居酒屋

大衆酒場さわ村

週末でひと気がない肥後橋界隈で常に満席状態を誇る表記の大衆居酒屋を訪問。
この日も時分時で当然のことながら満席だったが親切な客が席を譲っていただいた。
お酒はすべて380円で最強コスパで近隣のお勤め客でいつも賑わう。客層は女性グループと40代の常連が中心。

ビールとともに名物のおでんを所望。どれもが120円から200円くらいのものばかりなのが嬉しい。

2016-01-30 19.57.21

しっかり味の浸みた大きな大根とスジ肉、厚揚げとこんにゃく。どれもが安心の予想通りのいい味加減。食べやすいように包丁目を入れてくれているのも嬉しい。

2016-01-30 20.19.38

続いてじゃがいもとちくわ。。まさに王道の美味しさ。席が空いたらすぐに次の客が入ってくる。まさに安くて美味しい庶民の憩いの酒場。

2016-01-30 20.04.00

寒かったので菊正宗の熱燗を所望。銀のちろりでいただくと身体がぽかぽかする。一緒に注文したなまこ酢580円もボリュームたっぷり。メニューもおでんの他に焼き物、酢の物、刺身、寿司とバラエティーに富みまくる。そのすべてが380円、480円、580円なので財布にも優しい。

2016-01-30 20.47.34

卵とごぼ天とソーセージを追加。燗酒とおでんってどうしてこんなに相性がいいのだろうといつも不思議に思う。多分双方が同じくらいの温度なので味蕾が同調するのであろう。おでんが上品でないのがいいのであろう。本醸造酒は軽く温めると1.5倍は美味しくなる。。

2016-01-30 20.23.24

鱈白子焼きも燗酒にドンピシャ。普通のものが普通に美味しいことが幸せである。

2016-01-30 21.08.15

烏賊げそ塩焼きも380円。新鮮なので臭みなどは全くない。美味しい酒と美味しいアテが安く楽しめるので連日満員も納得である。

2016-01-30 20.42.54

横の客が寿司を注文しまくっているので同じように所望する。しっかり炊き込まれてフワフワの穴子、食べやすく包丁目が入った塩でいただく生蛸、泉州の鯖、イクラ。どれも居酒屋のレベルではないのでビックリ。

2016-01-30 21.17.27

最後は紫蘇巻と穴子巻でフィニッシュ。今日もよく食べて飲みました。会社帰りのチョイ飲みにぴったりだな。ハートフルな雰囲気があるので心も温まります。場所は肥後橋と淀屋橋の間くらい・・・ごちそうさまでした。。

大阪市中央区道修町4-7-1
11:00-15:00
17:00-23:30
定休日日曜日


カテゴリー 肥後橋, 淀屋橋, 居酒屋 |

ROBERT 肉炉端ロバート

リニューアルした天王寺公園エントランスエリア「てんしば」に出来たモダンな炉端焼きというかバルのようなお店。ファザードもかなりおしゃれな開放感ある店舗。

2016-01-03 18.49.59

野菜巻き串を主力としたオペレーションファクトリーが経営する新業態店。ランチタイムは和食の定食が中心らしい。

2016-01-03 18.19.35

ビールで乾杯をしてまずはアンチョビポテトを所望。オリーブオイルと黒胡椒をいただいて味の調製をする。

2016-01-03 18.27.50

いろんな野菜を豚バラ肉で巻いてオリーブ油をかけながら炭で焼く。ちょうどカウンタ−席だったので調理担当の方が必死のパッチで焼いている姿が見えて面白い。

ニンニクの芽、オクラ、エリンギ、柿、豆苗をバラ肉で巻いたもの。焼き上げる前は見た目も美しくてヘルシーな感じなんだけど焼けば見た目も悪く味も同じような感じでつまんない。

2016-01-03 18.32.30

この他にもとうもろこし、辛子レンコン、うずら卵、トッポギの豚バラで巻いたものなど・・福岡で同じような専門店があるけどなかなかメジャーになりにくいのが現実。価格は150円から280円くらいまで食材によっていろいろ。。お薦めの串をお任せでいただくのがいいかも。

この他にもブロッコリーチーズ巻き194円、プチトマト巻き194円、ねぎ巻き おろしポン酢259円、モッツァレラズッキーニ巻き259円、焼き茄子巻き トマトソース、キンピラ牛蒡巻き240円、ニラチーズ巻きなど。バラ肉で巻かない「まるちょう炭火炙り焼き」や「黒毛和牛 ウチヒラ炭火炙り焼き」「但馬鶏 もも肉の炭火炙り焼き」などしっかりしたものもあるので気分や予算、用途によって使い分けが出来る。

ドリンクの種類もたくさんあって一言で言えば今時の家族でもカップルでも楽しめる財布に優しい気の効いた居酒屋って感じかな。

大阪市天王寺区茶臼山町5-55 天王寺公園エントランスエリア
06-6775-0789

天王寺 肉炉端 ロバートろばた焼き / 天王寺駅前駅天王寺駅大阪阿部野橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 天王寺/阿倍野, バル, 居酒屋 |

お酒なんでも研究所 カフェ部

友人と阿倍野の松虫交差点近くにある表記の店を訪問。たまに訪問したくなる大吟醸日本酒だけを置くかなり趣味性の高いお店。住宅街の中にある築90年の普通の家を改装した隠れ家。目立たず大きな看板もないのでふらりと立ち寄る客はいない。

こちらは都島にあるお酒研究所という機関のカフェ部で支店のようなもの。妙齢の部長のみさこさんがひとりで切り盛りする。カフェ部だけどビールやコーヒーはない。選び抜かれた大吟醸酒だけのお店。ご主人は博士号をもつ本物のサイエンストで研究ひとすじらしい。その方がお酒をセレクションし、マリアージュを追求した肴を考えられる。

普通の家なので店に入ると靴を脱いでお邪魔する。カウンター4席とテーブル(ちゃぶ台)2席のみ。店のセンスはかなりいい・・

グラッパグラスに注がれる大吟醸はすべて1杯500円。そのお酒にあった酒肴もすべて500円。料理7品のフルコースが3500円を3000円で提供される。お酒の中には一升1万円以上のものもあるがそこは量で調整するらしい。

2015-12-27 17.45.02

お酒を頂くごとにみさこさんのご主人が作る持ち帰り可能なお酒解説ファイルがつく。こちらを読みながらいただくととても楽しい。。

この日いただいたお酒は

■宮城県塩釜市 浦霞 大吟醸
■愛媛県四国中央市 梅錦 大吟醸「究極の酒」
■新潟県新発田市 菊水 純米大吟醸
■岐阜県高山市 深山菊 大吟醸
■秋田県横田市 天の戸 純米大吟醸
■大阪府交野市 片野桜 純米大吟醸 白櫻
■香川県琴平町 金陵 限定無濾過原酒 純米大吟醸 大瀬戸の花嫁
■岩手県盛岡市 七福神 長期熟成吟醸酒
■兵庫県西宮市 福寿 生もと純米熟成生酒
■静岡県掛川市 開運 大吟醸秘蔵古酒

コース料理はオリジナルの真空低温調理法をうまく使って構成される。

2015-12-27 17.17.41

一番最初はこちらのお店を代表するタラ白子(タチ)の昆布締め。真空低温調理したものでカンズリと大根おろしを合わせたものを薬味にしてポン酢でいただく。

すべての食材(牛肉・豚肉・鶏肉・魚卵)はタンパク質が凝固する温度が異なるためにそのギリギリの温度を狙って火入れをすると細胞が壊れない。昆布は脱水(離水)のために使用しているために(多分そうだと思う・・・)強い旨みや風味は特に感じないがそれが日本酒の味をしっかりと際立たせる。

プリンプリンでトロトロの舌触りだけど生っぽさは皆無。まさに芸術品のような料理である。「酒に合う」という意味をしっかりと解析し「観察・分析・判断」を繰り返し、他にはない絶品の料理を提供される。真空調理は塩の加減が難しく1ミリ単位の量で大きく味が変化してしまう。

2015-12-27 17.23.09

キングサーモンを低温調理したものを生姜醤油で食す。それぞれの料理にあったお酒が出てくるのがとても楽しい。これも一見したら生のようだけどしっかりと火入れがされている。口に入れると体温で溶け出すのが凄い。世間では大吟醸はフルーティーな香りが強すぎて食事に合わないと言われる方が多いがこちらのお店のセレクションは食中酒にぴったりのすべて目からうろこのものばかり。

2015-12-27 17.30.02

自家製のハムもはゼラチンがたっぷり。こちらでは真空調理は保存のための真空ではなく料理をより美味しく、素材感を引き出すための技法なのでどれもワンランク上の仕上がり。みさこ部長との会話もとても楽しい。見た目も心もカッコいい女性。

2015-12-27 17.43.33

ニラと小さな帆立貝が入った餃子。ホタルイカやウズラの玉子の時もあるし具材はその時々で変わる。しかしながら使われる野菜や調味料は完全に計算されていてこの日はハーブの入った塩でいただく。ニラの漬け物も入っているのか味わいに陰影があって旨みの相乗効果をしっかりと感じる。

この料理に合わせる純米大吟醸は穏やかな香りで料理との調和も抜群。柔らかい余韻の長さが特徴。「日本酒を楽しむ」とはまさにこのことと思った。

2015-12-27 17.51.32

フランス産の鴨ロースもこちらの店のスペシャリティー。個人的には日本一美味しい鴨料理と断言できる。しっとりとした身は真空調理ならではのもの。添え物は葱の昆布締め。山葵醤油でいただく。ここで粉山葵を使うのがこの店の真骨頂で原料はホースラディッシュなので肉との相性は本山葵や最近焼肉屋でよく見る合成保存料たっぷりの茎山葵よりも間違いなく鴨肉がおいしくなる。まさに「粉山葵を舐めたらあかんで!」と言う感じ。博士は本当に食べ物に精通されていることがこの一品をみると理解出来る。

北大路魯山人も過去にパリの「トゥール・ダルジャン」で画家の荻須高徳、小説家の大岡昇平とともに出てきた鴨料理を持参した粉山葵を酢で溶き、それを醤油と合わせてつけて食べたと言うのを昔に聞いたこともある。今でも魯山人醤油としてパリの店では出していただけると聞き及ぶ。(パリの店は行った事はないが・・・)

2015-12-27 17.59.30

続いてこちらのお店で初めて頂く豚トロの味噌漬けを真空調理したもの。脂分はしっかりと流れていて旨みのみが残る佳品。味噌と葱は別添えで薬味としていただく。

この料理に合わせる熟成生酒もかなり美味しい。ノーベル賞の晩餐会で飲まれたもので5年間生熟成させているらしい。吟醸酒は2年くらい寝かした方が美味しくなると言われていてこのお酒も蜂蜜のようなふくよかな香りと味噌というか麹の香りがお酒にドンピシャの相性を見せる。この組み合わせが玄人好みでとても芸術的。

2015-12-27 18.17.03

これも初めて頂くものだけど蒸した海老芋のソテーをバター炒めの甘露子と合わせたお正月らしい逸品。熟成感たっぷりの古酒はまるでシェリーのような感じ。海老芋の旨みというか美味しさの輪郭が際立つのが面白い。バターの動物性タンパク質やお酒の旨みなどがシンクロするのであろう。薬味として添えられているのは手作りの鯛がたっぷり入った鯛味噌と生姜味噌。古酒にドンピシャ。こんなおいしい野菜料理は生まれて初めて食べた・・

みさこ部長のご主人の博士はまさに天才・・

2015-12-27 18.25.19

最後に先ほどいただいた長期熟成の片野桜を燗で頂く。大阪錫器のもので手触り口当たりも素晴しい。個性たっぷりで独特の渋さとひね感、香ばしさ、いい意味での雑味が米焼酎のようでとても面白い。温かくしたときの味の変化に驚く。お酒が生来強い方なのと飲み飽きしないのでいつも飲み過ぎて酔っぱらってしまうのがもったいない。

仲のいい友達と2人で行って間接キスをしながらお酒と料理をシェアするのがお薦め。お店が狭いので予約必須。訪問するときはペロペロ見たと言えばわかりやすいよ。

本年最後を締めくくる5本の指に入る大好きな店。

ホントはここは誰にも教えたくなかったな・・・

大阪市阿倍野区王子町1-7-8
080-4413-2685
17:00-23:00頃
月火(祝日の場合は営業)


カテゴリー 松虫, カフェ, 居酒屋 |
20 / 65« 先頭...2021...40...最後 »