心斎橋/四ツ橋

ひろせ 11月

心斎橋にある表記の和食店を訪問。毎月献立が変わるのでそれが楽しみで2年くらいずっと通っている。たびに伺うのが楽しみ。カウンター6席とテーブル席2つ。献立はコース10000円のみ(以前は8000円)。ミシュラン店の「ゆうの」で修行された寡黙なご主人の丁寧な仕事ぶりを目の前で見ながら食事をするのが最高のご馳走。

先付けは松葉蟹、いくら、菊菜、とんぶり、松茸の和え物。蟹味噌を混ぜたジュレかかかる。いつも最初の一品が美味しすぎてノックダウンなり。。

続いてタラ白子のおかき揚げ。。サクサクの衣の食感と熱々トロトロの白子の対比が面白い。柔らかく仕上げられた蒸し鮑の肝添えと丹波の黒豆。

刺身は右から天然鯛と湯引きにしたものの昆布〆、細魚の大葉鋳込み、平目の奈良漬巻き、うおぜの湯引き、生のホッキ貝のマスタード添え、皮を炙った伝助穴子と鰆。これだけで日本酒が3合くらい飲めそうな感じ。

椀物は鯛の真薯と走りのかぶら。舞茸と軸三つ葉が添えられる。しんみりとした出汁の塩梅がとてもいい。

鰆の味噌漬けと原木椎茸の焼き物。金針菜と筍が添えられる。里芋を裏ごしたソースが秀逸。

車海老と柿とクレソンの胡麻和え。こういった普通の料理が普通より美味しい。。。

ミスジ肉のたたき。。炭でじっくりと肉を休ませながら火入れしているのでとてもしっとりとした食感。和風の赤味噌を使った角の取れたソースととても相性がいい。。

食事はカマスご飯。マコモ茸も入る。

デザートはサツマイモと南瓜の羊羹とイチジク、ピオーネ、国産の洋梨。。会計の時にこれだけの内容でこの値段といつも敬服する。。

おせち料理も2段で45000円でされています。(15個限定とのこと)私の知りうるおせちで一番コスパがいいと確信しております。。

過去のひろせはこちら

大阪市中央区東心斎橋2-8-23イケダ会館1F
06-7713-0543
17:00~翌0:00


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |

ふぐ蟹千年

ミナミの千年町にある表記の店を訪問。名前の通り河豚と蟹を同時にいただけるという珍しいお店。店内は全てセパレートされたテーブル席になっている。入り口にある生け簀には大ぶりの河豚が泳ぐ。。コース料理もあるけどこの日は好きなものをアラカルトで所望する。

何と・・お通しはアワビの煮物。。期待感が高まる。

続いてぶつ切り1500円。。白菜の柔らかい部分の上に厚く切られた上身と鬼おろしと葱。河豚皮も付いていてそれらを巻き込んでいただく趣向。。どういうわけか河豚の肝も添えられていた。。

名物の河豚の陶板焼き2900円(写真は2人前にとうとう身2人前2400円を追加したもの)最初に油とニンニクのスライスを大量に投下。。そのあと漬け込んだ河豚の身とアラを並べて韓国唐辛子を大量にかけまくる。軽く火が通ったらひっくり返して蓋をして蒸らせば出来上がり。

韓国味噌と刻んだ青唐辛子をつけていただくと今まで食べたことのない焼き河豚の世界に入り込む。とうとう身のゼラチンと上身のシコシコの歯触りの対比も面白い。くちばし部分やエラ部分なども入っていて食べ応えも満点。

河豚白子の醤油焼き1500円も格安の値付け。。期待を裏切らない味わい。。

てっちり2900円(写真は2人前)には活アワビが入る。アワビからいい出汁が出るということでしっかりと炊き込んで最後にわさび醤油でいただくという面白い趣向。河豚も新鮮でプリプリ。お腹いっぱいで雑炊までたどり着けませんでした・・・コスパも素晴らしいいいお店です。陶板焼きは是非おすすめ。

大阪市中央区東心斎橋2-3-3
06-6575-7637


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, |

作一 西店

ミシュラン1つ星に輝く作一本店の支店。内はカウンター11席。スタッフは総勢10名。
オープン直後から満席状態。場所はJALホテルの裏

メニューがびっくりするくらい豊富で、一通り目を通すだけでもたいへんだけどこれが楽しみの一つ。どんな料理か想像しながら気になるものを片っ端から注文する。

最初のお通しは茄子や南瓜、菊菜や秋刀魚など秋を感じさせるものばかり。この日はフランスのシャブリでマリアージュを楽しむ。

お造り盛り合わせは丁寧に骨切りされた鱧、煮アワビ、メイチ鯛、鯛の雲丹巻き、鰤、剣先イカなど

渡り蟹の酢の物。。綺麗に解して頂いているのでとても食べやすい。総じて量は少なめ。。

落花生ときぬかつぎと黒豆はサービス、カウンターの中のスタッフさんの手早い動きはドラマを見ているようでとても楽しい。

伝助アナゴの白焼き作り。レアに焼いた伝助アナゴを醤油のジュレをつけていただく趣向。

栗のグラタンはホワイトソースにも栗の濾したものが入っているのでとても風味豊かなり。針状に切った栗が天盛りにされる。これは本日のピカイチ。。

和牛ヘレの網焼きは醤油漬けにした山椒、辛子醤油、ネギ味噌のそれぞれを付けていただく。香ばしくて柔らかで痺れる美味しさ。。

器の下段にはあしらえの野菜。。

さえずり(鯨の舌)は柔らかでグミのような食感。。丁寧に戻してボイルして酢味噌とともに供される。

日本酒が残ったので豆腐の味噌漬けを所望。よくある料理だけどどこよりも美味しくて端正に盛り付けられる。

最後は鯖寿司とアナゴの寿司を一貫ずついただく。好きなものを好きなだけ頂いてお腹いっぱいになりました。。。

大阪市中央区西心斎橋1-10-3 エースビル 1F
TEL:050-5232-9362


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 和食 |
1 / 4312...20...最後 »