳥貝など。。

宮城県の215キロの本マグロを使用したトロたくでフィニッシュ。。私はマグロが苦手なのでイクラで作ってもらいました。今回も財布に優しくて大満足。。

前回のさか本はこちら

大阪市此花区西九条4-1-23 トンネル横丁
電話番号:06-6461-5585
定休日:月曜

 

 


カテゴリー 寿司, 西九条 |

さか本 鮨

西九条の表記の店を友人と訪問。西九条駅を降りて徒歩1分のトンネル横丁の入り口に位置する。カウンター11席のみの店。若きご主人は夕陽ケ丘の名店「まさる」で16年修行。サービスの女性を入れてスタッフ3名で切り盛り。

お造りや色々な料理のついたお任せコース6000円がお勧めとのこと。この他に握りのみのコースもあり。

先付けは肉厚の子持ちのシャコと鰻蒲焼き、ホタルイカの酢の物の盛り合わせ。。しっかりと食べ応えのある内容。

刺身は縞鰺、アブラメ、粒貝、皮目を炙ったカマス、赤貝の5種盛り。。仕入れは修行先の「まさる」と同じ店と言っておられた。

身厚ののどぐろの塩焼きは脂が乗りまくり。。

握りの扉は鱚の昆布〆から、カワハギの肝ポン酢 キンキの肝と芽ねぎ 皮目を炙った太刀魚、一枚付のコハダ、茶碗蒸しのような貝の入った玉〆。握りの構成はほぼ「まさる」と同じ。

まさる譲りのロール状の湯がきたての車海老、剣先イカ、毛蟹丼に北海道の雲丹を乗せたもの、いくら、煮アナゴでフィニッシュ。 追加で赤貝の紐巻きを所望。

締めはとろタクなんだけど苦手なので私だけ雲丹の手巻き寿司にしてくれた。。気配り目配りも抜群・・・

アブラメの澄まし汁はいい脂が染み出してとても美味しい。

デセールは生姜のアイスクリームを挟んだ最中。。お腹いっぱいご馳走様でした。。

「コスパ」という点に関して言えば、個人的には現時点で大阪No. 1。相場の半額くらい。。。原価率は70%と大将は言っておられた。。子連れも歓迎とのこと。。予約の取れない店になること必至。

大阪市此花区西九条4-1-23 トンネル横丁
電話番号:06-6461-5585
定休日:月曜


カテゴリー 寿司, 西九条 |

アアベルカレー

最近大阪スパイスカレーの雑誌を購入したので昼間にあちこちのカレーをよく食べに行く。それぞれのお店の個性やフリーなスタイルがいつも勉強になる。

この日は九条駅前の表記の超人気店を訪問。平日の昼間だけの営業でいつも行列ができている。雑居ビルの3階にあるんだけど開店20分前に向かうとすでに長蛇の列。頑張って並んで開店から30分後の2回転目でやっと入店。(それでも退店時にはさらに15名が並んでいた)

店内は、カウンター5席と4人テーブル×1、3人テーブル×1、2人テーブル×1といった感じ。店主と女性スタッフの二人でテキパキ調理と接客。待っている間に調べた人気メニューのあいがけ1000円と煮玉子のトッピング100円を所望する。

あいがけは看板メニューのアアベルチキンカレーと週替わりの鮭ハラスとツルムラサキの豆乳マサラ。副菜に甘みのあるキドニービーンズの入ったミックスダル(豆)、紫玉ねぎと大根、サラダちんげん菜、紫キャベツ、トマトのカチュンバル(スパイシーサラダ)、酸味のあるパプリカのライタ(野菜の入ったヨーグルトサラダ)、シャキシャキのレンコンのアチャール(ピクルス)、パパド(豆で作った煎餅)がつく。

アアベルチキンカレーはチキンが柔らかくてとてもスパイシーで濃厚。小麦粉などは入っておらずルーはシャバシャバ。

辛さ強めの鮭は脂部分が濃厚で鮭の旨味がしっかりと感じることができる。それぞれを味わってから全てを混ぜ合わせていただく。食感の異なりや味、風味が複雑に混ざり合ってなんとも言えない奥深い表情となる。

弾けるような食感のスパイス玉子も砕いたパパドと一緒に混ぜ合わせていただく。かなりレベルの高いカレーで食べた後の満足感がかなり高い。。ご馳走様でした・・・

西区九条1−25ー9
12:00〜14:00
土日月休み


カテゴリー カレーライス, 大阪ドーム前, 西九条 |
1 / 212