昭和町

s.201

昭和町にある表記の点心の店をランチタイムに訪問する。普段は夜にウイスキーを飲みながら小腹がすいたら点心注文というバー使いで利用するんだけどこちらの点心が美味し過ぎて晩ご飯を食べたあとなのに更に食べまくってしまうのが常で困る。

場所は地下鉄昭和町駅4番出口から徒歩1分のミスタードーナツの入るピンクの築50年のおんぼろビルの2階。店名は昭南ビル201号室の意味。同じビルには個性的な店がたくさん入る。

かなり穴場の店なんだけど昼時は女性客で大賑わい。福臨門出身のサービス担当オーナーと料理長の2人で切り盛り。昼時はオーナーの奥さんもお手伝い。

昼のコースは1500円と福臨門のシグニチャーメニューの餃子スープのついた2000円のコースの2種類。この日は1500円のコースに好物のハチノスのスパイス煮込みをアラカルトでつけて頂く。

最初に出て来るスープは香港や銀座の福臨門とほぼ同じものが味わえる。私は香港に行くときは九龍の店か香港島の店に必ず行くようにしている福臨門マニアでそちらで頂く1人前2000円の餃子の入ったスープと自家製の透明感のある味わいのピータンは他に類のないものである。

金華ハムやいろいろな食材をじっくりと蒸し煮にしてつくる上湯は塩分控えめの澄んだ味わいながら驚くほどのコクがある。中華料理でシンプルを極めるとピュアになるという言葉があるがまさにこのスープにぴったりである。小さなワンタンとユリの花の芽の金針菜や茸が添えられる。

最初に皮の薄めの小籠包と生姜の入った鶏肉餃子は生姜の入った紅酢と辛味のある醤を薬味としていただく。海老餃子は期待通りプリプリで野菜餃子はセロリや白菜、椎茸などたくさんの野菜がぎっしりと入る。プロッコリーに貼付けられた海老とイカのすり身の卵白和えも絶品の美味しさ。このあと揚げワンタン、中華ハムと干海老がよく効いたプルプルの大根餅も上質。最後はモチモチの水餃子で〆。すべての料理が一品ずつ丁寧に熱々の出来立てを提供して頂けるのも嬉しい。

食後は近くのガロート珈琲がおすすめです。
過去のS.201はこちら

大阪市阿倍野区阪南町1-50-28 昭南ビル2F
050-5785-0719
ランチ11:30~14:30 / ディナー18:00~24:00
水曜日定休


カテゴリー 昭和町, 中華料理 |

雷光 6月

昭和町にある表記のちゃんこ鍋店を訪問。毎年、冬のシーズンはずっと満席が続く超人気店。夏の間も鍋以外の季節の料理を中心に地元客で大賑わい。この日は2階の広間を借りて鱧鍋(単品2400円)の宴会。

最初にカンパチ、鯛、帆立、鱧の盛り合わせ。一切れが通常の2倍くらいのサイズがあって口に入れるとモゴモゴするくらいの食べ応えがある。お造りだけでお腹いっぱいになりそうな感じ。

鱧鍋は最初に焼いた鱧の骨と鰹節でとった出汁で野菜を煮上げる。メークイン、淡路島の新玉ねぎ、牛蒡、青葱をドカンと入れて野菜の旨味をしっかりと出汁に移す。

その後で鱧を1枚ずつ投入。火入れの時間は沸騰した出汁に入れて皮目を15秒、身の部分を7秒というのが私たち業界人の常識。牛蒡や葱の旨味が入った出汁を鱧の身がしっかり吸い込む。柚子胡椒を少しつけると鱧の甘味がより引き立つ気がする。脂ののりは今ひとつだったけど鮮度がいいので美味しく頂ける。麦焼酎との相性がとてもいい。

〆は素麺を入れる淡路島方式。鱧もお酒もたくさん頂いてお腹いっぱい・・夏の鍋も暑気払いにいいものです。。

食後はすぐ近くのお店でサントリーの新商品「田崎」を頂いて帰宅しました。。

過去の記事はこちら

大阪市阿倍野区阪南町2-4-22
TEL 06-6623-0917
月曜定休


カテゴリー 昭和町, |

麺工房 北の

市営地下鉄・昭和町駅の1番出口すぐ近くの表記のうどん店を昼間に訪問。苗代小学校の歩道橋の筋を東に入ったところに位置していて入り口から見える製麺室がなければ一見してうどん店には見えないシュッとしたファザード。

和モダン系のテーブル席中心の作りでBGMにはジャズが流れる。そのせいか地元の女性客が多い気がする。お店のスタッフさんに一番良く売れる商品を聞くと「鶏天ぶっかけ840円」との事なので迷わず所望する。

着丼したうどんは太目のモチモチ系でツヤツヤしたビジュアルでビューンと伸びるタイプ。程よいコシと熟成感、飲込んだあとにふっと感じる小麦の風味は2種類の小麦粉をブレンドしていると聞き及ぶ。

具材は刻み海苔、カイワレ、鰹節、刻み葱としっかりと漬け込まれて下味のついた柔らかい鶏天。少し甘めの出汁に貝割れ大根の辛味がうまくマッチする。

夜はうどんすき鍋や居酒屋メニューもあっていろいろな使い方が出来るようです。

大阪府大阪市阿倍野区昭和町1丁目4
06-6621-2600


カテゴリー 昭和町, 麺料理 |
1 / 1512...最後 »