岸里

新富士本店

西成にある創業53年の標記の店で一人ランチ。地下鉄四ツ橋線岸里駅から徒歩圏内。店の近くにコインパーキングあり。外観は昭和を感じさせる佇まい。カウンター6席と4人掛けテーブル2卓で奥に広い座敷。内装はかなり年季が入っているが掃除がきちんとされていてとても清潔感あり。家族経営でみんなそれぞれ役割がある。お昼時はいつも満席。

こちらのお店の看板商品は300グラムオーバーのポークチャップ。ニンニクの効いたドミグラスソースがかかった分厚い肉の塊を齧り付くと溢れ出る肉汁に皆が歓喜する。蒸し焼きにしているので柔らかく仕上がっているのにも驚く。普段はこのポークチャップかフラッグシップの「Aランチ」1800円((大エビフライ、ハンバーグ、とんかつ、ロースハム+ライス)を所望するんだけどダイエット中なので豚カツ1000円を所望する。

そしたら奥さんは「今日は日替わり定食(800円)が豚カツなのでそちらにしとくよ〜」とのこと。

2016-09-10-12-56-39

揚げ物の衣はサクサク。とんかつの肉も下ごしらえのよさが際立つ柔らかさ。肉は黒豚使用。醤油の味と赤ワインの香りがする少し甘めのデミソースもコクがあるのにとても軽い。肉は薄めだけど価格を考えれば充分。次回はポークチャップだけ食しにきます。

大阪市西成区千本南2丁目3-5
06-6657-2121 水曜休み


カテゴリー 岸里, 洋食 |

東インドカリー

自社ビジネスでレトルトカレーとカレーパンを秋に製造販売するので9月までカレーの研究をすることとなる。今回は地下鉄四ツ橋線の岸里駅北20mにあるカレーライス専門店。

2016-07-13 12.57.20

店のファザードはかなり怖い。店内はスナックの様な作りでカレー屋さんの見た目ではない。

メニューは名物の【カツカレー780円】をはじめ
:ビーフカレー 500円
:カツライス 650円
:チーズカレー 600円
:揚げチーズカレー 650円
:ネギのせチーズカレー 650円
:ブロコリーとポテトのカレー 650円
:イカ唐揚げカレー 650円
:ウィンナーカレー 650円
:鶏唐カレー 650円
:揚げナスカレー 650円
:キムチカレー 650円
:串カツカレー 780円
:野菜ミックスカレー 780円
:半々セット 800円
:Wとんかつカレー980円
ほかにトッピングやサラダ・一品など

当然カツカレーを所望する。最初に小さなカップに入ったみそ汁登場。味は普通・・・

2016-07-13 13.03.12

続いてサービスのうずらの卵の串カツ登場。これも普通・・・

2016-07-13 13.02.59

大きなサイズのカツが鎮座したカレー登場。ルーは粘度が高くもったりした感じ。果物や野菜の甘さも感じられながら油分が多くかなりどっしりとした味。スパイス感が後から感じるがカツの味でよくわからない。

カツが秀逸で肉厚の豚肉の肉質がいい。ラードで揚げられているので味にパンチがある。ボリューム満点で300gのご飯と一緒に食べると腹パンになる。東インドというのはインドの東という意味ではなく本物のインドという意味と記憶する。コロンブスがアメリカ大陸発見の際に大陸をインドと間違えたので西インド諸島というのがキューバの横にある。

しかし此方の店との関係は不明。車で訪問の場合は隣のスーパー玉出の本社ビルの裏の駐車場が30分90円。
大阪府大阪市西成区潮路1-7-8
06-6652-4679
定休日/日・祝日

2016-07-13 14.11.34

*帰りに長居の熟成肉で超有名な又三郎さんでこだわりのかき氷をいただく。生の苺を使用した苺ミルクはかなり上質。宇治金時やミルクもあります。カレーとかき氷で予定通りお腹壊した・・・

東インドカリーカレーライス / 岸里駅天下茶屋駅聖天坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 岸里, カレーライス |

天然鳥獣山菜魚料理 山女庵

友人20人で表記の店を貸し切りで訪問する。14年前からのお付き合いでお店に行くのは約3年ぶり・・・場所は天下茶屋駅・岸里駅から徒歩3分のアパートの1階。店名通り春は山菜・川魚、夏はすっぽん・うなぎ・鱧。秋はきのこ、冬は雉・鹿・猪と天然の食材を満喫出来る。料理は完全おまかせの予約制。
店内は板張りで、囲炉裏を囲んだ8~10人用のテーブルが2つ。料理は銘酒を含む呑み放題付きのコースのみで@9,500円。

2016-06-02 19.01.19

突き出しは丸太胡瓜の酢の物と空芯菜のお浸し。こちらのご主人は昨年お亡くなりになったと聞いてビックリ。今はご子息夫妻が脱サラして跡を継がれている。生前に彼と料理を作った後で一緒に杯を酌み交わしたのが懐かしい。生粋の自然人で飲食業界で敬愛していた料理人の一人だった。

2016-06-03 09.58.15

塩とごま油でいただくスッポンのレバーと心臓と卵。殻付きのものは殻ごと食べる。天然ものなので卵もかなり大きい。

2016-06-03 09.58.06

鰹のタタキは塩とニンニクで食す。鮮度もよくボリュームもたっぷり。ご主人は生前11月15日の本州の猟の解禁日に出身地の三重の青山高原付近の山にこもって雉、鹿、猪、見たことないようなキノコを穫りに行かれていたのを思い出す。

2016-06-02 19.26.28

お酒の持ち込みも自由でこの日は友人が名倉山を持参。1割程度残して帰るのがマナーなり。

2016-06-02 19.34.26

満願寺唐辛子と三度豆と小切り茄子の天ぷら。素材がいいのでとても美味しい。

2016-06-02 19.48.55

稚鮎の天ぷらは一人4匹ずつ。琵琶湖産で腸の苦みがとてもいい。

2016-06-03 09.57.54

巨大な天然鰻の登場。 長さ70センチくらいで圧巻の存在感。 天然うなぎ独特の歯ざわりと滋味が脳幹を刺激する。昔は和歌山の日高川産とよく言っておられたが今は不明。

2016-06-03 09.57.49

続いてメインのスッポン鍋。最初に洗い込んだ甲羅を入れるのがこの店流。骨についた細かな肉がおいしい。

2016-06-03 09.57.45

この頃になると酔いも廻ってお腹も一杯。養殖とは異なりしっかりとした身質の天然のスッポン鍋を堪能するまさに五感を揺さぶる内容。 最後は生米を入れて雑炊で仕上げ。

13327471_1057142027694547_6029981667604612633_n

トロトロに煮詰まった出汁は 天然ものならではの濃度。お腹も心も満たされた一日でした。

大阪市西成区岸里1−3−10
電話:06-6657-2292
営業時間:完全予約制
定休日:日曜・祝日


カテゴリー 岸里, 天下茶屋 |
1 / 1012...最後 »