心斎橋/四ツ橋

ばらの木

1953年創業のミナミの周防町にある老舗洋食店。ドミグラスソースが看板メニューで25年くらい前はビーフシチューをこの店で頂くことが大人との出会いだった気がする。久しぶりに伺うお店は内装もほぼ変わらず。隣にバーがあった気がしたが今はもうない。当時はコックが6人くらいいたような気がする。

2014-02-13 12.31.25

2年前に一度お店を閉めたと聞いていたが今はメニューも変わって普通に営業。外観内装とも昭和な感じで私的には落ち着く空間。ランチタイムメニューのハンバーグと鯛の身が入ったクリームコロッケセット1200円を所望。店はカウンターのみ14席でシェフと見習いの2人でまわす。

夜は和牛ミンチのハンバーグ、ビーフシチュー、和牛へレ肉のビーフカツがウリらしい。

2014-02-13 12.16.34

野菜のポタージュは普通においしい。カボリャがベースであると思われるが見た目ほど濃厚ではない。

2014-02-13 12.23.27

ハンバーグはふわふわ。ナイフは使わずにお箸で頂く。和牛を使っているとメニューに書いてある。お箸を入れると肉汁が飛び出す。香り高くてまろやかなソースと相まってまさにプロの仕事である。懐かしさと昔の思い出が蘇る。

鯛のクリームコロッケも始めて頂いたがかなりクオリティーが高い。タルタルとの相性も悪くはない。店の方も愛想がよくて気負いなく美味しく頂くことが出来る。この店で一人で普通に昼ご飯が食べれるようになったのかと感慨に耽る冬の日の午後・・・

大阪市中央区東心斎橋1-16-14
06-6271-7417
営業:11:30〜15:00、17:00〜22:00
定休:月曜日

グリルばらの木洋食 / 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 洋食, レストラン |

大和屋 (お蕎麦の会)

新蕎麦の出るこの時期毎年恒例のお蕎麦の会にお呼ばれする。場所は心斎橋大丸北館にある明治10年創業の大和屋さん。日本を代表する老舗料亭の料理とその世界では知らぬ人がいないと言われる高橋邦弘名人の蕎麦のコラボは毎年大人気。私も今年で3年連続でいただく。

2013-10-09 14.08.50

献立の最初は水蕎麦。蕎麦をそのままいた出汁につけずにいただくという趣向。本来は御しのぎと言うか箸休めなんだけどあとから蕎麦がたくさん出てくるのを知っているので最初に頂く。。

2013-10-09 14.08.39

透明感のある蕎麦が空腹の胃に優しく入っていく。。ビールを頂きながら2段重になった上段のお造りから頂く。

2013-10-09 14.10.36-1

軽く一塩をして締めた鯛に焼き松茸。かぼすを絞っていただく。お造りの下には昆布で締めた大根が横たわる。これだけでも大和屋さんの仕事というのが一目瞭然。端正な盛りつけは食するのがもったいないくらい。

2013-10-09 14.10.41

ズワイ蟹の棒肉と蒸しアワビの盛り合わせ。蕎麦で作った松葉の下にはほうれん草の浸し。かかっているソースは柿酢。何とも季節感のある取り合わせである。

2013-10-09 14.10.45

酒肴盛りあわせは味噌を入れて焼き上げたカステラ玉子。河内鴨を串焼きにして山椒をかけたもの。巻大根に銀杏、慈姑など。これも季節感たっぷり。

2013-10-09 14.20.27

焼肴は高級魚の白甘鯛。上に乗っているのは唐墨。火の入り方も完璧。お客さんは結構若い方も多い。。

2013-10-09 14.27.11

炊きあわせとして上質の穴子を柔らかく炊いて海老芋に乗せたもの。餡の加減が完璧すぎる。

2013-10-09 14.31.22

天ぷらは大振りの車エビ。やはりこれが一番美味しい。鱧の鳴門揚げといちじくの天ぷらもこの時期ならではのもの。

2013-10-09 14.09.43

そしてここから高橋名人の世界が始まる。今回は御弟子さん2人をつれて来阪。ニコニコしながらも真剣に蕎麦を作る。名人が作るそばはすべて二八といっておられた。蕎麦はいろいろな地方のものをブレンド。表皮を剥いて丸ごと自家製粉。新蕎麦だけで作ると味が良くないと言っておられた。

2013-10-09 14.10.10

良い材料を使うことが一番とも言っておられた水も汁もすべて広島の自身のお店から持ってきているらしい。また「自分のそばが日本で一番おいしいとは思っていない」という謙虚な意見。「自分が美味しいと思うそばを作り続けている」とのこと・・・

確かに私が美味しいと思う蕎麦は地元でもいくつかあり比較対象することは好みの問題もあり難しい。しかしこの名人の打つ蕎麦は白くかつ薄緑に光り輝いていて細い割りに弾力とコシがあり蕎麦の香りもあとから鼻に抜ける。

2013-10-09 14.40.58

見た目は頼りない感じだけどしっかりと蕎麦が主張する。出雲や福井の単に固い蕎麦とはレヴェルが違う。ただの蕎麦なんだけどアーバンな空気を醸し出す。上質のかつおの香りがする汁も柔らかで思ったよりも辛くなく添加物臭の全くしない尖った部分を感じないものとなっている。

薬味はまったく必要としない。。麺線の整い方も美しくビジュアルも美しい。当然舌の上においたときにざらつきもなく口触りよくスルスルと喉に入る。。

2013-10-09 15.02.11

甘味は蕎麦の実が入ったぜんざい。お昼に洋食での会食があり昼食ダブルヘッダーのために完食できず。しかしよく出来たお蕎麦であった。。。


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 麺料理, 和食 |

花宴

お世話になっている先輩から紹介いただき平日のピーク時に表記の中華料理店を訪問する。この店は南堀江で住み働く人の御用達のお店でマンションの奥まったところにあるんだけど、この日もマンションの外まで行列ができていた。

客層は近くのビジネスマンや学生、近所の住人といろいろ。「どのメニューを選んでも間違いないよ」とは相席をしたご夫人の弁。お店はカウンター6席とテーブル席20席。

日替わり定食680円が人気

月曜日/マーボー豆腐

火曜日/八宝菜

水曜日/酢豚

木曜日/豚肉のネギしょうが炒め

金曜日/肉団子の甘酢あん

土曜日/小エビのチリソース

とのこと。白ご飯を 焼き飯に変更するとプラス120円。横のテーブルのアパレル系女性3人はそうされていた。

2013-09-04 12.24.46

店内はどういうわけか異常に麺類注文率が高い。味噌ラーメン、ねぎラーメン、冷麺など12種類。ラーメンは530円でその他の麺はすべて630円。あちこちで麺をすする音が聞こえる。

お店は調理担当の店主(いかつそう・・)と奥さんの2人で切り盛り。忙しく手際良く調理するマスターは一切しゃべらずに黙々と料理に専念。

2013-09-04 12.41.10

今回の訪問目的はこの店の奥さんの客さばき。何と言ってもMax26名の客すべてを一人でコントロール。水を出して注文を聞く、ご飯をついだりご主人の盛りつける食器を用意したり片栗粉を溶いたり・・・・その間に客を見ながら清算や器のパッシング。。

客が何を注文したのか顔で覚えているので伝票は不要。もちろん食器洗いも奥さん担当。。二人三脚状態でお店をまわしまくる。客の顔を見ていると皆満足そう。。

2013-09-04 12.30.43

この日の日替わり定食は酢豚。ライス、漬けもの、サラダ、オレンジ、マカロニサラダ、蟹の爪フライ、厚揚げの肉味噌のせ。。。これが一つの箱に詰められ、さらにスープ付き。。。これで680円とはコスパが素晴らしすぎる。

酢豚はきちんと作られていて価格からすれば充分な品質。今度は麺類食べにいこう。。「ごちそうさまでした。。」いい勉強させていただいた。

西区南堀江1-20-23ダイアパレス堀江公園1F
06-6531-3981
11:00AM~3:00PM 5:00PM~10:00PM
(休)日、祝

花宴中華料理 / 四ツ橋駅西大橋駅桜川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


カテゴリー 心斎橋/四ツ橋, 中華料理 |
20 / 37« 先頭...2021...最後 »