岸里

角店(かどみせ)

天下茶屋にある表記の焼肉店を訪問。天下茶屋駅から国道26号線沿いを少し北に行ったところに位置する。お店は年季の入った外観でトタンの看板に引き戸で赤提灯が印象的。

店内は9席のL字カウンターのみ。真っ白のコック服の若いご主人とお母さんの2人で切り盛り。

とりあえずはナムル盛り合わせとスジポン酢380円を所望。 

まずは上タン1800円を注文。脂もしっかりとあって食べ応えもある。続いての上ハラミ1100円軽く炙っていただくと柔らかな肉質と旨味を存分に味わえる。

ツラミ750円赤身の味が濃くて筋っぽいコラーゲン部分もコリコリしてとても旨い。真っ白な脂をしっかりと残したテッチャンは張りのある極上品。

タレはとんがった醤油ダレと味噌をベースにしたタレを肉によって使い分ける。

続いて焼きセンマイ、テールスライス、サイコロ状にカットされたミノサンドでフィニッシュ。肉のレベルは界隈の店よりワンランク上のものをいただくことができる。次回はアカセンやバラをいただきに来る予定。

大阪市西成区花園南2-2-20


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 焼肉 |

らーめん工房 麺作

岸里にある表記のラーメン店を訪問。普段はラーメンはあまり好きではなくほとんど食べないんだけど友人に勧められたのでランチタイムに一人で向かう。

近くのコインパーキングに車を停めて信号を渡り店内に入ると木の素材と白壁にL字のカウンターで寿司店か割烹店のような雰囲気。メニューは塩そば、醤油そば。煮込み塩そば、煮込み醤油そばでメニューの違いはスープの異なり。この日は塩そば750円のデフォルトを所望する。

トッピングはしっかりと炙って脂を活性させた香ばしいトロトロのバラチャーシュー、角切りの柔らかいホクホクした食感のメンマ、白髪ねぎ、大判の海苔。。表面には鶏油が浮かぶ。

黄金色で透明感のあるスープは魚介なんだけどかなり和風で品のいい鰹節と昆布の旨味が後からどんどん押し寄せてくる。ブラックペッパーと三つ葉がいいアクセントになってメリハリも感じる。

麺はパツパツ加水率低めの硬めストレート平麺で噛み締めると小麦の味がしっかりと感じられる。

気がつくとスープ含めて完食。。ラーメンを食してスープを全部飲み干したのは久しぶり。54歳のおっさん好みの1杯でした。

食後は口直しに住吉大社近くのwa cofeeでベイクドチーズケーキをいただく。濃厚で食べ応えあり。バニラビーンズも入ったワンランク上の味わい。

オーナーマダムのミカさんは6月から3ヶ月間、外国に焼き菓子修行に行かれるとのこと。。今のうちにレッツゴー!!タルトもめちゃめちゃ美味しいよ。。。

大阪市西成区岸里2-3-3
定休日 日曜日
11:00~15:00  17:00~22:00


カテゴリー 岸里, 麺料理 |

Revo

無性にエビフライが食べたくなって天下茶屋の表記の店をランチタイムに訪問。天下茶屋だけではなく今や大阪中で有名となった黒毛和牛をメインとした洋食店。グランフロントにも店舗あり。。 昔は普通の洋食屋だったんだけど今や予約の取れない洋食店として大ブレイク。12年位前にこの店を知ってハマりまくった経験がある。

鹿児島産黒豚の塩トンカツや一頭買する黒毛和牛のステーキが有名。ランチタイムは巨大なエビフライの入ったミックスフライやハンバーグなどとのアソートセットが売り。

ランチのメニューは価格はどれもが¥1,600前後で提供。久しぶりに食べログを見たら口コミ数200を超えていてびっくり。この日はエビフライとカキフライのセットを所望。14時前だけどお店は満席。

広島産のカキフライは思っていたより大粒。味は普通・・・衣はサクサクで形状をみるとパンの耳を使った自家製パン粉を使用しているのであろうと推察される。。。酸味の少ない濃いめの自家製タルタルとの相性はとてもいい

天然物であろう有頭海老フライは大きなサイズで食べ応え満点。ブラックタイガーを使用。。。身はプリプリで頭の味噌も悪くはない。ダイエット中なのでご飯は控えめにして完食。。次回は夜に訪問予定。

大阪市西成区岸里1-3-21
06-6652-9536
営業時間:12:00~14:30、17:00~23:00
定休日:月曜日


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 洋食 |
1 / 1112...最後 »