居酒屋

広海

仕事のあと若手社員君と弊社近くの海鮮居酒屋を訪問。
バブル全盛期に地元(加賀屋)や中百舌鳥など5店舗くらい海鮮居酒屋を展開し、あまから手帳にもよく出ておられた超有名な「口知(こうち)本店」というお店があった。お店のご主人が朝から泉州から和歌山の漁港を廻って、そこから船に乗って淡路島まで魚の仕入れをしにいっておられたと記憶する。

その店も今は全くは消滅してるんだけどその当時の店の店長が自身で20年くらい前に始められたお店。場所は住吉大社駅・北加賀屋駅から徒歩15分と普通に遠い。しかしながら週末は予約がないと入れないくらいの盛況振り。店内はかなり老朽化しているが特にどおってことはない。店主含め6名の男性スタッフが忙しく走り回っている。

2017-02-21 20.53.45

最初に生ビール500円をいただいて好物の蟹爪の酢の物を所望。ロシア産の冷凍なんだけどワンフローズンで蟹の味がしっかり残っていて安定した美味しさがある。よく似たものがたくさん出回っているが仕入れの目利きは確かなので何をいただいても外すことはない。

2017-02-21 20.58.28

頭がピクピク動く鯵のお造り1匹700円は泳いでいるものを使用。当然のことながら鮮度は抜群・・・

平目も1匹700円、大きな雄の鮑は1800円、活車エビが3匹で900円、泳ぎのカワハギが1匹1500円、活伊勢エビが2500円などどのメニューも原価率50%越えのものばかり・・・

この日は寒かったので寄せ鍋(1人前2000円)を所望する。(写真は2人前)

2017-02-21 20.58.52

大きなバルダイ種のずわい蟹、巨大ブラックタイガー、白焼きの鰻などがてんこ盛りになって登場。今どきの言葉で言えば「超ヤバイ感じ・・・」蟹から出る出汁も美味し過ぎ。その出汁が染み込んだ白菜の甘さに癒される。

2017-02-21 21.39.14

最後は雑炊で〆。巨大な海老や活穴子が入った天ぷら盛り合わせ1000円や北海道産のミョウバン不使用の雲丹を使用した丼など美味しいものが満載。神経質な方には厳しいかも知れないけどお支払のときに再度癒されること間違いなし。この日はお酒を2杯ずついただいて一人3800円でした。。地元の名店です・・・

大阪市住之江区中加賀屋4-3-23
06-6682-8977
17 :00~24:00 月休み

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにわ恋しぐれ 都

当社で去年から大相撲大阪場所で販売しているお弁当の廉価バージョンを3月から一般販売します。「なにわ恋しぐれ 都」1350円(税別)しんみりと味を入れた野菜の炊きあわせ、出汁巻玉子、若鶏南蛮、蛸柔らか煮、かやくご飯、名物笹寿司など・・・


カテゴリー 北加賀屋, 住吉大社, 居酒屋 |

山chan

京橋の立ち呑みストリートの一番奥にある表記の店を一人で訪問。いい店が並んでいるのでどの店に入るかいつも悩ましい。

2017-02-18 19.53.55

ビニールシートに覆われた店内はカウンタ−6名と道路にはみ出しているテーブル席6名が定員。この日も一番奥の場所があいていたので他のおっさん客のお尻を触りながらベストポジションを確保する。

2017-02-18 18.58.14

生中380円をいただきながら白くないホワイトボードに書かれたメニューを見ながら注文する。

2017-02-18 18.58.19 HDR

こちらのお店はマグロをはじめとする海鮮が有名でいわゆる「生もの」とよばれるお造りでは立ち呑みのレベルを超えたものがある。目の前に旬のアイナメがいたので造りを所望する。鶴橋市場で仕入れたもので脂ののりまくった新鮮でコリコリの身をビールと一緒に楽しむ。

2017-02-18 19.04.17

こちらのお店は大将が優しくて初めての客でもニコニコしながら親切に優しく接する姿にいつも感動する。海鮮以外でもポテトサラダや自家製ガーリックオイルを使ったマカロニなど普通の総菜も突き抜けた美味しさがある。

生ビールはプレミアムモルツ。あまりにも店が狭いので大将に「ここの店は何坪あるのか」と尋ねると2.8坪とのこと。道路に張り出したテント部分を入れると5.2坪になるらしい。

2017-02-18 19.38.21

赤ナマコ400円を注文すると丸々1匹を処理してくれた。当然のことながら海鼠腸も一緒に提供される。酎ハイプレーンと相性バッチリ。

2017-02-18 19.19.31

ショーケースで黄アラを見つけたので焼いていただく。長崎でこの時期よく獲れるハタ科の高級魚。最初に強火でドカンと焼いてあとはバーナーで炙って仕上げに電子レンジで4分加熱。初めて見る調理法だけど頭の身はモッチリしてプリプリで身離れも良くて酎ハイがどんどんすすみまくる。立ち飲みでこのような焼き魚をいただけるとは思わなかった。

この他にもホタルイカのアヒージョを注文。フランスパンも一緒について400円。

2017-02-18 19.44.58

最後は粕汁300円で〆。魚のアラがたくさん入りまくった魚汁。こんな粕汁は初めて頂いたな・・・この店もクセになりそう。。

乃木坂46橋本奈々未引退だな・・・センターで歌う姿見たかった

大阪市都島区東野田町3-2-20
営業時間:16:00-23:00
定休日:日曜日


カテゴリー 京橋, 居酒屋 |

有楽町 日の基

お弁当・お惣菜大賞2017という日本で最も応募総数の多い業界のコンテストで当社の低価格弁当店の商品を応募したところ、丼部門4106件のなかで最優秀賞をいただいた。この日は幕張メッセにて表彰式参加のため上京する。

2017-02-15 15.33.43

東京駅まで経営コンサルの友人に迎えにきてもらって同行いただくが時間ギリギリに到着。昨年は自身が教鞭をとる大学の学生と一緒に作った弁当がヘルシー部門で最優秀賞をいただいた。

2017-02-15 15.33.03

30分ほど表彰式に出席して食材等の展示を3時間くらい見てから別の友人とその社員さんらと有楽町で待ち合わせて表記の店で会食。行きしなに日比谷を渋谷と間違えて一人大混乱。駅員に「しびやに行きたいんだけど・・・」と聞いたのが原因と思われる・・・

2017-02-15 19.26.12

有楽町のガード下にあるこちらのお店は創業50年以上。建物は東京駅の開通と合わせて作られた日本最古の高架鉄道建造物で東京駅同様今年で築101年を迎える。同じ建物の2階には「新日の基」という外国人率80%の超人気店がある。こちらはイギリス人ラガーマンのアンディーさんが経営していてメニューや内容は日の基とほぼ同じ。

細い階段を地下に降りると低い天井にコの字カウンタ−とテーブル席。趣たっぷりの昭和の空気満載でまさにタイムスリップしたかのよう。ほとんどの席が予約で埋まっていて時間制の入れ替えと聞き及ぶ。店員さんはミヤンマー人やベトナム人などとてもインターナショナル。店内の喧噪とともにアルコールと食事を楽しみまくる。

2017-02-16 15.37.40

最初に生ビールで乾杯をして好きなものを好きなだけ注文する。巨大なアスパラバター700円、大きなヒモのついた赤貝は3つで650円。刺身状態で出てきた赤ナマコ650円。巨大なカキフライ6個850円。魚介にはこだわりがあるようである。そこらにある大衆居酒屋のレベルを遥かに超えた内容。

2017-02-16 15.38.08

お店のお姉さんお薦めの牛タン赤ワイン煮800円。脂乗りまくりの天然ブリ造り750円。下仁田葱天ぷら580円。アサリの酒蒸し750円。白子ポン酢700円など・・・どれもボリュームたっぷりで食べ応え満点。

この他にもタラバガニ大6500円、アワビ750円、大トロ850円、金目800円、本ミル貝1200円、のどぐろ塩焼き3500円 ホタテバター1050円などおいしそうな魚介が勢揃い。これらは次回の楽しみにする。

2017-02-15 17.30.05

店を出て銀座方面に向かう道すがらに「食安」というディープな角打ちの店を発見。なんとすべてが自動販売機で成立。店と呼んでいいのか判らないけど酒屋が経営しているらしい。人集りが強烈で寒空に外で飲む開放的でアウトドアな感じがとてもいい。若い方や女性もいるのにびっくり。

2017-02-15 17.30.21

熱燗やワイン、焼酎に発泡酒、ウイスキーなどありとあらゆるお酒が自動販売機で販売されている。サッポロ黒ラベルが人気のよう。

2017-02-15 17.30.25

その数台並んだ自動販売機の間にチーズや缶詰、スナック菓子などつまみを販売するスペースがあり、バックヤードにお兄さんが隠れるように待機。よっちゃんイカ40円発見。

2017-02-15 19.26.40
テーブルにはワンカップを利用した灰皿も大量に用意されていて何ともハードボイルドな雰囲気。レイモンドチャンドラーの小説の舞台のよう。大東京の懐の深さに感動する53才の夜・・・(続く)

千代田区有楽町2-4-4
03-3213-0436
営業時間: 17:00~24:00


カテゴリー 関東地区, 居酒屋 |
20 / 74« 先頭...2021...40...最後 »