料理ジャンル

桜富士山 8月

私が現在大阪で一番美味しいと思っているスパイスカレーのお店。以前は住吉区の細井川というところの住宅を改装して営業されていてそのあとはあちこちで間借り営業を続けられ営業時間や営業日も不定期だった。しかしながら今春に阿倍野筋の播磨町交差点北側30mの以前は巻き寿司専門店だった「こたろう」の跡地に静かにオープン。

カウンター4席のみの狭小なお店だけどミールス(カレー定食)はもちろん夜はタンドールを使った焼き物も提供。。アルコールも充実でビール、シャンペン、ハイボールはもちろんのことオリジナルの傑出したいろいろなチュウハイが揃う。

店主の玉井恵さんは東京の「デリー」「ダバインディア」「カマルプール」といった老舗インド料理店で修行。インドにも武者修行に行かれた経験もある。今回はディナータイムに一人で訪問。

茄子のアチャールはスパイス感満載の酸味のあるインド版のお浸しのような感じ。これだけでビールが2杯は飲めそうな感じ。

砂ずりを低温の油で火入れしたもの。クセもなくとても柔らかい。。パクチーがいい仕事をする。。

海老と蛸のスパイス和え。。。辛味と味が深すぎてどう表現していいのかわからないチリソースのような感じなんだけど複雑な絡みがなんとも言えない。。

小麦粉を丸めて中にチーズと生のイチジクとゴルゴンゾーラチーズを入れて伸ばして焼き込んだチーズクルチャは驚くほどの美味しさ。日本の「おやき」の大きい版のような感じなんだけど中身はチーズ、高菜などいろいろなレパートリーがある。

オリジナルドリンクもいろいろ今回は看板メニューの「桜富士山」と「ホーチミン」「デリー」をいただいた。内容はお店に行ってからのお楽しみ。。

オリジナルカクテルはほとんどがキンミヤの焼酎がベースとなる・・・

最後に新鮮なムール貝のカレーをいただいてフィニッシュ。。深遠で複雑怪奇な味わいはこの店ならでは貝の旨みもしっかりと感じられて大満足。。営業時間などは桜富士山のツイッターかインスタグラムで調べてちょ。

過去の桜富士山はこちら

大阪市阿倍野区万代1-6-3


カテゴリー 北畠, 西田辺, 姫松, カレーライス |

双葉

天王寺で映画を観た帰りに一人でキューズモールにある表記の店に立ち寄る。関西風の鰻料理店でお気に入りの店の一つ。鰻も美味しいけどおはぎも有名。。小ぶりの「こはぎ」という商品がちょっとした手土産にちょうどいい。

最初にビールと鰻ざく1300円。しっかり焼き込まれた鰻とシャキシャキの胡瓜が暑気払いにちょうどいい。

鰻巻き小750円もビールのアテにぴったり。ふわふわに焼かれた玉子に幽けき量の鰻が入る。

鰻巻きを食べ終えたのを見計らって白焼きを焼き始める。炭火でしっかりと焼き込まれた三重産の鰻は皮がパリパリの仕上がり。。目の前で頑固そうなご主人が一心不乱に焼いてくれる姿もご馳走のうち。

出てきた白焼きはわさび醤油でいただく。蒲焼きよりもしっかりと脂分が感じられて鰻を食べている気分になれる。しっかりと焼き込まれているので小骨は全く気にならない。尻尾の部分が好物。気がつくと麦焼酎のロックを3杯飲み干していた・・・・

この日観たライオンキング吹き替え版が思いの外よかった。。。

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1ViaあべのWalk ノースエリアB1F
06-6556-9428
営業時間11:00〜21:00
定休日火曜日

前回の双葉はこちら


カテゴリー 天王寺/阿倍野, |

ふくの助

居こごちの良さとコスパの素晴らしさで最もよく利用する表記の河豚料理店をお盆に訪問。夏の間は普段6800円の焼き河豚のコースが4800円とお得になっている。(8月末まで)

毎回同じメニューなんだけど全く食べ飽きないのが不思議。。

突き出しは河豚皮とゆるゆるのゼリー寄せ。熟成感のある刺身もとてもいい。養殖河豚使用だけどとても大きな上質のものであると推察。

焼き河豚登場。。写真の塩にんにく味と醤油味、味噌味を選ぶことができるんだけど間違いなく塩の入ったごま油でいただくにんにく味がオススメと思う。色々な部位が入っていて味の妙を食べ比べるのもいい。

名物の冷のヒレ酒をいただいてそのあとは日本酒をタイプ違いを2種類所望する。

河豚鍋登場。。大きなアラ身は食べ応え満点。

最後は雑炊とデザートでフィニッシュ。。。いつも大満足・・・女将さんは女優の水野真紀さんそっくり。。

過去のふくの助はこちら

大阪市阿倍野区阪南町1-47-24
06-6621-1129
営業時間: 17:00~23:00


カテゴリー 昭和町, |
1 / 96812...20...最後 »