昭和町

ふくの助

御堂筋線の昭和町駅2番出口から徒歩1分にある表記のふぐ料理店を某団体の会合にて訪問。扱いは養殖のふぐなんだけどコスパも良くて、よく肥えた泳ぎのふぐを楽しむことができる私がヘビーユースするお店。

いつものように税別5800円の焼きふぐのコースを所望する。いつも同じコース料理を注文して同じものを食するんだけど何度いただいても飽きることがない。他には鍋のコースもあり。。

看板料理の焼きふぐは2種類。写真は2人前ずつの盛り込みでこれを4人でシェアする。韓国産の唐辛子がかかったニンニク塩ダレが個人的にお気に入りで、骨の部分、上身の部分、とうとうみ、身皮と部位によって食感と味わいが異なるのもとても楽しい。

続いては特製の醤油ダレで揉み込んだもので七輪で焼くと香ばしい匂いが一斉に立ち込めて匂いだけでお酒が飲めそうな気がする。こちらのお店では珍しく冷のひれ酒があってこれがグイグイといくらでも進む魔法の酒となっている。ぜひお試を・・・・

この他にも先付けは皮の煮こごりと外皮のポン酢和え、ボリュームたっぷりの刺身、特別サービスの唐揚げ、最後のミニサイズのふぐ鍋も大きな切り身で食べ応え満点。雑炊とデザートまで一気にいただきました。

あと特筆するのがこちらの女将さんの器量の良さで女優の水野真紀さん(写真)にそっくり。。。ぜひご確認ください。。。

過去のふくの助はこちら

大阪市阿倍野区阪南町1-47-24
06-6621-1129
営業時間: 17:00~23:00


カテゴリー 昭和町, |

ちゃんこ鍋 雷光 12月

寒くなってきたので昭和町にある表記の鍋やで会食。大阪場所の時はずっと満席が続く。ちゃんこ鍋だけでなく普通の料理も美味しくてボリュームがあるので小料理屋使いをよくする。

座付は茶碗蒸し。寒い夜にはとても嬉しい。。しっとりと仕上げられた卯の花もこちらのお店の名物で味の加減がとてもいい。。

鯛の子とセコ蟹もいただく。12月はカウンターのみならず2階席や別館も超満席。。家族経営なので接客は荒っぽいながらも親切。

水タコの炊いたものもとてもいい。塩梅が良くて焼酎が進みまくる。。

この日は醤油味のちゃんこ2400円を所望。1人前なんだけど2人でなんとか完食できる量に大満足。豚バラ、豚ロース、鶏肉、鰯つみれの美味しさは比類なきもの。野菜も美味しくて減量中なのについ食べ過ぎてしまいました。。

過去の雷光はこちら

大阪市阿倍野区阪南町2-4-22
06-6623-0917
月曜定休


カテゴリー 昭和町, |

ふくの助

コスパの良さと焼きふぐの美味しさでヘビーユースする昭和町駅前にある表記の店を今季初めて訪問。いつものように5800円の焼きふぐのコースを所望。いつも同じコース料理なんだけど何度いただいても飽きることがない。商材は天然でなく養殖の泳ぎ河豚なんだけどサイズが大きくてよく肥えたものを仕入れてダイナミックにカットするために食べ応え満点。

ビールと一緒に先付け登場。ふぐ皮と煮こごり。。サービス担当の女将さんは水野真紀さんそっくり。。土日は普段、設計会社で働く長女さんもお手伝い。。美人コンビの接遇は何物にも変えられない。。。

厚めに引かれたてっさは熟成が効いて旨味も深い。。オプションでぶつ切り等もあるけど個人的にはてっさが好き。。。

ここでメインの焼きふぐ登場。まずはニンニク風味の塩ダレから。。鮮度がいいのでさっと炙ってごま油を少しつけていただくとお酒が進みまくる。

こちらのお店オリジナルの冷やしヒレ酒は注文必須。焼きふぐと一緒にいただくと食欲が止まらず際限なくいただける気がする。

塩焼きに続いて醤油ダレを揉み込んだもの。網に乗せると香ばしい香りが辺りに立ち込める。コラーゲンたっぷりの皮部分もとても美味しい。

最近味噌味の焼きふぐを開発したとのことで追加で所望する。ピリッと辛めの八丁味噌に醤油や調味料を加えたもの(と思われる・・)でこれも網の上に乗せるとこの香ばしい香りだけでお酒が飲めそうな気になる。

お酒が進みまくるので唐揚げを追加で所望する。大きな切り身は食べ応え満点。。

頭の部分を大きくカットしててっちりでいただく。自家製のポン酢もまろやかでとても美味しい。。締めの雑炊はダイエット中なのでパスする。。この店でも披露したことのある普通の雑炊がワンランク美味しくなる「秘技つばめがえし」を女将さんからリクエストされたがこの日は封印する。。近いうちに動画で紹介させていただきます・・・・

 

こちらのお店は冬場はずっと満席が続くので予約は必須。10月から3月まで無休で頑張りまくられます。

過去のふくの助はこちら

大阪市阿倍野区阪南町1-47-24
06-6621-1129
営業時間: 17:00~23:00


カテゴリー 昭和町, |
1 / 1912...最後 »