扇町/天満

ダパイダン105(da pai dang 105)

天満駅徒歩5分の路地に最近できた台湾屋台風の点心の店。いわゆる中華バルの業態。台湾語か中国語が飛び交うので多分現地の人が作っているのだと思われる。ザーサイは無料だけどかなり塩辛い

最初にドラゴンハイボールという紹興酒をソーダで割ったものをいただく。コップは紙だけどあまり気にならない。

ピータン豆腐350円は思いの外ピータンが上質だったことが嬉しい。お酒が進みまくる一品。

看板料理の自家製焼き小籠包は4つで480円。最初にてっぺんに穴を開けて激熱スープを吸う。続いてパリパリに焼き込まれた皮にかぶりつく。餡もジューシーでとても美味しい。食べだすと止まらない美味しさ。続いて開けた穴に中国醤油や黒酢を垂らして一気にいただく。上顎を火傷しそうに鳴りながらお酒を流し込む。スパイシーな辛みの豆豉辣油と一緒にいただいてもいい。

干貝焼売430円は思ったより普通だけど豚肉がとてもジューシー。貝柱の味はあまりわからなかった・・・

海老蒸し餃子350も普通。。でも価格を考えると十分な内容。。。焼き小籠包はテイクアウトもできるけど出来立てがおすすめです。

大阪市北区天神橋5-1-1
06-4792-7141
11:00~23:00

*大阪でも緊急事態宣言発令と不要不急の外出を控えるため明日からぺろぺろ日記少しだけお休みさせていただきます。本来でしたら営業されているお店の応援のために継続したかったのですがかなわなくて・・・すいません

 


カテゴリー 扇町/天満, 中華料理 |

千草

休みの日に不要不急の用事で天満に行く。ランチタイムに表記の有名店を訪問する。駅から2分の路地の中にあるんだけど普段は夜だと1時間待ちの行列がいつもできる女性ばかりで運営する超人気の家族経営の店。以前の店員さんの話しによると70年続いていると言っていた。

お店は昭和感満載で間口は小さいけど奥がとても広い。入り口に大きな鉄板があってそこで司令塔の姉さんが焼きそばや持ち帰りのお好み焼きを焼きまくる。。デシャップの役割も兼ねていて店を回す的確な指示も見ていて気持ちがいい。

数人のフロア係の姉さんもテキパキしていて交代で9個ある4人がけのテーブルをキビキビと廻りまくる。

瓶入りの酎ハイとともにまずは焼きそばを所望。豚、イカ、海老の入ったちゃんぽん焼きそば1050円は濃いめのソースがたっぷりとかかった懐かしい味。

看板メニューの特上豚ロースの入った千草焼き1050円。この店ではお好み焼きは自分で焼くんだけどこれだけは生地が違うので最初から最後まで店のお姉さんが担当(これだけは生地にかつお出汁と別に豚骨スープが入っていると昔聞いたことがあるが確かではない・・・)柔らかい生地の中に大きなロース肉が入っていて中火でゆっくりと放置しながら蒸し焼きにする。。

両側を焼いたら仕上げに3分くらい焼き込んで再度ひっくり返して2分で出来上がり。マヨネーズ、辛子、ケチャップ、ソースをかけて最後に芥子の実をかけていただく。

キャベツの甘味が特徴的な生地は表面はぱりっとしながらもしっとりふわふわ。甘辛いソースが酎ハイと相性ぴったり。。来店客は半分くらいだったけどテイクアウトの注文が入りまくりでずっと電話が鳴りっぱなし。。繁盛店はやっぱ違うなと思った日でした。

北区天神橋4−11−18
06−6351−4072
11:30〜21:00
定休日 火曜日

 

 


カテゴリー 扇町/天満, お好み焼き |

肉バカ研究所

ユニークな店名の天満の店を朝ランの後ランチタイムに訪問。駅を降りて北に向かって歩いて路地を入ったところに位置する。3坪店舗で4テーブルの極小店舗。2テーブルは建物の軒先となっていてビニールシートに囲まれる。肉は黒毛和牛を使っているので値段は少し高め。

まずは神戸牛マルシンステーキ180g。あっさりした醤油だれでいただく。赤身肉なんだけどきめ細かな脂分も感じられてとても美味しい。さっぱりとした後口も秀逸。

名物のロース肉の焼きしゃぶ。甘辛い醤油だれのかかった薄切り肉をさっと炙って玉子につけて頂く。焼きすぎないようにレア状態で玉子につけて頂くと肉の脂の甘みが口いっぱいに広がる。

味噌ダレに漬け込んだ和牛のハラミ肉。柔らかくて香ばしくてずった食べ続けたくなるような味わい。途中でチシャを注文して包んでいただく。総じて予想よりも上質で美味しくて大満足。リピ決定の店です。。

大阪市北区天神橋5-6-3
06-4800-2989


カテゴリー 扇町/天満, 焼肉 |
1 / 1612...最後 »