心斎橋/四ツ橋

ひろせ 4月

心斎橋の畳屋町の雑居ビルの1階にある表記の和食店を訪問。オープンしてからほとんど毎月伺っているヘビーユース店。店主の広瀬氏の作る蹴れんのない料理は何を食べても美味しいと思う。カウンターから炭火を使って様々な料理を作る姿を見るのも楽しみ。

広瀬氏はソムリエの資格も持っているのでワインや日本酒の造詣も深い。料理は月替わりのお任せコース11000円のみ。他店でいただくと2万以上はする内容。

先付けはパンパンに身が膨れたホタルイカ、貝塚産木積の筍の先部分、片栗の葉と花、独活、路地の木の芽を使った味噌が突き抜けた美味しさ。。

続いて稚鮎の天ぷら、タラの芽、一寸豆。辛味の少ない雪塩と自家製からすみをおろしたものでいただく。

続いての刺身用に愛知の生酒を所望。しっかりした飲み口がストライク。。

名物の刺身はコリコリ食感の脂のよく載った鯛のお腹部分、鯛の皮、大葉を射込んだ細魚、鯛の昆布〆、桜鱒の昆布〆博多押し、甲烏賊、赤貝が盛り合わせられる。飾りやつまなど一切使用しない豪速球かつ美しい盛り付け。

刺身2品目は脂乗りまくりの千葉産の金目鯛を炭火で炙ったものはポン酢で供される。日本酒が進みまくる。

煮物椀は旬のメバルを揚げたものと蕨、蕗、吸い口は路地の木の芽。かなり高級な昆布を使用しているのがわかる一品。

備長炭でレアに焼き込まれた桜鱒の木の芽焼きは鯛白子のソースで供される。あしらえはコゴメとスナップエンドウ。。

酢の物はアスパラとフルーツトマトの黄身酢かけ。ビロードのような口当たりの美しい黄身酢がびっくりするくらい美味しい。。

焼き肴は木積産の筍の下部分を炭火で照り焼きにしたものと鴨ロース煮。。春らしい逸品。筍の灰汁の少なさとクリアな味わいはブランド筍ならでは。

食事は桜エビを素揚げにしたものとワラビと碓氷豆のご飯。とても香ばしくて御代わり必至。

蓬のブランマンジェとイチゴのデセールでフィニッシュ。この日も大満足。。何をいただいてもワンランク上の美味しさ。コスパも素晴らしい名店です。予約必要。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

覇王樹(サボテン) 4月再訪

前回訪問してとても良かった印象があり友人と再訪。四ツ橋駅から南西に徒歩3分。北堀江ならではのかっこいいショップが並ぶ通りの一角にある。ランチタイムから夜まで通し営業なので昼飲みなどにもぴったり。日本に来て10年になるメキシカンのシェフの作る料理が本格的すぎでいつも満席が続く超繁盛店。この日はチリ人の女性シェフが挨拶しに来てくれた。

若いスタッフさんもとてもフレンドリーでこの日もメスカルを一杯サービスしてくれた。

暑かったので最初にフローズンマルゲリータ。。16時半までに注文すると全てのドリンクが半額。。とても滑らかで飲みやすい。。頭がキーンとなる感じが結構好き。

前菜のセビーチェは海老のレモン締めと玉ねぎ、パクチー、アボガドなどが入ったさっぱり激辛な一皿。トルティーヤチップスと一緒にいただく。

チョリソーのタコスとホロホロに炊いた豚肉が入った定番のカルニタスという名前のタコス(各500円)どれも日本人の嗜好に合わせられていて食べやすくてとてもいい。

ケサディージャはトルティーヤにチーズや具材を挟んで焼き上げたメキシカンピザ。色々な種類があるけどアボガド1100円をチョイス。

メスカルがかなり豊富に揃っているのにびっくり。。52種類のアガベを材料に色々な味わいのものが作られていて飲み比べるととても面白い。

前回の覇王樹はこちら

大阪市西区北堀江1-16-25

 


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, その他料理 |

二甲料理店

西区新町にある表記の店を訪問。四ツ橋駅2番出口から徒歩5分。路地を入った先に位置する2020年オープンの超人気店。。

店内はコの字の丸見えの厨房を囲んだオープンキッチンでとてもおしゃれ。音楽も今の感じでとてもかっこいい。オーナーシェフの前田氏は31歳。。料理はアラカルトのノンジャンルだけどイタリアンがベースのような感じ。

キッチンには4人のスタッフが入っていて忙しそうに料理を作る姿を見ながらお酒をいただく。

最初はフォアグラ テリーヌ1000円登場。フォアグラの間にナッツが鋳込んであり赤ワインのジュレとバルサミコ酢を付けていただく。玉ねぎで作ったペーパー状の煎餅もいいアクセントになる。

続いて山菜のフリット1000円は下にトンナートソース(イタリア風ツナマヨソース)が敷かれる。竹の子、蕾菜、行者ニンニク、三度豆など。。

こちらの店のスペシャリティがソースの海に浮かぶ「ニ甲のビシャカツ」2000円はインパクト抜群。ヘレ肉を使用でとても柔らかい。レアな火入れが秀逸。

ビシャビシャソースなので、ビフカツではなくビシャカツらしい。

お酒も珍しいものがたくさん揃っていて楽しい。この日は写真のバーボンをソーダ割りで所望する。

締めはアマダイの鱗焼きを乗せたリゾット1500円。。鱗と皮はパリパリで身はふわふわのアマダイの美味しさが突き抜けている。土日は15時から開いているのも嬉しいね。

大阪府大阪市西区新町1-8-10


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, イタリアン, 洋食, レストラン |
1 / 5312...20...最後 »