居酒屋

和風もつ料理あらた

西中島で30年以上営業されている超有名店に友人と訪問。開店が18時なんだけど30分前に並ばないと入店出来ないといわれる。週末は1時間前で18時の時点ですべてのメンバーが揃っていたら入店出来るというシステム。つまり予約は不可ということである。この日は友人が17時から並んでくれた。ビールで乾杯をしてお任せでいただく。席はカウンタ−のみ14席、ご夫婦2人で営業。

2016-05-12 18.08.47

最初は名物の「和風煮込み」。味は塩とベースでいろいろな部位が入る。食感の異なりが楽しい。しっかりとトロトロに煮込まれていて見た目よりもしっかりとしたコクを感じる。ネギは別添えで山盛り乗せるのもあり。サービス担当の奥さんの小さな心遣いが心地いい。

2016-05-12 18.16.00

続いてチレ刺身。牛の脾臓(ひぞう)で食感は生レバーのようだけど臭みも全くなくてプリプリトロトロしてかなり美味しい。うずらの卵が入ってマイルドな食感。鉄分もたっぷり入ってそうで身体にもよさそう。これだけでやられたと思うパンチのある個人的に大好きな逸品。

2016-05-12 18.35.30

メニューはすべてお手頃価格。ホルモンは高くて400円。

2016-05-12 18.30.08

ローストビーフのようなネックスモークは首肉を桜のチップで軽く香り付けしたもの。噛み締めると肉の旨みがしっかり感じられる。

2016-05-12 18.25.38

これも名物のハイボール250円。ラベルのない謎の白いウイスキーが登場してなみなみとグラスに注がれる。割合はウイスキーをウイスキー9.5にソーダ0.5くらい。ウイスキーは最初から水で割っているのであろう。アルコール度数は17と言っておられた。しかしながらこれはネックスモークとよく合う。

2016-05-12 18.19.19

タンシチューはしっかりと煮込まれたタンの先っぽが4切れ。デミグラスソースでなくあっさりした和風なソース。適度な食感が口に合う。

2016-05-12 18.36.01

下処理が絶妙の生センマイ。洗いすぎて真っ白なものは風味と旨みが消えていることが多い。丁寧に千切りにしてゴマだれとポン酢を合わせたものでいただく。韓国料理の真っ赤なソースは苦手なのでかなり嬉しい。柔らかで癖もなくコリコリしてとても美味しい。

2016-05-12 18.21.40

ミノ湯引きはほとんどレア状態。歯ごたえが強くて且つ歯切れもいい。3歳までの牛のミノを使用しているらしい。生姜醤油系にレモンの酸味を足したタレもさっぱりして今までで食べてきたミノ湯引きがすべて否定されるようなうまさでいくらでも食べることが出来る。鶏の刺身の何倍もの旨みを感じる。

2016-05-12 18.42.02

串焼きはタン焼きとハート焼き。味は塩と山椒のみ。ありがちな臭みや癖は全くなし。牛肉よりも個人的にはおいしいと思う。完全にモツの串焼きのイメージを覆す商品。

2016-05-12 18.52.27

おろしポン酢でいただく心(ハート)のタタキ。完全に生です。牛ハツの生は珍しい。しかしながら全く臭みがなくコリコリしてつるりとした食感でかなり美味しい。まさに目からうろこ状態なり。これはひたすら食べ続けたくなるような逸品。

2016-05-12 18.59.51

口直しの柴漬けとともに最後の締めにテール雑炊を所望。肉は入っていないがテールスープの出汁を使用。柚子も入ってかなりさっぱりした味。繁盛店だけどホスピタリティーも感じられて心もお腹も大満足。支払いは一人3000円でした・・・

来週にも再訪する予定です。。

大阪市淀川区西中島4-2-8
電話:06-6304-5250
営業時間:18:00~23:00
定休日:月・日・祝

和風もつ料理 あらたもつ料理 / 西中島南方駅南方駅新大阪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


カテゴリー 新大阪/西中島南方, 居酒屋 |

博多炊き餃子 池三郎

表記の店に同年代のおっさん3人で訪問。地元では大人気のお店でよく行かれる友人がわざわざ予約していただいた。地下鉄の天神南駅近くビックカメラ向かいのビルにある。鉄鍋餃子は福岡で過去に何度かいただいたことがあったが炊き餃子というジャンルは初めて。

2016-05-09 18.53.02

突き出しは皮鯨とハリイカのげそ、海苔で胡瓜をまいたものに蟹味噌と飛び子を乗せたもの。不要な場合はキャンセル出来るのも嬉しい。

2016-05-09 18.59.53

お造りの盛り合わせ2600円を所望する。手前からぶつ切りにされて皮をさっと焼いたサワラ、ハリイカにイクラを乗せたもの熟成の効いたひらめの薄造り地元の鯵とさらし鯨。鮮度もよくかなり美味しい。

2016-05-09 19.00.57

竹豆腐500円はクリーミーで葛がしっかり入ってトロトロ。かなり甘いので女性向かも知れない。

2016-05-09 19.05.10

名物の半熟卵雲丹いくら乗せ700円。半熟卵は熟成も効いて簡単な料理だけど素直に美味しい。ビジュアルがかなり美しい。思ったよりも相性は悪くはない。焼酎とドンピシャ。。

2016-05-09 19.39.51

和牛もつ焼き900円。少し臭みが残っていたのが残念。これは特に取り立ててどおってことがない福岡独特の嗜好性の高い商品。

2016-05-09 19.17.07

手羽うずら玉子300円は手羽餃子にうずらの卵が入ったもの。これも特別どおってことはない。

2016-05-09 19.44.03

出し巻き卵500円はかなり個性的なビジュアル。多分サランラップに包んで蒸し上げたものと推察される。甘い餡をかけて大根おろしと明太子をトッピングで味は残念な感じ。関西の出汁巻玉子とは味も食感もかなり異なる。

2016-05-09 19.55.13

ゴーヤ塩昆布サラダ600円はさっぱりとしていい口直しとなる。カウンタ−の中の若い調理スタッフ2名ですべて対応。ちょっとした割烹の空気感をしっかりと醸し出しており客の年齢層も総じて高め。福岡はこのような高級居酒屋が多い。

2016-05-09 18.58.31

黒豚軟骨焼き500円は食べ慣れていないせいか軟骨が口に残る。歯がしっかりと強くなりそうな料理。炊き餃子のスープで味をつけているのはすぐに判る。

2016-05-09 19.13.59

メインディッシュの炊き餃子700円がグツグツと音をさせて登場。すいとんのような食感のツルツルで柔らかくてモッチリ厚めの皮が特徴。白濁したスープは濃い豚骨系かと予想していたが鶏ガラも入っており思ったよりもあっさりしていた。臭みや脂っこさやくどさはなく餃子から出る野菜の旨みも感じられてどんどん飲んでしまう。餃子の餡は野菜中心で鶏肉も入る。
とにかく皮が美味しいのが特徴。友人が北新地で餃子鍋店を大繁盛させているがそれとは全く異なるタイプ。ザクザクとカットされた白ネギとの相性もいい。唐辛子や柚子胡椒を入れると味わいも変わる。
最後に麺300円、おじや400円で締められる方がほとんどらしい。炊き餃子以外のメニューも豊富なのでいろいろな場面で重宝する。会計は一人5000円でした。

福岡市中央区今泉1-10-15
福岡アーバンタワー2F
tel:092-739-7550
営業時間 18:00~23:00

池三郎餃子 / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)渡辺通駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


カテゴリー 九州地区, 居酒屋 |

居酒屋 泉 4月

南海本線住吉大社駅から住吉大社に行く通りの路地を北に50mにある居酒屋。1年前に立ち退きで廃業したんだけど再営業の知らせを頂き久しぶりに訪問する。

以前あった店のさらに北に奥まったところの以前「てっぱん」という鶏料理の店の跡を居抜きで借りて以前同様に店主の手作りのお番菜と粉浜商店街で仕入れた鮮魚を使ったお造りを提供する。私の顔を見るなり「おー兄ちゃん久しぶりやんけ〜⤴️よぉ〜来てくれたなぁ〜」と言う出迎えの言葉。

2016-04-28 10.56.54

以前に商売を廃業した経緯から店主の家族の話など四方山な話まで一通り聞いた後、ビールをいただく。食事のお薦めは選べるお造り3種盛りとお番菜が2種類ついたセットが800円なり。お造りはカンパチ、紋甲烏賊、マグロ。マグロは嫌いって言ったのにマグロを出すのがこの店主の凄いところ。麻婆茄子と若筍煮と一寸豆を所望。どれもボリューム満点。

今年70歳の金髪のショートヘアが特徴の彼女(店主)は30歳の時に娘を産んでそのあと母一人の細腕繁盛記で39年間の居酒屋経営。店舗立ち退きとともに廃業と思いきや半年の充電期間をへてこの地で復活。相変わらず近くの会社員から年金生活者、近所の主婦まで客層は多種多様。

阪神戦のテレビを見ながら世間話をするんだけどこのトークが強烈過ぎ。普通に放送禁止用語が炸裂しまくる。彼女の毒舌と普段聞かない下ネタ(ここには書けない淫語)を聞きにくる客も多いと聞き及ぶ。りそな銀行住吉支店の行員出入り口の前に店があるので「兄ちゃんちょっとよってこいや!!」と声をかけたり外に出て客引きをしたりもする。夜にこの店主と会えば裸足で逃げ出しそうになる風体。。。客からの電話の電話口では「はよこんかい!」とのたまふ。

「私もあっという間に70歳やで、熟女どころかジュクジュクや。でも下半身はまだ使えるで〜」など言ってることはエグいし、かなりムチャクチャ。。と思いきやいきなり「私が一人で育てて大学に行かせて外国に留学させてた娘(かなり綺麗らしい)は今40歳になって未だ独身なんよ」「結婚しなくていいから子供産んでほしいんや・・・」としんみりする話もする。藤山寛美の松竹新喜劇を見ているような感じ。

2016-04-27 20.28.13

「ところで兄ちゃん!鉄板焼き食べるか〜?」「むっちゃ得でおいしいで〜」と聞かれ「御意」とお願いすると以前の店(鶏料理)の名残をそのまま使った鉄板焼きが出て来た。ブラックタイガー2匹と商店街のええ店で買う牛ハラミ肉、生ホタテ貝柱、紋甲烏賊ゲソといろんな野菜が入ってこのボリュームで800円は確かに安い。

2016-04-27 20.32.36

お店をお手伝いする女性は若くてチャーミング。仕事は自宅マンションでトリマーしているらしい。「下の毛も巻いてあげますよ〜」という突っ込みが入る。彼女もこの店でかなり鍛えられているようである。

大阪で最もお下劣な店だけど南海電車に乗ってこのおばはんとしゃべりにくる価値は間違いなくある。客はいじるしエグいしエロいし奇天烈で酔っぱらいだし・・でも温かいし一定の節度はある。とにかく私の知っている中でも5本の指に入るおもろキャラおばはんの店。・・訪問したらトマト酎ハイ奢ってあげて下さい。

「前にうちの店エロマガジンに載ったんや」と言ってたが多分エルマガジンであろう。最初に訪問した頃、料理の写真撮ってたら「このまえシーツも来たで」とか言ってた。 多分それは雑誌「ミーツ」であろうと理解する。この日もいい夜でした。

*最近体調が優れないため訪問がローカルB級店ばかりのことお許しください

大阪市住吉区長峡町3-7
木曜休み


カテゴリー 住吉公園, 住吉大社, 居酒屋 |
20 / 66« 先頭...2021...40...最後 »