お店ジャンル

大衆酒場ニューサンカク

本町界隈でイケてる立ち飲みがあるということで友人と視察に行く。

コの字型のカウンターは20人くらい収容可能な感じでその真ん中でモヒカンの店長がしきりまくる。この手際の良さと目配り、フレンドリーな接客は学ぶべきところが多い。奥の厨房担当とドリンカーのヒップホップ系の兄さんの3人で切り回し。

生ビール、酎ハイ系は¥390~

ワンランク上のよく考えられた肴は¥290円~

とても柔らかなイタヤガイ390円。全く臭みがなくて片栗粉でカラリと揚げられいい塩気の「どじょう」は490円。。大人気の焼きしゅうまいは290円。きゅうりの古漬けは290円。。これだけのアテでビールを3杯言ってしまう。立ち飲みなんだけど店内がスタイリッシュで天井も高く、壁はコンクリートの打ちっ放し、カウンターも1枚板でとてもお洒落。

場所柄か女性のグループ客も多い。

若ごぼうの炊いたものは390円。プリプリの和牛ホルモン煮は490円。。そのほかにも魅力的なメニューが盛りだくさん。。会社の帰りに一杯飲むのにとてもいいね。

おしゃれな店にはおしゃれな人が集まるのね・・・これぞ原理原則。。

大阪市中央区瓦町4-5-4 マスザキヤ瓦町ビル 1F
16時~24時(土曜は22時まで)
日曜・祝日定休。


カテゴリー 本町, バル, 居酒屋 |

ニューハマヤ 瓦町店

本町に所用があり時間がない昼食にファストフードの代わりに表記の店を訪問。大きなカウンターとテーブル席でほとんどの客が焼肉定食(通称ダブダブ)を注文する。

肉の量と添えられたスクランブルエッグの量で価格が変わる。

メニューは
◆ダブダブ850円
◆トリプル1000円
◆トリダブ1100円
◆スーパートリプル1300円
◆ミックス1100円

ベーシックな「ダブダブ」は焼肉2と玉子2。「トリプル」は焼肉3と玉子1。「トリダブ」は焼肉3と玉子2、「ミックス(イカバター)」は焼肉2と玉子1とイカバターです。
「スーパートリプル」(1,300円)は内容不明なり。

カウンターの目の前の鉄板に山のように積まれた豚肉の細切れの焼肉は壮観。その横で次々と玉子を割ってバターや塩、大量の味の素で味付けしてスクランブルエッグを作る。注文が入ると肉を端からとってオイルで再度炒め塩胡椒とニンニク醤油、大量の味の素で味付けして提供。

焼肉の味は一言で言えば濃くて塩辛い。肉は細切れのボロボロで油っこくて化学調味料が前に出たなかなか渋い味付け。常連はこれにソースとタバスコをかけると聞き及ぶ。カウンターでは男性客がみんなむしゃむしゃ食べている。お櫃で供されるご飯はおかわり自由。

肉の味が濃いのでご飯がよく進む。。時分時なので客がどんどん入ってきて合言葉のように「ダブダブ」と注文するのはとても面白い。

おかげでご飯を食べ過ぎて血糖値が上がり眠たい午後になりました。。

大阪市中央区瓦町4-3-10
06-6231-8787
11:00〜14:00
17:00〜22:00
土・日・祝定休

過去のニューハマヤはこちら


カテゴリー 本町, レストラン |

Recover(リカバー)

このブログで飲み屋さんを記することはほとんどないんだけど地元でお気に入りのバーを掲載。南海本線の住吉大社駅を北に出て徒歩1分の路地にある女性オーナーのオーガニックにこだわったバー。

会員制とのことだけどそれほど敷居は高くない。お酒はオーガニックなワインや日本酒。漆喰の白壁に高い天井は界隈にない高級感を醸し出す。

残業をした後で自宅に帰る前の止まり木としてよく利用する。店内が完全禁煙なのもお気に入りの理由。清楚なマダムとの静かな会話も心地いい。

この日は食事をしていなかったので菜の花の昆布しめを所望する。湯がいた菜の花の春の苦味とかそけき香りとともに昆布の旨みが相まって体に優しい逸品となる。よく冷えた瓶ビールとの相性は抜群。

続いていつもいただくオーガニックなダミアン・コクレ ・ル・フー・ドゥ・ボージョを所望。オーガニックなので当然ながら有機栽培。舌触りはとても滑らかで優しい味わい。果実味も豊かでタンニンもしっかり効いていて飲みごたえもある。

このワインには伊賀牛のスジ肉を使用した赤ワイン煮込み。。これが絶品でフレンチ料理のシェフが裸足で逃げ出しそうな美味しさ。

手作りのレーズンバターやつまみも揃っていて上品にしっとりと飲むのににぴったりのお店です。

*初めて行かれる方は「ペロペロを見た」と言って下さいね〜

大阪市住吉区長峡町3-7


カテゴリー 住吉, 住吉公園, 住吉大社, カフェ |
1 / 15712...20...最後 »