居酒屋

明治屋

祝日は玉造にある娘の学校の文化祭に行く。。

女子高独特の華やかな雰囲気は見ているだけで幸せになる。思い起こせば30年前に同じ場所で文化祭を見に来た記憶がよみがえる。バトンの演武やクイーンコンテストなど年齢を忘れてしまうぐらいワクワクする。。

模擬店でいろんなものを作って販売している。加熱不足のアメリカンドックや生焼けのフランクフルト、かなりやばい冷凍焼き餃子。。。でもみんな寛容の精神と愛情を持って並んで購入。。素晴らしい。。。

適当に切り上げて天王寺のQ’sモールに移転した明治屋で昼酒をいただく。。。

創業昭和13年で日本を代表する居酒屋。移転の前は阿倍野の線路脇にあって路面電車の音や日差しが入って風情あるいい空気を出していたのは今はもう昔。。

お店の方は思いっきりタメ口の大阪のおばちゃん。熟女居酒屋。。。。。

入り口の看板やら玄関やらは以前のまま。。お店の中も全くそのまま。

一番の好みの湯豆腐はええ出汁に柚子がええ仕事をする。370円也

焼売は卵でひき肉を包んでいて熱々に蒸されている。見た目よりは脂っぽく肉の味が主張する。

これはビールにぴったり。

以前とは違いショッピングモールなので団体客が多い。。。しょうがないけど。。 周りの客がうるさいのでこの辺で退去する。ホントはこの後「ぬた」と熱燗で締めるんだけど今度にする。

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1ヴィアあべのウォーク1F

13:00~22:00 日休


カテゴリー 天王寺/阿倍野, 居酒屋 |

燗の美穂

焼肉の帰りに人気のない南船場界隈を徘徊。。友人から勧められていた日本酒居酒屋。。と言うよりもカウンター14席のみの日本酒バーといった感じか。

店名が面白く個人的にツボにはまってしまう。 お店は喫茶店の居抜きか何かで昭和を感じさせるレトロな作り。しかしとってもセンスがいい。

女性おふたりで切り盛りされていて店主さんがおそらく美穂さんと推察される。

付き出し三品盛り650円が朱塗りのお盆に乗ってでてくる。おからに茄子の炊いたん、あえ物。一見地味だがかなり上質。。

まず頑張れニッポン!まずは宮城県のお酒を燗していただく。

酒に合いそうな旬で新鮮な魚介類や野菜もいろいろ用意されているよう、しかし焼肉の後なので食事は遠慮。

日本酒の種類はかなり豊富。食前・食中・食後に分類されていてお勧めの飲み方も表記 店の照明も程よく。。。気持よく酔える空間をうまく作っておられる。

次回の再訪を約束して店を出る。

大阪府大阪市中央区博労町2-6-14

17:00~24:00 ※日曜15:00~22:00

水休

燗の美穂日本酒 / 長堀橋駅堺筋本町駅心斎橋駅


カテゴリー 堺筋本町, 心斎橋/四ツ橋, 本町, 居酒屋 |

北京

焼き鳥のあとは毎度おなじみ立ち飲みの「北京」に。あえて紹介するのも気後れするくらいの老舗。思い起こせばこの店で30年くらい飲んでいる気がする。。土曜日の晩は比較的ゆっくりしているので常連には烏賊の燻製を出してくれる。。少しうれしい。。 まず最初にズブロッカを一気でいただく。。舐める酒ではないものが飲みたかった。。胃のそこからじんわりとウオッカの香りがする。この後味がスピリッツの醍醐味。

そのあとはフォアロゼスのソーダ割り。。。

支払いは 「キャッシュ・オン・デリバリー」(客はまず千円札を1、2枚自分の前の金属製の皿に置くまさにヨーロッパのパブのシステムと同じ)。マスターは、客の注文した飲み物を届けるたびに、そこからカネを引いていく。。

この時点で名物の「エッグ」を所望。。お店のメニューのどこにもないんだけど昔からの名物。。昔は卵が一つだったような気がする。入れ物に卵をコンコン2個割り入れてコンロにかけるだけのシンプルさ。うすく塩をしていますが、お好みで塩かけてね。と丁寧なる説明のマスター。。

半熟だった玉子も、数分後には固めのスクランブルエッグ状態に外から内にかきまわして熱々をウイスキーソーダといただく。

半熟も美味しいしウエルダンも旨い。

受け売りだが北京と言う名前は先代の御主人が満州鉄道で働かれておりその中国への想いが高じて名づけたと聞き及ぶ。ちょうど新世界に「香港」という名前の大衆中華料理があってそこの御主人が「香川県」の「港町」出身で香港と名付けたと毎回行くたびに話してくれたのを思い出す。。(どっちでもいい話だが・・・)

ワインもとっても安い。300円から400円でそこそこのワインをいただける。少し高めのカウンターも昔ながら。立っていても全然しんどくない。他の客の飲んでいる姿もまるで座っているよう。ご主人もとっても誠実なお人柄でいい接客をされる

隠れた名物の「レーズンバター」はもちろん自家製。。レーズンの旨さが違う。レーズンバターではなくバターレーズンである。クラッカーの上にこんもりと盛られレーズンの比率がかなり高い。

嗚呼、幸せ。。。。。。。

天井には大きな扇風機があり店のあちこちにレトロな雰囲気が出ている。このお店の歴史を物語っている。客筋もよくワイワイ騒ぐ客はほとんどいない

常連客の飲み方は概してスマート。ささっと飲んでさっと引き揚げる。だから回転もとても早い。。スマートな飲み方を勉強できる希少なお店である。

大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F

 06-6311-2369 営業時間 : 16:30~22:40


カテゴリー 梅田/JR大阪, 居酒屋 |
63 / 70« 先頭...20...6364...最後 »