昭和町

五源大喜

昭和町にある表記の串揚げ店を友人と貸切で訪問。有名な予約困難店で半年待ちは当たり前。この日は17時スタートで16名貸切をちょうど一年前に予約して実現。お店は完全に家族経営。

昔は三角の帽子を被ったご主人がいらっしゃったが今は奥さんが食材にパン粉をつけ、笑顔が優しいイケメン過ぎる息子さんが揚げる分業スタイル。最近貫禄が出て来た息子さんの嫁さんは接遇担当。

この日はブルゴーニュを持ち込ませていただく。全員お任せで1時間半マラソンのように串を揚げていただく。

柔らかい赤身の牛肉、ふわふわの鱚の紫蘇巻き、レアに揚げられた貝柱、ねぎマグロ、大きな車海老、一度炊いて味をつけた筍と続く。

ビールを頼んで串の扉は「牛肉」からスタート。柔らかくて赤身の肉は普通に美味しい。車海老は時価だけど大体500円くらいだと思う。大きくエビ反りされて揚げられる。大粒の「牡蠣」は醤油で頂く。この店のシグニチャーメニューの「鱚」を大葉で巻いたものもふわふわで美味しい。刺身用の「帆立貝柱」はミディアムの火入れ。「蓮根」はシャキシャキ、味付けされた「筍」は季節メニュー。。

旬のホタルイカ、ビックサイズのアスパラガス、水槽で泳ぐアマゴ、ほろ苦の稚鮎、甘々の安納芋にチーズを巻いたもの 大粒の鳥羽産の牡蠣と続く。

裂けるチーズ、巨大なカニ爪は熱すぎていつも火傷をする、醤油をつけていただくお餅、甘辛く味がついた蒟蒻、甘い味噌がなんとも言えないホロホロの豆腐田楽、今が旬のとり貝でフィニッシュ。。これだけいただいても全くお腹にもたれないのが不思議。

コースのみの創作系や2度漬け禁止系の串揚げ店とは異なる素材重視のはいコスパ店。

平日は5時から7時半、または7時半から9時の2部制(土日は3部制)。9時以降であれば予約なしで入店できるが遅掛けの串揚げは身体に堪えるので私は他の客のキャンセルを狙う。いつも大満足のいいお店です。

過去の五源大喜はこちら

大阪市阿倍野区昭和町1-9-21
06-6629-4576
営業時間 [月~土] 18:00~23:00
[日・祝] 17:00~23:00


カテゴリー 昭和町, 串料理 |

ふくの助 1月

休みの日に河豚を食べに行く。こちらの店は本年2回目の訪問。注文はいつも同じコース料理なんだけど何度いただいても飽きることがない。商材は天然でなく養殖の泳ぎ河豚なんだけどサイズが大きくてよく肥えたものを仕入れてダイナミックにカットするために食べ応え満点でコスパがいい。冬場はずっと満席が続く。お店も10月から3月まで無休で頑張りまくる。

女将さんと娘さんのツートップの接遇はなんともいえない癒しの世界を醸し出す。突き出しは皮とゼリー寄せ。最初から冷酒が進みまくる。

少し寝かしていると思われるてっさは熟成感もあってとても味わい深い。

別料金でぶつ切りも追加。白菜と一緒に味わう。コリコリした食感と歯を押し返す弾力、噛み締めた後の独特の風味がとてもいい。

コースの焼きふぐは最初はニンニクのよく効いた塩ダレで。ニンニクチップと一緒に食すと味わいがまた変わる。こちらのお店オリジナルの冷やのヒレ酒ととてもよく合う。

続いては醤油焼き。。先ほどと味わいも変わってどんどん食べ進むことができる。身皮の部分のゼラチン質の美味しさが秀逸。

追加注文の白子の醤油焼き1800円は食べた瞬間に恍惚の人になる・・・・半分くらい咀嚼してから咥内に冷やのヒレ酒を流し込む。何者にも例えがたい至福の時間を味わえる。。飲み込むのが勿体無く感じているうちに溶けてなくなる・・・・

調理は若き店のご主人が担当。ひたすら河豚を捌き続ける。。鮫皮を取る技術はプロの私が見ても惚れ惚れするスピード。

頭の部分はてっちりでいただく。クチバシも入って大満足。最後は雑炊で〆。

デザートがバニラアイスとラフランス。。ヒレ種も美味し過ぎで何度来ても大満足。財布にも優しいいいお店です。

食事の前に新世界を散策。御堂筋線の動物園前駅1番出口にあるファミマは見どころ満載。

店に入ると普通はガムをおいてる場所に大量のお酒が並ぶ。

その横にはウコンの力が山積み。

どういうわけかすっぽんの血と肝のカプセルも販売・・・・

そそり立つらしい精力剤・・・・・

香水は免税と記されていた・・・

*一応ファミマですが・・・・

洗剤などの生活用品も充実。。地域に根ざした品揃え・・・

人気商品として並べられていたクリスマスグッズ・・・

これぞカオス・・・

ポチ袋・・・・

コンビニの前で人だかりを見たら猫が一匹。名前は山崎健太くん。。写真は1枚100円なり。。時給高いね・・・

時差がありすぎこの地域・・・

大阪市阿倍野区阪南町1-47-24
06-6621-1129
営業時間: 17:00~23:00


カテゴリー 昭和町, |

天ぷら こざき 1月

阿倍野区役所すぐ近くにある表記の天ぷら店を11月に続いて訪問。
メニューは3000円と4000円のコースのみで時間帯は17:30からと19:30からの2部制。カウンタ−8席だけなので予約困難店。この日は3000円に粟麩とレンコンを追加注文。

こちらのお店のご主人はいつもニコニコしながら仕事をする。そのせいで美味しい天ぷらがなおさら美味しく感じる。。

最初に鰻の山椒煮をいただく(別料金)。辛めに炊き込まれた鰻と山椒の塩気がビールにぴったり。続いてのコースの扉は水菜のお吸い物で油かすが入ってコクがありまくりのナイスなお味。一気に冷えた体が温まる・・・海老の足と鱚の骨の唐揚げが提供されて端正な姿の車海老登場。

続いて車海老の紫蘇巻き、水分を保ちながらカリッと揚げた紅ズワイガニの身と続く。最近頂いた蟹の天ぷらではトップクラスの技術と美味しさ。

この日も原酒を4種類順番にいただく。銘柄のセレクションも秀逸でどれもがグラス300円という破格値で提供される。こちらのお店はご主人と奥さんとご主人の両親の完全なる家族経営。

ふかふかに揚げられた鱚には山椒の入ったポン酢大根おろしでいただく。この大根おろしが美味しくて口直しにとてもいい。いつもこれだけパクパク食べてお替りしまう。活のアマゴも驚くような美味しさ。旬の菜の花、舞たけもとてもいい。

追加で注文した粟麩はカリカリでふわふわで粟の食感がとてもいい。ふきのとうの苦みに自然のエネルギーを感じ、徳島のレンコンの歯触りに自身が生きていることを実感。

穴子は好物の尻尾の部分をいただく。締めのサツマイモはホクホクで甘過ぎずちょうど好い加減。最後はお店で浸けている梅酒をサービスで提供いただく。いこごちも良くてコスパも最高でいつも大満足で店を出る。次回3月訪問の予約して帰りましたとさ。

大阪市阿倍野区松崎町4-11-38
06-6628-0063
営業時間17:30~21:30


カテゴリー 昭和町, 天ぷら |