岸里

Revo

無性にエビフライが食べたくなって天下茶屋の表記の店をランチタイムに訪問。天下茶屋だけではなく今や大阪中で有名となった黒毛和牛をメインとした洋食店。グランフロントにも店舗あり。。 昔は普通の洋食屋だったんだけど今や予約の取れない洋食店として大ブレイク。12年位前にこの店を知ってハマりまくった経験がある。

鹿児島産黒豚の塩トンカツや一頭買する黒毛和牛のステーキが有名。ランチタイムは巨大なエビフライの入ったミックスフライやハンバーグなどとのアソートセットが売り。

ランチのメニューは価格はどれもが¥1,600前後で提供。久しぶりに食べログを見たら口コミ数200を超えていてびっくり。この日はエビフライとカキフライのセットを所望。14時前だけどお店は満席。

広島産のカキフライは思っていたより大粒。味は普通・・・衣はサクサクで形状をみるとパンの耳を使った自家製パン粉を使用しているのであろうと推察される。。。酸味の少ない濃いめの自家製タルタルとの相性はとてもいい

天然物であろう有頭海老フライは大きなサイズで食べ応え満点。ブラックタイガーを使用。。。身はプリプリで頭の味噌も悪くはない。ダイエット中なのでご飯は控えめにして完食。。次回は夜に訪問予定。

大阪市西成区岸里1-3-21
06-6652-9536
営業時間:12:00~14:30、17:00~23:00
定休日:月曜日


カテゴリー 岸里, 天下茶屋, 洋食 |

台湾まぜそば はなび大阪本店

7月29日にオープンした表記の店を訪問。場所は国道26号線岸里交差点北西角を入ったところで交差点に大きな看板があるのですぐに判る。駅から徒歩3分。周りにコインパーキングもあるので交通の便はかなりいい。

台湾まぜそばの発祥店の愛知の「麺屋 はなび」からののれん分け。 看板メニューの台湾まぜそば以外にカレー台湾まぜそば、トロ肉のせ和え麺、キミスタ、塩油そば、普通の中華そば(塩・醤油)など。台湾まぜそばはニンニクの有無を聞かれるがよほどの事がなければマストだと思われる。

店内はカウンタ−10席のみ。平日のランチタイムは白ご飯のサービスあり。デフォルトの台湾まぜそば810円を所望する。着丼したまぜそばはミンチ肉、卵黄、葱、ニラ、刻みニンニク、魚粉のようなものがトッピングされそれを一気に混ぜ合わせていただく。

モッチリした麺は小麦の風味が感じられる全粒粉の極太ストレート。湯がいてるときに麺に傷をつけてタレが絡みやすくしているのを私は見逃さない・・・

魚粉の風味とキレのある醤油ダレとミンチとニンニクやニラ、卵黄が混ざりあって濃厚で油っぽくてパンチのある何とも言えないような辛いながらもジャンクな味となる。旨味もしっかりあってワシワシと頂く。。途中で卓上にある昆布酢を入れると味が一変して酸味と甘味が口に広がる。(一味唐辛子や胡椒もお薦めらしい)

最後に白ご飯を入れてもらって丼に残ったミンチと混ぜ合わせて〆とする。商品はよく出来ています。提供時間が長いけどスタッフさんの対応はかなりいい。近いうちに行列の出来まくる店になる事間違いなし・・・・

大阪市西成区潮路1-9-19
TEL:06-6657-6639
営業時間:11:30~14:30/18:00~21:00 /日11:00~14:00
定休日:月,第1火,第3火


カテゴリー 岸里, 麺料理 |

新富士本店

西成にある創業53年の標記の店で一人ランチ。地下鉄四ツ橋線岸里駅から徒歩圏内。店の近くにコインパーキングあり。外観は昭和を感じさせる佇まい。カウンター6席と4人掛けテーブル2卓で奥に広い座敷。内装はかなり年季が入っているが掃除がきちんとされていてとても清潔感あり。家族経営でみんなそれぞれ役割がある。お昼時はいつも満席。

こちらのお店の看板商品は300グラムオーバーのポークチャップ。ニンニクの効いたドミグラスソースがかかった分厚い肉の塊を齧り付くと溢れ出る肉汁に皆が歓喜する。蒸し焼きにしているので柔らかく仕上がっているのにも驚く。普段はこのポークチャップかフラッグシップの「Aランチ」1800円((大エビフライ、ハンバーグ、とんかつ、ロースハム+ライス)を所望するんだけどダイエット中なので豚カツ1000円を所望する。

そしたら奥さんは「今日は日替わり定食(800円)が豚カツなのでそちらにしとくよ〜」とのこと。

2016-09-10-12-56-39

揚げ物の衣はサクサク。とんかつの肉も下ごしらえのよさが際立つ柔らかさ。肉は黒豚使用。醤油の味と赤ワインの香りがする少し甘めのデミソースもコクがあるのにとても軽い。肉は薄めだけど価格を考えれば充分。次回はポークチャップだけ食しにきます。

大阪市西成区千本南2丁目3-5
06-6657-2121 水曜休み


カテゴリー 岸里, 洋食 |
1 / 1112...最後 »