平野

邯鄲小吃館 ダンショウチョカン

幻の出張中華料理料理人の井口氏の新店舗。ずっと前は住之江区の浜口町でされていてそこから平野区に移転し、最近までは屋久島で営業されていて本年になって平野区の国道沿いのお店で腕を振るわれる。

怪しげなその店は純喫茶の看板をそのまま使用。その他の目印はなし。貸切予約10名以上でお店を開ける。定員は15名まで。お酒の持ち込み等は自由で料理代金は5000円。中国のハンダンという町に3年間住み込んで料理修行した井口氏の家庭料理はとても優しい味わいで唯一無二のもの。

冷菜は天然ハマチのお造り。。プリプリの魚の身を醤油ベースの中華調味料でマリネして提供。

鶏の丸焼き。。長時間かけて焼き上げるんだけど。全て家庭用の調理器具で作るのがポイント。目にも留まらぬ速さで解体してくれる。

頭部分と舌と手の先は貴重品で主賓がいただくのがお約束らしい。。。私は遠慮したけど頭の中の味噌が美味しいらしい。。

ジャガイモの煮物は懐かしい味わいだけど中国的な味わい。

出汁と中国酒に漬け込んで蒸した有頭エビ、甘く炊き込まれ八角で香りづけした長ネギと椎茸、クミンシードのかかった人参など。。

酢蓮根も中国家庭料理の定番とのこと。スーパーマーケットで普通に並ぶ惣菜と言っていた、

柔らかく仕上げられた砂ズリの冷製。。

軽くボイルしたセンマイと赤い玉ねぎのサラダ仕立て。。こういった料理がとても美味しい。。

定番料理の乾燥湯葉とセロリ。。お酒が進みまくる。

温かい前菜はトマトと卵の炒めからスタート。。なんとも優しい味わいに参加者全員びっくり。。

青梗菜の豆乳と胡椒炒め。。これは無茶美味しい。。。。

レタスと羊の心臓のあんかけ炒め。。。羊は東京から仕入れるとのこと。。

干し豆腐で包んでいただく牛肉炒め。。手早く作るんだけどとても丁寧な仕上がり。

デザートではない海老とイチゴの炒め。。イチゴの酸味と海老が合うとのこと。創作料理ではなくて中国では一般的な料理だそう。

中国ではこのような名前の料理だそう。

今まで食べた餃子の中で一番美味しいと思う、皮から手作りするモチモチの水餃子登場。。黒酢のみでいただく。。皮の美味しさもさながら餡のジューシーさも比類がない。

屋久島のお土産も頂いてとてもいい夜になりました。

過去のハンダンはこちら

 


カテゴリー 平野, 中華料理 |

200℃

支店会議の帰りに女子社員君を連れて平野区にあるハンバーグ専門店を訪問。
ハンバーグと焼きそばの単一業態店。テーブルの真ん中に鉄板がついていて高級なお好み焼き屋さんのような感じ。

ハンバーグランチセットを所望する。
200gのハンバーグに選べる鉄板メニューとご飯と赤出汁がついて1000円。

2015-07-28 11.44.43

鉄板メニューはとん平焼きを所望する。内容は普通に美味しい。

ハンバーグはソースを数種類選べるらしくネギ塩、生のトマトをつぶして作るトマト、特製ソースの3種類があり、別に漬けダレがステーキソース、岩塩、ポン酢があるらしい。

ややこしいが多分食べ飽きないようにというお店の工夫であろう。店員さんお薦めのネギ塩をチョイスするとキッチンで焼かれた大きなハンバーグが運ばれてきた。

2015-07-28 11.44.03

思ったよりもボリュームもあり、鉄板でジュージュー焼かれながら食すのでシズル感も満点。下に敷かれたもやしも上質。たくさんの葱が乗ったハンバーグはサッパリしているが下味がしっかりついているので白いご飯との相性もバッチリ。大根おろしとポン酢の和風ハンバーグよりも上質感があると思う。

好みで言えば生野菜があれば嬉しかった。ハンバーグが300gだと1300円。昼までにお店に入れば女性に限りドリンク無料らしい。

大阪市平野区平野東3-5-23
06-6793-2004


カテゴリー 長原/出戸, 平野, レストラン |

万福

友人の給食会社の新工場を見学。広大な敷地に最新の調理設備を備えた稼動性、効率性、食品衛生など食品製造に関わるすべての問題を基準値以上大幅にクリアさせたものばかりで目からうろこ状態となる。学校給食を中心にこちらの新工場では一日12000食を製造。働く人も礼儀正しく私どもの会社の範となるような会社と確信。

2015-04-10 10.13.46

実際に提供されている給食を社長室で一緒に頂く。甘くてあっさりした味付けのカレーは万人受けする懐かしい味。使われている牛肉は国産の肩ロース。その他主菜でヘレかつ、副菜で国産のアスパラガスのシーチキン和え、オレンジなど・・・

大変勉強になりました・・・・

大阪市平野区長吉川辺3丁目19番6号


カテゴリー 平野, お弁当 |
1 / 312...最後 »