料理ジャンル

天麩羅処ひらお 天神店

福岡に日帰り出張。到着してすぐに天神にある表記の店を訪問。現在福岡に7店舗展開中。10時半の開店と同時に満席。10月にオープンしたらしく明るく清潔感のある店内。
最初に食券を買って店内の椅子で順番待ち。

程なく案内いただき厨房を囲むコの字のカウンターに食券を置くと天麩羅が一品ずつ運ばれてくる仕組み。ほとんどの客が定食を注文していたけど私は焼酎とアラカルトの天麩羅のみにする。

名物の取り放題のイカの塩辛をつまみながら天麩羅を待つ。柚子の皮が入ったマイルドな味付けで塩分控えめ。

最初の白身魚140円はなんの魚かわからないけどホクホクの仕上がり。大ぶりのエビ220円は食べ応え満点。プリプリの食感もとても素敵。穴子の1本揚げ380円、鶏モモ140円もカリカリの仕上がり。ふわふわの帆立貝170円、コリコリの烏賊140円でフィニッシュ。低価格なのに素材の良さが際立つ大衆天麩羅でした。

焼酎も500円で2杯分あってコスパ最高。。。今や福岡のソウルフードなり・・・・

福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡地下2F
10:30~21:00 ※要確認
年末年始休み


カテゴリー 九州地区, 天ぷら |

かど家 12月

長居のりらくるでマッサージをした後いつものように表記の店で一人焼肉。。最近はいただくものも固定化してきているので店員さんが座れば黙って持ってきてくれるようになった。

オススメの商品を聞くと丁寧に教えてくれるし和牛と外国の肉とをちゃんと区別して販売しているので用途によって注文の仕方を変えることができるのも嬉しい。大衆焼肉店なんだけど一定ののクオリティーをきちんと保たれているため最近ヘビーユースしている店の一つ。

いつものように和牛のリブロースを1枚150〜180gを所望。ナムル盛りとサンチュのサイドメニューもお約束。

網からはみ出すくらいの大きなサイズのリブロースは食べ応え満点。多分利益のないサービス商品なのであろう。表面だけ軽く炙ってサンチュでナムルと肉を巻いていただくととてもさっぱりしていくらでもいただける。

ドリンクはハイボールを2杯いただいて会計はいつも税込3500円。。

焼肉や脂の多い食事をした時はサンフランシスコ在住の美容の仕事をされている友人にいただいた「ALLI(アライ)」というサプリを飲むと40%の油が排出されるとのこと。愛用しています。

大阪市阿倍野区西田辺町2-1-22
営業時間 12:00〜14:00 17:00〜23:00

過去のかど家はこちら


カテゴリー 鶴ヶ丘, 長居, 焼肉 |

いいくら 12月

西天満にある表記の和食店を友人弁護士と訪問。南森町駅から徒歩5分。割烹と居酒屋の間くらいの感じの店なんだけどご主人は北新地の人気割烹『纐纈(こうけつ)』さんのご出身で普通によくあるアラカルトメニューの商品が総じて美味しくて美しいのが特色。
店内はカウンター8席、半個室2部屋。。今回はカウンター席にて7000円のコースメニューを頂戴する。

座付は鰆の蕪蒸し。濃いめの銀餡とおろしたかぶらとの相性がとてもいい。

コッペ蟹に酢ゼリーをかけたもの。器もこだわったものが多くシンプルで外連のない仕事や盛り付けがとても美しい。

煮物椀は蓮根まんじゅうに蟹餡をかけたもの。三つ葉やワサビなどの薬味もいいアクセントになる。

刺身は熟成をかけたクエ、旬のヒラメ、甘々の粒貝、皮付きのハリイカ、北海道のウニ、天然ぶりの6種盛り。無駄を排除した盛り付けの美しさもお見事。

焼肴はブリの照り焼き。普通の料理が普通以上に美味しいものが私の年齢になると一番嬉しい。皮目はパリパリに火入れされてで脂がじゅわっと滲み出る。

北海道仙鳳趾のカキフライ。手づくりのタルタルも凄くいい。。

赤なまこはカットして軽く火入れして茶ぶりにして供される。とても滋味深い出来栄え。麦焼酎が進みまくる。

和牛のモモ肉を使ったローストビーフは舌の上で脂が溶けまくる。肉料理が美味しいこともこちらのお店の特徴。この後、じゃこご飯と留椀、香の物が出されたがダイエット中のために遠慮する。

何をいただいても「美味しいねえ〜」と声が出るものばかり。若いスタッフの接遇もとてもいい。ご馳走様でした〜。。。

大阪市北区西天満3-7- 20
06-6314-6747
営業時間 17:00~24:00(L・O23:30)
定休 日 日曜日

過去のいいくらはこちら


カテゴリー 西天満, 和食 |
1 / 91412...20...最後 »