岸里

新富士 本店

西成にある創業58年の表記の洋食店を訪問。南海本線 岸里玉出駅から西北に10分ほど 。近くにコインパーキングもある。

カウンター6席と奥にはテーブル。小さな調理場の中で男性3名女性1名で切り盛り。完全な家族経営。12時ごろから出前や来店がひっきりなしに続く。静かな住宅街なんだけどいつ行っても満席。

こちらはポークチャップ1600円がとても有名で日本一と言われる。いつもはエビフライ1400円をいただくんだけど久しぶりにポークチャップを所望する。ポークチャップは肉が焼けるまで少し時間がかかるみたいで注文するとお店の方から「10分ほどお待ちください~」って言われる。

カウンターから作るのをじっと見ていたら艶のある厚みのある(もち豚330gとのこと)ピンク色の豚肉に塩胡椒をして小麦粉をつけてフライパンで蓋をしてじっくりと焼き上げる。そこにソースを入れて肉に馴染ませる。最後にもう一度ソースをかけて出来上がり。

出てきたポークチャップはボリューム満点でビジュアルも美しい。まずはカリッとした食感。続いてもち豚独特のきめ細かくなめらかで自然の締りを感じることができる。歯ごたえと弾力はあるけど柔らかでジューシー。

咀嚼する度に豚肉の淡い味わいとデミグラスソースの焦げた独特の風味、コクが口いっぱいに広がる。

この店の秘伝のデミグラスソースは洋食屋さんのデミグラスソースとは少し異なるオリジナルな感じ。あっさりとしていて和風な印象。白ワインとか野菜、リンゴ等のフルーツ、牛骨などを2日かけて煮詰めて最後にケチャップで味を整えると聞いたこともある。

お店のスタッフさんの接遇や目配りも素晴らしい。58年の歴史は大したものだなと感心しながら店を出る。

大阪市西成区千本南2丁目3-5
06-6657-2121
11:00~14:30 16:00~20:00
水曜休み


カテゴリー 岸里, 玉出, 洋食 |

新富士本店

西成にある表記の洋食店を訪問。南海本線 岸里玉出駅から西北に10分ほど 国道26号線 岸里南の交差点を西へ3本の筋(田端公園を越えて)を右に2本目の通りを左に曲がった右手にある。

カウンター6席と奥にはテーブル。小さな調理場の中で男性2名女性1名で切り盛り。12時ごろから出前や来店がひっきりなしに続く。ポークチャップがとても有名で注文の半数を占めるよう。

私は好物のエビフライ1700円。有頭のかなり大きな2匹のエビが登場。カラッと揚がっていて食べ応えも満点。頭の味噌も美味しい。透明のソースが気になったが内容は不明。お店の方も親切でとても優しい。年季の入った何を食べても美味しいいいお店です。

大阪市西成区千本南2丁目3-5
06-6657-2121
11:00~14:30 16:00~20:00
水曜定休

 


カテゴリー 岸里, 洋食 |

越中屋 天下茶屋駅店

お茶のお稽古の帰りに表記の寿司店で晩御飯を食す。国道26号線岸里近くに大繁盛の本店があってそれとは別に天下茶屋の駅の高架下に持ち帰り専用のお店とこちらのお店がある。こちらも昔は立ち食いのお店だったけど今はカウンター8席となっている。寿司はアラカルトで注文するシステムで別に5貫1000円のセットもある。

まずは牡蠣のポン酢600円。。思いの外しっかりしていて美味しいのにびっくり。続いて赤足海老の酢の物700円。鰻の白焼き900円。生ほっき貝の七味焼き。どれも食材がいいのでとても美味しい。この他にも気仙沼のカツオのタタキやしめ鯖の炙り、タラ白子ポン酢など美味しそうなものがラインアップ。

握りは生げそから。タイラギ貝、赤足海老、甘エビの昆布締め、煮穴子、赤貝のひもでフィニッシュ。マグロも食べてはいないけどとても上質なものがネタケースに並んでました。飲んで食べて5000円くらい。。

電話番号や住所は不明・・・


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 寿司 |
1 / 1212...最後 »