岸里

ベトナム料理店 ホイアン

大阪メトロ玉出駅徒歩5分の場所にある表記のベトナム料理店を訪問。3年前から私どもの会社で働いてくれていたベトナム人実習生が結婚のために帰国するのでその送別会をベトナム人社員10名と一緒に開催。こちらのお店はランチタイムでは何度か利用したことがあるけど夜に伺うのは初めて。

西成の住宅街にポツンと佇むかなりいい雰囲気のファザード。大正時代の築100年の古民家をリノベーションしており綺麗な中庭を望む民泊も併設。店頭にはベトナム国旗やランタンが飾られていて、周辺とは少し異なる独特の空気を醸し出している。周りにコインパーキングたくさんあり。

店内は木造2階建てでベトナム中部の古都ホイアンの雰囲気満点がしっかりと醸し出されていて、ここでしか食べることのできない珍しいベトナム中部料理もたくさん用意されている。週末はフォーやおかゆなどがセットになった朝食も人気と聞き及ぶ。

店内はとても広く、店の一部分では食器やバッグ、サンダルなどのベトナム雑貨やベトナム食材が販売される。お客さんのベトナム人率もかなり高い。店内にはベトナム音楽が流れていてかなり本格的なしつらえとなっている。

店のあちらこちらではホイアンから取り寄せたランタンが200個近く灯る幻想的な雰囲気、古びた木材と黄色の壁はホイアンの町家の象徴。

特に美食の町であるホイアンやフエ、ダナンの料理が中心となっている。

素晴らしい雰囲気のお店で、女子は絶対に好きなはず。
料理は男性にも満足出来るよう、もう少しボリュームがあればなお良し。
ご馳走様でした!

料理はアラカルトが中心だけどコース料理2500円(9品)と3500円(11品)もあり。今回は2500円のコースを所望。飲み放題はプラス1500円。

照明が赤いランタンになっているのでどうしても写真が赤くなるのはご容赦ください。コースの扉はゴンクン(生春巻き)たくさんの野菜と海老が入る。続いてチャーゾー(揚げ春巻き)これらは甘すっぱいソースをつけていただく。続いて青パパイアのサラダ。海老せんべいとともにいただく。マムトムは揚げ豆腐で日本の厚揚げのような感じ。匂いの強烈なエビの発酵タレを少しだけつけていただく。シャキシャキの青菜のニンニク炒めは中華風。

豚肩ロースの屋台風串焼きはとてもスパイシー。続いてのチキンのココナッツカレー はフランスパンと一緒にいただく。海老のマヨチリソース、刻んだ豚耳に唐辛子を混ぜたスパイシーな煮こごり、ビーフンを使った混ぜ麺はアジア独特の魚醤タレでいただく。最後は温かいフォーでフィニッシュ。

しっかり飲んで食べてお腹いっぱいになり大満足で最後に記念写真を皆で撮って店を出る。。

過去のホイアンはこちら

大阪市西成区玉出西1−5−10
06−6659-1555
月曜定休


カテゴリー 岸里, 玉出, その他料理 |

新富士本店 3月

西成の表記の老舗洋食店を訪問。大阪メトロ玉出駅から歩いて10分ほど住宅地の中に位置する。すぐ横にコインパーキングあり。創業60年の地元に根ざした家族経営のお店でランチタイムは来店と近所からの出前注文がひっきりなしに入る。お店は昭和を感じさせるファザードと店内はカウンター5席とテーブル席、和風のエモい座敷もある。

狭いカウンター内ではご主人を含めた男性3名と女性1名で料理を提供して配膳係りが1名の布陣。揚げ物を中心としたメニューが中心で和牛を使ったステーキやたたき、網焼きなどの高額商品、オムライスやスパゲティなどの軽食もあって色々な使い方ができる。

名物はポークチャップ1600円で日本一の美味しさと断言する友人もいる。この日は揚げ物を食べたくてAランチ1850円を所望。

カウンターからは忙しく料理を作る姿が見えてとても楽しい。ご主人のフライパンを振る所作も芸術的。しばらくして着皿。有頭の大エビフライ、ハンバーグ、とんかつ、ロースハムとサラダ、ケチャスパにライスが付く。

小ぶりのハンバーグはナツメグ五香粉が入っていてふんわりと焼き上げられている。プリプリの大海老フライは自家製の甘口の黄色いマヨネーズとの相性も良く食べ応え満点。トンカツも肉の筋切りを直前でされるせいかとても柔らかくて美味しい。そしてデミグラスソースの優しいコクと味の深さがとても絶妙。

店いっぱいに広がる懐かしい空気感もとてもいい。お店の方も親切で美味しいものを食べてもらおうという気持ちがしっかり入った一皿に毎回敬服する。何時訪問しても素敵なお店です。。

過去の新富士本店はこちら

大阪市西成区千本南2丁目3-5
06-6657-2121
11:00~14:30 16:00~20:00
水曜定休


カテゴリー 岸里, 玉出, 洋食 |

新富士本店 1月

西成の表記の洋食店をランチタイムに訪問。創業60年を迎える地元に根ざした家族経営の老舗店。場所は四つ橋線岸里駅と玉出駅の中間地点くらいの住宅街に位置する。店の隣にコインパーキングあり。外観は昭和を感じさせる質素な感じで引き戸を開けて店内に入ると5つカウンター席とテーブル席が2つ。店の奥には座敷もある。お店は古いけどいつも掃除が行き届いていることに感心する。

カウンターの中の小さな調理場で男性2名女性2名が忙しそうに料理を作る。12時ごろからは出前や来店がひっきりなしに続く。揚げ物を中心としたメニュー構成だけど和牛を使ったステーキやたたきなどの高額商品もあって色々な使い方ができる。普段はレコメンドメニューのポークチャップをいただくんだけどこの日は揚げ物を食べたくてAランチ1850円を所望する。

しばらくして着皿。迫力満点の大きな有頭エビフライ、かなり柔らかくて味わい深いモチ豚を使用したヒレカツ、香草の効いた小さめのふわふわハンバーグ、ロースハムと生野菜で構成される。さらりとした少し甘めのデミグラスソースは和のテイストで塩味は控えめな感じ。ご飯との相性がとても良くていつも食べ過ぎてしまう。

揚げ物の衣はどれもサクサクで自家製の透明なマヨネーズもとても美味しい。食べた後の膨満感もあまりなくいつもながら気持ちよく店を出る。こちらもいい店だなとしみじみ思う。

過去の新富士本店はこちら

大阪市西成区千本南2丁目3-5
06-6657-2121
11:00~14:30 16:00~20:00
水曜定休


カテゴリー 岸里, 玉出, 洋食 |
1 / 1412...最後 »