江坂

清粥小菜 明 (ちんぞうしょうさいめい)

江坂にある表記の人気中華料理店を訪問。駅から徒歩7分のかなりわかりにくい場所に位置する。ファザードは小さな小窓に表札が出ているだけで店内はカウンター6席とテーブル席がいくつかある。落ち着いたシンプルな内装は店名の如く、清らかな空気感が漂う。

この日は特別コースをお願いして作っていただく。

座付は自家製のザーサイから。特製の食べるラー油をかけていただくと食欲がぐんぐんと湧き出て来る。

色出しをしたゴーヤとブランドミニトマト、長崎産の赤雲丹を合わせたものに摩り下ろして調味した冬瓜をかけたもの。フィンガーライムを絞っていただく趣向。

ルイロデのブリュット。ワインセラーには高級ワインが並びまくるけど値付けはかなり良心的。

加賀野菜の五郎島金時を揚げたものを金柑のソースと雪塩で供される。仕事がとにかく丁寧でかつ手早いので見とれてしまう。

活鱧と山口産の松茸の春巻きは鱧のふわふわの食感と松茸の鮮烈な香りにノックダウン状態。和食のような繊細な仕事なり。

北海道仙鳳趾の真牡蠣は湯掻いて油通しをすると破裂しそうに膨らむ。スクランブルエッグを敷いて葱ソースで供される。料理としては完璧な逸品。シャンパーニュと最高の相性を見せる。

こちらのお店のスペシャリティーの大根とフカヒレ姿の土鍋煮込み。こちらのシェフは香港出身の福臨門一級点心師の方に師事して来られたとのことなので最近の大阪にある人気中華料理店のどこにも似たところがない。

シェアしていただいたらこんな感じ。金華ハムや丸鷄を使用した上湯スープに自家製ラー油、腐乳などを加えピータンで塩分を足してコクをつけた感じ。フカヒレは箸を入れるとほろほろと崩れ、ピリ辛のソースに絡まってなんとも言えないバランスの良い美味しさを醸し出す。今まで食したフカヒレとは次元の異なる味付けと味わいである。ちなみにアラカルトでは1人前1万らしい。。

続いては脱皮したての殻の柔らかい伊勢海老のプレゼンテーション。ソフトシェルクラブはよくみるけど伊勢海老のは初めて。

尻尾部分の身は湯がいて油通しをしてレタス包みにして供される。殻の一部はパリパリの唐揚げで・・・

頭部分は唐揚げにして甘酢餡にて供される。海老好きなのでマンモス嬉しい。

先ほどのフカヒレのソースを使った中華リゾット。山盛りのトリュフの香りに卒倒しそう。

宮崎産のヘレ肉を火入れしたものにオクラおろしと中華しょうゆをベースにしたソースをかけたもの。肉が柔らかいのとさっぱりしたソースが秀逸。

名物のお粥には活の鮑のスライスがたっぷり入る。こんな贅沢なお粥は初めて。。。

デザートはすいか・・・

杏ゼリーで口直し。支払いはびっくりする値段でした。。。

ワンランク上の突き抜けた料理はどこよりも美味しいし、お店の雰囲気もサービスのスタッフも文句なし。ご主人は物腰も柔らかく、丁寧に料理のことを色々と説明いただきとてもいい時間を過ごすことができました。
  

吹田市江坂町1-21-39 土泰第1ビル

電話:06-4861-7228


カテゴリー 中華料理, 江坂 |
1 / 11