居酒屋

竜田屋

日曜日の休みに千日前の表記の店を昼飲みをしに訪問。なんばオリエンタルホテルの前の昔からある御飯屋さんと言うか食堂というか居酒屋。最近は訪日客でいっぱい。。
店内はざっくばらんな食堂でそれはそれで個人的には大好き。

1階は吉本の芸人さんの色紙だらけのテーブル席で奥は日活の古いポスターが壁に貼られた日活テーブル席(私が名付けた・・・)。2階はしっとりした半個室仕様でゆっくりと食事が出来る感じ。最初はお店の入り口のショーケースに並んだおかずをピックアップしてビールとともにいただくのがお決まり。

ボイルした太いアスパラは言われる通りマヨネーズとポン酢をかけていただくと不思議な味。サバの味噌煮は鉄板のおいしさ。ヒイカの炊いたんは大阪らしいおばんざい。きゅうりの古漬けはビールが進みまくる。出汁巻と明太子の炙ったものも好物なり。

カキフライとエビフライでさらにパワーアップ。手作りのタルタルがとても美味しい。そそくさと支払いをしてその足で中井貴一さんの「嘘八百」見に行ったら半分くらい寝てしまった。。。

過去の竜田屋はこちら

大阪市中央区難波千日前11−24
06−6632−4788
営業時間:AM7:30~AM2:00
定休日:なし


カテゴリー 難波, 居酒屋 |

おいしかよ

西田辺駅と長居駅の中間くらいにある表記の店で会食。友人のご子息が和歌山で鯛とツバスを釣ってきたということでそれを持ち込んで調理してくれる店を探していたところ、以前一緒に加太に鯛釣りに行ったことのあるこちらの店主のことを思い出しお願いすると快く引き受けていただく。

こちらのお店は朝挽きの鳥を使った料理が評判なんだけど店主の趣味の釣りを活かした魚料理も豊富にある。しょっちゅう70cm級の巨大な鯛もよく釣られているのでタイミングが合えばそういったものも頂ける。

まずはビールと一緒に明石の柔らかいタコのぶつ切り。下処理がいいのでとても美味しい。レンコンの一味しょうゆ焼きはビールにどんぴしゃ。ナマコも量がたっぷりで嬉しい。軟骨の入ったつくねの煮込んだものにチーズをのせて焼き上げたもの。バケットと一緒にいただくととてもいい。

釣ったツバスは小型だけどブリブリに活って正月からいいものを食べさせてもらった気になる。鯛も焼き霜にしてくれて皮の間の脂の味わいがとてもいい。半分作ってくれて半分持ち帰りにしてくれた・・・・

*小さな心遣いが嬉しい・・・

頭の部分はあら炊きにして供してくれたのでプレーンチューハイと一緒にいただく。。新鮮なので口の周りや目玉のゼラチンがとても美味しい。価格もとても良心的でいい店です。ありがとうございました・・・・

大阪市阿倍野区西田辺町2-8-10
06-6698-8188

 


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 居酒屋 |

魚金 浜松町店

東京まで経営セミナーを聞きにいった帰りに同伴した立命館大学の学生君と一緒に標記の店を訪問。こちらは東京都心を中心に魚居酒屋やバルを43店舗展開する有名繁盛店。

ビールで乾杯をして看板メニューのお造り盛りあわせを注文。

2人用の玉手箱と呼ばれる盛り合わせで端から「アンキモ」「昆布」「鯛」「サーモン」「タコ」「鯵の姿造り」「鮪」「生牡蠣」「カンパチ」「鯛の押し寿司」「玉子」「鯛皮」これで1580円という破格の値付け。造りだけでお腹いっぱいになりそうな感じ。

大きな鉢に入った湯豆腐に青のりの餡を掛けた名物料理はハーフサイズで580円。

ヤカンで燗された本醸造の日本酒は480円。寒い夜に見た目もとても温まる・・・

カキフライは780円でタルタルソースの出来がかなりいい。

新ジャガのフライドポテト480円はボリューム満点。

見た目もインパクトのある菊菜の爆弾サラダは780円

きちんとフライパンに大量の塩を入れて作る塩煎り銀杏580円

千葉産の黒ソイの煮付け1280円も価格にびっくらぽん。鮮度もよくて独特の癖は全く感じない。

蟹味噌バター580円はいいお酒のアテになる。。。

胡瓜の梅たたきは梅ドレッシングに沢庵をあわせたもの。特にどおって事ないけど自分の店でも真似してみようと思う。
東京はやっぱり凄いね〜とかいいながら羽田から帰阪。

東京都港区浜松町2-6-4
03-5401-5368
17:00〜23:00


カテゴリー 関東地区, 居酒屋 |
2 / 65« 先頭...23...20...最後 »